りこぽんのこれなぁに:はてな版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-19 ココログからはてなに引越し このエントリーを含むブックマーク

ココログからはてなに引越し中。

ココログのガイドにも掲載されたんだけど、自分で本代を出して購入してから、なんか心に引っかかるものがあって・・・

心機一転、はてなにお引越しすることにしました〜。

はてなの方が、りこぽんのこれなぁに?のコンセプトに合うような気がします。

じゃぶぁー!!!!じゃぶぁー!!!! 2009/08/13 20:17
やっぱコスしてもらってハ メ るのが一番萌えに燃えるって!!!!!!
昨日はエ○ァの新キャラコスしてもらったもんねー(*´Д`)ハァハァ
興 奮しすぎて無意識に服着せたままパ ン ツ ビリビリに破いてバック突きしまくっちゃったwwww(テヘw)
既に次はハ○ヒで決定してるしwktkが止まらんねぇぇぇwwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/ojH3v9X/

くっちゃいの!くっちゃいの! 2009/08/26 00:03
3日お風呂入らずに来て!!って言われたから
我慢してその通りにしたんだが、行為を始めた途端に
チ ン カ スだらけの俺のテ ィ ン コを咥えてキレイにしてくれたわwwww

とりあえずされるがままでフィニッシュしたんだが、
ボーナス付けるとかイミフな事言われて8 万ゲットしたよ(^^;ラッキー♪

http://okane.d-viking.com/75Am9Ia/

2005-04-24

[]ガラス陽寄りさんの作品販売開始 13:43 ガラス陽寄りさんの作品販売開始を含むブックマーク

お気に入りのステンドグラスワークショップガラス陽寄りさんのオークションが開始されました。

こんかいは、南欧風デザインのソファの絵のパネルとショートケーキ型の小物入れです。

是非ごらんを〓。

4月 27日 21時 50分までオークションの予定です。

---

告知モードでした〓。

りこぽんのこれなぁに?の調査レポートはまた〓。

2005-04-21

[]学研のおばさんは全国に何人いるのか 22:56 学研のおばさんは全国に何人いるのかを含むブックマーク

我が家の子供たちに一番尊敬されているのは、そう「学研のおばさん」。

小学4年になった長男Aは月刊学習教材アクセル1を定期購入。

幼稚園年長の次男Bははなまるきっずをとっている。

長男Aはある時、アクセル1の問題を解きながら

「や〓この問題難しいね〓。

学研のおばちゃんコレ全部作ってるの。すごいね〓!!」

とつぶやいた。

毎月教材を届けてくれる「学研のおばさん」こと、近所の奥様が問題を作っていると思っているのだ(笑)

その話を「学研のおばさん」にしたら

『そうなのよぉ!私、あちこちの家で、問題作っているすごいおばさんだと思われているのよぉ。

これで10人目位かなぁ、言われたの。

いい問題作るね〓!って』

と笑いながら話してくれた。

次男Bも「はなまるきっず」の付録は全部「学研のおばちゃん」が作ってると信じている。

「だからぁ、たまたま学研のおばちゃんは次男Bの近所だから、届けてくれるだけなんだよ。

みんなお家の近所に、それそれ色んな学研のおばちゃんがいるんだよ。」

と話してみた。

すると、次男Bがこう聞いて来た。

「ねぇねぇ、学研のおばちゃんて日本に全部で何人いるの?」

うっ!

何人いるのだ?!

私が小学校の時には、確か学研のおばちゃんからしか科学と学習は買えなかったはず。

でも今は、本屋でも売っているし、科学と学習以外にも似たような雑誌はあるから、昔より配達の購読数は減っているはず?(あ、学研さんごめんなさい・・・)

学研のサイトを調べていたら、学研地区代理店検索のページが見つかった。

今は、「学研のおばさん」ではなくて「学研地区パートナー」と呼んでいるようだ。

昔の「学研のおばさんまだかな〓〓」のコマーシャルは、やっぱり過去のものなのね。

むむむ、そして学研地区代理店検索のページの上半分には、学研オンラインショップの案内が。

色んな方法で学研の教材が買えるようになっているのね。

で、実は地区代理店検索のページから全国の代理店の数を洗い出してみました。

都道府県 学研代理店数

合計 200

全国で200店舗の販売拠点。

ざっくり、1拠点で10名のパートナーさんと契約していると考えると、全国で2000人の「学研のおばさん」がいる計算になる。

結構いるなぁ・・・

でも、一つの県に1店舗しかないところも結構あるから、1拠点で20名とすると、全国で4000人にも上る。

をををっ! 4000人だったらすごい数字だ。

私は小学校入学の数日前の入学手続きに学校に行った日のことを覚えている。

途中、通路になっている廊下にテーブルがあって、その上に小学1年の科学と学習のサンプルが置いてあった。

母達は、みんな手に取りそれを眺めていた。

横から見て、すぐ面白そうな本だと思った。

魔法の箱のような科学の付録もある。

母から「あの本、頼んだよ」と言われたときはものすごくうれしかった!

