Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2016-11-23

[][][][][]久々です〜11/23amazon売れ筋【第1位】『うばかわ姫』

呪いによって、一夜で老女に変貌した姫が視たのは、廃城の王と美しい若衆、森深くを彷徨う大首…

f:id:rieko-k:20161123141725j:image:left
















うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

2016-10-19

[][]常に売れ筋ベスト10圏内を上下している『うばかわ姫』#招き猫文庫 と、歴史小説について 

f:id:rieko-k:20151012210053j:image:left

この物語は、私の作家人生に長くかかわってきた素材でした。

昔話の「姥皮」に出会ったのは、10年以上前。担当だった編集長さんから頂いた国内外の魔法をリストアップした資料でした。

国内外の様々な魔法呪法の中で、一番心に残ったのが「姥皮」だったのです。でも、それは、心の中に残ったというだけで、すぐに物語にしようとは考えていませんでした。

当時、私は児童書界で珍しく歴史関係の物語を書く「女性作家」でした。歴史物語は「男性作家」の世界だったので、物語の主人公が女性の場合、やや硬い男目線の物語になる事が多かったので、歴史物を書く女性は貴重だったのかもしれません。

これまで、数多い歴史物を書いてきました。大河ドラマや映画となった作品も多く、『江 戦国を生きた姫たち』#ポプラ社 や『源氏物語 時の姫君いつかめぐりあうまで』『恋する新選組』シリーズ #角川つばさ文庫 、『時空忍者おとめ組』シリーズ #青い鳥文庫 など……

そんな訳で、京都という地の利もあり、織田信長の伝説の地、安土城へも何度も行きました。

開かれ、保存されている遺跡部分以外は、鬱蒼たる森に囲まれた安土城址で感じた不思議の色々……かつて、琵琶湖に半島のように聳えていた安土の丘陵の周囲は湖であり、その水を引き込んだ堀に、安土城は囲まれてもいたといいます。

現代のように明かりのない戦国時代。信長の死後、廃城となった安土城周辺はどうなっていたのか……と考えた時、「姥皮」と安土城が繋がりました。そこからは、何かが降りてきて、たちまち『うばかわ姫』の物語になったのを覚えています。

安土城で感じた不思議や、気配が書かせた物語とも言えます。

今秋11月15日には、やはり来年の大河ドラマとなる『戦国の姫城主 井伊直虎』#角川つばさ文庫 が出ます。この直虎を書いた時、はっきりと感じました。歴史は、樹木の根のように繋がっていることを。

これまで調べ抜いて書いてきた史実、人物が、井伊直虎の物語にも絡み合い繋がっているのです。書けば書くほど、繋がり合う歴史の物語とでもいうのでしょうか?

歴史作家は、その繋がり合う物語を書けるようになって、ようやく一人前なのかもしれません。

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

恋する新選組(1) (角川つばさ文庫)

恋する新選組(1) (角川つばさ文庫)

江 浅井三姉妹 戦国を生きた姫たち (ポプラポケット文庫 伝記)

江 浅井三姉妹 戦国を生きた姫たち (ポプラポケット文庫 伝記)

花天新選組―君よいつの日か会おう

花天新選組―君よいつの日か会おう

時空忍者 おとめ組! (講談社青い鳥文庫)

時空忍者 おとめ組! (講談社青い鳥文庫)

2016-06-11

[][][][][]★更新『うばかわ姫』の作家書評、レビュー、ツイートなど更新しました

執筆から1年、発行されてからも11ケ月が経ちましたけれど、今も、招き猫文庫では、好調な売れ行きです。読んで下さった皆さま、ありがとうございます〜

構成は、連作短編に近い作品なので、大長編小説とはテーストが違います。でも、センスの合う方にとっては楽しい一冊を書けたと思っておりますので、未読の皆さま、どうか読んでやって下さい。

new作家/佐藤まどかさん↓が、FBページで『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

下↓のリンクをクリック!して、ぜひ、見て下さい

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=727521054048577&set=a.163231773810844.37034.100003720671432&type=3&theater 

newよしりんさんのブログ−はじまりは『うばかわ姫』

『うばかわ姫』をご紹介頂きました。一冊の本から拡がるイメージの連鎖が楽しいです〜

下↓のリンクをクリック!

 http://ameblo.jp/nishino2511/entry-12150870964.html 

new童話作家/上坂和美さん↓が、ブログで『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kkyd17/64180287.html

また、2015年最後の月に、素敵なクリスマスプレゼントが、宝島社さんから届きました↓

f:id:rieko-k:20151213155502j:image:left「この時代小説がすごい!2016年版」の書下ろし文庫ランキングで15位にランクイン!

