Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2018-09-30

[][][][]『ぼうけんはバスにのって』#金の星社 著/いとうみく・絵/山田花菜

f:id:rieko-k:20180930162836j:image:left

ぼうけんはバスにのって

ぼうけんはバスにのって

二年生のタクが長距離バスに乗って、初めての一人旅。おばあちゃんがバス停まで迎えに来てくれる予定だけど、たったひとりぼっちの長い旅に、タクはドキドキ!

そのドキドキが、読者にまでリアルに伝わってくる物語運びと、キャラクターに感心しました。

山田花菜さんの絵は、いつもとってもかわいいけれど、タクの隣の席にどっかと座ったお兄さんの存在感に、私までドキドキ!

さあ、どうなるのか……と心配になったけれど、物語の最後には、このお兄さんのキャラクターに癒されました。うまいっ!と声をかけたくなる一冊。

読者の子どもたちはきっと、タクと一緒に冒険の旅をしてくれるでしょう〜

2018-03-20

[][][][]『ぼくはなんでもできるもん』#ポプラ社

f:id:rieko-k:20180320142128j:image:left

季節風の作家/いとうみくさんの幼年向き新作です。子ども心によりそった物語。うんうん、わかるわかる。保育園や幼稚園で年長さんになって、ついに、小学一年生になったぼく。大きくかっこよくなって、小学校へ行ったのに……小学校では、赤ちゃんあつかい!?そんなの、ないよ!っていうぼくの声が聞こえてきそうな、子どもの味方の一冊。お母さんもいっしょに読んで、子ども心をわかってね

保育園では最年長だったのに、小学校にはいったとたん、最年少になる小学一年生。上級生やおとなが先まわりしてお世話をしてくれますが、そのあつかいは、なんだかあかちゃんみたい…。「ぼくはぜーんぶ、ひとりでできる!」“自分でできる”という、成長するよろこびをえがいた物語。(BOOKデータより)