ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

りきおの雑記・ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


『ゆるキャン△』と『宇宙よりも遠い場所』観ました。どちらもかなり面白かったので観ましょう。
食べログはじめました。よろしければどうぞ。

2013-01-10

「可愛い」を制作側が押し付けるべきではないと思った〜たまこまーけっと1話感想

 京都アニメーションの新作にしてオリジナルアニメ「たまこまーけっと」が始まりました。個人的にはけいおんスタッフが作る「それでも町は廻っている」だとかそういうイメージを持って臨みましたがどうもそういうノリではないような感じがします。鳥がやたら出てきたというか話の軸が鳥を中心にして回っていく感じがして「これじゃない感じ」がしています。

 そして放送前から気になっていたキーワードが、1話のサブタイにしてたまこを指しての「あの娘はかわいいもち屋の娘」でした。個人的に「かわいい」と公式で言ってしまうのはどうなのかと思っていたのです。で、1話を観ていてあまりたまこのことを「かわいい」とは感じなかったのでますます疑問に思うキャッチコピーになってしまったように感じています。

 そもそも「かわいい」は最初から言及するような属性なのでしょうか? 京アニ作品で言えば、前2作が「中二病でも恋がしたい!」と「氷菓」でメインヒロインをそれぞれ凄く可愛く描いていたわけですが、六花にしろえるにしろ、最初から可愛いと言っていたわけではなかったと思います。えるを可愛いと感じられるようになったのは後半ですが、六花にしてもえるにしても「かわいい」と視聴者を思わせるための演出は存分にしてますし(あざといと感じるくらいに)、実際に中二恋の六花は1話のしゃがんでじっと勇太を観る上目遣いで萌え殺された方も多かったのではないかと思います。が、たまこまーけっとのたまこではそうした萌え要素は個人的には感じられませんでした。

 もちろん、たまこまはけいおんシリーズの山田尚子監督が手がけてますから、男性ウケするであろう萌えの文法では描かれていないのだろうとは思ってます。けいおんキャラも萌えと言うよりはただただ可愛いという感じでしたし、普段のダラっとした感じからちょっとしないような表情をしたり、ニッコリと笑ってみたりというあたりで視聴者を揺さぶるものがあったように感じました。ただたまこまでは1話段階ですがそうしたようなシーンは……あるようにも感じますが、あったとしてもまだこちら側としてはたまこに特に愛着があるわけでもないですし、どんな娘かもよくわからない段階では「かわいい」とはならないように思いました。京アニの作画や堀口悠紀子さんの絵だから可愛い!という先入観も除いて観てますので余計にそう感じました。

 そういう感じになってしまった原因としては、1つには視聴者の視点の置きどころがないことにあるのではないかと思ってます。けいおんだと、特に2期は「唯を観てる梓」というところから僕は入ってましたし、律や澪、紬ら主要キャラの誰かを中心に観ていればそれで楽しめたとも思います。また、氷菓や中二恋では男主人公が用意されていて、そこから物語に入ることが出来たとも言えると思います。どちらもアニメのスタートから人間関係が構築されていくので、スタート位置が同じというのもあるのかもしれません。これはけいおんでも同じですよね。たまこまーけっとでは既に構築済みの商店街や学校の友人という関係性がまずありますし、いきなり出会う鳥がそうした視点を担うのかと思えばそういう感じでもなく、視点の置きどころや視聴者の介在する余地があまりないような気がしています。また、もち蔵→たまこでたまこを「かわいい」と観ることも出来なくはないのですが、たまこともち蔵は学校が違うような感じなので学校にいる時のたまこを観るもち蔵、という視点は存在しないことになります。鳥も同様で、1話だけを観ると商店街周辺より外まではついてこないような感じに見えます。そうなると、たまこを「かわいい」と観る視点は常時存在しないことになります。まあ常にそんな視点は必要じゃないのかもしれませんが、今後商店街以外でのたまこをどれだけ描写するかによって、その辺が強く出てくるような気がします。

 あとはあくまで主人公のたまこが「かわいい」としてる点への違和感です。六花やえるに萌えの資源を集中してた(けど個人的に好きなのは凸守と摩耶花だったのですが)のと同じように考えれば良いのでしょうが、六花やえるは男主人公に対してのメインヒロインだったのですが、たまこは女主人公です。もち蔵が主人公格ではなさそうなので対等となる男キャラとなると鳥になるんでしょうか。ちょっとその辺がわからないのと、他の女キャラもけいおんキャラ同様に可愛く立たせてくるのでも無ければ、たまこをあくまでも「かわいい」と視聴者に思わせたり、たまこのファンにさせる以外には無いことにもなってしまいます。萌えの文脈で行けばそれなりに普遍性のあるキャラクターが作れるとは思うのですが、そうじゃなく「かわいい」と感じさせたり愛着持たせることはとても難しいことなんじゃないかと思っています。そこに不安があるからこその公式での「かわいい」言及なのではないかと思いました。

