Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2011-06-24

[][][][]八忍剣よ、出でよ! 

忍剣花百姫伝〈1〉めざめよ鬼神の剣 (Dreamスマッシュ) 忍剣花百姫伝〈2〉魔王降臨 (Dreamスマッシュ!) 忍剣花百姫伝〈3〉時をかける魔鏡 (Dreamスマッシュ!) 忍剣花百姫伝〈4〉決戦、逢魔の城 (Dreamスマッシュ!)

忍剣花百姫伝6 星影の結界 (Dream スマッシュ!) (Dreamスマッシュ!) 忍剣花百姫伝5 紅の宿命 (Dream スマッシュ!) (Dreamスマッシュ!) 忍剣花百姫伝7 愛する者たち (Dream スマッシュ!) (Dreamスマッシュ!)

ツイッターで、拙作『忍剣花百姫伝』シリーズ(ポプラ社)について、@signaless5さんがメッセージを寄せて下さいました。

このまま流れていってしまうのは、あまりにももったいないので、ここに転載します〜 

姫伝ファンのみんな、見てね。

ほんとに、今の日本には、「命」より「お金」に目がくらんだ「魔道におちた者たち」が、ぞろぞろ現れているような気がしてならない。

命と愛の為に戦う八忍剣に、今こそ登場してほしい。

いや、私たち一人一人が八忍剣となるべき時なのかもしれません。

以下、ツイッターより。

f:id:rieko-k:20100925104824g:image:left @signaless5 「あの星空にはおそろしい毒を放射する見えない光線があふれているのだ。その放射線をまともにあびれば、生き物はみな死んでしまう。それなのに、こうやって宇宙に面したこの地上で、われわれが死なずに生きているのはなぜだと思う。おれたちの地球が、磁界という結界をつくって…(続く)


f:id:rieko-k:20100925104823g:image:left @signaless5 「放射線をさえぎってくれているからだ。この世にあるすべてのものはこの地球の磁界にまもられ、この地球から力をえて生きている。紫苑、おまえはいつか八忍剣となる。(続く2)


f:id:rieko-k:20100925104822g:image:left @signaless5 だが八忍剣もまた、この地球からの『たまわりもの』だということをわすれるな。それをわすれた者は魔道におちる。これだけはよくおぼえておくんだ、いいな」越水利江子著・『忍剣花百姫伝第6巻』より


f:id:rieko-k:20100821004551g:image:left @riekossy拙作『忍剣花百姫伝』(ポプラ社)には、地球と人間の関係、そして果てしない人間の欲望の象徴としての核を描いています。その6巻のツイートが連続で!ありがとうございます〜まさに、今の日本が突き当たっている問題を戦国舞台のこの物語で描いていたなんて、我ながら不思議… RT @signaless5:


f:id:rieko-k:20100925104823g:image:left @riekossyいでよ、八忍剣!RT @signaless5 まさに今「魔道におちた者」との戦い!RT @riekossy:


f:id:rieko-k:20100925104824g:image:left @signaless5 単なる善と悪との戦いではない。深い物語。ハラハラ・ドキドキ・ワクワク、そして何度泣いたでしょうか。RT @riekossy:

f:id:rieko-k:20100925104822g:image:left@signaless5 一見無力で愚かに見える醜草(紫苑)。けれども彼にしかできない役割がある。誰一人完璧な者はいない。信じ合い力を合わせることで何倍もの力となる。そうやって全ては動いていく。RT @riekossy: 『忍剣花百姫伝』(ポプラ社)


f:id:rieko-k:20100821004551g:image:left@signaless5 私達の日常も同じ!RT @signaless5: 一見無力で愚かに見える醜草(紫苑)。けれども彼にしかできない役割がある。誰一人完璧な者はいない。信じ合い力を合わせることで何倍もの力となる。そうやって全ては動いていく。RT @riekossy: 『忍剣花百姫伝』(ポプラ社)


f:id:rieko-k:20100925104824g:image:left@signaless5 この本にとても勇気づけられています。大人にもぜひ読んで欲しい一冊…ではなくて7冊! 『忍剣花百姫伝』(ポプラ社)RT @riekossy


f:id:rieko-k:20100925104823g:image:left @yamamoto_1934 深い言葉です。RT @signaless5 一見無力で愚かに見える醜草(紫苑)。けれども彼にしかできない役割がある。誰一人完璧な者はいない。信じ合い力を合わせることで何倍もの力となる。そうやって全ては動いていく。RT @riekossy: 『忍剣花百姫伝』(ポプラ社)

