Hatena::ブログ(Diary)

ウィモバの日々 Twitter

2017-05-02

MakuakeでもGPD Pocketの取り扱いを開始

→2017/7/30 追記

赤札天国やらAmazonで取り扱い開始し始めて、ぶっちゃけそっちで買った方がMakuakeより安く済んで早く届きそうな感じですね

先日INDIEGOGOで1520%を達成して終了した「GPD Pocket」のクラウドファンディング

乗り遅れた人たちは赤札天国等での発売を待つことになるのかと思ったら、別のサイトでもファンディング(?)がはじまったみたいだねー。

UMPCを忘れられないあなたへ 超小型パソコン『GPD Pocket』を日本でも | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

取り扱いはエム・シー・エム・ジャパンという日本の企業。

ファンディングといっても既にPocketの資金は十分溜まって試作品が海外ブロガーに出回っており、もうすぐライン製造が始まりそうなレベルだから

これはファンディングというよりは日本での実質代理店みたいなものだね。


ファンディングの主なコースは

・予想販売価格8万円の30%OFF:60,480円コース(税込) 5月中に終了

・予想販売価格8万円の30%OFF+カードリーダー付き:62,640円コース(税込) 5月中に終了

・予想販売価格の25%OFF:64,800円コース(税込) 5月中に終了

・69,120円コース(税込)

などなど。


INIDIEGOGOよりは割高だが、実質代理店が日本企業でサイトにも書いてあるように日本語でのサポートが期待出来るのと

クレジットカードの他にも銀行振込やコンビニ払い等も利用出来るので、ありがたい人にはありがたいのかもしれない。

他にも技適の保証やら日本語版Windows10だとかにメリットを感じるかどうかは1/2。


しかしGPD WINの時は緑屋電気が行っていたのだが、緑屋はWINWindowsライセンス問題や不具合等の問題で懲りたのかなー。

PocketもWindowsライセンスは同じという話だから恐らく一筋縄ではいかないだろうし、どうなるやら・・・