Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2015-11-15

[][][][][]児童書作家と怪談作家のコラボ!怖くて面白い『視えるがうつる!?』シリーズ

ただ今大人気の『笑い猫5分間怪談』シリーズに先行して出版された兄弟シリーズとも言えるのがこの『視えるがうつる!?』シリーズです。笑い猫で人気の令丈ヒロ子さんの「失恋妖怪、ユーレミ」が、最初に生まれたのも、このシリーズです。

笑い猫に登場する人気作家さんたちのお話も沢山! 笑い猫と合わせて読んでね♡

お母さんを亡くしたあやめは、昔、神木であったという小学校のナギの木にひたいをあてて祈った。その夜、謎めいた夢を見て、目覚めた時、いつも神木にいる猫の黒子が窓からのぞいていた。黒子にさそわれ、窓から真夜中の町に出ると、月明かりの神木の下に、なにかが視えた!“視える”が次々と子どもたちに伝染り、地霊町に秘められたふしぎが顔を出す…まったく新しい、怖くておもしろい怪談シリーズが今、はじまった!(BOOKデータより)

地霊町の学校の運動場に、昔からある古いナギの木には霊力があった。その力が伝染った子どもたちに“見えないはずのものが視える”事件が続いた。失恋した女の子の心を食べにくる、かわいい女の子妖怪―。なぜか死体をさがす、ふしぎな男の子。子どもをさそうお菓子の家。夕暮れにあらわれる、陰陽師のような光る美男子。地霊町のふしぎがどんどん顔を出す、こわいけど、おもしろくて笑えるゴーストミステリーシリーズ第2巻。(BOOKデータより)

ナギの木の霊力=“視える力”を授けられた子どもたち。今回はその神木が切られるかもしれない!という話で探偵団は大ピンチ! 次々とあらわれてくる黒い影。ついに明かされる“視える”の謎。地霊町では子どもたちの“視える事件”が続いていた。夜中、ひとりでに位置を変える巨大な酒樽。“視えない鬼”と鬼ごっこする子どもたち。大好きなお父さんについた“妖怪ゆらり”。それらが視えるのは古いナギの木の霊力の力によるものだった。ところがその神木が切られるという。そのためか封じ込めていた悪霊がどんどん出てきて…。ふしぎ探偵団最大のピンチ!こわくておもしろいゴーストミステリー第3巻。(BOOKデータより)

2014-06-02

[][][][]『視えるがうつる!? 地霊町ふしぎ探偵団』も「児童文芸6・7月号」に、ご紹介して頂きました〜

f:id:rieko-k:20140602192300j:image:left

このシリーズは全三巻。

最新作の『みんなが視える! 地霊町ふしぎ探偵団』は、著者 /黒史郎さん/風野潮さん/緑川聖司さん/越水利江子と、/監修・東雅夫先生/絵・TAKAさんです。

チームで一冊の本を創ることの楽しさと、大変さを経験させてもらった面白い企画でした。

児童文芸の書評は、土山優さんです、ありがとうございました!

視えるチームのみなさんへも、心から御礼を申し上げます。ありがとうございました〜








2014-05-16

[][][][][]『みんなが視える! 地霊町ふしぎ探偵団』(著/黒史郎風野潮越水利江子、緑川聖司・絵/TAKA)が発売されました!

予約開始をお知らせしましたが、ついに発売!です。

地霊町では子どもたちの“視える事件”が続いていた。夜中、ひとりでに位置を変える巨大な酒樽。“視えない鬼”と鬼ごっこする子どもたち。大好きなお父さんについた“妖怪ゆらり”。それらが視えるのは古いナギの木の霊力の力によるものだった。ところがその神木が切られるという。そのためか封じ込めていた悪霊がどんどん出てきて…。ふしぎ探偵団最大のピンチ!こわくておもしろいゴーストミステリー第3巻。ナギの木の霊力="視える力"を授けられた子どもたち。今回はその神木が切られるかもしれない! という話で探偵団は大ピンチ! 次々とあらわれてくる黒い影。ついに明かされる"視える"の謎。シリーズ最終巻。

(BOOKデータより)

いよいよ、発売!

