Hatena::ブログ(Diary)

小人さんの妄想 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-04-30

TTバイクは本当に速いのか

TTバイク (Time Trial Bike) とは、一定の距離を最短時間で走るために作られた競技用自転車です。

その外見たるや、いかにもトライアロン!といった感じで、

普通にドロップハンドルの付いたロードレーサーよりもさらに極端なスタイルをしています。

この極端なスタイル、果たして本当に効果があるのでしょうか。


実は私、東京マラソンに参加したのをきっかけに、いずれはトライアスロンを目指して、

思い切ってTTバイクを購入しました。

f:id:rikunora:20130428143849j:image

Cervelo P2 (サーヴェロ P2)というTTバイク。

普通のママチャリなら10台くらい買えちゃうお値段です。

(これでもエントリーレベルなんだそうで、もっと上級モデルもあるらしい。TTバイク恐るべし。)

さて、このTTバイク、本当にママチャリ10台分の価値があるのでしょうか?

私は以前から、いわゆる普通のロードレーサーに乗っています。

f:id:rikunora:20120929140809j:image

TVT92 という自転車

普通といっても、これだってカーボンでできていて、ママチャリとは比較にならないほど速い自転車です。

このロードレーサーとTTバイクで、どれほどタイムに差があるのか、試してみました。


まず普通のロードレーサーで、普段よく行く河岸の往復コースを走ってみました。

参考タイムは以下の通り。

行き: 22分 10秒

帰り: 20分 59秒

当日はほとんど風の無い日でした。

帰りの方が少し速くなっているのは、たぶん、帰りの方をがんばったからでしょう。

このロードレーサーには、エアロバーというものを取り付けています。

f:id:rikunora:20130430203004j:image

エアロバーというのは、ハンドルの中央付近から2本の角を突き出したようなもので、

これを使うと「空気抵抗が少なくなって速く走れる」と言われています。

しかしながら、今回タイムを計ったときには、エアロバーはほとんど使いませんでした。

主に使ったのは、ドロップハンドルの下側です。

普通のロードレーサーの場合、この程度(20分程度)の距離を最も速く走れるのは

ドロップハンドルの下側を握ったときなのです。(私の場合はそうです)

では、エアロバーは何のために付いているのかというと、「長い距離を楽して」走るための道具です。

エアロバーの台座に腕を乗せたまま走ると、ちょうど机の上に頬杖を付くように、

上半身を休ませることができます。

そして、上半身が楽をした分だけ、長い距離を疲れずに走ることができるというわけです。

エアロバーは楽をするところで、力を入れて走るときはドロップハンドルの下側、

私はそのように使い分けています。

エアロバーを使っても、私の場合、それほどまでに空気抵抗が減っているという感じはしません。

(さすがに向かい風のときには役立ちますけど。)

空気抵抗って、時速40k以上でないと目立った効果が出ないように思うのです。

私は普段40k以上で走ってはいなので、やはり「よりかかって楽をする」効果が大きいと思っています。


ところで、普通のロードレーサーエアロバーが取り付けられるなら、こんな疑問が湧いてこないでしょうか。

 「普通のロードレーサーエアロバーを取り付ければ、TTバイクと同じではないか」

これが0.1秒を争うトップ選手なら意味があるのかもしれませんが、趣味で乗っているような人にとって違いがあるのか。

とにかく買ってしまったからには、TTバイクが普通のロードレーサーよりも速いところを見なければ納得がゆきません。

TTバイクでの走行は、基本的にエアロバーを握りしめた、いわゆる「TTポジション」というスタイルになります。

同じエアロバーでも、普通のロードレーサーとTTバイクでは持った感じがかなり違います。

f:id:rikunora:20130430202203j:image

比較するとTTバイクのハンドルの方が、より低い位置にあって、全体重を乗せるような作りになっています。

ロードレーサーでは楽をするための道具だったのが、TTバイクでは速く走るための道具になっている感じ。

果たしてその持った感じが実際のタイム短縮につながるのか、同じコースを往復して確かめてみました。

当日はかなりの向かい風だったのですが、向かい風こそTTバイクの望むところです。

エアロバーを握りしめ、フンフン言いながら走ったところ、

行き: 22分 04秒

がガーン、ほとんど変わらない、、、orz.

 

 ・・・

 

いや、今日はかなり強い向かい風だ。

ひょっとすると、帰りは追い風の分だけ速くなるのかもしれない。

期待を込めて、帰りはものすごく気合いを入れて走ったところ、

帰り: 16分 45秒

おおっ、ブッチギリのタイムっ!

このコースで20分を大幅に下回ったのは、今回が初めてです。

 ・無風状態のロードレーサーと、向かい風のTTバイクは、ほぼ同等。

 ・同じ条件なら、TTバイクの方が10%程度速い。

さて、それほどまでにTTバイクが速いのであれば、従来型のロードレーサーは不要なのでしょうか。

実はTTバイクにも、弱点があります。

それは、「上り坂に弱い」ということ。

この連休に、買ったばかりのTTバイクで神奈川県のヤビツ峠というところに行ってきました。

上り坂に差し掛かると、どうも普通のロードレーサーのような踏ん張りが効かない。

平地で走るためのポジションが1点に定まっていて、それ以外のポイントに力を加えられない、そんな感じです。

結果、ヤビツ峠を上るのに、ちょうど1時間かかりました。

f:id:rikunora:20130428150347j:image


1時間というのは、どの程度なのか。

f:id:rikunora:20130430224628p:image

これは「少女自転車解放区」というイラスト集に載っていた1コマなのですが、

初心者の女の子ががんばって登って75分、となっています。

吹き出しのセリフ「速い人は30分台だ」。

おじさんのシャツには「へなちょこ45分」とあります(このマンガの作者がモデルなのかな?!)

WEB上に載っているタイムを見ると、

* 登坂TT -- ヤビツ峠

>> http://tohantt.info/climber.cgi/yabitsutouge/

1時間前後にはロードレーサー以外の自転車や、「初ヤビツ」といったコメントが目立ってきます。

この状況から察するに、やはりTTバイクは普通のロードレーサーより上り坂には弱いようです。

へなちょこ45分はかなりのご謙遜で、実は相当入れ込んでいる。

※ あと、言い訳すると、

※ ・途中の展望台で休んで写真をとっていた。

※ ・今回が「初ヤビツ」、なので直接の比較タイムが無い。

* その後、普通のロードレーサーでも登ってみて、直接のタイム比較ができました >> id:rikunora:20130513


結局のところ、同じ体力で何もかも良くなる、ということは無くて、

 ・平地ではTTバイクの方が10%速く、

 ・上り坂では普通のロードレーサーの方が(たぶん10%くらい)速い。

という棲み分けが成り立っているわけです。


※ ロングライド(180km)での比較も参考にしてください。

* クロモリカーボン,TTバイク 〜 東京湾1周自転車比較 >> id:rikunora:20131227


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ところで、このブログにコメントくれた方、楽しみに読んでくれている方、

また長らくサボってしまってすいません。

メールで励まして下さった方、とても感謝しています。

4月中に1個も記事が無いのはさすがにまずい思い、ギリギリになって更新しました。

現状、決して時間が取れないわけでもないので、またがんばって復活しようと思っています。

気長にお付き合い頂けると嬉しいです。


チャリ乗りチャリ乗り 2016/09/23 14:31 のりりん!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証