※タイトル左の[忍剣花百姫伝]をクリックするとこれまでの記事が出てきます。

『忍剣花百姫伝』のページはここをクリック

『忍剣花百姫伝』ブックレビューのページはここ!

2011-06-23

[]スタジオ・ジブリ宮崎駿さんからのメッセージ

D

自然エネルギー法案をぜひ通してください。辞めようが辞めまいがとにかく言いたいことどんどんやって、どんどん国民に訴えてください。福島県は全県避難しなければ­駄目な状態になっていると思います」

と、宮崎駿さん。

自然エネルギー法案とは、再生可能エネルギー法案のこと。

つまり、再生可能エネルギー(太陽光発電、太陽熱利用、風力、水力、地熱などのエネルギー)を、電力会社に固定価格で買い取らせようという法案です。

これが通らないと、脱原発は遠くなります。

いくら、安全な発電をして電気を作っても、日本では、電力会社が送電線を独占しているので、その電気はどこにも行き渡らないことになってしまうのです。

その結果が、原発ばかりが増えて、自然エネルギー発電が増えなかった理由の一つです。

宮崎駿さんは、そのことをおっしゃっているのです。

2011-05-31

[][][]放射能の流れた町からの証言

f:id:rieko-k:20110601001711j:image:left 『放射能の流れた町』(阿吽社)は1988年発行の本です。

チェルノブイリ原発事故によって、原発の危険性に気づいたごく普通のお母さんたちが、乳児や幼児を抱えながら「原発やめて下さい」と訴えていた頃の本です。

この時、はるばる海を越えて日本へ来て下さったスリーマイル原発事故の被災者、メアリー・オズボーンさんの講演会がありました。

その講演で聞いたお話や、現地の証言などをまとめたのがこの本です。編者の一人弘中奈都子さんは、普通のお母さんだった私の友人です。

当時、私は弘中奈都子さんを「なっちゃん」と呼んでいました。

そのなっちゃんがまとめたこの本は、今では、とても貴重な資料になっています。

もし、図書館にあれば、ぜひ読んで下さい。

今、日本で起こっているのと同じことが、スリーマイルでも起こっているのがわかります。

放射能は見えず臭わず、感じることもできないといわれていますが、実は、見えることもあり、臭いもあり、感じることもできるということが、この本を読めばわかります。

そのことを少しツイッターで、つぶやきましたので、ここにも、少しだけ転載メモしておきますね。

どうか、同じことを感じた方々がいらしたら、今すぐ、そこから逃げて下さい!

f:id:rieko-k:20100916015200g:image:left riekossy スリーマイル事故当時の証言。空気が青くあるいは鋼色に見え、身体がチクチクした。口内に金属の味。青い空気、オレンジ色の霞、スモッグのようなものを見た人も。重苦しい空気。上空には、ピンク、オレンジ、錆色の雲。玉虫色、虹色の光を出しているような雲や霞。奇妙な日焼け

Retweeted by 3 people


f:id:rieko-k:20100916015159g:image:left riekossy スリーマイル事故当時の証言2。犬や豚が小屋から出てこない。家畜の異常、死産。鶏の大量死。野鳥の大量死。鳥がいなくなる。肌はチクチク、鼻はヒリヒリ。奇妙な日焼け。金属の味、下痢、口や鼻周りに水ぶくれ。身体がどんどん熱くなる

Retweeted by 2 people


f:id:rieko-k:20100915205833g:image:left riekossy スリーマイル事故の証言3。死んだ動物の目は焼けたように白い。鳥の声が聞こえない。蠅や蚊、うさぎやリスもいなくなる。この後死んだ6歳の犬を解剖したら、腹の中は腫瘍でいっぱいだった。事故後3,4年の内に21戸から8人の死者(うち6人が癌死)。他3人が癌宣告 

