Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2011-01-03

[][][][]新年こそ、生まれ変わろう〜

ツイッターのつぶやきをリツイートして下さった12人もの皆さま、ありがとうございました。

f:id:rieko-k:20100915205833g:image:leftriekossy 今年は生まれ変わった気持ちで頑張ります。生まれ変わるから、去年やれなかったこともやれるし、去年の悲しみも辛いことも水に流せる。新人の気持ちで書けるし、新人だからこそ怖いものはないぞ。生まれ変わるって素敵。

f:id:rieko-k:20100821022001g:image:leftriekossy 幸せは、待たず、頼らず、自分の足と手と心でつかむもの。誰かに連れっててもらうのでなく、独りで歩いていこう。独りって寂しいとか、孤独だとかいうのは不幸せの罠。素晴らしいことの多くは、独りだからこそ、やり遂げられるって気がついてほしい。

さて、以下はお正月の話題です。

f:id:rieko-k:20110101165312j:image:left玄関の鏡餅。

我が家では、神棚と仏壇にも鏡餅を供えました。小さいのですけれど。

私はプラスチックの蜜柑もどきが大嫌いで、どうしてもあの手の鏡餅を飾るのがいやなのです。

かといって、小人数の家族では、昔のような大鏡餅をついてもらう訳にもいかず、毎年、大きめの小餅と、小さめの小餅を重ねて鏡餅にしていました。

でも、今年はこんな可愛いのを見つけました。鏡餅の上に、招き猫がのってます。

プラスチックの蜜柑は、お正月が過ぎればゴミになるだけですが、招き猫なら飾っておけるし。

ちなみに、神棚と仏壇の鏡餅には、可愛いうさぎちゃんがのっかってます。

f:id:rieko-k:20110101115938j:image:left

そして、元旦には、歳末に頂いた古酒の封を切りました。

黒糖焼酎の「奄美」です。

ほんのり甘い香りで、お湯割りにしても、さすがに酷(こく)がありました。

少しずつ大事に愉しむつもりです。

そうそう、今夜のマジ歌選手権、面白かった〜♪

私は角ちゃんファン、マジ歌「若者たちへ」がことに大好き!

今夜の新メンバーとのマジ歌も最高でした。

でも、京都はデジタル化されると、テレビ大阪の電波が入らないので、マジ歌も見られなくなります。

とても、残念です。

2010-01-02

[][][][]あけましておめでとうございます!

風雲童話城のトップページを、娘に更新してもらいました。ハートが可愛いです〜

※12/31の日記、『恋する新選組』の書評&レビュー更新ページ、新年にも更新しました〜よろしければご覧になってくださいまし

年末年始はなんだか忙しくて、新年のご挨拶が遅くなりました。

みなさま、あけましておめでとうございます〜

本年もどうぞよろしくお願い致します。

我が家はこんなお正月でした。

f:id:rieko-k:20100101110449j:image

 お正月のお花

f:id:rieko-k:20100101110655j:image

 ぶっこみですが床の間にも

f:id:rieko-k:20100101123609j:image

 京のお雑煮。おもち、こいも、生麩、白みそ仕立てに、結び三つ葉を添えて。

f:id:rieko-k:20100101124137j:image

 美味しかった「割烹鳴駒」のおせち

おせちを手作りしなくなって数年。

毎年、この日だけは少々贅沢をと思って、生協パンフレットから、有名ホテルや料亭のおせちを注文してきましたが、お値段に見合うほど美味しかったことはなかったのです。もうやめようかな、手作りに戻ろうかなと思っていたのですが、今年はとても手作りの余裕はなく、結局注文することになったのですが、今回は正解でした。

これまでは、贅沢過ぎる伊勢海老なんかがど〜んと入っているおせちが多くて、ほかの品はそのおまけみたいな感じが気に入らなかったのですが、鳴駒さんのおせちは普通の海老を美味しく炊きこんだだけです。でも、その分、一品一品がとても手をかけられていて見た目も美しく、お味も美味しかったです。

来年も鳴駒さんにしようと思ってます。

で、私のお正月は元旦だけ。今日から仕事をしています。去年の仕事を一つだけ持ち越してしまったものですから。

2008-01-07

[][]おそらく初稿が……

「月下花伝」続刊の初稿が、今日上がるはずです。

でも、とっくに300枚越えてます>想定外だ〜

で、お正月写真も遅すぎますが、白味噌に飽きた三日のおすましのお雑煮。本日の七草粥。

f:id:rieko-k:20080104114440j:image:leftf:id:rieko-k:20080106203212j:image:left

2008-01-02

[][][]お雑煮

f:id:rieko-k:20080102102418j:image:left

お正月らしく、我が家のお雑煮をご紹介。

なのに、カテゴリーの[ビールのお伴]はおかしいけど。

京都のお雑煮は白味噌仕立てです。利休昆布と鰹で出汁をとりまして、年末に水煮しておいた里芋(注・ヘタを切り取って皮ごとゆでること)と、お湯につけてゆっくり温め柔らかくしたおもち、花麩、もみじ麩、てまり麩を彩りに、三つ葉を添えました。白味噌は甘口なので、この三つ葉がすがすがしくて美味しいのです。

元旦に続いて執筆中です。月下花伝続刊、初稿あがるまであと少し!です。引き続きがんばります。