最終巻の今回は、『晴れた日は図書館へ行こう』や怪談シリーズで大人気のイケメン作家、緑川聖司さんが大トリの物語を書いて下さいました〜

怪談作家さんの黒史郎さんや、今や、フィギュアスケートシリーズが人気の風野潮さんなど、手だれの作家さんたちが執筆して下さいました! 東雅夫先生の解説も、どうぞお楽しみください〜

以下にシリーズ作品をご紹介しておきます!

2014-05-06

[][][][][]『みんなが視える! 地霊町ふしぎ探偵団』(著/黒史郎風野潮越水利江子、緑川聖司・絵/TAKA)のamazon予約が始まりました!

ナギの木の霊力="視える力"を授けられた子どもたち。今回はその神木が切られるかもしれない! という話で探偵団は大ピンチ! 次々とあらわれてくる黒い影。ついに明かされる"視える"の謎。シリーズ最終巻。

(BOOKデータより)

いよいよ、予約が始まりました!

最終巻の今回は、『晴れた日は図書館へ行こう』や怪談シリーズで大人気のイケメン作家、緑川聖司さんが大トリの物語を書いて下さいました〜

怪談作家さんの黒史郎さんや、今や、フィギュアスケートシリーズが人気の風野潮さんなど、手だれの作家さんたちが執筆して下さいました! 東雅夫先生の解説も、どうぞ、お楽しみください〜

2013-12-27

[][][][][]『視えるがこわい! 地霊町ふしぎ探偵団』(著/令丈ヒロ子/藤野恵美/水沫流人/越水利江子・絵/TAKA)の見本が届きました〜

f:id:rieko-k:20131227102631j:image:left

ついに、本ができました! 新春1月に発売されます〜

こわいです!

おもろいです! つい、笑えます〜

感動します! ついつい、ほろりと涙が……

こんな本、これまでなかったと思いました。

執筆作家さま方、本当にありがとうございました〜!








2013-12-19

[][][]『ふるい怪談』著/京極夏彦 絵/染谷みのる(角川つばさ文庫)

お侍のNさんがお化けを見た!? トイレの中に20年も入っていたIさん。家族の悩みを狐に相談する幽霊。猿にマッサージされたFさん。猫になってしまったSさんの奥さん。幽霊が作った団子。15日間、毎日化け物がやってきたIさんの家。夜に頭を叩きにくる大亀…。江戸時代に人々から聞き集めたふしぎな体験談を、今風にアレンジ!ちょっと怖くてかなり面白い、新しく書かれた、ふるい怪談! 小学上級から。(BOOKデータベースより)

いやいや、この本はすごいです。

怪談小説や、こわい絵本で超有名な闇の貴公子、京極夏彦さまが書いて下さった児童書ですよ!

この物語の原典は、江戸時代に書かれた「耳嚢」(みみぶくろ)という摩訶不思議な本です。この「耳嚢」は、創作の本ではなく、江戸時代に奉行も務めたことのある教養のある武士が書きとめた聞き書き本なんです。そう。まさに江戸時代の都市伝説とでもいいましょうか…

それを、京極夏彦さんが、子どもにもわかるように、面白く書いて下さったのが、この本!

これだけでも、絶対読んでおきたい一冊ですよね〜

内容は、ここで語り尽くせないほど、多種多様です。

恨みをのこした人の幽霊だけでなく、大亀の恨みのお話もあります。河童、キツネ、猿、さらにしゃべる化け猫……それに、江戸時代の人々が、Aさん、Bさん、Cさん……Iさんとか、仮名で呼ばれているのも面白いです。江戸の人たちが、現代人にぐっと近くなったみたいで。中でも、Iさんは、大物ですよ!(読んでのお楽しみ〜♪)

2013-12-13

[][][][][][]来春1月に発売!『視えるがこわい! 地霊町ふしぎ探偵団』著/令丈ヒロ子・藤野恵美・水沫流人・越水利江子 絵/TAKA

f:id:rieko-k:20131213100418j:image:left

f:id:rieko-k:20131213102317j:image:left

ついに、校了!