Retweeted by 1 person


f:id:rieko-k:20100916015200g:image:left スリーマイルの証言1,2,3のツイートは、1988年発行『放射能が流れた町』から、原発事故被災者のメアリー・オズボーンさんの証言です。もし、似たような体験に覚えがありましたら、すぐそこから逃げて下さい。3まで、いかないうちに!


f:id:rieko-k:20100915205832g:image:left riekossy ドイツの脱原発ニュースをしていたので、やっと取り上げてくれるようになったかと思えば「しかし、足りない電気は隣国、仏などの原発電気を借りている」とお定まりの蛇足解説。借りたのは過渡期に一時的限定的なことなのに。原発ないと電気がなくなるとまだいいたいのか

Retweeted by 12 people


f:id:rieko-k:20100915205831g:image:left riekossy 江戸期、のら犬は町の犬だった。牛馬を殺し食肉にするといえば、老牛馬でも農家は決して売らなかった。人の命だけが尊いという考えが庶民にはなかった。牛馬は人の友であった。今、肉を食す日本人は、これまで以上に命に感謝し、共に生きる自然や動物を守らねばならない

Retweeted by 1 person


f:id:rieko-k:20100821022001g:image:left riekossy 街角で捕獲され殺される犬猫、被災地で見殺しにされる飼犬、牛馬。長い歴史、人に最も身近な動物たちの受難の時代。肉を食すということは命に感謝すること。動物の命をゴミのように考える文化が、人だけは大切にしているとは信じられない。命を尊ばない文化は、人もまた尊ばれない

Retweeted by 1 person


f:id:rieko-k:20100821022000g:image:left riekossy 原発被災の牛が忘れられない。やせ細った牛がやっと貰えた干草を食む姿に涙が出た。あの子たちはどうしただろう。放射能汚染されても半減期や体外排出で少しずつ健康になってくれればと願う。牛飼いの友が「出荷するまで精一杯守って幸せにしてあげるのが牛飼いの仕事」と。胸に沁む。

Retweeted by 1 person


f:id:rieko-k:20100916015200g:image:left riekossy 俳優の山本太郎さんが夏ドラから外された。反原発発言が問題になって。それもこれも多くのアーティストが黙っているから。皆が思うことを発言すれば一人だけ外すなんて汚いことはできない。自分だけ大事という考えを皆が捨てなければ、日本に未来はない

Retweeted by 120 people


f:id:rieko-k:20100916015159g:image:left riekossy 原発の放射能汚染を風評被害と喧伝しているのは日本だけ。諸外国にそんな非常識な言葉、概念はないそう。原発被災された農畜産業は東電が賠償し国をあげて支えるべきだが、それは汚染された食品を食す事ではない。事故後、安全基準が桁違いに緩くなっているのを忘れないで

Retweeted by 51 people


f:id:rieko-k:20100915205833g:image:left riekossy 日本はもう、これまでのように経済金融大国の希望はもてない。これからは(世界が認める)日本人の匠(たくみ)の技、美的センス、教育レベルなどで文化的に世界をリードすればいい。美をもって国をたてる。(NHK知られざる在外秘宝より五木寛之) #nhk

Retweeted by 1 person

f:id:rieko-k:20100915205832g:image:left riekossy 桃山、江戸時代に海外へ流出した日本の在外秘宝には目を瞠りました。日本人の匠の技、美的センスは時代を超えて凄い。「今、日本にあればどれも国宝級。なぜ、これほどのものを流出させてしまったかと考えるより、反面、在外秘宝は言葉のない(有能な)外交官」(学習院大学教授小林忠) #nhk

Retweeted by 1 person


f:id:rieko-k:20100915205832g:image:left riekossy 被災地に本を送るプロジェクトの方から、私の新選組関係著書を福島の被災地に届けて、とても喜んで頂いたとのお知らせあり。会津は新選組の戦友。共に誠の侍を生きた国です。新選組ファンの私はむろん会津ファン。長く応援するつもり