 前述した「それでも町は廻っている」では、決して歩鳥のキャラデザや性格を見てすぐには「かわいい」とはならないとは思いますが、見続けていけば商店街のおっさんらから凄く愛されていることがわかる作りでした。なので、最初から「かわいい」と言及することは必要ないと思うのです。加えて堀口絵なわけですしキャラデザも相当練られたものでしょう。観たらわかる「かわいい」をどうして言葉として表さなければならなかったのか。やはり疑問に感じますし、話の内容や1話の演出を観ると逆に納得してしまうんですよね。キービジュアル以上の可愛さを表現できていないのではないのかと。

 

-------------------

 まあまだ1話ですし、これから色んな「かわいい」をたまこに積み重ねていくのだろうとは思います。ただ1話で「かわいい」となった人には良かったのでしょうけど、そうならなかった自分みたいな人間にとってはいきなり躓いた形にもなったような気がしました。

 また、けいおんとか氷菓などと違い、たまこが「かわいい」となるかどうか以外に楽しみ方が少ない作品になりそうな気もするので、余計に気になったわけですがどうだったでしょうか。

さびさび 2013/01/11 02:15 正直、超どうでもいい事にこだわってますね。
1話なので評価できませんが、他のアニメだと省かれるだろう餅の製造過程の描写や、町の大人たちが多く出てくる点を見てアニメファンだけでなく、一般の人にも間口を広げてる様にもみえます。そこでキャッチコピーのかわいい娘は、萌え豚視点のかわいいで無く一般大衆的なかわいいで、けいおんとの差別化を図る意味でのかわいいではないのしょうか。
てか鳥かわいいやん!鳥が一番の萌えキャラやないの!

さなんさなん 2013/01/11 03:12 ていうか「あの娘はかわいいもち屋の娘」ってのは
商店街の人からかわいがられてるもち屋の娘さんって意味だろ

rikio0505rikio0505 2013/01/11 06:50 >さびさん
正直、鳥がウザいです……。
もちろん、萌えの文脈で「かわいい」を描いてないことはわかるんですけどね。
もち作りの描写を入れたことが間口を広げた……ようには見えませんでしたが。

>さなんさん
もちろんそういう意味なんですが、それを言葉にしちゃダメじゃないの?と。
しかも主人公役の洲崎さんにそれを言わせてるあたりに逃げの姿勢を感じてしまいます。。

anonymousanonymous 2013/01/11 13:40 やっぱり京アニオリジナルはオーラがないなぁ
ムント様好きなんだけどね

rikio0505rikio0505 2013/01/11 20:18 >anonymousさん
ムント様は観てませんが……オーラですか。
面白さが伝わりにくい感じの作りにはなってる気がしますねえ。

懐かしき通りすがり懐かしき通りすがり 2013/01/11 22:32 自分にはよく分からない生態ですが、若い女性は何かにつけて「かわいい」と人・物問わず評して周囲に共感を求めますよね。で、それが周囲の人々にも伝染する。
たまこまのキャッチコピーもそれと似たものではないかと感じました
とすれば女性向けの可愛さを目指しているような作画なり構成なりになっているんでしょうかね。かわいいという共通言語によって相互理解を計るような。
まだ1話を見れてないので期待しています。

rikio0505rikio0505 2013/01/11 23:43 >懐かしき通りすがりさん
ああ、そういう女性的な感覚から出る「かわいい」ですか。
確かにその意見だと、こちら側が使う「かわいい」よりも軽い意味合いでの使い方になっていそうですね。
絵的には非常に女性の感覚で作られていると思いますので見立て通りだと思いますよ。

p3p3 2013/01/13 11:36 長文考察、楽しく読ませて頂きました。最近、こういう風に長々と感想書ける人も少なくなりましたから、これからも期待します☆
さて、「かわいい」の意味ですが、作品中の鳥の台詞がタイトルになっています。「旅の途中で会ったのは何故か餅屋の娘だったぜ…」。この鳥がたまこに惚れたのはレコード店らしい。演出のマズさで、大事なシーンがスルーされてました。また「あの娘はかわいい〜」という表現自体がレトロな雰囲気を狙った形容詞であることは間違いないでしょう。常時視点ではないからといって、鳥がたまこを「かわいい」と感じてないわけではないと思います。

