ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

りきおの雑記・ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


『この世界の片隅に』観ました。すごい映画だったので観ましょう。
食べログはじめました。よろしければどうぞ。

2008-03-20 リトバスで体育倉庫イベント@佐々美SS公開!

HPやブログを終える時の理想の形は?

 今は、全くその時を考えていないですが。

 ただいずれ、そういう時が来るかもしれないなあ、とは思って、終わり方の理想の形はいつも考えてはいます。と言うのも、ちゃんとした形で終わらせなければ、「終わったこと」が読者などには伝わらないからです。

 僕ももうHP始めて4年目になりますし(それ以前から別ジャンルでHP持ってはいましたけど)、それなりに読者さんもついてきてくれていると思います。このブログでも、もう3年が経過したんですよね。今やSSのホームページにほぼダブルスコアになってしまいましたが…。

 しかしながら、他のホームページを見ていると、ちゃんと更新が止まる旨を告知しているサイトと、突然更新が滞るサイトとがあります。特にお気に入りのサイトだったりすると、「管理人さんに何かあったのか?」とか有らぬ想像をしてしまいます。

 出来れば僕も、終わる時にはちゃんとした告知をしたいとは思ってます。

 ただ、それが自分の意志で出来なくなってしまったらどうでしょうか?

 

 例えば、ネット環境が激変する(移動などで)場合ならどうでしょう? まあ、FFFTPなどのツールを持って、アップロード時のパスワードなどをちゃんと記憶しておけば、HPなんて何処でも更新は出来ます。ブログならネットさえあれば何処でも更新できますしね。完全にネット環境が無くなるとどうしようもありませんが、でもよほどのことが無い限り、ネットが全く出来なくなるって言うシチュは、日本国内にいる限りは無いと思います。

 個人的に怖いのが、病気や事故などでの、身体的に異常をきたした時の告知方法です。事故で死んだり、瀕死の重傷を負ったりしたら、もう自分の意志では更新は出来ないわけで。その場合は、誰か第三者にその旨を何とか伝えて、最後のメッセージを更新してもらうしか方法がありません…。病気の場合は、よほどの急病で無い限りは大丈夫だと思いますが、事故の場合はどうしようもありませんからね。

 その場合は…やはり家族にその告知をお願いしておくしかないような気がします。もし何かあったら…と。

 大げさな、って思うかもしれませんが、正直に言えば、リアルな人付き合いと比較すると、ネット上での人付き合いの方が何倍も多くの人と触れ合っている、あるいは自分と言うものを知覚してもらっているわけですから。そうした人たちに、別れる時には明確なメッセージを示したいわけです。

 ですので、もし自分に何かあった場合は、HPはともかく、ブログには、「パスワードはこれで、こういう文章を載せて欲しい」って遺言みたいに伝えておきたいですね。

 僕のサイトみたいに、大手でも小規模でも無いようなサイトなら、突然消えてもそれほどアレでしょうけど、一日に平気で2000〜1万以上来る様なサイトさんなら、その影響も大きいでしょう。そうしたサイトさんが、突然更新できなくなる日が来るとしたら、どういった最後を考えているのか、少し興味があったりします。

 サイトの規模云々だけではなく、メールやチャット仲間などでも、その消息が不明になると不安になります。現に、ウチのサイトに送られた頂き物SSの中で最高得票を得たSSを書いてくれた、海豚さんという人がいるんですが、その人は突如「ネットが出来なくなるような重大なことが起きてしまいました」みたいなコメントを残して、その後は消息不明になってしまったりしたこともありましたしね。

 事故などなら、最後のメッセージだけ公開できれば良いと思うんですが、そうした突発的なもので無いとしたら、ちゃんと終わる理由とか、そういうのを明示したいなあ、と思ってます。たとえ精神的に相当酷い状態になっても。ま、しばらく僕のサイトでは無いと思うんでご安心を(誰も気にしてないって?)。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証