Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2015-03-28

[][][][]『忍剣花百姫伝』の舞台1海賊の隠れ島「鬼ヶ城島」

『忍剣花百姫伝』の登場する鬼が城島のモデルとなった伊豆沖の青ヶ島が、TVで取り上げられていました。

f:id:rieko-k:20150328135350j:image:left

feedproxy.google.com(出典)

 

忍剣花百姫伝では、

「激しい波と強い海風に削られ続けたのか、その島は切り立った絶壁に囲まれている……絶壁と、無数の洞穴と、巨岩奇岩が天に向かってそびえているだけだ。いや、絶壁の向こうに、わずかに緑の森が見えた。『ここが海賊九鬼一幻斎の棲み処だというのか。だけど、どこにも砂浜とか、入江とかないじゃないか。どこに船をつけるんだ?』」

と、花百姫が訊くシーンがあります。

そう鬼が城島は、月に二度、朔の月(新月)と望の月(満月)の日の大潮の時しか開かない洞穴の航路があって、その洞穴を船でくぐって島に入るのです。それを、海賊たちは「鬼が城島の門が開く」といっています。

……なんてファンタジーが生まれたのは、青ヶ島のこの形からです。

島の内部がもっと海面より低ければ、島の中央がドーナツ状の海つづきになっていたりして、海賊たちは船のまま島の内部に出入りができるというファンタジーが思い浮かび、しかも、外海からは島の内部は見えない、まさに海賊の隠れ島になるじゃないか〜と想像が膨らみました。

そして、ここが、五鬼四天の忍者の隠れ城、鬼ヶ城となったのです。

また、以前ご紹介したけれど消えてしまった取材日記『忍剣花百姫伝六』に登場する「天の磐舟」のモデルになったのは、南砺市五箇山にある天柱石でした。これも一見に値するファンタジーなしろものですよ。

 

このほか、忍剣花百姫伝の舞台となった地、遺跡など「伝説の地」は以下にご紹介しております〜

熊野・龍いずる神々の山『忍剣花百姫伝』の舞台2

http://d.hatena.ne.jp/rieko-k/20100509/P1

紅燃ゆる谷、菅谷永代たたら・『忍剣花百姫伝』の舞台3↓

http://d.hatena.ne.jp/rieko-k/20100722/P2

星鏡の渓谷・宇宙を映した神の山『忍剣花百姫伝』の舞台4↓

http://d.hatena.ne.jp/rieko-k/20100328/P1

 

忍剣花百姫伝のページ↓

http://www.dowajo.sakura.ne.jp/kaohime3.htm

忍剣花百姫伝(一)めざめよ鬼神の剣 (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(二)魔王降臨 (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(三)時を駆ける魔鏡 (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(四)決戦、逢魔の城 (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(五)紅の宿命 (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(六)星影の結界 (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(七)愛する者たち (ポプラ文庫ピュアフル)