同15位は、超人気作家の小松エメルさんの『うわん』という光栄にも浴しました。

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文庫)

しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文庫)

f:id:rieko-k:20151210132725j:image:leftしかも、こんな素晴らしいページも!

こちらも、超人気作家の畠中恵さんの『しゃばけ』が好きならコレを読め!というページ。

「美貌の姫は、ある老婆の呪いで、一夜で老女に変貌してしまう。その夜から、妖しの者を視るようになった姫が出会ったのは、廃城の王と美しい若衆、森深くを彷徨う大首……(BOOKデータ)」

f:id:rieko-k:20150712105246j:image:left

 

new季節風同人/写真家の田中風馬さん↓が、FBページで『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=774599929352161&set=a.143282385817255.49282.100004064833127&type=3&fref=nf&pnref=story

 

new作家/うたかいずみさん↓が、『うばかわ姫』をご紹介下さいました。」

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=679280782211413&set=a.105521249587372.7075.100003884925127&type=1&theater

new「時代小説SHOW おすすめ時代小説ガイド」さん↓が、『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

http://www.jidai-show.net/2015/08/23/post-ubakawa-hime-read/

new◆児童文学作家/医師でもある敦子先生のブログ「川天使空間 」で、『うばかわ姫』をご紹介頂きました↓

http://blog.goo.ne.jp/kawatenshi/e/23f706d7c02e82bea632339da89907c9

new◆季節風評論の旗手、繁内理恵さんの「児童文学書評 おいしい本箱 book cafe 」(児童書・YA・絵本、もちろん大人の本も)で、『うばかわ姫』をご紹介頂きました↓

http://oishiihonbako.jp/wordpress/ya/1957/ 

作家/佐々木ひとみさんがブログで『うばかわ姫』をご紹介下さいました↓ 

http://kogensha.seesaa.net/article/422586108.html

 

海光さんのブログ 越水利江子【うばかわ姫】を読んで↓7月8日

http://blog.goo.ne.jp/tetsu-local/e/779caf5ec8e41b276d7cb84bcbb747f8

作家/堀米薫さんのブログ「どじょう日記」↓

『うばかわ姫』7月14日 

http://khori.asablo.jp/blog/2015/07/14/7707485

作家/芝田勝茂さんのブログ「時間の木」↓

「うばかわ姫」越水利江子2015/7/10白泉社招き猫文庫 : 【時間の木】芝田勝茂の近況

http://blog.livedoor.jp/oyabun1/archives/52078619.html

作家/季巳明代さんの「がまりん先生のブログ」で『うばかわ姫』のご感想を書いて下さいました 

http://kimiiakiyo.exblog.jp/21428936/

作家/寮美千子さんの書評ページ「『うばかわ姫』…軽快なテイストを引き継ぎながらも「子ども向け」の領域では書けない心に踏み込んでいる魅力的な作品」

https://www.facebook.com/ryomichico/posts/860498800699126?pnref=story

三田主水さんの書評ブログ【時代伝奇夢中道 主水血笑録】

『うばかわ姫』 「真実の美しさを生み出すもの」

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2015/07/post-b68b.html

new作家/宮下恵茉さんのツイート 8月

宮下恵茉 @hassaku_m

『うばかわ姫』(白泉社招き猫文庫)越水利江子・著 読了。越水先生の初一般書!!児童書とはちがったテイストだけど、やっぱり越水先生の作品の根底に流れる『愛』は変わらないです(*´з`)♡幻想的な新感覚の時代小説。未読の方はぜひご堪能あれ!

