Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2017-05-03

[][][][]このシリーズは傑作です。読めば読むほど、更に知りたくなる『文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 呪』#汐文社 

f:id:rieko-k:20170503155457j:image:left

まずは、怪談本としての豪華さを、著者名でご覧ください!

岡本綺堂三遊亭圓朝小泉八雲田中貢太郎柳田國男久生十蘭小松左京三島由紀夫吉屋信子郡虎彦日夏耿之介

何より、私は冒頭の「笛塚」(岡本綺堂)の妖しさと美しさに、心を掴まれました。さすが、時代小説、捕り物帖の神様です。主人公が通りすがる月下の薄野が目に浮かび、聞こえるはずのない笛の音が響いたような気がしました。

 

さらに、「因果ばなし」(小泉八雲)。この恐怖は、女性なら誰もがゾクリとするはずです。

読者が男性の場合と、女性の場合では、皮膚感覚が違うのかもしれません。

そして、お馴染み、柳田國男の「遠野物語」は、こうして読めば、あっけないほど短い1話1話なのに、その印象は深く濃く悲しいのです。それが遠野物語そのものだと良く知っているはずの私が、改めて、強くそう感じたのは、やはり「オシラサマ」でした。馬と娘の間に生まれた愛が生んだ「オシラサマ」。民話とは、こうでなければ!と感じました。語り過ぎる必要はなく、文体にも情愛を込めず語るからこそ、更に強い情愛が伝わってくるという魔法のような作品が遠野物語なんですね。

「復讐」(三島由紀夫)は、最後の行がなんとも怖くて、吉屋信子の「鬼火」もまた、「帯はなかったのだ…」という最後から6行目の描写に、震えが来ます。

他の作品も、我が師匠と仰ぐ(押しかけ弟子ですが…)、怪談文芸の目利き、東雅夫先生が選びに選び抜いた一冊です。このシリーズ、どの本も一読の価値あり!です。

2017-01-13

[][][]『文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 獣』著/泉鏡花/太宰治/宮沢賢治/与謝野晶子/中島敦…他

f:id:rieko-k:20170113132344j:image:left

東雅夫先生編纂の「文豪ノ怪談ジュニア・セレクション」の一冊です。さすがです。ジュニアも大人も愉しめて、さらに、深い教養が身に付くのではないでしょうか? 原典を損なわず、総ルビ解説付きなので、やや古文調の小説もすっと読めます。何より読みやすく面白い!

執筆陣は豪華この上ないものですが、東先生の編纂の妙も冴えてます。導入作品の「山月記中島敦に始まってすぐ、児童文学作家にはお馴染みの作家、小川未明「牛女」が続き、芥川龍之介「馬の脚」、与謝野晶子「お化うさぎ」、坂口安吾「閑山」、太宰治「尼」、梶井基次郎「交尾」と続き、児童書でお馴染み「注文の多い料理店宮沢賢治、「蛇くひ」泉鏡花で締めくくられます。どれも傑作揃いです。

ことに「山月記」には、人生の孤高を思い、「牛女」にも同じく人の生の悲しさを思いましたが、中でも一番ぞっとして、情景が視えてしまったのは、やはり、泉鏡花の「蛇くひ」でした。「応」と呼ばれる集団に捕えられ、生きたまま熱湯で煮られる蛇たちが、苦しさのあまり、蓋にされた笊の目から頭を突き出し、その頭を掴まれ引っ張られると、その頭に巣骨のみがついて、ずるりと抜け出てくるさまなど、鍋に残った煮崩れた蛇肉まで見たような気がしました。

文学とは凄い!その一言に尽きます。

これらの作品について、東先生は後書きで「野獣のような乞食集団『応』の跳梁ぶりを描いた『蛇くひ』をはじめとして、本書には、今日の人権意識に照らすと不当な身分的あるいは身体的差別を被った人たちが登場します。」と書かれて、こうした差別は絶対容認できないものであると述べられ、これら文学において、むしろ作家はこうした人々に肩入れして作品を書いている…とも述べられています。

私はとっさに「師匠!」

と呼びかけていました。

「そうですよねー!なのに、現代文学の版元においては、その内容にかかわらず、差別用語とされるその言葉だけを刈る方向へ行ってます。それでは、差別された人々の哀しみに共感する事もできないし、歴史から学ぶこともできませんよね!」と。

いえ、私は東先生を慕うだけの物書きですので、弟子入りを許された訳ではありません。

でも、そう呼ばずにいられなかったんです。近頃の本づくりにおいて、差別用語のみを切り捨て、なかったことにするのは間違っていると思っていた私は、東先生はもちろん、このシリーズを発行された汐文社さんにも、心からのエールを送りたいです。

2016-04-11

[][][][][]届きました!

f:id:rieko-k:20160411131109j:image:left

注文していた本がたった今、届きました。

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』汐文社 と、

『あいしてくれて、ありがとう』岩崎書店。

この二冊を買ったのは、ムヒカさんに、私から、「あいしてくれて、ありがとう」って言いたかったから♪

ほら、一緒に写真を撮ると、男の子がムヒカさんへ「ありがとう〜」って、手を振ってるみたいでしょ。

そう、愛から愛は生まれるのです。

「世界で一番貧しい大統領」のムヒカさんに届く印税はきっと愛の為に使われるはず。絵本を買う事が直接愛に繋がるってすごいね♡

それに比べたら、『あいしてくれて、ありがとう』は、ささやかなささやかな家族の愛の絵本ですけれどね。

だとしても、ムヒカさんから世界へ。

私からムヒカさんへ、愛の絵本二冊です。