Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2017-12-13

[][][][][][]12月19日は、日輪ねえさんの忌日なので一足早く水晶忌をしました。

「ねえさんずの怪」と名付けていた仲良し3人会は、女流作家(中身オヤジ)の集まりでしたが、だからこそ個性的でどんな事があっても笑い転げてた最高の思い出です〜

↑の[ねえさんずの怪]をクリックして下されば、これまでの楽しいひとときの記事が出て参ります〜

「そんなわけで、今日は三人の作品の一部をリンクしますね❣

地獄堂霊界通信8 (講談社文庫)

地獄堂霊界通信8 (講談社文庫)

ハリネズミ乙女、はじめての恋

ハリネズミ乙女、はじめての恋

パンプキン! 模擬原爆の夏

パンプキン! 模擬原爆の夏

かえたい二人

かえたい二人

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

花天新選組―君よいつの日か会おう

花天新選組―君よいつの日か会おう

2016-12-19

[][][][][][]12月19日は、作家/香月日輪ねえさんの祥月命日。ねえさんずで名付けた「水晶忌」です。

f:id:rieko-k:20101206180622j:image:left←ねえさんず3人で温泉旅行した時の犬型お買いもの袋。

今年は色々あって、ねえさんずでは水晶忌の献杯をやれないけど、来年の新年会で香月ねえさんに献杯しよう〜と思う年の暮れです。

以下はねえさんずの本(一部)

地獄堂霊界通信 (6) (講談社文庫)

地獄堂霊界通信 (6) (講談社文庫)

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)

ハリネズミ乙女、はじめての恋

ハリネズミ乙女、はじめての恋

パンプキン! 模擬原爆の夏

パンプキン! 模擬原爆の夏

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

花天新選組―君よいつの日か会おう

花天新選組―君よいつの日か会おう

2015-12-17

[][][][][][]12月19日は、作家/香月日輪ねえさんの祥月命日です。ねえさんずで名付けた「水晶忌」より一足早い二人きりの偲ぶ怪(お、この字に変換された!)に集いました〜

f:id:rieko-k:20151215180505j:image:left

「ねえさんずの怪」で仲良しだった作家/香月日輪さんの祥月命日を前にして、ヒロ子ねえさんと二人きりで日輪ねえさんを偲ぶため、大阪のOMMビルにある「楽待庵」さんで「ねえさんずの水晶忌」。

窓から大阪城が見えます〜

この日の二人ねえさんず↓

f:id:rieko-k:20151215180418j:image:left

f:id:rieko-k:20151215180345j:image:right










f:id:rieko-k:20151215180455j:image:left

そして、この夜のディナー前菜。

美しい〜

お花は、香月日輪ねえさんに用意しました。








f:id:rieko-k:20151215180131j:image:left

この夜、二人して、日輪ねえさんの形見分けで貰ったペンダントや指輪をつけていきました。

f:id:rieko-k:20151215180231j:image:left 

何を緊張したのか、二人とも、指が突っ張ってますが……

この夜の写真撮影、二人とも「え、これって、どうなってんの!?」と現代機器を使いこなせず、てんやわんや。

ねえさんずの撮影班はいつも日輪ねえさんだったから、「おまえら、なにやってんの!?」と言ってるだろうな、日輪ねえさん。

…って、笑い合いました。

きっとその笑い声の中に、日輪ねえさんの豪傑笑いがまじっていたはず〜

この日の話題は、日輪ねえさんの思い出話と、いつも通り、出版業界の黒い話、さらに、二人の内輪話まで多彩にわたって、今になってわかるあの時この時…さらにこの先の色々など。切ないといえば切ない。

でも、人生は喜劇とも思えるあたりは、お互い年の功なのかも。

 

そして、こちらはヒロ子ねえさんから、『うばかわ姫』が「この時代小説がすごい!」の話題になり、15位ランクインしたお祝いに頂いた開運グッズの数々↓

眩しいばかりの金銀ノートと開運「うめようぎ昆布茶」。このお茶、今朝も頂きました〜めちゃめちゃ旨い!

f:id:rieko-k:20151216112614j:image:left

ほんまに運気が上がりそうな気がしてきました。

そして、実はこっそり、手相や四柱推命占いの修行をなさったことがあるねえさんに、手相を診てもらいました。その結果は、秘密です〜♪

2015-05-29

[][][][][]香月ねえさんを偲ぶ怪「二人水晶忌」で思ったこと

f:id:rieko-k:20100510125645j:image:left←水晶の結晶集合体!