来春1月に発売です!

みんな、お年玉でぜひ、買ってね!








地霊町の学校の運動場に、昔からある古いナギの木には霊力があった。

その力が伝染った子どもたちに”見えないはずのものが視える”事件が続いた。

失恋した女の子の心を食べにくる、かわいい女の子の妖怪__。なぜか、死体をさがす、ふしぎな男の子。子どもをさそうお菓子の家。夕暮れにあられる、陰陽師のような光る美男子。

地霊町のふしぎがどんどん顔を出す。怖いけど、面白くて笑えるゴーストミステリーシリーズ第2巻。

ふしぎなことなら、東雅夫先生にきいてみよう!

東雅夫先生の解説付きです〜

2013-11-05

[][][][]全作、脱稿っ!

f:id:rieko-k:20131101020213j:image:left絵/TAKAさん。

版元アップの前なので小さくご紹介〜イラストも素晴らしい〜♪

角川つばさ文庫『視えるがうつる!? 地霊町ふしぎ探偵団』の続刊、視えるがこわい! 地霊町ふしぎ探偵団の各作家さん作品が出揃いました〜それはもう、前作を超えて面白いこと請け合いです〜

↓これは前作。

さすが、第一線の作家さんが集合しただけはある!と、絶賛してもいいのではないかと思います。

むろん行きがかり上、私も書いてますが、この発言は、編纂を手伝って全作品《前作、今作とも》を見渡しての感想です。

子どもたちが読んでくれれば、最高〜!なのはもちろん、今デビュー前の書き手さんやアンソロジーをどう書くかの苦心をしている作家さんたちが読んで下さっても、とても面白く、学ぶところがあると思います。

ほんとっに、これを見逃したら、後悔しますよぉ〜

視えるがこわい!地霊町ふしぎ探偵団』は、来年新春に発売されます! お見逃しなく!!

以下執筆作家 及び 目次↓

新作!視えるがこわい! 地霊町ふしぎ探偵団

1.「失恋ユーレミ」        令丈ヒロ子

2.「犬と名探偵」         藤野恵美

3.「お菓子の家」         水沫流人

4.「地霊町ふしぎ探偵団」     越水利江子

解説/東雅夫

前作『視えるがうつる!? 地霊町ふしぎ探偵団

1.「視えるがうつる!?」      越水利江子

2.「空を飛ぶラブレター」      小島水青

3.「おまじないクラブへようこそ」  宮下恵茉

4.「ふりむくなの霊」        横山充男

解説/東雅夫 

2013-10-15

[][][][]いまだかつてない!怪談推理コメディ〜『視えるがうつる!?』顔合わせ会の頂きもの

f:id:rieko-k:20131015114219j:image:left

『視えるがうつる!?』の画家さん、TAKAさんからの頂きもの。

2013年10月の「コミティア」参加三周年記念ペーパーです。

TAKAさんは、絵柄がかっわいいので、すっかり女性だと思っていたのですが、素敵な若い男性でした♪

f:id:rieko-k:20131014114349j:image:left

こちらは、K編集長と恵茉ちゃんからの頂きもの。

ふしぎに、どちらもミニチョコのケーキとチョコカステラ。

この『視えるがうつる!?』とか、怪談ものを書いてると、不思議な巡り合わせが結構あって、楽しいことも、ぞっとすることもあります。

「霊とかは見えないんですが、こういうものを書いてると、ちょっと気をつけなければ…と思うんですよね」とおっしゃったのは、怪談シリーズが大ヒットして、最近、受賞までされた緑川聖司さんでした。

確かに、その通り!

