Hatena::ブログ(Diary)

ケーキに載ってる苺は最初に食べるほうが甘い RSSフィード Twitter

2014-08-29

理想の結婚とか

23:34 |

最近、結婚式するかどうかとか、結婚相手に求めるものとか、そういうエントリが人気なのを見て、結婚願望の強い若い女の子が「私も理想の結婚についてブログに書きたい」って言ってたので「それは晩婚フラグ!」って全力で止めた。結婚に関しては相手のあることなので、あまりひとり歩きした理想は持たない方がいいと思う。

妄想を話してる女の子はかわいいんだけど、すごくシビアな話として、実際に結婚を考える年代の男の子が、そういう女の子を結婚相手として考えるかどうかって目で見ると、普通は荷が重く感じるんじゃないだろうかと思う。単純に考えて、実際に周囲にいる男性(あるいは自分の彼氏)からなんとなく荷が重く思われること自体すごく不利。

すごい美人とか、自己愛性人格障害っぽい相手を洗脳するのが上手いタイプなら、相手の男性を自分の妄想に巻き込んで押し切ったり、また、そういうのに振り回されるのが好きな男性を宿主として寄生したりすることもあるんだけど、それ自体、全然理想の結婚じゃないと思うし。

たぶん、こう生きていきたいみたいな将来のビジョンを自分なりに持つことは大事なんだけど、結婚はその途上にあるものだから、結婚自体に理想はもたないほうがいいように思うな。もっと先のことを見ていてこそ、一番ふさわしい人とふさわしい時期に一緒になれるのでは、みたいな気持ち。

私も、なんとなくもう一度ぐらいは結婚しそうな気がしてるけど、あんまり「こういう人とこういう結婚生活がしたい」って気持ちはなくて、なんとなくの安心感というか、もっというと空気の色、時間の匂い、みたいなふわっとした感じしか持ってない。

2014-08-19

00:12 |

技術系の仕事ってアスリートっぽい感じで、ビジネス系の仕事は勝負師っぽい感じがする。同じ競技やってるとしてもアプローチが違う。

自分も含めて、ビジネス系の人が「こういう本読んでこういう勉強した」みたいの、あまり広く公表しないほうが良い情報だなって思ってて、でも技術者はたぶんそうじゃなくて、どうしてそう思うかを考えた時に冒頭のようなことが思い浮かんだ。あくまで仮説。

イヤフォン替えた

12:09 |

もともと愛用してたのがこれ。

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

アニソンとかポップな曲聞くにはすごくよくて、なんかシャリシャリした感じの音質で何を聞いても可愛い。あと自分の耳の形に合っててなかなか抜けないのが良かった。こういう耳栓ぽいやつ、ものによってはすごい抜けやすい。

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

こっちも使ってたけど、これは抜けやすいし、そこまで低音がすごいという感じではなかった。むしろ低音方面でがんばった分バランスを崩してる感じで、テノーレのほうが好みだった。

でも、それをこの間外出先で失くしてしまって、新しく買ったのがこれ。

【国内正規品】 ゼンハイザー インイヤー型ヘッドホン MX375

【国内正規品】 ゼンハイザー インイヤー型ヘッドホン MX375

ゼンハイザーだけど安い。感想としてはなんかマイルドな音質。ピアノ聞くと、zero audio だとすごいキラキラして角が尖った金属質な感じだけど、これは丸い。一般的にいい音っぽい音にしようとした感じというか。

これは、コンソメパンチとコンソメの違いみたいなものでで、どっちが好きかというと時と場合によるとしか言いようがないけど、これはこれでいいものだと思いました。(とはいえ、これを使ってるとカルボテノーレのキラキラ感が恋しくなってきたのでまた買ってしまう気もする)

尚、私は、断線させたりなくしたりしがちなタイプなので、イヤフォンには5000円以上出しません。ゆえに、あくまでその範囲内の評価

2014-08-16

味噌味ババガヌーシュ

01:23 |

イスラエルの人がやってる日本酒バーで「ババガヌーシュ」がメニューにあって頼んでみたら味噌が入ってて美味しかった。ババガヌーシュは、中東起源のニンニクとゴマと茄子のペーストで、クラッカーに塗ったりすると白ワインと最高に合うけど、味噌味にすると日本酒にも合ってすごくよかった。で、ちょっとインスパイアされてそういうの作った。

  • 大きめの茄子1本
  • 白ごまペースト小さじ1から2ぐらい
  • 味噌(信州味噌とか甘めのほうが好み) 小さじ2
  • レモン汁一絞りぐらい
  • お好みでにんにくすりおろし

