Hatena::ブログ(Diary)

ケーキに載ってる苺は最初に食べるほうが甘い RSSフィード Twitter

2014-09-17

22:00 |

だいたい自分の夢を思い起こすと、どうしようもない問題を超現実的手段で解決するため頑張ってるか、誰かに甘えて泣きついたり抱きついたりしてるかどっちかなので、日ごろあんまり顕にしてない欲求ってその2つがメインなんだろうなという感じがした。

2014-09-14

11:13 |

あまり物欲というかこだわりがないもののジャンルがあって、もっとも大きいのが家具です。

おしゃれで素敵なのを買いたいという欲望がほとんどない。そもそも家具で自己表現しようという気持がない。家のスペースに収まるものがちょうどもらえれば儲けもので、必要なら仕方なく買うけど、可能な限り安くてシンプルで丈夫なもので済ませたい、という感じです。家電もそんな感じに考えてる。

で、その延長線上で、家に対する欲望もあんまりない。あんまり自分で買いたくない。いろいろなめぐり合わせで立地条件と日当たりがよくて広い物件に住むことができればラッキー、ぐらい。

衣食住の「住」の領域に関しては、必要だけど欲望の対象になってない感じで、借りるか、もらうかで済ませたいって思ってる。

で、実際、世の中にはいろいろ余っている。家を買い家具を買い食器を集めて暮らしてきた人が子供もなしに死んでいくのだから。服はいい感じに朽ちてくれるけど、それらは壊さない限りずっと残っていく。で、死んだあとも残して誰かに使ってほしいって思う人がいるのだから、ありがたくいただいていきたいと思うのです。

もう一つ、買いたくないのがペット。飼い主がいなくて困ってる子がいっぱいいるんだから、そういうの飼えばいいじゃんって思うわ。

結局、「お金を介在させない形で出会いたい」という気持ちなのかなとも思う。運命を信じてるというか、そういう感じ!

2014-09-01

11:54 |

マナー違反者(=自分と文化が異なる人たち)を嘲笑したり排除すること自体が「世間様」から叱られる時代なので、「世間様に笑われる」的なしつけはもう成立しなくなってると思う。

2014-08-31

23:20 |

なんかそういうのにうるさそうな人の前ではちゃんとできるフリしてるけど、ちゃんとしたフォームだと6割ぐらいの実力しか出せないことが2つあって、一つが箸の持ち方で、もう一つが包丁で何か切るときに食材押さえるほうの手をネコの手のようにするやつです。

特に後者。一般的には「ネコの手のようにしないと危ない」って言われるけど、指先のほうが感覚が鋭敏な分、刃先と指先との間合いが測りやすい気がするのよね。実際、ネコの手にして作業してる時に指関節を削ぐように切ったことがあって、ネコの手だと安全という意味がよくわからないです。見てるほうからしたら危なそうに見えるかもしれないけど、実際切ったら指先も指関節も痛いことには変わらないし。

そういえば、ピアノを弾くときのフォームも第一関節を立てずに寝かせ気味にして弾いて叱られてて、それは高校の時にうるさ型じゃない先生から「プロでもこういう弾き方の人はいるし間違ってるわけじゃない」って言われたのはいい体験だったと思う。

お箸とか、ちゃんと落とさずにものをつまんで食べられたら別にどんな持ち方でもいいじゃん!って思ってるんだけど、世間では「箸もちゃんと持てないやつは論外」論者が多いし、ヘタしたら親の躾がどうこう言われたりして肩身狭い。親はちゃんと躾けてくれたと思うけど自分が持ちやすいようにカスタマイズした結果が今の持ち方だし。お箸の持ち方ぐらい、もっと多様性を認めて欲しいというか人によっていろんな流派があっていいと思う。息苦しい。

2014-08-29

理想の結婚とか

23:34 |

最近、結婚式するかどうかとか、結婚相手に求めるものとか、そういうエントリが人気なのを見て、結婚願望の強い若い女の子が「私も理想の結婚についてブログに書きたい」って言ってたので「それは晩婚フラグ!」って全力で止めた。結婚に関しては相手のあることなので、あまりひとり歩きした理想は持たない方がいいと思う。

妄想を話してる女の子はかわいいんだけど、すごくシビアな話として、実際に結婚を考える年代の男の子が、そういう女の子を結婚相手として考えるかどうかって目で見ると、普通は荷が重く感じるんじゃないだろうかと思う。単純に考えて、実際に周囲にいる男性(あるいは自分の彼氏)からなんとなく荷が重く思われること自体すごく不利。

すごい美人とか、自己愛性人格障害っぽい相手を洗脳するのが上手いタイプなら、相手の男性を自分の妄想に巻き込んで押し切ったり、また、そういうのに振り回されるのが好きな男性を宿主として寄生したりすることもあるんだけど、それ自体、全然理想の結婚じゃないと思うし。

たぶん、こう生きていきたいみたいな将来のビジョンを自分なりに持つことは大事なんだけど、結婚はその途上にあるものだから、結婚自体に理想はもたないほうがいいように思うな。もっと先のことを見ていてこそ、一番ふさわしい人とふさわしい時期に一緒になれるのでは、みたいな気持ち。

私も、なんとなくもう一度ぐらいは結婚しそうな気がしてるけど、あんまり「こういう人とこういう結婚生活がしたい」って気持ちはなくて、なんとなくの安心感というか、もっというと空気の色、時間の匂い、みたいなふわっとした感じしか持ってない。