Hatena::ブログ(Diary)

ケーキに載ってる苺は最初に食べるほうが甘い RSSフィード Twitter

2014-11-22

いい夫婦の日、いいふつうの日。

12:26 |

配偶者を殺したいと思ったことがある人が何割、みたいな話を聞いて、死にたいとは思ったことあるけど殺したいとは思ったことないなって思った。

たぶん、その人とその人に付随して自分を取り巻いてる環境すべてから逃げたい場合が「死にたい」になって、環境には問題なくてその人だけ切り離したい場合が「殺したい」になるのだろうと思った。両方足したらもうちょっと数字上がるだろうなとは思う。

2014-11-18

13:18 |

新しいサービスを見ると、悪用の仕方を考えてしまう。そういう話をしたときに「職業柄仕方ないやんな」って悲しそうな感じで言われたんだけど、実はけっこうワクワクしながら悪いことを考えてる。私はそんなに悪い人間ではないと思うけど、悪いことするのは楽しい。自分だけうまくやるのは絶対楽しい。

私、2歳の時に水槽に手を突っ込んで金魚を握りつぶすという鬼のような悪行を働いたらしいんだけど、その時は感覚的にすごい気持ちよかっただろうし純粋に楽しかったはずだ。(ちなみに思い起こせばうちの金魚は養魚場で選んで買ってきたちゃんとしたやつだった。親と養魚場に通った記憶がある。)(あと、水盤で育ててた水生多肉植物のスポンジ状のところを握りつぶして泡を出すのも大好きで、親に見つかると叱られるから目立たないところから一つずつ潰していた記憶がある)

当然、今はそんなことはしない。でもそれは金魚がかわいそうという想像力とか、無益な殺生はダメという倫理観を身に着けたからそう思うのであって、スパム投稿をする人間の中には純粋に「インターネットスパムをするのは悪いこと」という価値観がない人も多くいるし、画面の向こうに人がいるという想像力を持たない人もいる。親のクレジットカードを勝手に使う子どもクレジットカード決済の仕組みを知らなかったりする。

そういう人は単にそれを身に着ける機会なく育ってきたというだけで、何か欠陥があるのではない、ごく普通の人間だと思う。そして、そういうごく普通の人が楽しいとか利益になるとかいうことで自然に行動した結果が運営者から見るabuseなのだと思ってる。(まあ、本当に悪意のある悪人もいるし、そういうのは本気で地獄に堕ちろって思ってるけど)

だから、ルールとか規約作ったり、システムの整備によってabuse対策を行う時は、そっち側の人の視点になってワクワクしながらサービスの穴を探してる。で、いつもの自分の視点に戻ってそれをふさぐ方法を考える。こういう視点の移動が自分にとっては純粋に楽しい。

ライ麦畑から子どもが落っこちるのを捕まえる仕事がしたいといってたお兄ちゃんに向いてる仕事だと思う。

2014-11-17

23:49 |

昔みた夢で、二人で戦闘するパーティ組んでるって設定のがあって、その相手はFFで言ったら竜騎士とかセルキーみたいな感じの身軽なジャンプ技が使えてちょっと回復魔法持ってる設定で、私のほうは中程度の回復魔法と地形を変える魔法みたいのが使えるのだった。

相手がジャンプするタイミングでその地面を隆起させたり、敵の攻撃を一時期地面を沈めることで交わしたり、そういうことができる感じ。回復魔法の威力は小さいけど単体魔法でいい分それほど困らない。

どう考えてみてもこのスキルのセットは非常に使い勝手が悪いんだけど、まさにそういう使い勝手の悪いスキルセットを持って働いているのが自分なので非常にわかりやすい夢だった。

小さいチームで何かやるときに職種的にわりと除外されがちなんだけど、いつも誰かと組んでなにかやりたいって思っている。なかなか難しいけど、たぶん地形は変えられると思う。

2014-11-15

16:24 |

「お金にならないことがしたい」というよりは、短期的にお金にならないけど長期的にすごい価値が出ることがブルーオーシャンとしてがっつり手が付けられてないのでそっちを目指すのはアリではないかという話で、でもそれをやるためには、文句言うような株主や出資者を作らないとか、頭悪いお金大好きマンを入れないとかいうことが大事で、結局は自分の財力ないと無理だなという感じもする。

2014-11-14

01:19 |

多くの人間は断ることがすごい苦手だと思ってて、断るスキルってすごく大事な感じするけど、断ってる人に対して押し切っていくようなスキルのほうがお金になるから、本当に価値がある断るスキルを教えたりする人があんまりいないって思ってたら、すでに勝間和代さんが断る力とか本買いてたけど、別に断ったからといってお金が儲かるわけではないので、表紙の面白いポーズだけしか話題にならなかったなあと思った。かくしてピカチュウトモダチとかそういうので押し切られてしまうチョロい人が量産されることになってる。

多くの人が何を好きか、みたいな話は短期的にお金になるから、みんなお金を使ってリサーチするけど、多くの人が何を嫌うか、不快に思うかみたいなことは別にお金にならないのでわざわざ調べる人がいなくて、不快なものは不快なまま、断りきれない押しが強い方法だけが生き残ったりするの人類にとって不幸な感じする。お金になる指標だけを指標にするの、そろそろやめたほうがいいんじゃないのかと思う。すごいお金持ちになったらお金にならないことしかやらない団体作って税金対策したい。

01:13 |

ビジネス書の多くはスピリチュアル本とか擬似医学本とかと品質においてはかわらない(かかわってる出版社とか編集者がわりと共通してる)ので、大真面目にレビュー書いたり知り合いに薦めたりするのってどうかという気持ちを持ってるんだけも、どっちも宗教だと思えばバカにするのも失礼な話かもしれない。

というか、どっちかというと自分はスピリチュアルよりの人間だけどそれを他人に薦めたり大真面目に論じたりすることに多少の恥ずかしさを感じていて、だからこそ、ビジネス書界隈の人が妙にエラソーなのに違和感があるのかも。