作家にだって、誰にだって、羨ましいという感情はあるし、ことに、新人の頃は処し方がわからず嫉妬と混同する。

だが、羨ましいと嫉妬は別。

「羨ましい」は結晶すれば、「あの人の仕事は素晴らしい=敬愛」に繋がっていく。

そうなれば敬愛する仲間と生きる楽しい人生。

羨ましい人が増えれば増えるほど、周囲は豊かになる。

「いつか、自分なりにいい仕事を…」と目指せばいい。

一方、嫉妬は自分の内面に黒く渦巻くだけ… 結局、自分を陥れてしまう。

さまざまな感情は、美しく結晶させよう。水晶忌の水晶みたいに……と思った昨夕。


実際、私自身、香月ねえさんが羨ましかったし、令丈ねえさんのことも羨ましかった。でも、令丈ねえさんから聞いた話、「香月さんも、児童文学も大人物も、どんなものでも書けるねえさんのこと、羨ましがってたよ」って。

驚きでした。超人気作家の香月ねえさんが、作家稼業の片隅にいる私なんぞを、ほんのちょっとだけでも、羨ましがってくれたなんて!

ああ、だから、ねえさんずの怪で、大人気作家二人+地味作家一人だったけど、何の違和感もなく友達付き合いをしてもらえたのか…と。

羨ましいと思う友人こそ、真の友人なのかもしれません〜

2015-05-27

[][][][][]香月ねえさんを偲ぶ怪「二人水晶忌」

f:id:rieko-k:20150515163419j:image:left【水晶のような滴の写真/田中風馬】

今日は楽しかったです…といってはいけないのかもしれないけど、香月ねえさんが一緒にいた頃と同じに笑ってばかりの私的水晶忌でした。

でも、しんみりしたりするのを、ねえさんは望んでいないと思うので、これまで通り笑って笑ってしゃべってしゃべって……。

場所は、宇治の料亭『辰巳屋』さん。

お料理も、お店も素敵でした。

でも、いつもなら写真班の香月ねえさんがいないせいで、私と令丈ねえさんは美しい京料理の写真も撮らずに食べきってしまったので、お料理写真はありません。

香月ねえさんなら、前菜から主菜、〆のフルーツまで全部写真に撮ってブログアップしてくれたのにすみません〜令丈ねえさんと私はこんなもんです。

f:id:rieko-k:20150527202542j:image:left

代わりに、二人で身に着けていった香月ねえさんの形見のリングとペンダントの写真をパチリ。

なのに、ピントが甘かった!ので、その写真はまた今度ってことで。

こちらは、食事終わって帰る時に撮った辰巳屋さんの素敵な灯りとお花の写真です。

f:id:rieko-k:20150527202527j:image:left

ね、この灯りと花を見ただけで、とても素敵なお店ってわかるでしょ?

美味しくて美しいお料理に癒され、香月ねえさんがいた頃と同じに、業界の黒い話や面白話に花を咲かせて、目いっぱい解放されました〜

令丈ねえさん、ありがとう〜 それに、香月ねえさんもありがとう〜♡

2015-05-13

[][][][][]続報/香月日輪ねえさんを偲ぶ日を「水晶忌」と名付けました

「水晶忌」についてブログアップした後、読者さんや作家仲間から、「『水晶忌』って、とてもいいね!」というお声を沢山頂きました。f:id:rieko-k:20150508163611j:image:left「ねえさんずの怪」としては、ほっとしたり、喜んだりしています。

