Hatena::ブログ(Diary)

小人さんの妄想 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-05-10

中山道キャノンボールは長かった

5/1〜5/2 にかけて、東京大阪間、中山道経由 560km自転車走破にチャレンジした。

f:id:rikunora:20160510124548p:image

出発: 東京日本橋 2016/05/01 4:33 AM

到着: 大阪梅田新道 2016/05/02 9:06 AM

時間: 28時間 33分 32秒

サイコン距離: 563.98km

サイコンの平均速度: 20.58km/h

サイコンの総上昇量: 4543m

* ルートラボの記録はこちら >> http://yahoo.jp/NwlttO

とにかく無事完走できたことは素直に嬉しい。

同時に、中山道経由24時間という記録がどれほどすごいことか、よく分かった。

実はこの1週間前、東京名古屋間を走っているのだが、名古屋大阪距離の違いもよく分かった。

気持ち的には、名古屋までが半分くらいに思った方が良い。

* 東京名古屋中山道 >> id:rikunora:20160428


■ 反省点

1.パンクx3回

1回くらいは覚悟していたが、まさか3回とは・・・

2本持って行った予備チューブは使い果たし、3回目には「イージーパッチ」を使った。

これには救われた。もはや必須アイテムである。

使ったタイヤは MAVIC YKSION、もともとキシリウムに付いてきたものだ。

性能的には全く問題無いのだが、どうもパンクには弱い気がする。

そう言えば前回のキャノンボール(1年半前)でも2回パンクしていた。

もうタイヤが古いのかもしれない。

(ちなみに私はケチなので、普段練習用タイヤを使っていて、

このタイヤはここぞという時にしか使っていない。そう思うと、もう少し持ってほしいものだ。)