コメントの皆さんもなかなか面白い観点ですね。ただ、「超どうでもいい」というご意見だけは古参オタクとしては悲しいものがありますね。堀口キャラの美少女テイストを計算に入れてないわけはないアニメですから、「かわいい」に関する考察は立派です。なお「それ町」での歩鳥の「かわいい」基準は原作で既に言及済みです。レトロな商店街アニメっぽいですが、皆さんのご意見を読むと制作者側の意図が通じないくらいに昭和レトロが遠くなったのを実感せざるを得ません。

失礼しました。私の思い込みと勘違いもあるでしょうが、参考までに。

chichi 2013/01/13 14:59 「あの娘はもち屋のかわいい娘」ならそれでは分かりますが「かわいいもちや」だと意味合いが変わるのでは?

通りすがりの佐久間氏通りすがりの佐久間氏 2013/01/14 04:09 いまさらですが、たまこま一話見終わりました♪ぼくは作品としては純粋に好きですね♪確かに可愛いは持ち上げすぎかと思いますがまだ一話ですしね(笑)ぼくはこれを見てジブリを連想しましたね♪ただ中恋のあとの新作なんで物足りなさを感じる人もいると思いますが、このアニメは大きいお友達じゃなくて小さい子どもに見せてあげたいですね!!

あ 2013/01/14 05:42 「もちろん、萌えの文脈で『かわいい』を描いてないことはわかるんですけどね」とか言いながら、本質的には何も理解していないように思われた。
萌豚の視座を脱出できていない、非常に幼稚な考察と言わざるを得ない。

ホセバティスタホセバティスタ 2013/01/15 03:13 正直、たまこはかわいくない。
女の言うかわいいと男の考えるかわいいのベクトルは全く違うと認識できた。
そこが作品のテーマじゃあない、とか言われたらぐうの音もないけど。
自分も作品の副題にわざわざ「かわいい」とか付けられると萎える派なので。

名古屋のおっさん名古屋のおっさん 2013/01/16 17:13 文章読ませていただきました
このかわいいは属性ではなく、周りの人からみてお年寄りが孫を可愛いと思うのと同じように可愛がられているのだと言う表現なのではないでしょうか?確かにかわいいと言うのは発信者から言われる言葉ではないかもしれませんが、昔からドラマなのではこのような表現は多々あります

そう考えるとこのアニメは今までの萌えを意識させるアニメでは無いんだよと言う発信者からのメッセージのような気がするのですが

サラダバーサラダバー 2013/01/16 20:26 捉え方によるのではないのでしょうか。
1話を見ましたが制作側は「ほらお前らの好きなかわいいキャラだぞ、萌えろよ。」といった主張をしたいわけではないように思えました。
作品をより面白く仕上げた結果から、「かわいい」と視聴者側が勝手に感じるのではないかと思います。

rikio0505rikio0505 2013/01/16 23:09 >p3さん
ありがとうございます。
鳥の感情での「かわいい」なのであれば、タイトルコールはたまこではなく鳥がやれば良かったような……。たまこの声優さんが言ってるからどこか変というか違和感が生まれていたようにも思います。
あと、レトロな昭和の商店街って意図の割には凄く綺麗過ぎるとも思うんですよね。こういうちょっとレトロ感を出すには京アニの背景美術は綺麗に描きすぎているような気がしています。

>chi さん
まあ確かにそうとも取れますが……。
でもあのもち屋さん可愛いですかね? 藤原啓治さん演じる強面店主のもち屋が可愛い……んですかねえ。

>通りすがりの佐久間氏さん
京アニのジブリに憧れる感じは確かにあるんですよね。
あと、確かに中二恋のキャラ萌え的な文脈を想像して観ると弱いって印象的なものはあると思ってます。

>あさん
キャラ萌え以外の可愛いという視点を確かに言及できてませんでしたね。個人的にはけいおんで観た可愛いは萌豚的なものとは違う可愛さではあったのですがボキャブラリーが足りず説明出来ませんでした。
よろしければたまこまーけっとの可愛さを理解できているであろう貴方の考えをお聞かせください。

>ホセバティスタさん
男女の考える「かわいい」の基準の違いはよく出てましたよねえ。
何となく刷り込みのように「かわいい」と思わせたいのかなと邪推したくはなりました。