うばかわ姫 (招き猫文庫)

new宮沢賢治学会理事/作家/佐藤竜一さんのツイート 7月18日

佐藤竜一 @12842987

越水利江子『うばかわ姫』(白泉社招き猫文庫)を面白く読んだ。美貌の少女が醜い老婆に変身したことで知る世の中の不条理、そして大切な事。心励まされる良質のエンターテインメント。#越水利江子 #白泉社

佐藤竜一 @12842987

「不幸がなければ、幸せに出会えぬ定めを負ぅているやもしれぬのが人の生であり、明日はどのような試練が訪れるかしれぬのも人の生であった」(越水利江子『うばかわ姫』、白泉社招き猫文庫)。だからこそ、懸命に生きよ。著者のメッセージ

佐藤竜一 @12842987

昨日インタビューした大槌の介護施設で働く青年は大震災で父を失った。そのこともあって、入居するお年寄りの世話をさらに親身になってするようになったという。いつ人生が終わるかわからないと実感し、懸命に生きる原動力になったという。越水利江子『うばかわ姫』を読み、そのことが思い出された。

 

作家/服部千春さんのFBコメント 11月26日

私も出遅れておりますが、『うばかわ姫』本当に面白かったです。のっけから引き込まれるように一気読みでした。それでも一頁ごとにその表現の豊かさに圧倒されながらでした。それぞれの場面がくっきりと立ち上がり目に見えるようで、匂い立つ感じがする、素晴らしさ。圧巻でありました。

 

作家/令丈ヒロ子さんのツイート 7月5日

令丈ヒロ子 @kuriokami

越水利江子ねえさんの『うばかわ姫』白泉社招き猫文庫。しっとりと美しくなまめかしいのに、芯がスッキリ漢らしい。とてもおもしろく、読み応えがある、時代劇ファンタジーです。今までのねえさんの人生が詰まってる!名作です。

2015.07.05 20:57

作家/安田夏菜さんのツイート 7月6日

安田夏菜 @kanakana623

越水利江子さんの「うばかわ姫」読了! 雑誌掲載時から心惹かれていましたが、この世界観とスケールに飲み込まれました。妖しさ、強さ、躍動感……。そして、人生を歩んでいく上で、そっと隣にいてほしい言葉がたくさん盛り込まれています。 amazon.co.jp/dp/4592831160

2015.07.06 08:28

作家/高橋秀雄さんのブログ 7月7日

季節風同人の作家、高橋秀雄さんのブログで、『うばかわ姫』のご紹介をして頂きました。

「…YA以上の大人のファンタジーでありながら、「今こそ考えねば」と力強く語って、読者を呼び覚ましてくれるような本…」

http://red.ap.teacup.com/busofmoonnight/2996.html

作家/楠章子さんのツイート

楠章子 @kusskuss5

越水利江子さんの「うばかわ姫」読了。つやつやした文章、迫力のある展開、不思議なストーリー。上等の和菓子を頂いたような気分です。いいお砂糖と小豆を使い、熟練の職人さんが作り上げた独創性あふれる和菓子、みたいな作品。すごいなあ。もう一回読も。

2015.07.08 16:52

この他、越水利江子のツイッターやFBページにも作家さんや読者さんのご感想やレビューがございます。

宜しければ、ご覧くださいまし〜

越水利江子FB

https://www.facebook.com/rieko.koshimizu

ツイッターは右にリンクしております〜

2016-06-09

[][][][][]6月期、本日6/9まで連続【1位】招き猫文庫売れ筋ランキング『うばかわ姫 』

久々のお知らせですが、ここ連日、1位が続いています。読んで下さった皆さんありがとうございます。ツイッターでも素敵なご感想を頂き感激しています。

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

一夜で老女に変貌した姫が出会ったのは、廃城の王と美しい若衆、森深くを彷徨う大首…誰もが羨む美貌の少女、野朱。何不自由なく暮らしてきた彼女が、ある老婆との出会いをきっかけに、一夜にして醜い老女へと変貌してしまう。自身の外見の魅力のみをよすがに生きてきた女の目に映った、その後の世界とは。そして知った、この世で一番大切なものとは―。女の業と愛、そして本当の幸せとは何かを描いた、新感覚時代小説、ここに誕生! (BOOKデータより)

執筆からおよそ1年、発行からも11ケ月にもなりますが、今も買って読んで頂き、心より感謝申し上げます〜

 

f:id:rieko-k:20160606224113j:image:left6/6ランキング以前より↓















f:id:rieko-k:20160608203034j:image:left










本日6/9ランキングまで、連続1位! 

