Hatena::ブログ(Diary)

小人さんの妄想 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-05-21

痛い、痛すぎるお話

[注意!] 以下の文章には、痛みを伴う表現が含まれています。

そういうのが嫌な人は見ないでね。病院の話が出てくるよ。

------------------------------------------------------------------------

過去に最も「痛かった」体験は何ですか?


私の場合「水いぼ」である。

水いぼとは、よくプールなどで染る、ぷちっとした小さないぼのことである。

おそらくウィルスが原因で、やっかいなことに伝染性がある。

私は子供の頃、プールでこれを移されて、瞬く間に全身に広がった。

おなかを中心に全身に20個ほどできた。

1個1個は小さく、点のような小さなもだったのだが、やはり気持ちが悪い。

気になって掻くと、それがもとになってさらに新たな飛び火を生んだ。


当時、家の近所に外科医院があって、そこのお医者さんが私の父の旧友であった。

で、さっそくその病院に行った。

病院では、「そうかい、君が○○ちゃん(父のこと)の息子か」みたいなことを言われて暖かく迎えられた。

ベッドに寝るよう指示されて、次にお医者さんが道具箱から取り出したのは、金属光沢鮮やかにピカピカ光る「はさみ」だった。

私はこの瞬間、全てを覚悟した。

麻酔も何もあったものではない。

お医者さんは、私のお腹をおさえて、ジョリ、ジョリっと切り始めた。

もう泣きそうである。

しかし、医者は手加減しなかった。

痛がる私を全く意に介さず、一気に20個の水いぼを切り離したのである。

切り取ったいぼの肉片が、ハサミの上に血まみれになってくっついていた様子を、今でも忘れない。

病院を出るときは、内心「もう2度と来るものか」と思った。


ところが、水いぼの恐ろしいところは、簡単には絶滅しないことだったのだ。

1週間くらいすると、なくなったと思っていた水いぼが再び発見された。

今度は10個くらいである。

そこで、再び父の友人の病院へと足を運ぶことになった。

病院につくと、「おお、良く来たね」と暖かく迎えられた。

そして、横になるよう指示されて、はさみが取り出された。

私が内心泣きそうだったことは言うまでもない。

ジョリ、ジョリっと一気に切り取った。

いぼの肉片は、やはりコッテリとはさみにこびりついていた。


その後、いぼの数は5個になり、3個になり、最後になくなるまであと3回くらい通った記憶がある。

実に恐ろしい病気だ。

大人になって、最近のいぼの治療法を調べたところ、基本的には昔と変わっていないようである。

新聞で見たのだが、時間がかかっても良いのであれば無理に取るのではなく、自然治癒に任せる方法もあるようだ。

現在では、

・はさみではなく、いぼを取る専用の道具がある。

液体窒素で凍らせてから取る。

・麻酔シールを貼ってから取る。

・薬を塗ってとれることもあるらしい。

できれば薬がよかったなあ。


さて、2度と行くまいと思っていたくだんの医院には、その後も何度かお世話になった。

ある夏の日、私はビーチサンダルで走り回ったあげく、足のつま先を段差にぶつけてしまった。

激痛の後でよく見ると、親指の爪が少しめくれて、爪の中が赤黒くなっていた。

そこで、再び例の病院に行くことになった。

病院につくと、再び「おお、元気でやってるかい」とみたいなことを言われて暖かく迎えられた。

今度はいすに座るよう指示されて、次にお医者さんが道具箱から取り出したのは、でっかい「ペンチ」。

私はこの瞬間、全てを覚悟した。

医者は、少しだけ浮いた足の爪をペンチでガシッっとつかみ、ギュ、ギュ、ギューっと引っ張った。

私が泣きそうだったことは言うまでもない。

医者の道具箱って、一体何が入っているのだろう。

考えるだに恐ろしい。


痛みの程度を表すのに「痛度」という指標がある、という噂を聞いたことがある。

聞いたところでは、

・男で最も痛いのは尿道

・女で最も痛いのは出産

なのだそうだ。

尿道炎については、知人から治療の様子を聞いたことがある。

尿道の中に傷がつき、膿みがたまるので、それを消毒しなければならない。

治療には、針金の先にヨードチンキを含めた脱脂綿を用意し、それを尿道の先っちょからつっこむのだそうだ。

くうぅ、想像するだに痛い。(決して私の体験談ではない、念のため。)


