Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2012-11-11

rieko-k2012-11-11

[][][][][]『忍剣花百姫伝』とほほ外伝・夢さん旅日記3

◆「夢さん旅日記3 花は花でも…

初めての方は、↑カテゴリーの[夢さん旅日記]をクリック!「夢さん旅日記1この世の花」からご覧ください。いや、むしろ『忍剣花百姫伝』を読んだ人が最も楽しめます。

今回から、スカイエマさんのキャラクターを使ってみますね! 


f:id:rieko-k:20121111220912j:image:left夢候(ゆめそうろう)  「花茶屋でのんびりするのも、退屈してきたな。なあ、天魚(あまご)、遊びに行かねえか?」





f:id:rieko-k:20121111221633j:image:left

天魚(あまご)    「いや、遠慮します。夢さん、また遊郭へ行くんでしょう? そういうの、美女郎(みめろう)がいやがるから……。」






夢           「なんだ、あいつ、花を採集に山へ出かけたんじゃないのか?」

天魚          「ええ。でも、今日ぐらいには、白い花を沢山採って帰ってくるはずなんです」

夢           「白い花茶を作るのか……ありゃあ、元気が出るからな。じゃ、ちょいと飲んでから、一人で行くかな」

天魚          「白い花茶なら、さっき、醜草(しこくさ)が入れてましたよ」

夢           「そうか、そりゃあ、いいや。おい、醜草。白い花茶を一杯くれよ」

          (夢候は呼んだが、奥からの返事はない。)

夢           「おーい、醜草〜! いないのか?」

f:id:rieko-k:20121111223454j:image:left 

          (奥へ行くと、醜草が、さっと、何かを隠した。)

醜草          「あー、えーっと、白い花茶は切れました」

          (だが、あたりには白い花茶のいい匂いが……)




夢           「おいおい、醜草。なんだよ、なんで、嘘をいうんだよ」

醜草          「いえ、そんな……嘘なんかいってません……しどろもどろ」

夢           「醜草、おまえは嘘がつけない奴だな。また、美女郎におどされたのか?」

醜草          「いや、そういうわけでは……あっ」

          (と、夢候が醜草の隠した花茶を見つけた。)

夢           「これこれ、いい香りだ。ああ、癒されるなあ」

          (お茶を飲み干す夢候)

醜草          「そ、そ、それは、だめです!」(青ざめる醜草)

夢           「まあ、ケチなこというなよ。醜草にも、何か土産を持って帰ってやるよ。可愛い女たちが待ってるんだ。可愛い夕月太夫〜 愛しい小桜太夫〜 待ってろよぉ」

           (いいつつ、夢候はバタリと倒れてしまった。見ると、すやすや眠っている。)

醜草         「ああ〜 だからいったのに。これは、眠り花茶なんだ。美女郎さんに秘密だっていわれたのに……どうしよう〜」

f:id:rieko-k:20121111232900j:image:left夜も更けて、ドサッという音。

見ると、籠一杯に白い花を摘んできた美女郎である。






天魚          「おかえり、美女郎。あれ、夢さん、どうしたんだ? 遊郭へ行ったんじゃないのか?」

          (天魚は、眠っている夢候を見て、びっくり。)

美女郎         「さては……醜草! こいつに飲ましたのか!?」

醜草          「は、はい。すみません〜 眠り花茶のことは秘密だといわれたのに、飲まれちゃって……」

美女郎         「ふーん。こいつがぐっすり眠っているってことは、人体実験成功だな」

          (いいつつ、夢候をけとばす美女郎)

夢           「いてっ。痛えなあ〜 夕月。長いこと会えなかったからって、そんな怒ることないじゃないか〜」

          (半分寝ぼけたまま、美女郎を抱きしめる夢候)

美女郎         「どあほっ!!」(投げ飛ばす)

夢           「いててて……夕月ちゃんてば、乱暴だなあ」と、また抱こうとする。

美女郎         「なんだ、こいつ。まさか、幻覚が見えているのか?」

天魚          「白い花茶に、何を入れたんだ?」

美女郎         「眠り茸だ。毒消しに青い花も混ぜたが……」

天魚          「そりゃあ、だめかも……」

夢           「な〜にいってるんだ、夕月ぃ。今夜はずっと一緒だぜ。おめえ、なんて綺麗になったんだ。恋をすると、女は綺麗になるそうだが、俺に惚れたのか? いいんだ、いいんだ、俺もおめえに惚れてるからな……」

          (美女郎相手にめろめろの、寝ぼけ夢候)

美女郎         「醜草、このあほをなんとかしろ」

醜草          「夢さん! 目を覚まして下さいっ。夢さんっ」

夢           「おお、おめえは、小桜太夫か? わ、どうしたんだ、頭がつるつる……かわいそうに、尼になったのか。なんでだ、俺が可愛がってやるのに……」

醜草          「だ、だめです! わたしが太夫に見えるなんて〜 重症です〜」

美女郎         「こうなったら、こうするしかない」

          (美女郎はふところから竜笛を出して、ヒューと吹き鳴らした。とたんに、夢候が消えた)

天魚          「おい、美女郎。どこへ飛ばしたんだ?」

美女郎         「ふん。あいつの大好きな所にでもいるんだろうよ」

 美女郎の言葉通り、夢候は遊郭にいた。

 夕月太夫と小桜太夫を両手に花。

 空には満月、誰が吹くやら風情のある笛の音が響いている。

 ホウ、ホウと、鳴く鳥も……

夢           「ああ、幸せだなあ。それにしても、夕月、おめえ、毛深くなったんじゃねえのか?」

 

はてさて、夢候の運命やいかに……   

 

※この連載は『忍剣花百姫伝』シリーズの外伝ですが、本編とは関係ありません。

忍剣花百姫伝(一)めざめよ鬼神の剣 (ポプラ文庫ピュアフル) 忍剣花百姫伝(二)魔王降臨 (ポプラ文庫ピュアフル) 忍剣花百姫伝(三)時を駆ける魔鏡 (ポプラ文庫ピュアフル) 忍剣花百姫伝(四)決戦、逢魔の城 (ポプラ文庫ピュアフル)