4歳下の弟も、1年生に入学して初めての科学と学習が家に来た時は、興奮のあまり熱を出して「自家中毒」になってしまったほどだ(本当だってば!)

思い出すと、懐かしさがこみ上げてくる。

今は昔ほど科学と学習は売れていないと聞く。

長男Aも、3年からは科学と学習は辞めてしまった。

他にも学習意欲を引きそうな雑誌や、TV、インターネットもあるしね。

インターネットで注文、宅配が広がっても、自宅まで定期配達ってなかなか廃れない。

学研のおばさん」も「新聞配達」も。

うちでお世話になっている「学研のおばさん」からは、

「小学3年生になって理科と社会が入ってくるけれど、全国の教材と北海道の教材とは違うから・・・これは購入して、これは必要ないよ。」

なんて言うポイントを教えてくれた。

そうそう、小学3年生の地域の製造工場の工程の見学。

札幌は「西山ラーメン」の工場がほとんど。

ラーメンの製造工場を見学してきます。

「アクセル1」の社会の教材は、たぶん「鈴廣」らしき「かまぼこ工場」の問題が出ている。

長男Aは「かまぼこ工場なんて、知らない知らない!こんな問題できないよぉ!」と大騒ぎ。

全国の小学3年生の子供たちは、それぞれの地域でどんな製造工場の勉強をしているのだろう?

2004-08-25

[]1ドルはいくら 12:45 1ドルはいくらを含むブックマーク

いや〓、ご無沙汰しました。久々の更新です。

北海道は、駒大苫小牧甲子園優勝と言う「そりゃぁ、村はもう大騒ぎですぜぃ、旦那ぁ!」みたいな状態で、やれ、地元北海道新聞の優勝翌日の朝刊。一面と最終面が一つなぎの記事の写真で、優勝直後みんな抱き合っている写真なんだけど、某選手の鼻の穴に、別の選手の指が入っているとか、キャプテン佐々木はかっこいい(それは私を含めてかなりの人がそうだ)!とか、もう、話題はつきません〓。

さて、どうやって、ブログ新規記事を投稿するかも忘れてしまい、ちょっとワタワタしました。

どうしてかというと、仕事の関係で管理するHPが4つもできてしまって、そちらにすっかり時間を取られてしまったのです。これを書きながらも、掲示板に書き込まれた通知メールが来ないか、並行してチェックです。また、子供の疑問にまっとうに向き合う時間を作らなくちゃと思いつつ、今日になりました。

自分だけで、GoogleYahoo検索エンジンで情報を探しても、結局同じようなサイトを堂々巡りしていることが多い私。今回も子供の疑問のお陰で、自分では決して見ようとしないサイトをじっくりみて、勉強になりましたです。

今回の質問は「1ドルはいくら?」

経済経済は、高校の勉強から現在に至るまで、ず〓っと避けて通ってきたのだ。

理系だったので、数字が嫌いなわけではないが、それがお金の勘定につながると思うと、「失敗しちゃいけない!」というどうにもイヤ〓な気持ちになるのだ。

CATVで流れるアメリカアニメで、日本語で吹替えをしてあるのだけれど「これは5ドルだよ。」とか言ってて、長男Aは「果たしていくらなのか、さっぱりわからない状態」になったらしい。

「1ドルは今110円くらいだよ、後は5ドルがいくらになるか考えてごらん。」

「う・・・・んと、2ドルで220円で・・・・あ、550円だ。」

とりあえず、回答はわかった。

続けてちょっと補足してみた。

「1ドルがいくらになるかは、毎日変わるんだよ。アメリカと日本の経済の力関係とかで変わるの。1日の中でも、コロコロ変わるんだよ。」

「それを毎日、『昨日の外国為替市場は・・・』って、ニュースで言っているの。」

次の日、目覚ましTVを見ていて『昨日の外国為替市場は・・・』って言ったのをすかざず「あっ、ママこれのことだね!」と、気づいた息子。「偉いわぁ〓!そうそうそうなのよぉ〓。」と親バカ丸出しの私。

さて、TVでディーラーと言われる人が取引して、為替相場を決めているとはなんとなく知っているが、実際何がどうなって、1分1分と相場がコロコロと変動するのだろうか?

すごく面白いサイト発見。「フォレックス・ディーラー物語

実際のディラーさんの実話が載っているサイトだ。第1話の青春のモニュメントが特に面白い。引用許可をいただいていないので、残念ながら今回は引用をしていないが、取引の単位「1本=100万ドル」こんなすごい金額で取引をしているということ、そして、ディーラーの他に、ディーラー同士の取引をつなぐ、ブローカーが存在すること、そしてそのやり取りの妙が実に上手く書かれていて、一気に読んでしまった。取引単位が大きいので、数銭のレートの違いが、ディーラーの数千万円の利益や損失となって跳ね返る。経済オンチ(家計すらきちんと把握できていない→旦那から時折教育的指導を受けている)の私としては、息子の質問がなければ決して読むことがないだろうサイトだが、とても面白く読める。用語の説明がとても親切で、勉強になるし、助かる。どうして、1分1分相場が変動するかが、まるで自分が取引を体験しているかのように、話に吸い込まれながら感覚を理解することができる。この話自体は、会社である程度実績が出てきた仲間2人が、それこそ青春のモニュメント、ただそれだけの理由で、自分の権限金額以上の大口の取引に挑戦し、利益を上げた話だ。2日間に渡る取引なのだが、その間の緊迫感にドキドキし、取引に挑む部下を見守る上司の寛大さに感銘した。