>名古屋のおっさんさん
ただ、たまこを可愛いと思ったり感じたりしてる視点は、鳥やもち蔵も持ってるんですよね。確かに商店街の住人たちや家族からたまこは可愛いと思われてるんでしょうけどそれだけじゃないですよね。
今までの萌えとは違う可愛いを描きたいのであれば、鳥もですがもち蔵の視点も不要だったのではないでしょうか。ごちゃごちゃすると思うので。

>サラダバーさん
作品を面白く仕上げた結果「かわいい」と思わせれば良いんですよ。けいおんはそれが出来ていたので。
振り返れば「かわいい」と思えるかもしれませんが、そう感じさせる前に公式から「かわいい」と言ってしまうのはどうか? という話でした。

通りすがったよ!通りすがったよ! 2013/01/17 02:55 公式から「かわいい」と言ってしまうのはどうか?と書いてありますが、はっきり言ってそういう「かわいい」という意味じゃないと思います。舞台は商店街です。ようするに看板娘という意味だけです。「あのこはもち屋の娘」だけではキャッチコピーにならないので。実際には特別可愛い子を描いてるわけでも、特殊に可愛い子を描いてるわけでもなく、いたって平凡な看板娘とおかしな鳥を描いてる構図です。看板娘というだけでも今時珍しいかもしれませんが。話をまとめると自分から、制作側から可愛い子を可愛いと宣伝するのは表現としてもおかしなことで、言ってしまえば愚かなことですが、このアニメのコピーはそれとは全く別の話だと思います。もちろん最終的にはたまこちゃん可愛いなぁ、街の人いいなぁと思わせる表現をしていかなきゃいけないんですが、序盤はむしろ何だこいつらくらいでもいいでしょうね。なんならそれが狙いかもしれません。可愛い娘って言うから観たけど可愛いかぁって疑問を持たせるとこから。

永空永空 2013/01/17 04:07 1話みただけだと、鳥がなんだか分からないし、たまこもどんなこかあまり分からなかったので判断が難しかったのですが、2話目見てみると、鳥は相変わらず存在理由は分かりませんが、話としては面白かったし、たまこにも愛着を感じれ、また脇役であるたまこの友達のみどりの描写もあって、今後を期待できる内容だと思いました。

あとOP、EDともお気に入りです。

p3p3 2013/01/17 22:28 タイトルに「あの」娘と書いている以上「鳥が出会った娘」という限定なんですよ。物語の中心的役割は鳥、その証拠にナレーターは鳥が担当しています。ですから「かわいい」は鳥の感情が正解だと思います。たまこはヒロインという立場でタイトルコールしているに過ぎません。3話のタイトル「クールなあの子にあっちっち」も鳥視点だと推察されます。
レトロについての違和感は分かります。しかし、アニメというのは監督と作画の意図が食い違ってしまうのは昔からのことで山田監督は萌えアニメを目指してないのかもしれませんが、作画担当は萌えを意識して作らざるを得ないのです。いくらレコード出そうが、キレイすぎてレトロ感は出にくいのです。必ずしも制作者の意図した作品にはなりませんが、意図は分かります。

矛盾するかもしれませんが、りきおさんの仰ることも正解だと思います。重要な第1話のタイトルに「かわいい」という形容詞を使ったのは「たまこ、かわいいでしょ?」という制作者の意図もありそうです。2話も終わったところで、たまこのコスプレもあり、ほぼ間違いないでしょう。

ぱらぼるぱらぼる 2013/01/30 21:29 「かわいい」ってのは、商店街のみんなからかわいがられてるっていう意味じゃないんですか?萌えがどうこうじゃないって思ってたのですが・・・^^;

どうどう 2013/01/30 23:21 素直に「俺はたまこを可愛く思わない」とだけ言っときゃいいのに

名無し名無し 2013/03/25 13:31 うんうん、かわいいかどうかは俺たちが判断することだよなっと納得しながら読んでたけど

可愛がられてる子がいるという説明文的タイトル、という説明にもうんうん、となりましたw

dd 2013/11/28 01:49 ものすごく今更で申し訳ないですが…
昭和の夏メロに「あの子可愛いや看板娘〜」で始まる当時はとても人気だった歌があります
昭和時代が残る商店街に合わせてつけたのではないかと

dd 2013/11/28 01:51 ものすごく今更で申し訳ないですが…
昭和の夏メロに「あの子可愛いや看板娘〜」で始まる当時はとても人気だった歌があります
昭和時代が残る商店街に合わせてつけたのではないかと

映画はよかった映画はよかった 2015/09/05 01:43 (超今更な感想)
ああ、実は自分も最初ちょっとそう思ったな。
TVでは売れなかったのはだからなのかもね。
なんだか全体的に少しズレてた

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikio0505/20130110/1357824640