Hatena::ブログ(Diary)

小人さんの妄想 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-03-05

給付金は寄付しよう

まもなく定額給付金が給付される。

給付金についてはいろいろあるけれど、概ね愚策だという人が多い。

中にはきっぱり受け取らない、という人もいる。

それはそれで、立派な決意だと思う。

でも、単に受け取らないだけだと、せっかく手にした「お金の使い道」という

選択権を誰かにゆだねてしまうことになる。

その誰かというのは、いつもみんなが文句をたれる高級官僚だったりするわけだ。

だったらしっかり受け取って、自分の意志で、自分の信じるものにお金を出せばいい。


たとえば君が、給付金を大好きなアニメDVDに投じたら、それだけアニメ業界がうるおう。

その結果、明日の日本はアニメ大国になるだろう。(あまりにも例が個人的ですか?)

あるいは、このお金でパァーっとどんちゃん騒ぎすれば、きっと飲食業界がうるおう。

その結果、明日の日本はそういう国になる。

あるいは、最新のデジタル機器を購入すれば、そういった電子産業界がうるおう。

ファンになっているサッカーチームに投じれば、チームがうるおう。

何に金を使ったら、どこがうるおうのか、わかるでしょ。

実はそれが最大の意思表示なのだ。

今の世の中、金を出すということが、最大の賛同であり、最大の意思表示なんだ。


口を出すだけ、というのは、実のところたいした意思表示にはなっていない。

口ではかっこよく、弱者の支援だ、環境だ、教育支援だ、といいつつも、

実は一円も金を出さず、こっそり自分のためだけに貯金する。

これが一番かっこわるいし、何の説得力もない。

中身のない説得なんて、いらない。

ご高説はいいから、金を出せ。


給付金はとんでもない間違いだ、と論じる人がいる。

「無目的にお金をばらまくくらいなら、そのお金を○○○」

この○○○には、その人が日頃信じている何かが入る。

たとえば、

ベンチャービジネス育成に投じるべきだ。

ワーキングプアホームレスニートを支援すべきだ。

・教育や、研究費に回すべきだ。

・環境対策に回すべきだ。

・子供たちの未来に回すべきだ。

などなど。

そこまで言うのであれば、政府にやってもらうのではなくて、

もらった給付金を、直接その○○○に寄付すればいい。


人がお金を何に使うのか。

お金の使い道。

実のところ、これが一番本音に近くて、最も直接的に国民の意思が反映されるものなのではないか。

ある意味、お金は、選挙の一票より公平で、重い。

そう考えると、給付金というのは、みんなが言っているような愚策ではなくて、

本来であれば最も民主的な政策だったのだという気がしてくる。

つまり、政府の決定権を国民にばらまくのだからね。


仮に国民のほとんどが給付金を、日頃行えなかったような社会支援や、環境に投資したとしたら・・・

日本は本当にすごい国になる。

そうしたら、世界に誇ってもいいんじゃないか。

そうではなくて、もし国民のほとんどが給付金を、なんだかんだで目先の消費と快楽に振り向けたとしたら・・・

はっきり言って日本はダメダメだ。

本気でどこかに移住することを考えないといけない。

つまるところ、私たちの給付金の使い方が、この国の未来を決めるわけだ。

2兆円あれば、世の中を変えられる。


少しだけ経済の話をすると、「貯金は悪」だと言われている。

貯金すると、お金が回らなくなるから。

実際には、たとえば銀行に貯金したとすると、たまったお金はあなたに代わって銀行が運用することになる。

もし銀行がどこかの企業に融資すれば、あなたは間接的にその企業を助けたことになる。

この場合、あなたは銀行の融資係に「お金の使い道」をゆだねたことになるわけだ。

銀行と、銀行が融資しそうな企業を応援するなら、それも良いだろう。

でも、もし明確な自分の意見を持っているなら、銀行の融資係に任せるよりも、

自分の手で、自分のお金の使い道を決めた方がずっと能動的だ。


で、すぐに使い道が思い浮かばないという方へ。

世の中には、お金を必要としている団体が、たくさんある。

そういった団体の中から、自分の意見、理想にかなったところに、お金を寄付すればいい。

たとえば自分の母校に寄付する、なんていうのはどうだろう。

必ずしも全額寄付する必要はない。

半分は寄付して、残りの半分は自分へのご褒美、というのだっていいんじゃないか。

また、全額を1カ所に寄付する必要もない。

気に入った複数の団体に、少しずつ分割して寄付してもいい。

募金の掲示を出していないところであっても、説明して直接お金を送れば、たいていイヤとは言わないだろう。


ネット上を調べたら、ホリエモンがこんなことを言っていた。

 * 定額給付金はどうしてもやりたいみたいなので・・・仕方ないから、

 >> http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10163645915.html