2.向かい風

甲府白州付近から木曽路を抜けるまで、ずっと向かい風に苦しめられた。

特に諏訪では強烈だった。

自然には逆らえないのだが、天気図を見切って、逆に大阪発という選択肢もあったわけだ。


3.夜の寒さ

昼間は日焼けするほど暑かったのに、夜は急激に気温が下がった。

特に関ヶ原から琵琶湖にかけては心底冷えた。

寒さを軽く見て、防寒具はウィンドブレーカー1枚だけだったのが良くなかった。

もう1枚長袖を持って行くべきだった。


4.足が売り切れた

なんだかんだ言っても、脚力が全て。これに尽きる。

やはり1週間前に名古屋というのは、疲れが残るのであまり良ろしくない。

まあ、考えてみれば当然なのだが、これにはちょっとした訳がある。

実は名古屋まで行ったその前の週、“かすみがうらマラソン”を走っている。

マラソンの翌週(つまり名古屋まで行った週)、たぶん疲労が溜まっているだろうなと思っていたところが、

意外なことにとても調子が良かった。

ならば、1週間前に激しい運動をしておけば、翌週は調子が良くなるだろうということで、今回の日程に合わせたのである。

結果からすると、

 ・1週間前マラソン -> ロードバイク、これはOK

 ・1週間前ロードバイク -> ロードバイク、これはNG

ということだった。違うことをすれば良いのだ。

きっとベストは「1週間前にジョギングをして体調を整える」だろう。1つ学んだ。


■ 経過

朝 4:33、日本橋道路元標を出発。


* 出発時の携行食糧

 ・おにぎりx3

 ・ウィダーインゼリーx2

 ・パワーバーx2

 ・井村屋スポーツようかんx5

 ・ヤマザキ ロールケーキ


* 着用した服

 長袖アンダーシャツ+ペダルたんレーサージャージ

 パールイズミ3Dネオタイツ

   日焼けすると疲れるので、長袖長タイツとした。


* 携行した上着

 ・反射ベスト

 ・ウィンドブレーカー


荷物はウェストバック、トップチューブバッグ、ボトルツールケースに収まった。

サドルバックは付けていない。だんだん荷物が少なくなるなぁ。


京王線つつじヶ丘駅裏手から国道20号を回避、多摩川サイクリングコースに出る。

津久井湖経由で大垂水峠を回避。このルートは前回と同じ。

ペースは先週の名古屋行きと全く同じ。

ただ、今回の方が無理して頑張っている感があった。足が重め。


甲府付近まで、トップチューブに入れたロールケーキを食べつつ前進。

ロールケーキ、おいしくてのどの通りも良いけれど、手がべとつくのが難点だ。


甲府竜王付近にて前輪パンク

ここで約10分程度のなけなしの貯金を使い、さらに5分程度のマイナス。

休憩を兼ねつつパンク修理。

自販機、アップルサイダーアップルティー、飲みきれない分はボトルへ。


釜無川河畔、トイレ休憩、前回と同じ場所。


道の駅はくしゅう手前で2回目の前輪パンク

ここまで何とかギリギリのタイムだったのに、がっかり。

24時間達成は無理とあきらめ、目標を完走に切り替える。

北杜市役所で修理。道の駅で休憩。おいしい湧き水を汲む。おにぎり1個消費。


ここから強烈な向かい風が吹いてきた。つらい登り、大いに足を削る。

富士見から下りとなっても全く伸びない。漕がないと進まない。

最も強風が吹き荒れたのは諏訪付近。

諏訪大社上社の前を通過、御柱祭の旗がバタバタとはためいていた。


塩尻峠通過タイムは9時間54分、前回より1時間2分の遅れ。


峠を下って、塩尻付近、カネホン酒店前自販機で15分ほど休憩。

もう24時間はすっかりあきらめ、余裕を持ったペースに移行。

コーラアクエリアス+おにぎり2個消費。


ここから鳥居峠まで、相変わらず強い向かい風で心が折れる

鳥居峠から下り坂。急に寒くなる。ウィンドブレーカー着用。


サークルK中津川落合店で休憩。前回と同じコンビニ

焼きプリンウィダーインx2、オレンジジュース、ミニあんぱん補給

その場で焼きプリンを食べた。

おにぎりパックx3購入するも、のどを通らず。これは最後まで食べなかった。

19:00 発。前回より1時間15分の遅れ。


ここから多治見付近まで、前回の雨の記憶と比べれば格段に走りやすい。

アップダウンあるも実は下り基調だったのだと実感。


多治見春日井の峠トンネル入り口で休憩。夜22:00に出発。

約2時間30分の遅れ。でも、もうタイムなんかどうでも良くなる。


深夜に名古屋郊外、国道155を通過。道が空いていたおかげで走りやすかった。

一宮付近で自販機休憩。

コーヒー+みにあんパンx3消費、しばらくばったりと横になって仮眠。


国道21号合流点で20時間経過。このあたりから冷え込みが厳しくなる。

関ヶ原、気温11度まで下がる。下りが寒くてやばい。

米原に出て少しほっとするも、依然、底冷えが止まらない。

気が付くと喉の奥がしわがれて風邪声になっている。

このまま走り続けるのは危険と判断

何か暖かい、ガッツリしたものが食べたい。

吉野家ネオンに惹きつけられるようにピットイン。(吉野家8号線彦根店)

牛丼をかっ食らおうとすると、胃が受け付けず、気分が悪くなる。

トイレに駆け込み、構わず床でごろ寝する。しばらくすると回復した。

24時間まで、残りあと1時間30分。


寒さのあまり、次のコンビニでタオルを買って首に巻く。(ローソン彦根森堂店)

もっと早くからこうすればよかった。

f:id:rikunora:20160508180656j:image

竜王かがみの里」付近で24時間経過。

大阪まで約80km の地点。ざっと4時間の遅れ。


琵琶湖近江大橋で朝を迎える。このあたりが最もヘロヘロだった。時速20kmがやっとの状態。

f:id:rikunora:20160502053729j:image


山科から京都抜け道ルート、宇治川サイクリングコースを抜け、

京阪国道に入った直後に3回目のパンク。今度は後輪。

本当に大阪までたどり着けるのかと泣きそうになった。

缶ジュース飲みつつ修理、30分ほど休憩。


休んだおかげで、最後にきて体力が回復した。

普段のペースに戻り、一気に京阪国道を走り抜ける。


やっとのことで大阪梅田交差点に到着。

長かった!