香月作品ファンの皆さんと心を一つにして、ねえさんを偲びたいという願いは叶いそうです。

そして、水晶のごとき水滴の写真を、田中風馬さんからご提供頂きましたので、今後の「水晶忌」や「偲ぶ日」の記事には使わせて頂きたいと思います。

タイトルのカテゴリー[ねえさんずの怪]をクリックして頂くと、これまでの記事が出てまいります〜

2015-05-11

[][][][][]香月日輪ねえさんを偲ぶ日を「水晶忌」と名付けました

ねえさんずの怪の令丈ねえさんと、水晶が大好きだった香月ねえさんを思い出して、ダイヤモンドなんかと違って、ピュアで庶民的な宝石、水晶がぴったりだと意見が合ったので。

透明で美しい結晶、水晶の晶の字には、お日様が三つも入ってるところも、お日様みたいに明るかった香月ねえさんにぴったりです。

近く、二人でひっそり香月ねえさんに献杯する予定です。

かつくら vol.14 2015春

かつくら vol.14 2015春

f:id:rieko-k:20150511134332j:image:left そして、香月日輪追悼特集「小説ファンブックKatsukura(かつくら)」を買いました〜

香月日輪ねえさんの追悼特集と聞いては、買わずにいられなくて……

買って良かった。

記事中の元気で変わりないねえさんの語り口が懐かしくて、なんだか、再会できたみたいでした。

特集内のファンからのお便りのページ。

読者にこんなに愛されて、香月ねえさん、幸せだったね。





f:id:rieko-k:20120830132251j:image:left私は、ねえさんたちと仲良く過ごせて、幸せだったよ。

ねえさんたちに解説を書いてもらったこの二冊も、私の宝物になりました。

ありがとう、ねえさん!

また会おうね♡

f:id:rieko-k:20120830132250j:image:left

2015-04-23

[][][][]香月日輪ねえさんが逝ってしまって、もう4ヶ月…

光陰矢のごとし、時の流れの速さについていけません。

『妖怪アパートの幽雅な日常』シリーズだけでも、370万部超えという超人気作家だった香月ねえさん、まだまだバリバリ書ける若さだったし、絶頂期に逝ってしまうなんて、どんなに無念だったろう…と思う反面、闘病中も明るくて、周囲を笑わせていたねえさんの事を思うと、案外「ま、そういうこともあるわさ。じゃあねぇ〜」と笑っているような気もして……ともかく、その香月ねえさんの形見分けの品が、同じく【ねえさんずの怪】で仲良しだった令丈ねえさんから届きました。和歌山での講演の折、香月ねえさんのご実家、お兄様のところで、私にも頂いて下さったものです。

f:id:rieko-k:20150423104720j:image:left

この写真の黒猫ちゃんの壁掛けは、香月ねえさんが亡くなった時、仕事場から頂いてきたもの。

f:id:rieko-k:20150423173152j:image:left

f:id:rieko-k:20121104205622j:image:left











こちらに掛けているアクセサリーの内、三つは、作家、風野潮さんから頂いたアクセサリーです。

f:id:rieko-k:20120603233800j:image:left




















こちらは、風野潮さん手造りの『ヴァンアパイアの恋人』の十字架ネックレス。










f:id:rieko-k:20150423143935j:image:leftこちらも、風野潮さん手造り『恋する新選組』ペンダントと、ヴァンパイアをイメージした赤い♥のブローチです。

そして、こちらが、今日届いた香月ねえさんの形見分け。

リーズナブルで可愛いものばかり。

この他、一杯買い込んでいたラップまで貰いました〜形見分けにラップって!ねえさん、面白すぎるよぉ。








 

サイズが大きめなので、中指にはめてみた香月ねえさんの形見のリング。ねえさん、竹を割ったようにオトコらしかったけど、こんなに細やかで繊細なリングも好きだったんだね

f:id:rieko-k:20150423145047j:image

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)

