ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

りきおの雑記・ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


『シン・ゴジラ』『君の名は。』観ました。
どちらも個人的には微妙でした。
夏コミ(C90)情報。
寄稿先はこの記事を参照してください。

2015-02-11

何故SHIROBAKOの円盤は売れ続けているのか?

 「SHIROBAKO」のBDが発売以降1ヶ月以上も経過した今週も積んでいて、発売して初動は6000弱だったのが今週にはついに1万を超えてきました。2巻も2週目で大幅に積んでましたし、需要に供給が追いついていない現状がうかがえると思います。水島努監督のオリジナルアニメといえば「ガールズ&パンツァー」でも初動から大幅に積み増しして大ヒットとなりました。SHIROBAKOはそこまで売れるとは観てませんけど、それでも2クールもののアニメとしては異例の売れ方をしていると思います。2クールもののアニメで初動からずいぶんと伸ばしたといえば「TIGER & BUNNY」もありますが、2クールものなのに放送開始から2ヶ月弱でのリリースでSHIROBAKOとは若干事情は異なりますけども、似たような広まり方をしているようにも考えられます。

 さて、そんなSHIROBAKOの円盤が何故こうも売れ続けているのか、疑問に思う方も出てくることかと思います。確かに1クール終わりでも盛り上がりましたし、2クール目に入っても勢いが衰えないどころか更に伸びているという状況ですし、この前のニコ生一挙放送での評価の高さや、前々回であったエンゼル体操やゴスロリ様のバッティングセンター話など伸びる要素はたくさんあると思うのですが、2クールもののアニメが2クール目に入ってから再評価されて更に伸びる理由にはちと弱いような気がしています。今回はどうしてSHIROBAKOの円盤が売れ続けているのかについて考えていきたいと思います。ちなみに品薄商法なのでは? という点については、Amazonで「在庫あり」の状態になる期間もそれなりにあることで否定的に観たいと思ってます。メーカー側もどのくらい作っても売れるのかが手探りな状態なのでしょう。

  • アニメ開始前の期待度が低かった

 これはガルパンの時とか水島努監督アニメ全般に言えることなのですが、毎回決まったように前評判が低いと思っています。SHIROBAKOでも、アニメ業界ものということでそこそこの注目は集められてはいたものの、「Fate」や「Gのレコンギスタ」あたりの前評判の高さの前に霞むばかりでしたし、よくあるオリジナルアニメの開始前でゼロからのスタートという感じでした。また、少し前までのオリジナルアニメそのものが珍しいという状況でもなかったのが、このクールは「結城友奈は勇者である」や「クロスアンジュ」など他にもオリジナルアニメが多いということで、より放送開始時の期待度の低さにも繋がったようです。また、アニメ業界ものというか制作進行が主人公というのも、アニメ開始当初ではかなりマニアックだと観られていたこともありました。実際には普通の社会人あるあるものとして観られるような内容だったことも徐々に知られるようになってきたのもあったのだろうと思いますが。

 おかげで放送開始当初は割と地味な感じの評判だったのが尻上がりに話題となり、1クール終わりの12話での盛り上がりと円盤の発売日が重なるなどもあったり、上手く1クール終わりから2クール目のリスタートが出来るような構成にもなったことで、評判がずっと右肩上がりのような状況になったことも大きかったのだろうと考えています。

  • 前半に突っ込みすぎなかった

 さきほどの項目と少し重なりますが、前半戦となる1クール目の序盤に突っ込みすぎなかったことも構成上、とても大きかったのではないかと観ています。通常、ガルパンやまどマギがそうだったように、特にオリジナルアニメでは序盤にグッと惹きつける話数を挟み、そこのインパクトで一気に視聴者を引きずり込むような構成が求められますが、SHIROBAKOでは最初にピンチだった3話の泣き顔作画変更のところが前半のヤマにはなっていたものの、そこまで大きなヤマだったかと振り返るとそうでもないような気がします。

 そして何より感じるのが、1クール目にやればヤマとなったであろうゴスロリ様回をやらなかったことです。要は大きなインパクトを与えられるであろうゴスロリ様こと小笠原綸子さんの担当回を敢えて温存して1クールを終えて円盤を発売してしまったというところです。個人的には怖いというか、どうしてそんなことが出来ちゃったのだろう……とさえ思うくらいに不思議な戦略なのですが、前半にやっちゃうとそれだけ後半に回すネタが減ることも想定したのか、あるいはやらずとも話題性は得られると踏んだのか。1つの鍵となる1クール終わりでまさかのおじいちゃんアニメーターである杉江茂さんの担当回をやるんですから、ただの美少女アニメとは全く異なる観られ方をしたのではないかとも考えています。

 1クールアニメと2クールアニメではもちろん同じような構成では行けないという当たり前のことでもあるのですが、そこも円盤が発売日から1ヶ月以上経過してもまだまだ売れ続けるところへも繋がっているように見えて非常に興味深いです。

  • 16話に惜しげも無くつぎ込んだネタの数々

 かと思えば、突如としてゴスロリ様回に加えてエンゼル体操までぶっこんだ16話があったわけです。絵麻ちゃんが屋上で突如不思議な踊りをしているだけでも十分話題になるのに、ゴスロリ様が実際の野球選手そっくりのフォームで打ち返し、昔懐かしのアニメキャラの投球フォームでストラックアウトを披露するところもこの1話の中で描いてしまっているわけです。もちろんこの回は、井口さんが初のキャラデザで原作者にダメ出しを喰らい、編集者などとのあまり実のないやり取りから行き詰まる……ところからのキャラデ決定という本筋の話もしっかりやりながら、という回でもありましたから、本当に隙のない作りになってるよなと思いました。