ディーラーは主に銀行が多いようだが、ブローカーでは日本で有名なブローカー上田ハーローこちらのページに、その関連図と説明がある。このブローカーは日本でも複数あるし、アメリカでも複数あるし、複数の取引ルートがあるとのこと。取引ルートが出す、相場には微妙に違いがあるのだが、常に、各取引ルートの情報はやり取りできるようになっており、結局違いがないものになるのだとか。だが、相場の専門家では、複数のルートの何をもって実際の相場と判断するか、は議論の対象になることもあるようだ。

このディーラーとブローカーのやりとり、私は実際に電話か何かでリアルタイムで話をして、やりとりすると思っていたのだが、今は、コンピュータ人工知能アルゴリズムなどを使ってブローカーの役割をする電子ブローキングが9割を占めるのだそうだ。電子ブローキングも前出のサイト「フォレックス・ディーラー物語

こちらに用語説明されている。

電子ブローキングシステムで有名なのは、ロイターだった。ロイターって、経済に特化したのニュースソースだとばかり思っていた、おバカな私。

今回は、本当に勉強になりましたです>長男A。

2004-04-28

[]珊瑚って何を食べるの 22:46 珊瑚って何を食べるのを含むブックマーク

最近、子供からの質問がなくなってきた。理由として、次男Bは春休みが終わって幼稚園が始まってから、帰宅してすぐ寝ているので、次男的には質問している場合ではない。長男Aも、3年生になって、親に教えたがることが多くなって来たように思う。そして、「へぇ〓」とかちょっと大げさにビックリすると「ママって大人なのになんにも知らないんだ〓」と言う。

近頃の子供向けテレビも、実際に子供たちが地方に行って体験取材しながらの番組などがあって、情報が豊富。こちらもついては行けない。先日も某国営放送で、子供が沖縄に行って体験取材をしながらの番組があった。これを見た長男A

「珊瑚って何を食べるの〓?」

思わず

「魚かな?」

とか言っちゃったわけだが、そんなことは全然ないっスよね?

珊瑚は、「ニモ」でお馴染みのクマノミなんかが、隠れる絶好の場所であって、珊瑚が魚をたべちゃおしまいだわ(笑)。と思ったら、魚を食べる珊瑚がいるみたい。

サンゴ中毒というサイトを運営している精神科医のお医者さん。水槽での飼育がかなり趣味のようで、珊瑚も飼育していて、お刺身を珊瑚に与えてるとのこと。以下引用。

珊瑚は小さなイソギンチャクの集合体の様なもので、その中に共生している植物プランクトンの多少により太陽光で十分栄養のまかなえるものから、餌が必要なものまで様々です。餌を食べる珊瑚には刺身の残りなどを冷凍し、週に1回くらい与えていますが、取り込むのが遅いのです。油断すると魚に餌をパクられてしまいます。これをやられると珊瑚は弱りますので、珊瑚が完全に餌を取り込むまでの30分間、魚が珊瑚に近寄る度にタオルで水槽をたたいて威嚇したり、棒を水槽に突っ込んで追い払ったりします。

すごいですねぇ、30分も水槽に張り付いているのでしょうか?珊瑚はプランクトンを食べる、いわば「肉食」らしいです。では、断面でどんな形をしているかというのは>こちら

さらに褐色藻と珊瑚は共生していて、この褐色藻が珊瑚に必要な光合成を行い、栄養素や石灰質の珊瑚の骨格をつくっている。ところが、この褐色藻は海水の温度上昇に弱く、水温が2,3度上がっただけで、珊瑚から吐き出されてしまうそう。そうすると、珊瑚に栄養も行かなく珊瑚の活動が止まってしまい、珊瑚自体も白くなってしまうのだとか。この記事がグリーンピースジャパンの>こちら

また美しく繊細な姿の珊瑚なのに、珊瑚同士で縄張り争いもするらしい。その説明が沖縄島の自然の珊瑚礁のダイナミズムに説明されている。以下ここより引用。

意外なことかも知れないが、サンゴサンゴ同士、しばしば縄張り争いをする。例えば、毒は弱いが繁殖力の高いミドリイシが、毒が強いが繁殖力の弱いキクメイシを囲むように生育していることがある。これは、ミドリイシがどんどん領地を広げていくものの、戦えば負けるキクメイシの部分には手を出せないという、縄張り争いの結果なのである。

のんびり、ゆったり癒し系の珊瑚の世界も厳しいのね。

そうそう長男Aも、運動会のリレーの選手になれるか、なれないかの瀬戸際なのです。タイム測定の前日と、当日の朝は大騒ぎ!彼も競争社会の中で頑張っているですよ。

#あ、北海道の運動会はたいてい春なのですよ。