Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2018-07-07

[][][][]『結び蝶物語』#あかね書房

f:id:rieko-k:20180707142244j:image:left

結び蝶物語

結び蝶物語

私と同じ年に新人賞を得てデビューされた横山充男さんの新刊です。これまで、歴史ファンタジーシリーズの数々を世に送り出してきた作家だからこそ、現代と過ぎ去りし世の人々の魂をめぐり合わせ、さらに、つないでゆく物語を書いてくれました。殺伐とした現代でも、ロマンと出逢わせてくれる断片は、そこここに落ちていると気付かせてくれる一冊です。

中学生のあかりは、祖母の家で「二ツ蝶」の家紋に出会い、自分のルーツに興味を抱く。残っていた資料を調べたあかりは、滋賀の高宮神社、兵庫の生石神社、京都の下御霊神社を訪ね、その場でスケッチをしながら先祖に思いをはせると……。戦国時代の徳川家康と少女、古墳時代の石工職人と巫女、幕末から明治にかけての坂本龍馬と菓子屋の孫娘と、時空を超えた先祖たちの三つの物語を、子孫である主人公のあかりがつなげていく。 (BOOKデータより)

横山充男横山充男 2018/07/08 14:35 拙著をご紹介いただきありがとうございます。
そうですよね。
同じ年度に、ちがう文学団体ですが児童文学の新人賞をもらい、互いに切磋琢磨をしながらの二十?年間でした。
それぞれの持ち味を生かしながら書き続けてきた年月のようにも思われます。
お互い出身地が高知県ということで、作品の根っこには故郷の風土があったように思います。
とはいえ、ぼくのほうも関西に出てきてからずいぶん長くなりました。そのせいか、最近は関西を舞台にした作品が多くなった気がします。
それにしても、越水さんのご活躍、すごいですね。
あっぱれ!

rieko-krieko-k 2018/07/08 21:31 横山さんと呼ぶよりみっちゃんと呼べるようになったのは、児童文学集団プレアデスのおかげですね。デビューから25年、日々、追いかけられるように書いてきましたが、今年の後半からは、又、オリジナルの作品を書きたいと思っています〜今年は母の物語を書けたので、作家にしてもらった役割を一つ果たしたような気がしています。後、何作書けるのか…お互いに頑張りましょう〜

rieko-krieko-k 2018/07/08 21:32 あっぱれのお言葉、とても嬉しいです❣

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証