 そしてこういう回をあまり前触れもなく、そして特別狙ったわけでもない話数に入れてくるあたりの緩急の付け方も、「面白いけど円盤を買うまででは……」という視聴者の背中を押すような構成になっている、ということなのかもしれません。しかも、2クール目に入ってもこんなにネタがぶっこめるのなら最後まで確実に面白い、と視聴者が確信できてどんどん円盤をポチっていくのだろうとも考えられます。

<関連記事>SHIROBAKO16話に観る、魔法を持つゴスロリ様の「神業」と、持たざる者の「エンゼル体操」

-------------

 他にも、イベチケを付けていない(円盤の価値が、イベント優先申込券の期限切れなどで下がるということがない)とかもありますが、以上のような理由が大きいのではないかと思っています。

 水島監督といえばガルパンで最終回効果で更に売上を伸ばした例があるように、最終回にも定評がありますし、後半型の構成を好む監督でもあります。ので、もしかするとまだ1巻も2巻も積む可能性があると観ています。もちろんどうなるかはわかりませんけど、最終的には15000くらい行ってる可能性もあると考えています。

今月発売の3巻。えくそだすっ!1話OVA付き

1巻。今からでもマラソンしましょう!

2323 2015/02/11 23:17 ガルパン、SHIROBAKO、前評判が低いというがオリジナルだからゼロなのは当たり前、むしろSHIROBAKOは監督水島努 製作PAWorksで注目度はそれなりにあった
売り上げが伸びたのはコメンタリーに板野さんを呼んだことで「面白い話が聞ける」という宣伝が発売後されたからかもしれない

urur 2015/02/12 00:06 同じ秋のオリジナルアニメで初動3,000から倍以上の10,000まで伸ばしたのがいるので影に隠れがち。

とおりすがりとおりすがり 2015/02/12 08:53 23さん
いくらなんでもコメンタリーにそこまでの力はないと思われまする。

urさん
3000から10000になったのありましたっけ。ゆゆゆでも初動5000弱だったような。

marumaru 2015/02/12 11:29 前評判があまりに期待されてしまっていると、ハードルが上がってしまって観る人の評価も厳しくなりやすいのかもしれませんね。前評判の高い作品によって上手く霞んでいるのも大事なのかもですね。このアニメが始まる時は、面白そうな感じ・テーマではあるなと思ってはいましたが、無茶苦茶期待していた訳ではなかったので、いい意味で期待を裏切ってくれました。最近は1クールもの(しかも10話で終わりって作品も出始めている)が多いので、始まってもすぐ終わってしまうんであんまがっつかなくなってしまいました。あと1クールものだと総尺的に質アニメにできにくいんですよね・・・SHIROBAKOを観てると作り手側の事情が見えてくるので、前よりは色々いたしかたないんだなと思えるようになりましたが・・・ま、2クール目もSHIROBAKOらしさで最後まで走り抜けていただきたいです。円盤は自ずとついてきてくれるはず、と思いたい。

fjfj 2015/02/12 17:52 売れる売れないを考えているかはわからないけど、出し惜しみせずに面白い作品を作ろうとしているのは伝わる

rikio0505rikio0505 2015/02/15 18:30 >23さん
確かに注目度はそれなりにあったとは思うんですけどね。
何となくですけどゆゆゆとかには注目度で及ばなかった気がしてます。
板野さんのコメンタリーも呼び水にはなったと思いますが、
数百程度押し上げたくらいの効果な気がします。

>urさん
ゆゆゆは初動で相当絞ってましたからね。同じポニキャでいえば「ろこどる」くらいには。
まあ追加の出荷が順調に行ったのでトータルで伸びましたけど。

>maruさん
放送開始前にそれなりに知名度があって期待されていると、
逆に減点法で観られてしまう難しさもあるような気がします。
SHIROBAKOは加点法で観られている強みがありますけど、
それ以前に観られるかどうかのところで問題がありますから、
事前の宣伝とか期待のもたせ方も難しいのだろうなと思ってしまいます。

1クールのほうがクオリティ的に維持できそうなので質アニメにはしやすそうですが……。
SHIROBAKOは色んな部分が楽しめるように作られているのが良いですよね。

>fjさん
そこなんですよね。コミカライズとか原作とか気にせずネタをぶっこんでいるところが
SHIROBAKOの良さですよね。

暇人暇人 2015/04/01 12:42 終わりよければ全てよしなんて言葉があるけど、後半にいくと
毎回神回なんて言われるくらいの濃密さがあったからなあ。
前半は切られないように全力で面白さを維持しつつ
後半でゴスロリ様、大倉さん、ずかちゃん、平岡、変な話、野亀先生などなど怒涛のキャララッシュに伏線回収もやりきったから見終わったときの
爽快感が凄かった。
DVDとか普段買わないけど、これは買いたいってホントに思う。
資金的な事情でボーナスまで待たないと買えないけど。

rikio0505rikio0505 2015/05/12 22:24 >暇人さん
前半部分でも割と詰め込んでた感あったのに、
後半は更に濃密に、しかもネタ満載でぶっこんできてましたからね。
しかも結果的に売れたというのは、スタッフの目指してた方向性が
商売としても間違っていなかったということなんだろうなあと思います。
ニコ生やったら売れますし、将来的にBOXが出ても売れそうな気がします。
そういうやみつきになる感じの内容だったということでもあるでしょうね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikio0505/20150211/1423663628