Rickの日記

2006-01-17 釈然としない日。

rick2062006-01-17

今日は、

いろんなニュースがありましたね。

昨夜からのライブドアから始まり、

宮崎勤ヒューザー

どれもこれも、

釈然としないものがあります。

-

ライブドアの件は、

巨額の利益を生むスキームを解明したくて、

別件で捜査に入ったような気がしてしまいます。

捜査の規模やタイミングなどを考えると、

嫌疑に比較して、大げさ過ぎる気がするので。

念のために言っておくと、

私は、堀江さんは、好きでも嫌いでもありません。

-

宮崎勤の件は、評論家学者が言うように、

心の闇や、社会的背景を解明する必要など、

本当にあるのかな?と、思います。

彼が謝罪していないままの状態も問題だ、

と、言う人もいます。

仮に謝罪したからと言って、何の意味があるのでしょう?

なぜ、17年間も、

税金を使って、

生かしておく必要があったのでしょう?

彼が、わけのわからない持論を述べ、

それをマスコミ報道するたびに、

被害者のご家族が、

さらに傷ついていくだけだった気がします。

-

ヒューザーは、購入者に、

不良物件を売った責任を負います。

木村建設は、ヒューザーに、

不良物件を建築した責任を負います。

設計会社は、木村建設に、

姉歯は、設計会社に、

それぞれ責任を負います。

それだけ。です。

それと、これから、このようなことが起こらないよう、

建築確認をどうして行くか、は、

別な話。

わざと話をややこしくして、小嶋という社長を追い回し、

一体、何になるのでしょう?

小嶋が、自民党議員に働きかけた、とかで、

政争の具にして、どうするのでしょう?

今回に限らず、そういう悪い政治家の動きがあるのは、

もうずっと前から、わかっているんですから。

-

さらに言えば、

ヒューザーが建てたマンションより、

老朽化して危険な建物や、

阪神大震災で大きな損傷を負ったマンションのほうが、

取り壊すべき切迫した状況なのではないでしょうか?

ひとつのことに注目が集まると、

その対応に、公平さや客観性や優先順位などが、

全て度外視されるような気がします。

行政も、マスコミも、反省して欲しいです。

-

その、阪神大震災から、

11年が経った日でもある、今日。

冬なのに、妙に生暖かい風の吹いた日。

11年前の惨事から、逞しく復興を遂げた、

神戸の街の様子だけが、

明るいニュースだった気がします。

-

はぁ。

-

ため息が出そうな、こんな日には、

きれいな花の写真でも。

ハワイで咲いていた花シリーズ

今日は、釈然としない気持ちを癒してくれそうな、

やわらかい、薄桃色の花を。

名前は、相変わらずわからないのですが。

-

(終)

-

大きな写真を添付している、私のヤフーでの日記はこちら↓

http://blogs.yahoo.co.jp/rick206xs