ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

りきおの雑記・ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


『ゆるキャン△』と『宇宙よりも遠い場所』観ました。どちらもかなり面白かったので観ましょう。
食べログはじめました。よろしければどうぞ。

2017-01-06

2017年冬アニメ、個人的な期待作紹介

 2017年が始まってしまいました。もうぼちぼち新アニメも始まっているようなのですが、個人的に期待しているの作品をいくつか紹介していきたいと思います。

  • セイレン

 『アマガミ』原作の高山犀星氏が、キャラ原案とシリーズ構成&脚本を手がけるというオリジナルアニメです。高山犀星氏は『アマガミ』では、企画からシナリオはもちろん、システム設計やキャラクターデザインまで手がけるというハイブリッドどころじゃない多才さでした。

 『アマガミSS』同様、オムニバス形式になるとのことですが、高山氏自らがキャスティングしたというあやねること佐倉綾音ほかの声優陣がとにかく見どころでしょう。あやねるもそうですが、木村珠莉さんや井澤詩織さんらが出ていることも個人的に楽しみです。あとは、三上枝織さんも意外性のあるキャラで楽しみの大きいキャラなので期待できます。

 問題は、ゲーム畑(特にエロゲ関係)出身の脚本家が手がけるオリジナルアニメが、『まどマギ』以降あまり当たっていないことは気になります。なので、エロゲを経ていない高山氏が、ゲーム原作ではなくアニメに最適な脚本を描いたら……という期待感もすごく高いです。

 キャラデザが、『はたらく魔王さま!』監督の細田直人氏というのも「?」なのですが、アニメーターとしても評価の高い人なので、ビジュアル面でも期待の大きいタイトルです。ただ、『アマガミSS』の制作元だったAICは既になく、Studio五組×AXsiZが制作とのことですが、『紅殻のパンドラ』はビジュアル的に及第点だったこともあり、そこは減点にはならなさそうな気がしています。

 放送網の貧弱さは気になります。BS-TBSはあるものの、地上波放送局のネットが弱い(関西はサンテレビのみかつ、中京地区の地上波が無い)あたりは不安材料でもありますね。TBSのこれ賭け度が弱いのか、BS-TBSがありますし各種配信サイトが網羅されていることで代用できるという目算もあるのかもしれませんね。

  • 亜人(デミ)ちゃんは語りたい

 ペトス氏原作で、A-1Pictures制作のアニメです。『小林さんちのメイドラゴン』あるいは『モンスター娘のいる日常』と近い作品になるかもしれませんが、人外キャラたちが織りなすコメディ作品です。

 書店では目を引く表紙絵ですのでおためし版を読んでみましたが、キャラクターは立っていますし、亜人とはいえ見た目はかなり可愛いですし、テンポの良さそうな掛け合いで進む内容でもあって、1話1話の内容を濃くした感じで上手くアニメ化出来れば、『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』『学戦都市アスタリスク』などのキャラデザを手がけている川上哲也氏のキャラデザで、いわゆる売れるA-1アニメのキャラデザを踏襲しているのは、プラスと出るかマイナスになるか……。アニメで映えるのではないかと思う一方で、原作絵が良いだけにあまり雰囲気は引き継げていなさそうなのがマイナスになるかもしれません。

 シリーズ構成と全話脚本を、どんな作風のアニメも手がける吉岡たかをさんが手がけるという安心感はあります。キャラデザは重要だと思っている自分にとっては、期待半分不安半分なところがあります。

  • 小林さんちのメイドラゴン

 ショートアニメにもなった『旦那が何を言っているかわからない件』のクール教信者氏原作で、京アニこと京都アニメーションの新作です。ぶっちゃけ、それほど売れるアニメになりそうにもないと原作読者さんにも言われてしまいましたし、『甘城ブリリアントパーク』が不評だった武本康弘監督作品というマイナスイメージもあるとも。

 ただ、自分としては、キルミーベイベーの田村睦心さんが京アニ作品の主人公として起用された、という感慨深いものがありますし、京アニが、ギャグではなくコメディな作品として、最もちょうどいいポイントは何処か、というのを探るような作品にもなるような気がします。

 『旦那……』は結構面白みもあり、かつ夫婦生活の生々しさも描いた作品だったようにも記憶しているので、ドラゴンが同居するこの作品はその辺がどうなのかとか、生々しさとは縁遠い京アニにアジャストしているのかとかは気になっています。

 単純に、コメディとして面白いアニメになっていれば満足できると思うのですけど、確信できるとまではいかない感じです。

  • ガヴリールドロップアウト

 ぐーたらしてる天使のコメディですかね。安心の太田雅彦&あおしまたかし&動画工房というトリオですし、それだけで一定の面白さやクオリティの保証があると思います。

 原作読者の知人によると、静岡の浜松ご当地アニメになるとのこと。浜松といえば、次回の大河ドラマ『おんな城主直虎』の舞台でもあります。流行を先取りしたアニメになる(?)という期待もあるでしょうか。

 個人的には、天使キャラに花澤香菜が起用されることが注目です。ビジュアル的に、あるいはドSという性格的に、『かんなぎ』のざんげちゃんなのか、あるいは『Angel Beats!』の天使ちゃんなのか……。そういう部分でも楽しみがあります。

 うまるちゃんあたりとへの既視感を超えられるのか、だとか、今までの太田雅彦&動画工房作品と差別化できているのかどうかとか、その辺は気になりますね。気楽に楽しめるのか、没入感は生まれるのか、その辺がクリアされれば、もしかすると『ゆるゆり』くらいにはなれるかもしれません。

--

 まだまだ、2017年冬アニメには面白そうな作品はあると思いますが、個人的にざっと観た感じ、これらが面白そうだなと思いました。逆にこれらが全部コケてしまえば、また今期もしんどいクールになるのかな……とも感じていますので、面白いアニメであることを期待しています。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikio0505/20170106/1483709649