Hatena::ブログ(Diary)

ケーキに載ってる苺は最初に食べるほうが甘い RSSフィード Twitter

 

2016-07-24

ジム3週目

8週間はとにかく集中して頑張るというコンセプトなので、これ8週間分は書くことにします。

祇園祭の間はわりと暴飲暴食気味でしたが、16日の日中はちゃんとプールに行って、クロールのグループレッスンを受けてきた。クロールの動作を分解して練習して、組み合わせたら泳げるようになるという方式で、蹴伸びで進む→潜って浮かんで呼吸の練習→バタ足で進む→歩きながら手をかく練習→バタ足+手をかく練習、ここまでで呼吸のないクロールっぽい泳法ができるので、プールの真ん中ぐらいまではクロールですすめるようになるという仕組み。

呼吸して25メートル完泳できるようになるのを目指すレッスンなので、おそらく4回ぐらいやれば泳げるのではないかと思いつつ、ベテランっぽい勢がいてわりと謎。

海の日の月曜日はジムで筋トレエアロバイクエアロバイクは心拍数を固定して自動で負荷が調整されるようにして35分。その後、娘とカラオケ行って踊りながら歌ったりしたので、身体動かしたという満足感がすごかった。

水曜日はヨガのグループレッスン行ってみようかと思って時間の調整してでかけたけど、なんか人が多くてダメだったので普通に筋トレしてバイク乗って帰ってきた。

金曜日、ジム行く装備ででかけたけど、なんか疲れてたのとポケモンGOがやりたかったので家に帰って、娘とトレーナー活動した。近所を3kmぐらい歩いて、プランク30秒スクワット30回やったのでまあよしとしよう。

土曜日、わりと朝早めの時間から筋トレした後、クロールのレッスン2回目。なんとなく身体動く感じになってきた気がする。水泳、手も足も苦手な部分の筋肉使うし、積極的にやっていく気持ち。筋トレの後有酸素運動という組み合わせが良いのだけど、土曜の朝はわりとジムに人が多いので、水泳だけやるつもりのほうがよさそうと思った。

日曜日もジム行くつもりだったけど、ちょっと休養したほうがいい感じの体調だったので午前中のんびりして、娘とポケモン活動した。

現時点での状況

体重とか体脂肪とかが劇的に減った感じはないけど、動きやすくなったし、部分部分が締まってきたと思う。少なくとも、今年に入ってから体調がおかしい、身体が重い、と思っていた部分が元に戻った気はする?

ちなみに現時点での目標は夏の間に

  • 肥満からの脱出(BMI25以下、体脂肪率30%以下)
  • クロール25mを楽に完泳する

という2点です。

2016-07-19

学生時代の思い出

私の出身学部は、なぜか体育実技の先生が運動生理学ガチ勢だった。

普通の大学では一般教養課程の中で適当に出席してテニスをやったりしてれば単位を貰えるのが体育実技だと思うのだけど、母校では、毎時間最初に1500m走が課せられることになっていた。そしてその前後に血圧を測る(昔ながらの手動の測定器で)。

先生が言うには、定期的に継続して1500m走を走ることにより心肺機能が鍛えられ、そのうち血圧の上下幅が少なくなっていく、それを体感するためだということだった。ただ、運動性喘息もちの私にとって1500mのランニングはギリギリ喘鳴が出かけるぐらいのタイミングであり、その後1日ぐらいは体調に影響が出る。必然的に体育を休みがちになり、ついでに学校も休みがちになり、それがもとで留年した。もともと体育が嫌いで、高校もプールをサボりすぎて卒業が危ぶまれていたけど、まさか大学に来てまで体育で苦しむとは思わなかった。

そして、この授業は、期末にはレポート提出が義務付けられている。「何か運動生理学の理論を調べて自分の身体のデータで検証しよう」という内容だった。その課題に対し、同じ学部の一つ上の先輩は「2週間炭水化物を摂取せずにそのかわりにタンパク質を摂取する」という人体実験をやってて、とにかくずっとキャベツの千切りをごはん代わりに唐揚げと冷奴を食べていた。当時はそんな珍妙な食生活する人はいなくて、みんな半ばネタみたいにして笑っていたけど、あれから20年経ってここまで糖質制限が流行るとは思わなかった。自分もご飯の代わりに豆腐の麺を食べてたら、そんなことを思い出した。

ただし、先輩がどんな理論のもとにどんな結果を出し、どういうレポートを書いたのかはよくわからない。

2016-07-14

ジム2週間目

月曜の日中、筋トレ→筋膜マッサージ→エアロバイクやってきた。

進捗確認したくてInBodyで測定できないか聞いてみたけど、2か月終わったタイミングじゃないとダメとのこと(というか2回目の計測を最終結果とするレギュレーションらしい)