2010-07-22

[][][][]紅燃ゆる谷、菅谷永代たたら・『忍剣花百姫伝』の舞台3

f:id:rieko-k:20100722122649j:image:left

【鉄の歴史村資料より/右上・玉鋼/右下・田部家土蔵群/左下・歴史博物館内、高殿内部模型など】



雲南市吉田町菅谷の高殿に取材に行ったのは、たしか『忍剣花百姫伝』(ドリームスマッシュ版)の3巻が出版された頃ではなかったっでしょうか。

出雲取材で足をのばしてと思っていたのですが、それが最終日だったので、はるばる遠かったです。

おかげで、京都へは、まっ暗な国道を走って帰るはめになりましたが、それでも、どうしても行っておきたかった場所でした。

この高殿地区には、昔、170人もの技術者集団が住んでいて、たたら製鉄をおこなっていました。

日本一の山林王、田部家が経営していたのは、たたら製鉄には膨大な燃料(木材)がいるからです。

ほら、思い出して下さい。アニメ「もののけ姫」で、たたら製鉄シーンが出てきましたね。

山ごと森を消費してしまうのがたたら製鉄です。

ここは、あのシーンのモデルにもなった地域だそうです。

日本刀の材料となる玉鋼(たまはがね/ねばりがあり純度の高い鉄)を作ったのも、このたたら製鉄だったのです。

この菅谷たたら山内案内所で、朝日光男さんにお目にかかり、いろんなことを教えて頂きました。

その時、頂いた写真です。

f:id:rieko-k:20100722115652j:image:left

【菅谷高殿とカツラの木】写真/朝日光男さん

紅燃ゆるカツラの木は秋ではなく、春、桜開花の頃です。

カツラの新芽はこの時期、たった3日ほどだけ、真紅に芽吹くのです。

機械化をしないたたら製鉄は、今も昔も3日3晩かかるといいますから、この真紅の新芽のサイクルと同じです。

さらに、燃えるように天へ芽吹く様子は、たたらの炉で燃え上がる炎を連想させます…と、朝日さんは語られました。

f:id:rieko-k:20100722115651j:image:left

【やがて、青葉になります】写真/朝日光男さん

このカツラの木というのは、たたらには必ず植えられていました。

というのは、たたらの神さま(金屋子神)は、この木に降臨されるのです。

鉄の神、火の神、つまり、踏鞴師(たたらし)、鍛冶師、鋳物師などの職業神さまです。

忍剣花百姫伝5 紅の宿命 (Dream スマッシュ!) (Dreamスマッシュ!)←ドリームスマッシュ版

忍剣花百姫伝(五)紅の宿命 (ポプラ文庫ピュアフル)←2012年現在の文庫版

一年にたった三日間だけ、真紅に燃える木。神さまが降臨される神聖な木。

花百姫でも、この真紅の木が登場します。

高殿たたらも登場しますが、今は普通の屋根にみえる高殿は、たたらが創業されていた時は開閉式だったそうです。

つまり、たたらの炎の熱の逃げ口があったのです。

だとしても、たたら師たちは、さぞかし熱かっただろうと思いましたが、昔の日本人は、現代の日本人より圧倒的に汗腺が発達していたそうで(現代人は冷暖房のせいで汗腺が退化して半分になっているとか)、体温調節能力も素晴らしかったようです。

f:id:rieko-k:20100722115650j:image:left

【秋、黄葉が始まっています】写真/朝日光男さん

このたたら師たちのリーダーが村下(むらげ)といいます。

たたらの炉にあけた小さな穴から、常に炎の様子を確認するので、一生この仕事を続けた村下は利き目を失い、隻眼の者も少なくなかったといいます。



隻眼の霧矢がそれを利用して、村下に化けて潜入するのはそういう訳でした。

f:id:rieko-k:20100722115649j:image:left

【冬、すっかり葉が落ちました】写真/朝日光男さん
















f:id:rieko-k:20100722101041j:image:left




【朝日さんが実際に製鉄された玉鋼】

これも、頂きました。

ずっしり重く、そこにすでに、3日3晩、不眠不休で製鉄を続けたたたら師たちの魂が宿っているように感じます。

日本刀は刀になる前からすでに魂が宿っていたのかもしれません。

2010-05-09

[][][][][]熊野・龍いずる神々の山「忍剣花百姫伝の舞台2」

『忍剣花百姫伝』に登場する五鬼城のひとつ、天外城は紀伊の国、熊野の隠れ城です。

世界遺産に選ばれたこの地は、海も山も木も水も、恐ろしいまでの霊気を宿しています。それは、行ってみないとわからない聖地ならではの空気感でした。

f:id:rieko-k:20100509120133j:image

【熊野の山々】

わたしが行った日は、あいにくの曇天でした。でも、だからこそのこの景色です。

この写真では見えませんが、熊野の山々からは、無数の霧の龍が立ち上っていました。

ここはもう、聖地以外のなにものでもないと感じた一瞬でした。

写り込んでいる白くまるい光は、薄く大きなものも、小さく星のように輝いているものも、すべて、オーブ(霊現象といわれる光)ですが、これは単にデジタルカメラのいたずらだという説もあります(ちなみに、この写真を撮ったのはデジタルカメラではなく、観光地で売っている使い捨てカメラです)。

けれども、わたし個人の体験では、オーブはこういう聖地、深い森、寺社、あるいは祭りなどでよく写り込みます。

その時に感じる強い霊気を、たんに、カメラのいたずらだとは思えないのですが。

熊野では、一本のフィルムの多くの写真に沢山のオーブが写り込みました。ここに天外城はあるのです。




f:id:rieko-k:20100509115954j:image

【熊野古道・熊野本宮町観光協会冊子パンフより】

熊野古道のその奥、人知れぬ深い森と谷にかこまれた隠れ里がきっとあると思えませんか?




