Hatena::ブログ(Diary)

ウィモバの日々

2015-03-08

Endeavor ST120のメモリを8GBに換装・・・出来る、出来るのだ

以前のエントリCPUとメモリとSSD換装したST120で、Windows8.1の使い方もだいぶ慣れてきた今日この頃。

いまどきCore2Duoのわりには動作がすこぶる快適でいい感じなんだけど、例えばVMWareで別のOSを動かそうとした時に

32ビットのPCだと3GBの壁があって、割り振れるメモリが少なくてまともに動かせなくて困っちゃうんだよ。

ということで、いっそOSを64ビット版に入れ替えて8GBのメモリを使えないか!?ということで色々した忘備録。


(いまどきC2DCPUに8GBも載せてもメモリの無駄遣いじゃね?)(まあいいじゃん)


  • ST120の公式上の仕様ではメモリーは最大4GB

まずは、ST120のスペックをエプソンの公式サイトで復習してみよう。

[FAQ番号 028267]ST120_ST120E : 製品仕様|FAQ Search|エプソンダイレクト

>メモリー搭載可能容量:最大4096MB

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アッハイ、最大は4GBですか・・・\(^o^)/オワタ

何やってもムリだよムリムリムリムリ勝てない勝てない勝てない勝てない勝てない勝てない絶対勝てない もう やめちまえ(シアン目)


私は冒険者(チャレンジャー)だ メモリの壁をも糧にして 何度でも立ち上がるさ! ということで2秒で切り替えそう。

本当に8GB使えないのか、使えないとしたら何故使えないのか・・・?

CPUの規格やメモリの最大搭載量といったパソコンの仕様はマザーボードチップセット)の制限を受けるはずなのでは?

ということで、チップセットの仕様を確認してみた。

ARK _ Mobile Intel® GM45 Express Chipset (Intel® 82GM45 Graphics and Memory Controller Hub)

>最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存) 8 GB

ということでST120のチップセットの仕様では8GBでも動くはず!多分。

ARK _ Intel® Core™2 Duo Processor T9800 (6M Cache, 2.93 GHz, 1066 MHz FSB)

CPUの仕様もみる限りは64-bitの命令セットに対応しているので、64ビットのOSにも対応してそう!多分。


  • 4GB×2枚=8GBを装着すると認識はしたけども・・・

ということで、仕様上は動くはずではあるんだけど、実際にちゃんと8GBを認識するかは賭けではあった。

でもせっかくだから試してみたい誘惑にかられてメモリを探してみると・・・

「DDR2 800MHz PC2-6400 200pin SODIMM」の規格のメモリは古いせいかなかなか見当たらなかったり高かったり。

しばらく価格コムとかで探してみたところ、あったよ!8GBメモリが!でかした!

ということで購入したのが上のメモリ。Komputerbayというブランドはあまり聞きなじみがなかったので

正直どうかなー?という不安感はあったけど、他の有名ブランドモノだとだいぶ高かったのでな・・・

4GBx2は2種類あってややこしいけど、自分の買ったほうは赤く「Lifetime warranty」と記載されているほう。

f:id:rideonshooting:20150306013057j:image:w360

届いたメモリをこんな感じで刺してPCの電源を入れると・・・無事起動!認識はしたっぽい。

f:id:rideonshooting:20150306014751j:image:w360

コンピュータプロパティを確認すると、実装メモリ8GBを確認!でも32ビットOSだから約3GBしか使えないのねん・・・


  • 64ビットOSに入れ替え。 ――夢、夢を見ていました。

ちょっと手間がかかるけど、32bit版を入れていたWindows8.1を64bit版に入れ替えてみた。

昔買ったWindows8の32bit/64bit版のライセンスが余っていたので

Windows8.1の64bit版isoイメージをマイクロソフトツール経由でダウンロードしてDVDに焼いてインストール

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/create-reset-refresh-media

インストールに時間がかかったけど無事に8GB近くメモリ利用できるように!やったぜ

f:id:rideonshooting:20150308204109p:image:w360

スコアは32bitの時より少しだけ下がったけどまぁそんなに動作は変わらない・・・と信じよう。

これだけあればVMのゲストOSにもメモリを潤沢に割り振れるぜー!ヒャッハー

ついでになんかアレをアレすることを「夢を見る」というらしいので、俺も夢を見てみたよ!