家で体重計に乗ってる限り、そんなには減ってる感じせず、実際、運動で落とす場合1か月ぐらいはそんなに減らないともいうので、うーん、という感じ。

ここはプロに相談しようということで、パーソナルトレーナーをお願いしてみた。で、水曜の夜(昨夜)1時間トレーニングしてきた。体幹部はスクワットとか腹筋とかやる感じで、背筋をマシンで。上腕部の筋肉が全然ダメなのはわかった。

ただ、この間の測定の結果見る限り、骨格筋は女性の平均よりはあるような気がする。特に、体幹と下半身は、長年、平均体重より重い身体を動かしていたわけなので、自然に鍛えられてるっぽい。

ということは、もう少し有酸素運動を継続できるよう心肺機能を鍛えるべきなのかもしれない。

今週は祭りなので、土曜の日中プールに行けたら行く、ぐらいの気持ち。おしえてもらった腹筋とスクワット、ジムいかない日は家でやろう。

育成ゲームは好きなので、こういうパラ上げ的な作業は嫌いではない。オタクだからいろいろ調べたり教えてもらったりするフェイズは楽しい。

食事

特にアドバイスはもらってないけど、たんぱく質を意識して取ろうとしている。普通の食事もだし、運動後はプロティン飲むとか。プロティン、大豆のやつのほうが減量にはいいらしいんだけど、お試しでちょっと飲んだらやっぱり口のまわりがかゆくなって微妙にアレルギー発症してるからホエイに切り替える。

糖質、制限したら痩せるけど身体に悪いというのもわかっているので、微妙に主食抜いたりしてるけど厳密には制限してない。あと、口さみしい時とか、難しい仕事に詰まったときに気分ほぐすために何か食べるのはどうしようもないので、会社にある茎わかめとかじゃこピーとか食べてる。

2016-07-11

政治と宗教の話

今回の選挙で、けっこうまじめに政治のことを考えて「難しすぎてリソース全部持っていかれる」って言ってる人がいて、確かに、特定の政党の支持者だと非常に話は単純だけれども、無党派層にとっては1から政治の事を考え、自分にとって一番同意できる選択肢を提示し、一票に反映させることって本当に難しいことだと思った。

これ、宗教も似ていて、特定の宗教の信者の場合、死んだらどうなるとか、人間にとって良く生きるとは何なのかとか、そういうことへの答えは明快。でも、1から考えようとした場合、ヘタしたらそれで一生費やしてしまうほどの難問なのである。

よく、政治と宗教の話題はタブーって言われてて、それは、違う政党の支持者だったり、違う宗教の信者だったりした場合に喧嘩になる可能性があるからって思われてる。さらに、最近のように支持者や信者であること自体忌避される傾向がある状態であると、それを表明するだけで距離を置かれかねないリスクがある。でも、特定の政党宗教に属していない人同士が1から政治の話や哲学の話をしたとしても、今度は考えの筋道のどこかにお互いの地雷が潜んでいたりする。さらに、その考えの深度も全然ちがってたりすると「なにも考えてないバカ」に見えたり「めんどくさい理屈屋」に見えたり、とにかくもう、全人格を否定することになりかねない火種となってきてる感じすらある。

なんか情報量が増えて、考える時間も増えたことにより、問題がどんどん複雑になってる。特定の大きいissueがあってその可否だけ考える、みたいな時代ではないがゆえの難しさ。

きのこたけのこで揉めてる時代はよかった。今はチョコレートの産地(カカオ農園で働く子どもはきのこもたけのこも食べられない)とか、クッキーやビスケットに含まれるトランス脂肪酸の話までしないといけないうえに、斜め上から「そもそも糖質は身体に毒」とか言ってくるやつまで入り乱れている。

2016-07-07

ジム1週間目

  • 土曜
    • 初日。マシンの使い方教えてもらって、グループで腹筋やってエアロバイクのグループレッスンで死んだ
  • 日曜
    • プール初日。ろくに泳げなくなっていることが発覚した。25mの途中で足ついてしまって不覚。なんとなく30分ぐらい歩いた後、サウナでさっぱりして帰ってきた
  • 月曜
  • 木曜
    • もくもくとマシンで筋トレして、もくもくとエアロバイク漕ぐ。何かグループレッスンいっとこうと思ったけど微妙に時間が合わなかったのでやめた

結果

  • 深刻な肩こりがよくなった気がする
  • 体重とか体脂肪はよくわからない

次の目標

  • 泳げるようになりたいので、初心者向けのスイムレッスンのクラスに行く
  • ヨガピラティスかを週に1日ぐらい導入したい
  • 有酸素運動の時間を週に5分ずつ伸ばしていく
    • 来週は25分

金土日と東京に行くので次回は月曜の予定。