2016-05-14

[][][][][]5/14招き猫文庫売れ筋【1位】『うばかわ姫 』

発売からおよそ10か月、もう何十回も1位にして頂いたけど、こればっかりは、何度見ても嬉しい〜 毎日検索しているわけじゃないので、たまたま見た時に、【1位】だったら、おみくじで大吉を引いたみたいな気持ちです。

f:id:rieko-k:20160514092826j:image

これも、応援して下さる皆さまのおかげです。

ありがとうございます〜〜〜m(_ _)m

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

2016-05-10

[][][][][]『うばかわ姫』の作家書評、レビュー、ツイートまとめ

new作家/佐藤まどかさん↓が、FBページで『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

下↓のリンクをクリック!して、ぜひ、見て下さい

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=727521054048577&set=a.163231773810844.37034.100003720671432&type=3&theater 

newよしりんさんのブログ−はじまりは『うばかわ姫』

『うばかわ姫』をご紹介頂きました。一冊の本から拡がるイメージの連鎖が楽しいです〜

下↓のリンクをクリック!

 http://ameblo.jp/nishino2511/entry-12150870964.html 

new童話作家/上坂和美さん↓が、ブログで『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kkyd17/64180287.html

また、2015年最後の月に、素敵なクリスマスプレゼントが、宝島社さんから届きました↓

f:id:rieko-k:20151213155502j:image:left「この時代小説がすごい!2016年版」の書下ろし文庫ランキングで15位にランクイン!

同15位は、超人気作家の小松エメルさんの『うわん』という光栄にも浴しました。

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文庫)

しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文庫)

f:id:rieko-k:20151210132725j:image:leftしかも、こんな素晴らしいページも!

こちらも、超人気作家の畠中恵さんの『しゃばけ』が好きならコレを読め!というページ。

「美貌の姫は、ある老婆の呪いで、一夜で老女に変貌してしまう。その夜から、妖しの者を視るようになった姫が出会ったのは、廃城の王と美しい若衆、森深くを彷徨う大首……(BOOKデータ)」

f:id:rieko-k:20150712105246j:image:left


















new季節風同人/写真家の田中風馬さん↓が、FBページで『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=774599929352161&set=a.143282385817255.49282.100004064833127&type=3&fref=nf&pnref=story

 

new作家/うたかいずみさん↓が、『うばかわ姫』をご紹介下さいました。」

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=679280782211413&set=a.105521249587372.7075.100003884925127&type=1&theater

new「時代小説SHOW おすすめ時代小説ガイド」さん↓が、『うばかわ姫』をご紹介下さいました。

http://www.jidai-show.net/2015/08/23/post-ubakawa-hime-read/

new◆児童文学作家/医師でもある敦子先生のブログ「川天使空間 」で、『うばかわ姫』をご紹介頂きました↓

http://blog.goo.ne.jp/kawatenshi/e/23f706d7c02e82bea632339da89907c9

new◆季節風評論の旗手、繁内理恵さんの「児童文学書評 おいしい本箱 book cafe 」(児童書・YA・絵本、もちろん大人の本も)で、『うばかわ姫』をご紹介頂きました↓

http://oishiihonbako.jp/wordpress/ya/1957/ 

作家/佐々木ひとみさんがブログで『うばかわ姫』をご紹介下さいました↓ 

http://kogensha.seesaa.net/article/422586108.html

 

