Hatena::ブログ(Diary)

ぽこにっき

2014-10-13

皆既月食

先日の皆既月食を撮影した時の記録。先ずはStellariumで方向などを確認。

f:id:rikipoco:20141013210204p:image

で、撮影場所を確認。

f:id:rikipoco:20141020191551p:image

その時のノート。

f:id:rikipoco:20141013210312j:image

撮影は三時間。寒かった。

f:id:rikipoco:20141012143332j:image

http://www.panoramio.com/photo/112651392

2014-10-12

こんなん久しぶりだな、というプロジェクト

ちょっと用事があって、IUPというツールキット?をコンパイルしてた。が、諦めた。どうにもこうにもコンパイルが通らない。他にも言いたいことはあって、

  1. ネーミングセンスが悪い。ググらビリティ最悪。マイナープロジェクトで且つ関連情報が探しにくい。堪らん。
  2. 元の名前が、"Portable User Interface"なのにIUPだと?謎すぎる。
  3. ソースをtar.gzで持ってきて展開すると、ディレクトリの実行ビットが落ちてる。展開は出来るが、lsもcdも出来ないディレクトリだ。嫌がらせか。
  4. 依存ライブラリも上記同様の問題が。CD、IM、LUA、どれもパッとしないネーミング。実行ビットも落ちてる。そのうえ、Makefileがちょいちょいおかしい。

コンパイルの際、参考にしたのはこの辺り。


CHDKPTPつうのを試したが、最新版が必要だった。でもやめた。労力に見合わない。

2014-10-11

ワイキキに旅行した

少し前にワイキキに旅行した。何年ぶりだろう、14年ぶりか。そら、変わるわな。

http://www.panoramio.com/photo/111842217

http://www.panoramio.com/photo/111902752

http://www.panoramio.com/photo/111868737http://www.panoramio.com/photo/111902553

http://www.panoramio.com/photo/111902235

2014-10-06

フレーム補間でぬるぬる

先ずはこいつを見て欲しい。1分おきに撮影した写真を動画にしたもので、毎秒1コマ。

D

かっくかく。紙芝居のおっさんの方が手が早い気がするレベル。こいつをどうにかしたいと思い、少し調べ物をした。


動画素材との相性などもあるが、ワシの場合の結論を言えば、MSU Frame Rate Conversionが良かった。Pythonスクリプトはお手軽だが、単にフレーム間の平均を取ってるだけみたいで、よろしくない。MVToolsは使い方が難しくてよくわからん。動き予測の最適化とかやってられない。

D

作業はUbuntuで、wine経由で使うことになる。こんなだ。

$> wine ./avs2yuv.exe timelapse.avs - | x264 --stdin y4m --output output.mkv -

avsファイルはこんな。DSC_1049.jpgから連番で40枚の写真を読み込み、1 fpsの動画とする。んで、25 fpsとして出力してるだけ。

v = ImageSource("DSC_%04d.jpg", 1049, 1088, fps=1)
v = v.ConvertToYV12().AutoCrop(0, wMultOf=16, hMultOf=16).MSU_FRC(25, "slow")
return v

2014-07-22

京都人の執念深さ

f:id:rikipoco:20140722081106j:image:w360:left1864年の禁門の変蛤御門の変・どんど焼け以来、実に150年ぶりの復活だそうだ。車輪、と呼ぶのかどうか知らないが、その車輪は当時のものを再利用しているとのこと。他は、多分、駅前家電量販店が金を出したんでしょう。

何にせよ、150年間もの間、世代から世代へ懸装品を修復・保存しながら復活の為に活動していたというのだから驚きだ。鉾町、つまり四条新町から南下する1ブロック分の道路の両側の四条町には、もはや町家は少なく短期大学、マンションが並んではいる。が、ここに世代を越えて文化財を守る人たちが実際に住んでいる、と言うことだ。

人の執念というのは死ねば終わりという訳でもないらしい。ここ京都での執念は相続され、功を為した。