Retweeted by 2 people

2011-04-19

[][]一寸のつぶやきにも、五分の魂

最近のツイッターのつぶやきです。

このブログの読者は、ツイッターをしてらっしゃらない方も多いので、一部だけ掲載。


f:id:rieko-k:20100915205831g:image:leftriekossy   韓ドラの戦国物、推奴(チュノ)の台詞。「どんな壮大な偉業も、一膳の飯から始まる」一膳の飯も大切にしない、いやむしろ、多くの農民漁民を踏みにじった原発事故を軽く見る人に、偉業が成せるはずがないと思います。


f:id:rieko-k:20100821022001g:image:leftriekossy  韓ドラ推奴(チュノ)を録画して観ている。その台詞。「私がこれまで一番怖かった言葉は『世の中は変わらぬから何も成そうとするな。夢も見るな。死ぬまでただ生きろ』でした。そんな言葉をいう必要のない世の中を望みます」同感だった。脱原発の希望は捨てない。


f:id:rieko-k:20100916015159g:image:leftriekossy   原発を考えると生きる意欲や気力が奪われます。だから、希望を考えようと思っています。絵に描いた餅ではなく、人を信じる希望です。「明日を信じる力、人を信じる勇気」とこれまでサインに書いてきました。利権に魂を食いつぶされていない人を今こそ信じたいです。


f:id:rieko-k:20100915205833g:image:leftriekossy  先日、被災地へ送った拙著200冊のうち、およそ半分がこれまで書いた新選組の本。その本が会津若松の避難所へ届く道が開いたという。嬉しい。幕末、会津と新選組は志を共にした同志。会津の皆さま、まもなく新選組参上!


f:id:rieko-k:20100915205832g:image:leftriekossy   今日の仕事。ヴァンパイアシリーズの第一話を書いている。ノッってきた。『恋する新選組』シリーズのアンソロはちとおいて。脳内は、プラチナの髪、緑の瞳、ハイスクール男子のヴァンパイア、エルゼァールでいっぱいに…うん、いい傾向だ。


f:id:rieko-k:20100916015200g:image:leftriekossy  毎日新聞が脱原発を社説で!拍手!ただ拍手!こうやって変わっていけばいい。これまでの推進、消極的推進、無関心はもう過去のこと。真摯に反省して、地震国日本に相応しい新たなエネルギーでやり直してこそ世界に誇れる復興だと思います。 毎日新聞 (4月15日)社説はここをクリック


f:id:rieko-k:20100821022001g:image:leftriekossy  どの党でもいい、どんな立場の人でもいい。こういうことはなくしていこう、減らしていこう、新しいエネルギー政策を推し進め、やがては原発から脱却していこうと考える人を、私は信頼します。経済のためなら、海や国土が汚染され、人や動物の命が脅かされるのもやむなしなんて思えません 。


f:id:rieko-k:20100915205832g:image:leftriekossy  城南信用金庫 脱原発提言【動画】はここをクリック


f:id:rieko-k:20100915205831g:image:leftriekossy  原発事故以来、民放のニュース番組の多くは原発被害を風評被害にすりかえようとしているとしか思えない。全漁連の「すべての原発を止めてほしい」という発言もカット。真面目に働いて生きてきた農民や漁民がこれほど踏みつけにされているのに… 


f:id:rieko-k:20100916015200g:image:left※こちらは小澤 祥司さんからの情報 日経新聞「東電の悪夢、問われる原発の合理性」脱原発提言はここをクリック

2011-01-24

[][][]涙がこぼれました…

f:id:rieko-k:20100925104824g:imageriekossy 広島と長崎で被爆した山口彊さんを「世界一運が悪い男」と爆笑を誘ったBBC。山口さんのドキュメントを見たが、90歳代になって被爆の恐ろしさを伝えに杖をついて海外まで行かれた方。日本人のどうのではなく、この人は世界の恩人、世界の宝。英首相が謝罪したって罰は当たらない。

f:id:rieko-k:20100925104824g:imageriekossy 原爆投下は正義と教えられたアメリカの高校生が二重被爆の山口さんの話を聞き号泣し、老いて小さくなった彼を抱きしめた。そこに、加害者の国と被害者の国の国境はなかった。人と人の良心の出会いがあっただけ。山口さんの志を日本人だけでなく世界の人類が心に刻みつけてほしい。