茄子は皮をむいてざく切りにしてお皿に乗せてレンジで2分ぐらい。シリコンスチーマー使うとよいと思います。柔らかくなったら他の材料全部入れて、フードプロセッサーとかブレンダーでガーってやるだけです。茄子は柔らかいからすり鉢でも問題なさそう。味が足りなかったらお好みでいろいろいれるといいと思う。

夏場の茄子、すごく美味しそうだからつい買っちゃうけど、だいたいすぐダメになるので、余ったらこういう感じでちょこちょこ料理して食べてる。舐めながらお酒飲むのもいいし、トーストに塗っても美味しいよ。

ところで、この日本酒バー、昼間は蕎麦屋で、蕎麦屋でお酒頼むと「よくわからないけど夜の人から適当に出していいって言われてるから」みたいな感じで出してくれるんだよ、っていったらそれはBL的においしいってことになり、その後2-3時間ぐらい設定作ってて設定厨怖いと思いました。

2014-08-15

イケメンで癒される話

01:39 |

人力の質問でイケメンに癒されたい的なのがあった。回答では、ホストとか、可能であれば恋愛に発展するような出会いの場所を提案してる人が多かったけど、なんかそういう人間関係を築く方向は、正直、癒しとはちょっと違う感じがする。

彼女が求めてるのは、あくまで「行きつけのパン屋の女の子が可愛いから毎朝パンを買ってる」とか「通勤途中の駐車場にいるネコがちょう可愛い」みたいな感じであって、別にイケメンと付き合いたいとかそういう話じゃなくて、見た目も、まあイケてたらそれに越したことないけど、そこまでこだわってるのではないと思う。

質問者の設定、いかにも普通のアラサーOL、おそらく内勤事務職、みたいな感じだったけど、そういう立場の人がが職場で求められる役割、7割ぐらい人間関係を無難に回すことで、1割ぐらいはオッサンに癒しを与えることであったりする。それで疲れているのに、なおさらイケメンと出会って関係性を育てていくなんてキャパは多分ないはずだと思った。

内勤事務職的な仕事に関してはわりと思うところがあって、担当者が後天的に努力したスキルでうまく回していってる場合であっても、うまく回してもらってる側のオッサンは「彼女は気が利く」とか「性格がいい」みたいなナチュラルな人格の問題として褒めがちで、そういう人格にはお金は支払えないので待遇がよくならないという部分がある。実際にはむっちゃムカつく局面であっても顔に出さずにニコニコできるのは、そういう訓練をしているからであって性格が良いからではない。でも、その事実を認め、にこやかなお姉さんの表情が作り物だということを理解するにはオッサンはナイーブすぎるのだと思う。

感情労働っぽい部分で自分の感情を搾取されて疲れているのだから、それをできれば誰かから満たしてもらって癒されるのはたぶん理にかなってる。

だから、冒頭の質問に関しては、たぶん、美容師さんとかそういう何か定期的に受けるサービスの担当者をイケメンにすると人間関係を築く努力しなくてもなんとなく丁寧に扱ってもらえて仲良くなれるのでいいかも、みたいな提案をしたい。

でも、個人的なおすすめはイケメンセンサーを磨いて普通の男の人の中にドキドキする部分を見つけるのがいいと思う。誰にでも素敵な部分はある。以前、気が重い案件の先方担当者がかなりの美声とジェントルな話し方の人で「イケボのXXさんからお電話だ!」って勝手に盛り上がってたりした。来社されたとき普通におじさんで、周囲の人からは「え、あの人がXXさん……」って失望されたけど。

あと、声だけなら声優ドラマCDもよいもので、いい声でいいセリフを言ってくれて癒される感じ。でも全曲シャッフルして音楽聞いてたらそういうCDが混ざってていきなりいい声であえぎだしたりされるので、それはちょっと困る。

これとか延々羊数え出したりされる。

添い寝羊CD vol.4 要(かなめ) 初回生産分

添い寝羊CD vol.4 要(かなめ) 初回生産分

2014-08-09

15:04 |

ベビーカーとか日傘とか輪行とか、最近そういうちょっとしたことに殺意覚えるほどイライラしてる人をネットでよく見かける感じして不穏だと思う。でも、それってそれ自体が悪いというより、その場に人が多すぎるから迷惑になってる感じがする。

過密な環境で暮らすと、相当のレベルで周囲に高度な気遣いが求められるんだけど、それは単に過密環境に特化されたマナーで、別に普遍的というわけではないのに、どうも過密であることが異常だとは誰も思わなくて、それ自体が悪いみたいな感じで非難されるの、なんかずれてる気がして、結果的にどんどん世の中が窮屈になるように思う。

もしかしたら過密環境については避けられないものとして扱っておいたほうが平和、みたいなのがあるのかも知れない。