f:id:rideonshooting:20150308204412p:image:w640

VM上だと決して快適ではないけど、メモリを多めに割り振れたので速度をそこまで必要としないアプリだとそれなりに動いていた。

QtCreatorを使ってiPhoneアプリも作れちゃうのぉぉ!

すごいねST120。


ちなみにここまで来るのにかかった金額

・ST120本体:10,049 円

CPU T9800:6,300 円

SSD 256GB:11,980 円

・メモリ 4GBx2本:15,100 円

→総計:43,429 円

2014-10-04

Endeavor ST120のCPUをP8700→T9800に換装したよ!

前回、ST120のHDDをSDDに換装したんだけど。

http://d.hatena.ne.jp/rideonshooting/20140911/1410417770

せっかくだしCPUもなるだけ速いのに変更しちゃおうかな?ということで

CPU交換をがんばってみた!かなり怖かった。

とりあえず行ったことのメモ。

  • ST120で使用出来るCPUを確認

チップセットとソケットによって換装出来るCPUの種類も決まってくるので、最初にST120のスペックを確認。

http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/relatedqa?QID=028267

元々入ってたCPUの子はP8700 (2.53GHz)だったけど、

一番速いT9900 (3.06GHz)かT9800 (2.93GHz)にすることに。

狙いを絞って検索してみても、新品を手に入れることは難しいっぽいので

ヤクオフをみたらT9900は11,000円もするのか・・・(° ꈊ °)

T9800は6,300円程度で買えるのに5千円の差はなぁ・・・ということでT9800に妥協しちゃった。

まぁそれでもP8700より早くはなるだろ、みたいな感じでさっとヤフオクで取引して手に入れた。

ではいよいよCPUを交換・・・する前に、

・グリス

・ヘラ

・グリス拭き用のクリーニングティッシュ

もついでに購入しといた。CPU交換時にはこれらが必要っぽいので^_^

では身を清めて、いよいよ換装しよう。

ST120の電源やUSBなどを全部引っこ抜いて、CPUクーラーやメモリのあるほうの蓋を開けよう。

蓋を開けたら、こんな光景がみえる。中古なわりに綺麗だった。

f:id:rideonshooting:20141005011639j:image:w360

CPUクーラーのネジを外すとその下にすごく金属の塊なヒートシンクが見える。

ヒートシンクを外すには、バネ?っぽい仕組みの金属を外す。

これ固くて外すのにめっちゃ指が痛くなったので気を付けよう。

外すといよいよCPUとご対面ー!2.53/3M/1066 とかわかりやすく仕様が書いている。

f:id:rideonshooting:20141005013636j:image:w360

実際には灰色のグリスが固まってたからクリーニングティッシュで綺麗に拭いた。ヒートシンクの裏も。

このCPUは紫(ピンク)のところにあるマイナスネジのパーツで固定されているので

ネジを回してロックを解除してからCPUを抜いて、

新しいCPUを付けて、またネジを回してロックする。

f:id:rideonshooting:20141005014136j:image:w360

両方を比較しやすいように並べてみると、P8700(上)は正方形っぽくてT9800(下)は横長だね。

んでロックしたらグリスをヘラで塗っていく。

CPUのキラキラした部分からはみ出しすぎてもいけないけど、ヒートシンクと設置するために

少なすぎてもいけなくて均等に・・・って難しいわ!みたいな(逆ギレ

とりあえず濡れたことにしてヒートシンクCPUクーラーをセットして終了!お疲れ様(やっつけ

PCに一通り機材をつけて電源ON。bios画面でT9800が認識されていることを確認。

f:id:rideonshooting:20141005020357j:image:w360

そのままOS起動ですんなり動いた!やったぜ

無事OSも起動できたので、温度を確認してみる。

CPU:48〜59℃。安定時は50℃なのでOKとする。

SSD:57℃。こんなものかなー?