さらに、「痛度」の単位は「hanage」である、という都市伝説を聞いたことがある。

・痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief

http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/method-humans.html

ページ下の方に「インターネットチェーンメール?」とある。

それによると、

・ 1 hanage = 1cmの鼻毛を、1Nの力で、引っ張る時に生じる痛み

・ 500 hanage = 麻酔なしで虫歯を抜いたときの痛み

・ 2 〜 3k hanage = 足の小指を角にぶつけたときの痛み

・ 200k hanage =タンスの角に足の小指をぶつけたときの痛み

・ 2.5 〜 3.2M hanage = お産の時の痛みは

私の「ペンチでギュー!」は 200k hanage ということか。

ただし、この「hanage」なる単位、実はジョークなので真に受けないように。

wikipedia:痛みの基準はハナゲ


驚いたことに、痛度を測定できる器械があるらしい。

スラッシュドット・ジャパン -- 痛みのレベルを数値化する機械が開発される

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/03/28/1459212

・ニプロ:Pain Vision

http://www.nipro.co.jp/concern/item_painvision.html

画期的な機械だ。

こういった機械を見ると、

・例えば痛度200は、痛度100の2倍痛い、と言えるのだろうか。

・痛みには幾つかの種類があって、ただ1つの数字だけで痛みの全てを表すことはできないのではないか。

・同じ数値であっても、人により、気の持ち方により、痛みの感じ方は変わってくるのではないか。

といった疑問が湧いてくる。


痛度とは少々ずれるが、よくカレーの辛さについて「5辛、10辛」といった単位が表示されていることがある。

おそらくこの数字は、カレーに入れる香辛料の量を普通の5倍、10倍入れているのだろうと思う。

であれば、5辛は1辛の5倍辛いと感じるわけではない。

1つには、人間の感覚には「慣れ」がある。

2倍の刺激を得るためには、2倍以上の量を注がねばならない。

実際、音の大きさを表すデシベル(db)は、増幅率の対数をとったものである。

もう1つは、物質の濃度と化学反応の関係についてである。

辛さを感じる量が、(舌先にある感覚器官)x(辛み分子)の反応の結果であったなら、辛さは単純に辛み分子の濃度には比例しない。

この場合にも、むしろ(辛み分子)の濃度の対数をとった方が、よりよく事情を表していると思う。


痛みの測定は、カレーの辛さよりももっと複雑であろう。

感じ方とは、最終的には心の問題となるからである。

最近、とくにインターネット上では、上記の「痛度」とは別の意味での「痛み」が話題に上がっている。

「痛い」とは、言うなれば「心が痛い」ということ。

しかもどちらかといえば当人よりも、それを見ている者の心が痛い、という意味だ。

論より証拠、つい最近、私が町で見かけた「痛車」をここに掲載しよう。


f:id:rikunora:20080521181137j:image


f:id:rikunora:20080521181138j:image


  これは痛い!イタタタ・・・


この痛みを、あなたも共感して頂けただろうか。


それでは、肉体の痛みと精神の痛み、比較するとどちらがより痛いだろうか。

私は間違いなく精神であると思う。

理由は2つある。

どちらも人から指摘された理由である。

・肉体の痛みで人はめったに死なないが、精神の痛みによって人を死に追いやることができる。

・過去いじめにあった人の話を聞くと、間違いなく精神の痛みの方が重いと言う。

この話を聞かされて、私は全く反論することができなかった。

ああ、痛い、痛すぎる。


------------------------------------------------------------------------

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikunora/20080521/p1