Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2013-07-28

[][][]

東北芸術工科大学のオープンキャンパス、文芸学科の催し「夢のある小説のかたち 児童文学・ファンタジー小説をめぐって」が終わって、京都へ帰りました!

f:id:rieko-k:20130728152616j:image:left

【文芸学科のパンフレット】

文芸学科は、作家の川西蘭教授、山川健一教授、文芸評論家の石川忠司教授、フリー編集、ライターでもある専任講師の藤原千尋先生などの豪華な教授陣に加え、個性的で多彩な講師陣が待つ文学の学び舎です。








f:id:rieko-k:20130728152615j:image:left

【文芸学科のパンフレットの最後のページ】

こちらの記事の左下に書かれているように、この文芸学科の一期生の高橋佳奈さんの『137億回目の呼吸』と、荒川匠君の『ガンスミス』が幻冬舎文庫からデビューされることになりました。

お二人とも山川ゼミの学生さんで、私の講座(夏期、冬期とも)の受講生でもあった子たちです。




高橋佳奈さんの『137億回目の呼吸』は、集中講座で、夏期に小説を書いて冬期に合評をした作品でもあるのです。

荒川君の『ガンスミス』は新作ですが、集中講座で感じた荒川君の個性が活かされた作品だと感じました。

ほんとに、おめでとう!

発売されるには、まだ時間がかかりますが、まだ弱冠二十歳のお二人のスタート、ほんとに嬉しいです。

発売されましたら、またお知らせさせて頂きます。今どきの若者の描く世界を、ぜひ堪能してみてくださいね。

f:id:rieko-k:20130728152614j:image:left

【こちらは、文芸科の同人誌の一部です】

もっと何種類も面白そうな同人誌がありましたが、今、私は怪談関係の仕事が続いているので、妖し系の同人誌を貰って帰りました。




2013-07-26

[][][]「夢のある小説のかたち 児童文学・ファンタジー小説をめぐって」

山形の東北芸術工科大学の対談講演が近づいてまいりましたので、最後のお知らせです。

私は、26日に京都を発って、山形入りを致します〜

 文芸学科教授/作家の山川健一さんと越水利江子が対談します。

東北芸術工科大学オープンキャンパス2013文芸学科特別対談(申込不要・無料)

本日、山形入り。行ってきま〜す!

7月27日(土) 13:30〜14:30 207講義室

越水利江子(児童文学/作家/文芸学科客員教授

 × 山川健一氏 (作家/文芸学科教授)

「夢のある小説のかたち 児童文学・ファンタジー小説をめぐって」

  • くわしくは、東北芸術工科大学/文芸学科ブログヘ・ここをクリック!
  • また、28日には、株式会社幻冬舎・代表取締役社長・見城徹氏 (文芸学科顧問)

     × 山川健一氏 (作家/文芸学科学教授)の対談「どんな新人作家の出現を望むのか」

    があります。

  • くわしくは、東北芸術工科大学/文芸学科ブログヘ・ここをクリック!
  • 2013-07-01

    [][][]「夢のある小説のかたち 児童文学・ファンタジー小説をめぐって」

     文芸学科教授/作家の山川健一さんと越水利江子が対談します。

    東北芸術工科大学オープンキャンパス2013文芸学科特別対談(申込不要・無料)

    7月27日(土) 13:30〜14:30 207講義室

    越水利江子(児童文学/作家/文芸学科客員教授

     × 山川健一氏 (作家/文芸学科教授)

    「夢のある小説のかたち 児童文学・ファンタジー小説をめぐって」

  • くわしくは、東北芸術工科大学/文芸学科ブログヘ・ここをクリック!
  • また、28日には、株式会社幻冬舎・代表取締役社長・見城徹氏 (文芸学科顧問)

     × 山川健一氏 (作家/文芸学科学教授)の対談「どんな新人作家の出現を望むのか」

    があります。

  • くわしくは、東北芸術工科大学/文芸学科ブログヘ・ここをクリック!
  • 2012-03-24

    [][]リンク集を更新しました

    「東北芸術工科大学」の文芸学科のブログ及び、先生方のブログをリンクさせて頂きました。

    右、リンク集をご覧下さい。