花天新選組―君よいつの日か会おう

花天新選組―君よいつの日か会おう

恋する新選組(2) (角川つばさ文庫)

恋する新選組(2) (角川つばさ文庫)

2015-04-13

[][][][][][]嫉妬するほど素晴らしい…

f:id:rieko-k:20100418121950j:image:left嫉妬せずにはいられないご活躍の友人作家のにいさんとねえさん。

でも、ある時からごく自然に、嫉妬じゃなく深く敬意を感じて、さらに気が合って仲良くなったにいさんとねえさんがたに、振り返ってみるとずいぶん助けられています。その実、ここに全部あげられないほど……!

駆け出しの時はあの人もこの人も羨ましくて嫉妬したけど、嫉妬は何も生み出さないばかりか、自分を削ぎ取るばかりでした。

でも、おおらかな愛と敬意は、大きな癒しと喜びと力を与えてくれると気付いたのはいつごろだったでしょうか。

今は亡き香月日輪ねえさんにはもうお返しができないけど、石崎にいさん、令丈ねえさん、あさのあつこさん……会えば、ボケ突っ込みをかます仲だけど、だからこそ得難い友人であり、凄い先輩でもあり……!

そういうにいさんとねえさん、ここには書けないけど、実は、心の中にどっさり!

そう考えたら幸せ過ぎると思う。

越水利江子のFBに、関係写真をアップしております↓

https://www.facebook.com/rieko.koshimizu/posts/633615446772472?pnref=story

以下は嫉妬するほど素晴らしいにいさん、ねえさんがたのご著書です《ほんの一部》。

若おかみは小学生!PART20 花の湯温泉ストーリー (講談社青い鳥文庫) 花宴 (朝日文庫) 世界の果ての魔女学校 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT) 星空ロック なりたて中学生 初級編

 

2014-12-24

[][][][]香月日輪ねえさん

f:id:rieko-k:20130521081206j:image

yahooニュースに、香月日輪ねえさんの訃報が出ました。

日輪ねえさんのご本名、生年月日、病名などはあきらかになっていませんので、私もここでは多くは語りません。ただ、これまで、ねえさんの闘病生活を垣間見ながら、彼女の強さと朗らかさにずっと感動していたことだけはお伝え致します。

ねえさんがこんなに早く逝ってしまうなんて、無念で無念でなりません。

近くねえさんずの怪で美味しい物を食べようねと約束していたのに、それも叶わぬことになりました。

ねえさんずの怪というのは、令丈ヒロ子さんと香月日輪さんと越水の作家同士の親睦会で、三人とも不思議話を書くので「会」を「怪」としたような次第です。

先日、令丈ねえさんと二人で、日輪ねえさんの仮通夜には馳せ参じ、多くのお友達と一緒に、ねえさんを偲んで、小さな形見の品を頂いたことだけはご報告致します。

ただ、ご家族のご心中を思うと、申し上げる言葉も見つかりませんし、何より、日輪ねえさんがどれほど無念だったかを思うと、ご冥福をお祈り致しますというような過ぎ去ったことのような言葉にもすることもできず、ただただ、私も心から無念だと申し上げるしかございません。

ねえさんの著書の発行部数は370万部を超えるそうです。まだまだバリバリ書ける気力と若さが十分すぎるほどあったのに……と思うと、比べ物にならないなりに同じ作家としても、友人としても、喪失感が大きすぎて、今は現実が受け入れられないような状態です。

なので、これ以上のことは何も書くことはできません。今回に限り、コメントを頂きましても、私はお返事することはできないと思います。ただ、天路のねえさんへのご挨拶として頂ければと思います。

もし、香月ねえさんを惜しんで下さる方がいらっしゃいましたら、ねえさんがお元気だったころの愉快な「ねえさんずの怪」で、もう一度、ねえさんに出会ってみて下さい。

タイトルカテゴリーの[ねえさんずの怪]をクリックして頂ければ、楽しいねえさんに再会できます。