上記は、ツイッターでもつぶやいたのですが、ここでも、どうしてもいっておきたいので、転写しました。

2011-01-03

[][][][]新年こそ、生まれ変わろう〜

ツイッターのつぶやきをリツイートして下さった12人もの皆さま、ありがとうございました。

f:id:rieko-k:20100915205833g:image:leftriekossy 今年は生まれ変わった気持ちで頑張ります。生まれ変わるから、去年やれなかったこともやれるし、去年の悲しみも辛いことも水に流せる。新人の気持ちで書けるし、新人だからこそ怖いものはないぞ。生まれ変わるって素敵。

f:id:rieko-k:20100821022001g:image:leftriekossy 幸せは、待たず、頼らず、自分の足と手と心でつかむもの。誰かに連れっててもらうのでなく、独りで歩いていこう。独りって寂しいとか、孤独だとかいうのは不幸せの罠。素晴らしいことの多くは、独りだからこそ、やり遂げられるって気がついてほしい。

さて、以下はお正月の話題です。

f:id:rieko-k:20110101165312j:image:left玄関の鏡餅。

我が家では、神棚と仏壇にも鏡餅を供えました。小さいのですけれど。

私はプラスチックの蜜柑もどきが大嫌いで、どうしてもあの手の鏡餅を飾るのがいやなのです。

かといって、小人数の家族では、昔のような大鏡餅をついてもらう訳にもいかず、毎年、大きめの小餅と、小さめの小餅を重ねて鏡餅にしていました。

でも、今年はこんな可愛いのを見つけました。鏡餅の上に、招き猫がのってます。

プラスチックの蜜柑は、お正月が過ぎればゴミになるだけですが、招き猫なら飾っておけるし。

ちなみに、神棚と仏壇の鏡餅には、可愛いうさぎちゃんがのっかってます。

f:id:rieko-k:20110101115938j:image:left

そして、元旦には、歳末に頂いた古酒の封を切りました。

黒糖焼酎の「奄美」です。

ほんのり甘い香りで、お湯割りにしても、さすがに酷(こく)がありました。

少しずつ大事に愉しむつもりです。

そうそう、今夜のマジ歌選手権、面白かった〜♪

私は角ちゃんファン、マジ歌「若者たちへ」がことに大好き!

今夜の新メンバーとのマジ歌も最高でした。

でも、京都はデジタル化されると、テレビ大阪の電波が入らないので、マジ歌も見られなくなります。

とても、残念です。

2010-11-30

[][][]幕末の案外知られていない話

f:id:rieko-k:20100915205833g:imageriekossy 坂本龍馬の最期の地、京都河原町近江屋跡には石碑が建っているが、実際の近江屋は石碑に向かって左の店舗。石碑の建っている店ではない。後継者が血塗られた事件を嫌って石碑を建てさせなかったので、隣家に建てたという。

f:id:rieko-k:20100916015200g:imageriekossy 龍馬の隠れ家、寺田屋は幕末の建物ではない。焼けて再建されたもの。長く、幕末の建物のように、柱に刀傷が残っているとか、お龍さんの入った風呂桶があるとかいわれてきたが、焼けた建物の柱や桶を再利用したとは考えにくい。

f:id:rieko-k:20100821022001g:imageriekossy 西郷隆盛が使った風呂桶(行水桶)なら島原角屋に残っている。角屋は危うく取り壊されるところ、この桶があったので壊されずにすんだ。維新の英雄の行水桶が貴重な文化財を救った。しかし、あれほどの建物より桶が大事とはちょっと呆れる明治政府。