海光さんのブログ 越水利江子【うばかわ姫】を読んで↓7月8日

http://blog.goo.ne.jp/tetsu-local/e/779caf5ec8e41b276d7cb84bcbb747f8

作家/堀米薫さんのブログ「どじょう日記」↓

『うばかわ姫』7月14日 

http://khori.asablo.jp/blog/2015/07/14/7707485

作家/芝田勝茂さんのブログ「時間の木」↓

「うばかわ姫」越水利江子2015/7/10白泉社招き猫文庫 : 【時間の木】芝田勝茂の近況

http://blog.livedoor.jp/oyabun1/archives/52078619.html

作家/季巳明代さんの「がまりん先生のブログ」で『うばかわ姫』のご感想を書いて下さいました 

http://kimiiakiyo.exblog.jp/21428936/

作家/寮美千子さんの書評ページ「『うばかわ姫』…軽快なテイストを引き継ぎながらも「子ども向け」の領域では書けない心に踏み込んでいる魅力的な作品」

https://www.facebook.com/ryomichico/posts/860498800699126?pnref=story

三田主水さんの書評ブログ【時代伝奇夢中道 主水血笑録】

『うばかわ姫』 「真実の美しさを生み出すもの」

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2015/07/post-b68b.html

new作家/宮下恵茉さんのツイート 8月

宮下恵茉 @hassaku_m

『うばかわ姫』(白泉社招き猫文庫)越水利江子・著 読了。越水先生の初一般書!!児童書とはちがったテイストだけど、やっぱり越水先生の作品の根底に流れる『愛』は変わらないです(*´з`)♡幻想的な新感覚の時代小説。未読の方はぜひご堪能あれ!

うばかわ姫 (招き猫文庫)

new宮沢賢治学会理事/作家/佐藤竜一さんのツイート 7月18日

佐藤竜一 @12842987

越水利江子『うばかわ姫』(白泉社招き猫文庫)を面白く読んだ。美貌の少女が醜い老婆に変身したことで知る世の中の不条理、そして大切な事。心励まされる良質のエンターテインメント。#越水利江子 #白泉社

佐藤竜一 @12842987

「不幸がなければ、幸せに出会えぬ定めを負ぅているやもしれぬのが人の生であり、明日はどのような試練が訪れるかしれぬのも人の生であった」(越水利江子『うばかわ姫』、白泉社招き猫文庫)。だからこそ、懸命に生きよ。著者のメッセージ

佐藤竜一 @12842987

昨日インタビューした大槌の介護施設で働く青年は大震災で父を失った。そのこともあって、入居するお年寄りの世話をさらに親身になってするようになったという。いつ人生が終わるかわからないと実感し、懸命に生きる原動力になったという。越水利江子『うばかわ姫』を読み、そのことが思い出された。

 

作家/服部千春さんのFBコメント 11月26日

私も出遅れておりますが、『うばかわ姫』本当に面白かったです。のっけから引き込まれるように一気読みでした。それでも一頁ごとにその表現の豊かさに圧倒されながらでした。それぞれの場面がくっきりと立ち上がり目に見えるようで、匂い立つ感じがする、素晴らしさ。圧巻でありました。

 

作家/令丈ヒロ子さんのツイート 7月5日

令丈ヒロ子 @kuriokami

越水利江子ねえさんの『うばかわ姫』白泉社招き猫文庫。しっとりと美しくなまめかしいのに、芯がスッキリ漢らしい。とてもおもしろく、読み応えがある、時代劇ファンタジーです。今までのねえさんの人生が詰まってる!名作です。

2015.07.05 20:57

作家/安田夏菜さんのツイート 7月6日

安田夏菜 @kanakana623

越水利江子さんの「うばかわ姫」読了! 雑誌掲載時から心惹かれていましたが、この世界観とスケールに飲み込まれました。妖しさ、強さ、躍動感……。そして、人生を歩んでいく上で、そっと隣にいてほしい言葉がたくさん盛り込まれています。 amazon.co.jp/dp/4592831160

2015.07.06 08:28

作家/高橋秀雄さんのブログ 7月7日

季節風同人の作家、高橋秀雄さんのブログで、『うばかわ姫』のご紹介をして頂きました。

「…YA以上の大人のファンタジーでありながら、「今こそ考えねば」と力強く語って、読者を呼び覚ましてくれるような本…」

http://red.ap.teacup.com/busofmoonnight/2996.html

作家/楠章子さんのツイート

楠章子 @kusskuss5

越水利江子さんの「うばかわ姫」読了。つやつやした文章、迫力のある展開、不思議なストーリー。上等の和菓子を頂いたような気分です。いいお砂糖と小豆を使い、熟練の職人さんが作り上げた独創性あふれる和菓子、みたいな作品。すごいなあ。もう一回読も。