f:id:rieko-k:20100509121911j:image

【熊野の海】

ここを駆ける少年たちを思い出して下さい。

浜辺に立つ花百姫を……。





f:id:rieko-k:20100509121912j:image

【空と海】





f:id:rieko-k:20100509121527j:image

【龍が生まれる空】

龍は、空にも無数に生まれていました。写真がワイドでないのが残念です。

一目で、二、三十の龍が生まれるのを見て、しばし、その場を動けませんでした。





f:id:rieko-k:20100509123506j:image

【鬼ヶ城】

昔、海賊の巣窟だったという鬼ヶ城が海辺にあります。




f:id:rieko-k:20100509123433j:image

【鬼ヶ城1】

潮や風に浸食された巨大な岩は圧倒的です。

ここは、『忍剣花百姫伝』では、伊豆沖の鬼が城島のモデルとなっています。

潮が満ち過ぎても、引き過ぎても、船が内湾に入れない鬼が城島の洞窟はきっとこんなふうだったはずです。




f:id:rieko-k:20100509123432j:image

【鬼ヶ城2】

立っている人は、一緒に旅行した大好きな友人。今は会えないのが寂しいです。

人生は帰去来。でも、いつかまた……。

ここ熊野の物語は、これから、また新しいファンタジーとして書いてみたいと思っています。それに、もう一度行きたいです。

2010-03-28

[][][][][]星鏡の渓谷・宇宙を映した神の山・「忍剣花百姫伝の舞台4」

『忍剣花百姫7愛する者たち』の舞台のモデルとなった聖地です。

去年の夏、取材に行って、この雄大な景色、古代のロマンを目にした時、完結編の物語がはっきりと私の中に浮かびました。

f:id:rieko-k:20090706153200j:image【神野山から】

f:id:rieko-k:20090706154800j:image【竜王岩】

f:id:rieko-k:20090706161500j:image【八畳岩】

信じられますか? この磐座(いわくら)一つ一つが、宇宙の星々をそのまま映しとったものだなんて!

この神野山(こうのやま)は、車でないと行けません。京都からだと、車で行っても、片道4,5時間かかります。

でも、この地に立った時、私は感じました。「ああ、この地に呼ばれたのだな……」と。

それほどに、私が書こうとしている完結編の物語が鮮やかに立ちあがってくるような聖地でした。

ダイナミックな、古代の風景がそのままのこっているような山だったのです。

なにより、鍋倉渓(なべくらけい)と呼ばれる黒い巨石がごろごろ転がっている渓谷は圧巻です。

黒い岩の一つ一つは星々をあらわし、鍋倉渓谷全体が天の川をあらわしていると考えられています。

f:id:rieko-k:20100328151507j:image【鍋倉渓/奈良県山添村パンフより】

f:id:rieko-k:20100328141237j:image【鍋倉渓・天狗岩・八畳岩】

その天の川の周囲に、「わし座のアルタイル」をあらわした天狗岩、「琴座のベガ」をあらわした八畳岩、「白鳥座のデネブ」をあらわした磐座、王塚があります。

そう、夏の大三角形です。

そのほか、北極星をあらわした磐座などもみつかっており、今も新たな磐座の研究が進んでいます。

そして、旧暦7月7日頃(太陽暦だと8月頃)には、宇宙の星々の位置が、この神野山の磐座の位置とぴったり重なるのだそうです。

宇宙を地上に映すなんて、古代の人々の想像力の凄さに圧倒されます。

f:id:rieko-k:20100328150429j:image【王塚・神野寺】

そうなのです。花百姫伝は日本の風土、歴史、古代のロマンから生まれた和製ファンタジーそのものなのです。

花百姫伝の1巻から7巻まで、その舞台には必ずモデルとなった土地があり、伝説があり、民族の歴史があります。

私は、それら、深く鈍くかがやく錦糸銀糸の歴史の糸を編みこんで、美しい帯地を織り上げるように物語をつなげていきました。

そうして仕上がったのが花百姫の物語でした。日本というこの国は、なんと豊かな歴史があることでしょうか。ロマンがあることでしょうか。

そんな一つ一つに気づいてほしくて、この物語を書いたような気がします。

忍剣花百姫伝7 愛する者たち (Dream スマッシュ!) (Dreamスマッシュ!)『忍剣花百姫伝』シリーズのページ

まもなく↓2013年5月1日文庫版完結編発売!