Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2016-03-29

[][][][]花百姫へ熱いファンレターが届きました!

f:id:rieko-k:20160329114551j:image:left

ポプラ社の担当さんから、版元へ届いたお手紙が転送されてきました。

担当さんのお手紙には、「…この珠世さんにとって、どれだけ、花百姫の存在が大きかったのか、ビンビン伝わってきて、胸がいっぱいになりました。あらためて、スゴイ作品だったんだなあって思います…」って書いて来て下さいました。

珠世さん(※ここではご住所や姓などの個人情報は伏せさせて頂きます。下のお名前だけ書かせて下さいね)、ほんとにありがとう〜

便箋一杯にびっしり6枚にも綴られたお手紙に、私も胸がいっぱいになりました。 

花百姫は、珠世さんが改めて、クリスマスプレゼントにお願いして、買い揃えてくれたみたいに、小学校の時に、学校図書館で読んでくれた子たちが改めてお小遣いで買ってくれたり、大きくなってから、一般文庫になった新シリーズを大人買いしてくれたり、口コミでおすすめしてくれたりして、今もファンを増やし続けているシリーズです。

ツイッターやブログで、今も忘れられない大好きな作品だとつぶやいてくれる人たちもいて、そういう時、作者の私はとっても元気を貰います。

読んでくれたみんなと心が通じ合った瞬間ほど、作家にとって嬉しい瞬間はありません。

珠世さんから頂いたお手紙にも、とてもとても励まされました。

このブログも、いっときはコメント欄が300超えになるほどファンが来てくれましたが、みんなが成長して忙しくなるにつけて、寂しくなりました。それでも、時々、往年の読者さん、新しい読者さんが来てくれます〜

珠世さんも、ここを見てくれてたんですね!

夢さん旅日記、また更新しますね!

きっと、天兵にも登場してもらいます〜楽しみにしててね♡

忍剣花百姫伝(一)めざめよ鬼神の剣 (ポプラ文庫ピュアフル)

忍剣花百姫伝(一)めざめよ鬼神の剣 (ポプラ文庫ピュアフル)

忍剣花百姫伝(二)魔王降臨 (ポプラ文庫ピュアフル)

忍剣花百姫伝(二)魔王降臨 (ポプラ文庫ピュアフル)

忍剣花百姫伝(六)星影の結界 (ポプラ文庫ピュアフル)

忍剣花百姫伝(六)星影の結界 (ポプラ文庫ピュアフル)

サエコサエコ 2016/03/29 23:52 先生お久しぶりです。
わあ!!素敵なお手紙ですね。
やっぱり花百姫の力ってすごいですね。
花百姫の強さと優しさは、読者に勇気を与えてくれますから。

私は今年仕事場が異動になり、とても小さな小学校の図書室の先生になります。
そこにも先生の書かれた花百姫の本が置いてあるんですよ。
子供たち花百姫の物語が大好きなんです。
大人にも子供にも勇気を与えてくれる花百姫は誰からも愛されます。

rieko-krieko-k 2016/03/30 16:29 サエコさま
ありがとうございます〜
全文ご紹介したいような素敵なお便りでしたが、ここは公の場なので内容は隠しましたが、ほんとに胸いっぱいになりました。
かつて、サエコさんが花百姫を漫画化して下さった時も、完結編の続きを何人ものファンのみんながびっしり書いて送ってくれた時も、音楽に合わせて花百姫の動画を作って貰った時も、ほんとにほんとに力を頂きました。
これからも、花百姫が多くの人の心に届いて愛されますようにって祈っています〜
サエコさんやみんながついていてくれている限り、きっと花百姫はまだまだ愛され続けると信じてます〜

rieko-krieko-k 2016/03/30 16:31 あ、図書室の先生、おめでとう〜
サエコさんにぴったりのお仕事ですね!
子どもたちが、まだ花百姫を愛してくれてるなんて、感激です!!!
これからも、子どもたちに素敵な本を紹介してあげて下さい〜♪

霧 2016/03/30 19:02 やっぱり、花百姫はみんなを好きにさせる魔力(?)を持っているのですね!
ツイッターでしか見られませんが、その魔力の虜になっている人たちに、「どうだ、おもしろいでしょう!」と、いつも思っています。

本当に、本当に、すてきな本だと思っています。先生の愛情がにじみ出ているような、優しくてきれいな。


最近、また花百姫を読み直しています。
自分が思いの通りの文章を書けなかったとき、ちょっとしょげたときとかにどうしても読みたくなって、なんども立ち返っています(そのたびに全巻買おう、と思うのですが…)。
そのたびに、おもしろさに気がつきます。最初の不明瞭から、どんどんなぞが解けていく快感。キャラ同士の関係、つながりの変化。
そしてなによりも、先を読みたい、と胸がきゅーっとなる飢餓感(とでもいうのでしょうか…、うまく言えません)。言葉にできないような、大きな感動。

一回目では理解できなかったことも、二回目、三回目…と重ねるごとに、ああ、この人はこういうことを言いたかったんだ、とか、こうだったのかな? とか、考えながら読むように。
夢中で読んでいた頃から、私は花百姫と一緒に成長しているのかな? なんて思っています(あの頃はむさぼるように読んでいました)。

すべての巻を集めたときに、どうやってこの感動をいろんな人たちに伝えようか、そればかりを考えています。花百姫は、今も、多分これからもずっと好きな本です。

rieko-krieko-k 2016/03/30 23:43 霧ちゃん、ううっ…( ;∀;)
すごくすごく嬉しいです〜

いつか、花百姫を読んで感動してくれた子達が、芸術や創作の仕事について、「花百姫をアニメ化したいんです〜」とか、「映画化したいです!」とか言ってくれるような気がしてます。
だって、花百姫から新たに続編を創作してくれた子は何人もいるし、漫画化や動画を作ってくれた子たちもいるんだもの。
夢じゃないよねっ。
ううん、そんなことがなくたって、みんながずっと好きでいてくれるだけで、私はとても幸せです。
霧ちゃん、そして、みんな!
ほんとにほんとにありがとう〜

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rieko-k/20160329/P1