Hatena::ブログ(Diary)

小人さんの妄想 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-02-05

あらゆるコミュニケーションの本質

1.あらゆるコミュニケーションの本質は、ただ1つだけ。

 「私はあなたの味方です」

という強いメッセージを送ること。


これは確か、パソコンの申し子、アスキーの西の言葉だったと思う。

「コンピューター新人類の研究」という本に載っていたと記憶している。(本はどこかにやってしまった)

いかにも実業家らしい言葉だ。

アスキーが好きかどうかはともかく、「コミュニケーション=味方のメッセージ」という割り切りには一理あると思う。

世の中にはコミュニケーションスキルとか、プレゼン能力とか、いろんなノウハウがあるけれど、そのエッセンスは「味方信号」に尽きる。


(高等な)動物には、必ず行わなければならない3つの判断があると言う。

 (1) 敵か味方か

 (2) 食えるか毒か

 (3) 生殖可能か否か

何かに出くわしたとき、この3つを、この順番で、瞬時に行わなかった動物は、絶滅する。

それは人間であっても同じことで、未知との出会いに際して、この三つの判断が瞬時に、自動的に働く。

新規メッセージに対して下される判断は、理論的な中身よりも真っ先に「敵か味方か」なのだ。


味方信号の対極として、

 「私はあなたの敵だ」

というメッセージも確実に存在する。

それでは、味方信号と敵意のメッセージの、どちらがより発信しやすいだろうか。

なんとなく、敵意のメッセージの方が簡単だという気がする。

誰でもイチャモンは付けるけど、「ありがとう」って言う人は数少ない。

だって「有り難い」んだから。

ひょっとしたら内心ありがたいと思っているのかもしれないが、わざわざ口に出して伝えたりしない。

特にシャイな日本人はそうだ。

それゆえ世の中は、どちらかと言えば敵意のメッセージで溢れることになる。

それも一種のコミュニケーションってことになるのかなあ。


------------------------------------------------------------------------

2.あらゆる主張、表現、作品の本質は、ただ1つだけ。

 「私はここにいる」

そうなんですよ、結局言いたいのは、これなんですよ。


こんな言葉を聞いたことがある。

 「あらゆる作品は自画像である」

誰が言ったか知らないけれど。

描けば描くほど、自分が投影されてゆく。

言葉にするとカッコイイけど、実はこれ、そんな高尚な話じゃない。

ネット上のイラストといえば「萌える美少女」と相場が決まっているのだが(?!)、

それを真似して描いてみると、なんとなく自分に似てくる。

いや、かわいいところが似るのではなくて、それ以外の、一見すると細かいところ。

そこに気がつくと、なんか描いたものが嫌になってくる。

でも、自分に似てくる傾向は洗っても洗っても落ちない油汚れのようなもので、どうしようもなくて、あきらめてつき合うしかない。

なぜそこまで自分に似てくるのか。

きっと人間の基準は自分なのだという、単純な理由なんじゃないかな。


「私はここにいる」でググってみたら、「涼宮ハルヒの憂鬱」第二期のキャッチコピーになっていた。

ハルヒ、やるなあ。

あと、アニメほしのこえ」には、「わたしはここにいるよ。」「ぼくはここにいるよ。」という決めゼリフが出る。

こんな例は数挙に暇がないのだろうが、その中でアニメしかひもとけない自分は、我ながらすごく偏っているぞ。

いや、検索結果の上位にアニメが上がってくる、日本のインターネットが偏っているんだ。

でもアニメばっかりだとなんとなく薄っぺらいので、もう少し実のあるコンテンツを見てみよう。

* 私はここにいる「I-AM-HERE問題」

http://musai.blog.ocn.ne.jp/kagakusuru/x9/index.html

・・・理屈はともかく、もう一度、素直に、声を出してこの言葉を繰り返してみましょう。

アイ・アム・ヒア。私はここにいる。

何か、心に響くような気がしませんか? さすがに、才能ある作家が使うフレーズです。意味がないはずなのに、心にしっかり響く。印象が強い。この強い印象は何なのか?

これを「I-AM-HERE問題」と名づけて、拙稿本章のテーマにしたいと思います。

 私は、今、ここに、いる。

 「私は」という言葉、そして「ここ」あるいは「今」という言葉。しみじみと語感を味わってみると、何か実に神秘的な感じがする。詩的な、というか、哲学的といえるような響きを帯びてきます。たぶん、そういうところが、ロマンチックな、文学的表現として好まれるところなのでしょう。

※ この「哲学の科学」、かなりの大作です。頭からじっくり読んでみると非常に興味深い。

http://musai.blog.ocn.ne.jp/kagakusuru/


------------------------------------------------------------------------

3.あらゆるネット上で繰り広げられる議論の本質は、ただ1つだけ。

 「私はこんなに頭が良い」


・・・これで全ブロガーを敵に回したかも・・・

だから嫌になる、自分をも含めて。

意地を張ったつまらない議論は、嫌だなぁ。

そういう議論はやめて、味方信号を送ることにしよう。


立花屋立花屋 2009/02/07 00:16 はじめまして、何だか面白いですね。
 「あらゆる作品は自画像である」
(高等な)動物には、必ず行わなければならない3つの判断があると言う。(3つ)
これは引用させてもらって良いですか?
なんだか深いので・・・
自分なりの解釈も含めて書きたいのですが・・・
引用元URLとブログ名は載せます。
載せる前に、許可の連絡いたしますので、御検討ください

rikunorarikunora 2009/02/07 01:01 こんにちわ。もちろん引用大歓迎です!
それに引用元まで載せていただければ、まったくありがたい。
「あらゆる作品は・・・というのは、私が言い出したわけではなくて、
なんとなく昔から言い伝えられていることのように思います。
あと、全ブロガーを敵に回さなくて、よかったです。。。

KETARUKETARU 2009/02/07 20:49  いつだったか偶然見たセサミストリートで
クッキーモンスターが
 "I am here. Cookie is there." だの "Cookie is not here."
などと言っておりました。
「あれも哲学だったのか。」などと思った次第です。

rikunorarikunora 2009/02/07 23:36 なるほど、世の中以外なほど哲学に溢れているのですね。
そこで、もう1つ思い付いてしまった。
あらゆる問いかけの本質は、ただ1つだけ。
「私は誰?」

hirotahirota 2011/08/10 14:47 コミュニケーションの目的は自分の利益, 欲望。
表現, 作品もコミュニケーション。
議論も問いかけもコミュニケーション。

rikunorarikunora 2011/08/13 01:46 そのように解釈してゆくと結局、あらゆる行動の目的は全て自分の利益, 欲望となるわけで、
・・・それが真実なのか。

hirotahirota 2011/08/16 10:32 いやいや、種族保存の本能が優先します。
なんか「コミュニケーション」より範囲が広いような気がしますが。(結局のところ「愛は勝つ」とか?)

rikunorarikunora 2011/08/16 13:16 なるほど、最後に愛は勝つ。これでいこう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikunora/20090205/p1