Hatena::ブログ(Diary)

ぽこにっき

2014-07-22

京都人の執念深さ

f:id:rikipoco:20140722081106j:image:w360:left1864年の禁門の変蛤御門の変・どんど焼け以来、実に150年ぶりの復活だそうだ。車輪、と呼ぶのかどうか知らないが、その車輪は当時のものを再利用しているとのこと。他は、多分、駅前家電量販店が金を出したんでしょう。

何にせよ、150年間もの間、世代から世代へ懸装品を修復・保存しながら復活の為に活動していたというのだから驚きだ。鉾町、つまり四条新町から南下する1ブロック分の道路の両側の四条町には、もはや町家は少なく短期大学、マンションが並んではいる。が、ここに世代を越えて文化財を守る人たちが実際に住んでいる、と言うことだ。

人の執念というのは死ねば終わりという訳でもないらしい。ここ京都での執念は相続され、功を為した。

2014-07-08

貧者のバウンスライティング

材料は薄めの名刺。安いスナックのオネーチャンが配ってるようなヤツ。そいつの半分にアルミフォイルを張り付けておく。で、下の図のように折ると良い。右半分がアルミフォイルな。こいつを、内蔵フラッシュを上げた状態で、アクセサリシューに突っ込むと良い。

f:id:rikipoco:20140708185357p:image

f:id:rikipoco:20140709170151j:image:w260 f:id:rikipoco:20140709170139j:image:w260

2014-06-30

ホームグロウン・テロリズム

主に合衆国で使用される用語で、Googleさんによれば、2008年ころ発明された言葉のようだ。


Wikipediaの記事によれば、「しばしば、西側欧米諸国内では、国内での居住歴が十分にあり、イスラーム過激派メンバーではないものの、その過激思想に共鳴して、それら過激派と同様の方向性テロ行為を、国内で独自活動として引き起こすことを示す。」とある。

ひと事ではない。

地下鉄サリン事件は1995年だった。これは明らかに同時多発テロである。また、主犯の松本智津夫出自オウム真理教の海外団体との接点を鑑みれば、先の定義どおりでは無いが、文字通りの「ホームグロウン・テロリズム」だ。アメリカに先立つこと13年、本当の犯罪先進国は日本だったのだ。

事件呼称が「地下鉄サリンテロ事件」でなく、「地下鉄サリン事件」なのは何故だろう。同様のホームグロウン・テロが以降多数発生しているにも拘らず、これらを関連付けて系統立てて分析する報道が無いのは何故だろう。

これらを「ホームグロウン・テロリズム」だと報じることは、自国が海外の敵対勢力に依って蝕まれ、攻撃されていることを広く知らしめることになる。残念ながら報道する側も、これら勢力に蝕まれているようだ。

先日の新宿南口の焼身自殺未遂事件も然りである。この事件そのものは、政治的主張に見せかけた左翼もどきの下手なプロパガンダだが、続く安倍政権叩きの報道、現役国会議員によるテロ擁護発言などを含めて考えれば、立派なテロリズムだ。そうで無くても、週末の繁華街に発火目的でガソリンを携行している段階で立派にテロリズムだ。

世間集団的自衛権に関する憲法解釈云々で騒がしい。しかし、現実を把握して、よく考えてほしい。いったい誰が誰の為に騒いでいるのか。自衛の為の活動が「集団的」であるとか「個別的」てあるとかで内輪揉めしている状況では無い。戦争は既に始まっている、と考えた方がよいだろう。自衛隊内閣官房が仕事をしている間、国民が無視を決め込んで言い訳が無い。国土と家族を守るために静かに戦わなければならない。「ホームグロウン・テロリズム」、これ以上に日本の危機を的確に描写する言葉は無い。一体、敵は誰だ、獅子身中の虫は何処だ。身辺の、TVの、ネットの事件を「ホームグロウン・テロリズム」の語義に照らし合わせてほしい。

2014-06-29

The Blacklist (2013)

あちらでヒットしているTVシリーズ、タイトルがダメでしょう、つう話。

リストつうのは何かしらアイテムを並べたものだが、そのアイテム相互に共通点があるからリストとして成立するってもんだ。で、タイトルの"The Blacklist"だが、ブラックリストだから悪いヤツの名前がズラッと並べてある訳だ。ジェイムズ・スペイダー(歳取ったなあ)が元FBI職員、主役級の女性がFBI職員と来れば、毎週だか、エピソードをまたぐのか、順にリストを潰していく話だと容易に想像できるでは無いか。

毎週悪いヤツが出て来て、やっつける。で、大きな話を毎週の事件の解決に絡めて、ちょいと進める、つう感じだろ。ちゃうんかなあ。

D

2014-06-25

Panoramioの写真

へたっぴな写真をPanoramioに上げ続けて数年、ビューカウントが100万回を越えた。良い機会なのでちょっと掘ってみた。perlで適当なスクリプトをでっちあげて、全ての写真の座標、タイムスタンプなどを手元に引っ張ってきた。

写真は全部で5300枚あまり、全てにGPSロケーションがあるものの、一部にタイムスタンプが無いものもある。恐らく、EXIFデータが無いままアップロードしてしまったんだと思う。先ず、分布図。如何に出不精かが分かる。

f:id:rikipoco:20140625102044p:image

で、枚数の変遷。一番古いものは2008-08-13 18:50:36 JSTとなっている。Panoramioっつうおもしろいサイトみっけ、てな感じで携帯で撮った写真をぺろっと貼り付けたのが始まりだった。

f:id:rikipoco:20140625154405p:image

一体どのくらいの写真が「見られている」のか?写真毎のビューカウントを見てみる。まー、見られてないし、まー、綺麗に対数則だ。

f:id:rikipoco:20140625155702p:image