温度も問題なさそうなのでWinScoreShareを実行。

f:id:rideonshooting:20141005030731p:image:w360

前回のCPUは6.3だったので・・・6.6で0.3も上がった!やったぜ!

ということでCPUの交換もひとまず終了。

熱くなりすぎそうならグリスをまた塗りなおすとか考えよう・・・

  • 今後の展望

あとはメモリも換装したいなぁ・・・

4GB入れて使用可能が3GBはちょっと寂しいすぎる。

ST120のチップセットであるGM45 Express Chipsetをみると

http://ark.intel.com/ja/products/35134/Intel-82GM45-Graphics-and-Memory-Controller-Hub

理論上はメモリ8GBまでサポートされてるらしいしなぁ・・・↓こんなのとか使えるのかな?


8GBに出来るのなら都合で32bit入れたけど64bit版のOS入れなおしたら・・・ぶつぶつ

(そこまで金かけるのならcore i5なりcore i7の新しいPC買った方がいいのでは・・・?)

(まあいいじゃん)

自分が使用したグリスとヘラとクリーニングティッシュ。

  

2014-09-11

Endeavor ST120のHDDをSSDに換装したよ!

Endeavor ST120は相変わらずサブマシンとして使用中。

動画再生もわりと問題なく再生出来てていいんだけど、

VMWareを動かそうとするとちょっともったりしたりする。


むー・・・VMHDDに結構アクセスする気がするしHDDが5200rpmなので遅いのかなー。

最初7200rpmに変えようかな?と思ったけど、せっかくだし・・・

どうせならSSDを入れてもっと快適化しようかな!?と。

最近のSSDの動向がいまいち分からないので、とりあえず昔からCF等で愛用してきたトランセンドブランドで!

SSD購入時点では256GBで11,980円。10年前は256MBのCFでも一万円以上・・・どうでもいい話)


まずは変更前状態のPCのスコアを貼るよ。Win8.1なので

標準のエクスなんとかが使えないのでWIN SOCRE SHAREを使用な。

グラフィックスが遅い・・・ゲームマシンとしては微妙なのかもしれない。

f:id:rideonshooting:20140913171400p:image:w360

  • SSDへのクローン(コピー)

買ってきたSSDSSD-USB変換アダプタでつないでUSBドライブとしてマウントさせたら、

http://tvcap.fc2web.com/easeus-todo-backup/ver56/easeus-todo-backup56.html

などを参考にEASEUS Todo Backupの無料版をダウンロードインストールしてHDDのクローンを作成するよぉ。

https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

注意点としては、SSDのドライブは買ったばかりだとパーティションがないので

クローンを「作成」する前にパーティションをうまく指定することかなー。

自分は238GB全部windowsのドライブに指定したけどv

あとは「SSD用に最適化」にチェックをつけること、くらいかな。

これ自体は特に困らない、はず。

30〜40分もすればクローン作成完了するのでwindowsを終了して、電源ケーブル等を外す。

ST120本体のHDDを外してSSDに入れ替え。

HDDより厚みが薄い。HDDだとちょうどぴったりだったけどSSDは浮いてるのでネジで固定する感じになる。

  • いざwindows8.1を起動しようとすると・・・起動しない

いよいよ電源をON。boot画面でまずdelキーを押下して、SSDが認識されるところまでは確認したんだけど、

そのままOSを起動しようとしたら

>回復

>お使いのPCは修復する必要があります。要求されたデバイスが接続されていないかデバイスにアクセスできません

>エラーコード0xc000000e

>ファイル:/WINDOWS/system32/windows.exe

インストールメディア上の回復ツールを使用する必要があります。インストールメディア(デバイスやUSBデバイスなど)