この視えるシリーズは、本格怪談作家さんも執筆されてますし、編纂/解説が、あの有名な怪談幻想文学文芸誌「幽」の東雅夫先生ですから、みなさま、ゆめゆめご油断なきよう、ご執筆されますように〜なむなむ…チーン♪

↓の情報は、風野潮ちゃんに教えて頂きました!

緑川さんの受賞された「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」は、ここをクリック!

2013-10-13

[][][][][][]いまだかつてない!怪談推理コメディ〜『視えるがうつる!?』顔合わせ会のご報告

f:id:rieko-k:20131013210352j:image:left【会合の後の記念写真】

いつもは記念写真はアップしないのですが、このぐらいの大きさなら大丈夫かと。

楽しかった雰囲気は伝わるでしょうか?

ご参加の皆さまには、記念写真をメール添付でお送りしますね〜

(あ、写真を撮ってくれたのは宮下恵茉ちゃんなので、恵茉ちゃんだけ写ってません。ごめんね、恵茉ちゃん〜)

いやあ、楽しい会でした。次号に向かう打ち合わせ会もかなりつっこんだところまでできましたし、今回は、東から、K編集長、東先生、怪談作家さんの水沫さん、小島さんもご参加いただき、有意義な集まりとなりました〜関西作家の面々の業界打ち明け話も面白かったし、ご参加のみなさま、いかがでしたでしょうか?

ことに、はるばる来て頂きました東の方がた、関西とはいえ、箕面から、大阪から来ていただきましたみなさま、成果はございましたでしょうか?

私個人は、もう楽しかったし、このせちがらい物書き業界を渡っていく勉強になったし、素晴らしかったのですが、大人数が集まってのことで、席と席が遠く、あまり話せなかったのが残念だったり、心残りだったりするので、みなさまがどんな感想を持って帰られたかを、ちょっと心配しております。

どうか、ここでも、ツイッターでも結構ですので、一言コメント頂ければ、ほっとします〜

みなさま、ほんとにはるばるお疲れ様でした〜♪

[][][][][]いまだかつてない!怪談推理コメディ〜『視えるがうつる!?』の編集サイド&東西作家大集合!!

f:id:rieko-k:20130906145419j:image:left 本日の夕刻から、京都にて『視えるがうつる!? 地霊町ふしぎ探偵団』(角川つばさ文庫)シリーズの一巻打ち上げと、作家、編集サイドうち揃っての顔合わせがあります!

メンバーは、メディアファクトリーのK編集長、編纂解説の重鎮、東雅夫先生、怪談作家さんの小島水青さん、水沫流人さんが、はるばる東から駆け付けて下さいます。

関西からは、今や泣く子も黙る超売れっ子作家の令丈ヒロ子ねえさんと藤野恵美さんに加え、やはり怪談シリーズでヒットを飛ばしているハンサム若手作家さんの緑川聖司さん、さらにユーモア路線の大輪の花、宮下恵茉ちゃんと風野潮ちゃんと、越水が集合! あ、画家のTAKAさんも〜

残念ながら、関西のロマンスグレー作家として女性人気の高い(令丈ねえさんによると、『黙って立ってはったら、シュッとしてはる〜 』という…)横山充男さんだけは、ご都合がつかずご欠席とか。

呑み会をパスとは、ま、まさか…鬼のかく乱!? 

東西作家の著書《なにせ膨大にあるので、ほんの一冊ずつですが…》

日本幻想文学大全 I 幻妖の水脈 (ちくま文庫) 鳥のうた、魚のうた (幽BOOKS) マリオのUFO (MF文庫ダ・ヴィンチ) 茶子と三人の男子たち―S力人情商店街〈1〉 (新潮文庫) ハルさん (創元推理文庫) (P[み]4-1)晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル) (P[み]3-2)あの日、ブルームーンに。 (ポプラ文庫ピュアフル) ゲンタ! 忍剣花百姫伝(一)めざめよ鬼神の剣 (ポプラ文庫ピュアフル) 天の磐笛(第一巻)