2015.07.08 16:52

この他、越水利江子のツイッターやFBページにも作家さんや読者さんのご感想やレビューがございます。

宜しければ、ご覧くださいまし〜

越水利江子FB

https://www.facebook.com/rieko.koshimizu

ツイッターは右にリンクしております〜

2016-03-01

[][][][][]2月末〆の原稿二点、入稿しました〜

f:id:rieko-k:20151012205611j:image:left

昨日の真夜中までの仕事のご褒美か、『うばかわ姫』が、招き猫文庫の【アマゾン人気ギフトランキング】と【ほしい物ランキング】の第1位になってました〜

【売れ筋ランキング】は、ただ今、第3位です。

新文庫シリーズなので、書店での扱いも少なく、主にネットで売れている招き猫文庫。

『うばかわ姫』も、一時の爆発的な売れ方は落ち着いたけれど、ぼちぼち売れ続けていて嬉しいです。読みやすい短編連作風の小説なので、時代小説は苦手という方にも楽しく読んで頂けるかと思います。

ぜひ、読んで下さいね!

f:id:rieko-k:20160301121924j:image

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

2016-02-28

[][][][][]『うばかわ姫』が招き猫文庫のアマゾン人気ギフト第1位になりました!

売れ行きランキングなら、何度も第1位にして頂いたけど、ギフトは初めて!

何方かへのプレゼントに買って下さるなんて、超嬉しいです〜

『うばかわ姫』 美貌の姫は呪いにより一夜で老女に変貌。その夜から、妖しの者を視るようになった姫が出会ったのは、廃城の王と美しい若衆、森深くを彷徨う大首…↓

f:id:rieko-k:20160228130514j:image:left

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

2016-02-04

[][][][]【朗報!】

本日2月6日、ようやく売り切れから、在庫有りになりました!\(^0^)/

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

[][][][]【お願いと報告】

f:id:rieko-k:20151012210053j:image:left『うばかわ姫』は、一時、時代小説単行本&文庫全般の売れ筋ランクでベスト5位に入りました。その流れでamazonさんでは、売り切れ、在庫切れが長期続いて、入庫され在庫有りになったかと思えばその日の夕方には売り切れて在庫切れになってしまうというような事が続いています。

もっと迅速に動けないのか…不思議でしたが、その理由がわかりました。

今も売り切れ在庫切れで2週から5週待ちになっていますが、白泉社さんによると、営業さんが「在庫が切れているので入れさせて下さい」と言っても、amazonさんがなかなか応じてくれないそうなんです。

児童書なども似た話を聞いたことがあります(拙著『月下花伝』『花天新選組』などもよく在庫切れになりましたが、版元の営業さんのおかげで長くは切れないようになっています)が、文庫は単価が安く、版元及び数が多いせいもあるのか、さらに動きが鈍いようです。

結局、在庫なくても注文がどんどん入れば、重い腰を上げて注文してくれるのかもしれませんが、読者さんというのは、在庫なしと見れば、早く読みたい人はよその書店を探しますし、5週待つなら図書館へ行く人もいるだろうし、みんな書店へ流れるか、買うのを諦めるでしょう。

まあ、そんなに売れてない時は、それでもしょうがないかもしれませんが、時代小説分野で売れ筋5位まで行ったという奇跡が起こった時ぐらい、敏速が売りのネット書店なのだから、素早く動いてほしかったです。

でも、そんな細やかな情報は把握してないのか、大したことない情報だと無視してらっしゃるのか、amazonの仕入れ担当さん……(ToT)

まあ、そんな状態だそうですから、読んでみようと思って下さる方は、待ち時間があっても、どうぞ、amazonさんへ注文してみて下さい。注文あれば、遅くとも動くはずです〜

又、こんな時こそ、町の書店さんへ出かけて書棚を検索したり、取り寄せ注文して下さると、作家も版元も書店さんも喜びます。

どうぞよろしくお願い致します〜

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

月下花伝―時の橋を駆けて

月下花伝―時の橋を駆けて

花天新選組―君よいつの日か会おう

花天新選組―君よいつの日か会おう

2016-02-03

[][][][][]YAブッククリップ:読売KODOMO

うばかわ姫』の書評、読売新聞に掲載して頂いたのですが、記事が大きくてスキャナで取り込めず見にくい携帯写真でしかご紹介できなかったのですが、こんなに素晴らしいページがありました。リンクしますので、ぜひ見て下さいね!↓

http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/kbook/author/20160123-OYT8T50014.html?from=tw

f:id:rieko-k:20160203012059j:image

f:id:rieko-k:20160203012056j:image

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)