こんなメッセージが出ちゃった/(^o^)\

\(^o^)/

/^o^\

\(^o^)/

/^o^\ 

  • ナントカ起動するようになった

うーんドライブの中身がおかしい?とSSDを外してみて、

HDDに戻してからPCを起動して(USB接続で)SSDの中身をみたら

そこにはちゃんとwindowsフォルダも、その中身もいるんだよねー?みたいな。

とりあえずググったら、なんかよくある現象みたいだねー。

対策としては、USBに回復ディスクを作って、その回復ディスクをブートして

コマンドプロンプトからあれこれする、みたいなのが見つかったので

正常なHDDWindowsからUSB回復ディスクを作って

USBブートで回復ディスクを起動させて試行錯誤してみた・・・


とりあえずどこかでみかけた「bootrec /fixmbr」コマンドを試したり

あとdiskpartコマンドを打ってみたらなんかドライブの割り付けがおかしかったみたいなので

これも変えてシステム予約領域のドライブ名を削除、windowsの入っているパーティションをCドライブに変更した。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0812/26/news119.html

そしてUSBを外して起動すると・・・Windows8.1が無事に起動ヤッター!めっちゃ早い!

電源ボタンを押してから数秒でデスクトップが見える!!マジやばい!!!!

f:id:rideonshooting:20140913224503p:image:w360

ディスクのスコアが5.2→7.5とめちゃ上がった!てかグラフィック遅いよ!

ゲームできない!別にゲームマシンとしては期待してないけど。

クローンは便利そうだったけど、起動しなくて大変だったのでSSDOSは新規インストールするほうが楽かもっぽい!


ちなみに続編な感じのCPU換装編もあるよ。

http://d.hatena.ne.jp/rideonshooting/20141004/1412443831

2014-01-22

ちっちゃくてちょっとかわいいパソコンST120(中古)をつい買っちゃった

自分はたまに気晴らしにネットショップをいろいろ見たりするのだけど、

電脳売王とかがたまに妙な掘り出し物(個人的に)が多い気がするのでつい買っちゃう症候群。

そんなこんなで、先日電脳売王の中古PCをみてたら、なんかかわいらしい?パソコンが!

EpsonのST120とかいうやつらしい。なんと高さが500mのペットボトル並みだとか。

http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/relatedqa?QID=028267

どれどれスペックは・・・Core 2 Duo 2.66GHzでメモリ最大4GB・・・使い道によってはまだいけるな・・・(ゴクリ

と思った瞬間買っていた・・・

1万円以内で実際安かった。メモリは後から別に買って4GBに増設したけどw

ということで家に届いたのがこのパソコンだよ!

f:id:rideonshooting:20140112170749j:image

f:id:rideonshooting:20140112170826j:image

厚みはジャンプ3冊分くらいの大きさ!高さはジャンプ未満!ちっちゃくてカワイイヤッター!

普通のデスクトップよりちっちゃくて白くて清楚な感じで、うん。かわいい(病気

重さも、2.2kgと非常に軽いので、ひょっとしたら下手なノートパソコンを持ち歩くなら

これを持ち歩くほうがいいかもしれない・・・?(ぇ

とりあえずOSWindows8Windows8.1で運用してるけど、結構いい感じに動いてるー


あとWindows8からはWindows Defenderでセキュリティ対策出来るらしいけど

それだけじゃ確実じゃないらしいし、昔からウィルスバスター使ってるのでバスターも入れてる。


しかしなんかウィルスバスターから出るポップアップやらトレンドマイクロからメールで送られてきた

更新ライセンス(3年・3台分で¥10,180)のやつより

アマゾンから買ったほうが安い(同じ3年x3台で¥ 9,919)という謎の現実・・・

ダウンロード版だから上級者向けでCDとかないしその分お安いのかな?