↓以下は幕末関連ページ。総司忌などの取材記事はカテゴリーの【新選組】【総司忌】などをクリックすると検索できます。

f:id:rieko-k:20100915205831g:image  幕末取材記録4「坂本龍馬の愛した京都」

f:id:rieko-k:20100915205832g:image  幕末取材記録3「新選組、井上源三郎の埋葬地」

f:id:rieko-k:20100915205833g:image 幕末取材記録2「沖田総司の手紙」

f:id:rieko-k:20100821022001g:image 幕末取材記録1「土方歳三の愛した京都」

2010-11-16

[][][]他人の中のわたし

f:id:rieko-k:20100821004551g:imageriekossy 自己というのは自分の中にあると現代人は考えていて、そこから生まれてくる発想が「墓はいらない、海にながしてくれ」というもの。そういった自己は明治維新以降に出てきた「我」であり、そんなものは大したもんではないとおっしゃったのは、養老孟司さん。

f:id:rieko-k:20100925104822g:imageriekossy 私たちの先祖、江戸時代の人々は、対社会的な自己を強く意識していたそう。対社会的な自己とは、他人の中に存在している自己。つまり、自分というものは自分の中にあるだけでなくて、他人の中に分散して入っている。そういう自己を大切にするため、昔の人は墓をつくった。

f:id:rieko-k:20100925104824g:imageriekossy そういう対社会的な自己を,戦後の世界が徹底的に壊して、自己はどんどん縮小していき、せいぜい自分の中に入ってしまった。その結果が墓はいらないという状態。とても、納得しました。

f:id:rieko-k:20100925104823g:imageriekossy 私は以前から作家には墓が必要だと思っていました。なぜなら、作家は、死後も他人の中に作品というものが残る職業だからです。言葉をかえれば、自分の死後も、人々の中に生き続けてほしいと自ら願う作品を生み出すのが、作家本来の仕事だと思うからです。

f:id:rieko-k:20100821004551g:imageriekossy 私たち日本人は、もういいかげん、かつて日本人が築き上げてきた文化、精神世界をもう一度振り返って分析しなければならないと思う。明治維新で徹底的に破壊された江戸文化やその精神世界には、現代の日本人の心を豊かにする何かが、きっと隠されている。

2010-10-22

[][]地球のために働きたい

ツイッターでのつぶやき。

f:id:rieko-k:20100915205832g:image:left地球には磁界がある。その磁界が、いわば地球上に結界をはって、宇宙の放射線から地球の生き物を護っていてくれる。地球はすべての生き物の母なのだ。私は作家として地球のために働きたい。どんな職業も地球のために働けると信じる。

f:id:rieko-k:20100915205833g:image:leftとまあ、今朝は『忍剣花百姫伝』で書いたテーマをつぶやいて、仕事に戻ります。地球は抽象的な意味で母なのではなく、本当に私たちを生かし育ててくれる母そのものなのです。貧乏でも、お金しか見えない人になりたくないです。

2010-10-16

[][][]テニスランキング世界第一位、ラファエル・ナダル

ラファエル・ナダルのノンフィクションを偶然観ました。仕事を始めようと思っていたのについつい最後まで。

観て良かった〜、再放送があるなら録画したいです。

彼は本当に素晴らしい故郷、家族、友人に恵まれた人だけれど、その人たちに、ナダル自身が愛をそそげる人だということが、さらに素晴らしい。

f:id:rieko-k:20100916015200g:image:left「誰だって、今以上の自分になれる。もう無理だと思っても、そこからもう少しは頑張れるものさ」テニスのラファエル・ナダルのコーチ、トニ・ナダルの言葉。

f:id:rieko-k:20100915205831g:image:left「テニスはゲームに過ぎない。人生で一番大切なのは家族や友達」と、テニスのラファエル・ナダル。これまでの人生のすべてをテニスにかけてきたといっていい不屈の人ナダルの言葉だからこそ、その大きさ深さに感動。

f:id:rieko-k:20100821022001g:image:left世の中には、素晴らしい人が一杯いる。それに比べて卑小な私。それでも、「今日より良き自分を目指して頑張るだけ」「負けも逆境も人生の一部。逃げることはできない。長い目で見れば価値がある」(これもナダルとトニの言葉)さあ、今日も頑張ろう。