私はホリエモンという人をメディアの上でしか知らないが、

この一点に関してはホリエモンの意見にかなり賛成だ。

意見が異なるのは、いまさら新しいNPOを設立するのは大変なので、

現実的に、既にあるNPOにお金を投じるだけでいいのではないか、ということ。

ホリエモンブログでは直接民主制で運営を決めよう、とあるが、

そんなことしなくても、あなたがどこにお金を出すかというその行為自体が、

実質的には直接民主制の投票に近いのだ。

NPOからのリターンを求めるなら違うけどね。そうなると、NPOというより株式会社

 つまり、自分が支持する会社の株を買え、ということになる。)

国民は、このお金で試されているのだ。

ここは1つ愚民にならないように、良い使い方をしよう。


ネットの上をちょっと調べてみても、支援を求めている団体はこんなにたくさんあった。

当初はリストを作ろうとも考えたのだが、あまりに数が多くて挫折した。

なので、ここに挙げたところだけでなく、各自が調べて自分が納得のゆくところにお金を振り向けられたい。


* Yahoo! ボランティア -> 募金

>> http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/

* チャリティプラットフォーム

>> http://www.charity-platform.com/

* 募金パーク

>> http://www.bokinpark.com/


●世界を救う

世界を救うのは、特撮ヒーローの必殺技なんかじゃなくて、君の出すお金だ。

正義の味方みたいで、カッコイイじゃないか!

*ユニセフ

>> http://www.unicef.or.jp/

* グッドネイバー

>> http://www.gnjp.org/

* 国境なき医師団

>> http://www.msf.or.jp/

* 国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

>> http://www.worldvision.jp/

* かものはしプロジェクト

>> http://www.kamonohashi-project.net/

* セーブ・ザ・チルドレン

>> http://www.savechildren.or.jp/

* 国際協力NGOセンター

>> http://www.janic.org/

* 世界の子供にワクチン

>> http://www.jcv-jp.org/

* プラン・ジャパン

>> http://www.plan-japan.org/

* ジャパンハート

>> http://www.japanheart.org/


●明日の地球に投じる

* 国連世界食料計画

>> http://www.wfp.or.jp/

* 地球環境再生機構

>> http://www.erca.go.jp/jfge/


●弱者にやさしい社会に投じる

* 赤い羽共同募金

>> http://www.akaihane.or.jp/

* 難民支援協会

>> http://www.refugee.or.jp/

* フレンチトースト基金

>> http://www.fathering.jp/

* 日本盲導犬協会

>> http://www.moudouken.net/


●心豊かな社会に投じる

* 国際交流基金

>> http://www.jpf.go.jp/j/

* 子どもゆめ基金

>> http://yumekikin.niye.go.jp/

* 芸術文化振興基金

>> http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/index.html


●学問の発展に投じる

* 東京大学基金

>> http://utf.u-tokyo.ac.jp/

* 京都大学基金

>> http://www.kikin.kyoto-u.ac.jp/

* 大阪大学未来基金

>> http://www.osaka-u.ac.jp/miraikikin/

* 一橋大学基金

>> http://www.kikin.ad.hit-u.ac.jp/

* 慶應義塾 基金室

>> http://www.kikin.keio.ac.jp/

* 高木仁三郎市民科学基金

>> http://www.takagifund.org/


○給付金とは直接関係ないが、クリックするだけで、居ながらにして募金できるところがある。

* クリック募金 -- クリックで救える命がある

>> http://www.dff.jp/

* イーココロ

>> http://www.ekokoro.jp/


スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikunora/20090305/p1