Hatena::ブログ(Diary)

小人さんの妄想 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-05-06

東京〜直江津往復ロングライド

■ きっかけ

新しい自転車を購入したので、遠くに行きたくなった。>> id:rikunora:20130430

そこで、日本海まで行くことにした。

地図を見ると、国道17号、18号を抜けて直江津まで行くのが事実上の最短ルートらしい。

ところが、ふとこんな雑誌を手にして、考え方が変わった。

* ロングライダース 3.0

f:id:rikunora:20130507015923p:image

「注意!この本を読むと走りたくなります(遠くまで)」

「夜中に読むと危険です。今まで果てしなく遠くに思えた200kmが、すぐそこまでの距離であるような錯覚が生じます。」

   ・・・


萌え 燃えた。燃え上がった。

ここ最近、これほどまでに熱い雑誌は見たことが無い。

日本海までの片道なんて、大したことないように思えてきた。

そこで、計画を2倍にして、往復することにした。

さらに、どうせ行くなら単調な国道だけではなく、景色の良さそうな高原ルートを走ることにした。


■ コース

・往路(290km)

 荒川サイクリングロード -> 高崎 -> 二度上峠から北軽井沢 -> 鳥居峠 -> 菅平 -> 飯山 -> 直江津.

・復路(326km)

 直江津 -> 松之山 -> 越後湯沢 -> 三国峠 -> 渋川 -> 利根川江戸川サイクリングロード -> 葛西臨海公園.

以下、5/3 〜 5/5 の 2日と9時間に渡る走行記録です。


■ 5月3日

0:00 : 京成線、千住大橋駅スタート

f:id:rikunora:20130503000722j:image

  ・西新井橋から荒川サイクリングロードを北上

  ・岩淵水門付近は工事中、国道122号に迂回する。

  ・戸田橋の手前は工事中、迂回する。

1:00 : 朝霞水門

  ・秋ヶ瀬橋を埼玉県側に渡って、秋ヶ瀬公園を通り抜ける。

  ・田んぼの中、一カ所工事中、道を失ってダートを突破。

2:00 : 上江橋、入間川の分岐

  ・懐中電灯、2個のうち1個が暗くなる。

   エネループの充電が甘かった。そして、2個持っていてよかった。

3:00 : 吉見の桜堤

4:00 : 荒川大橋

4:10 : 熊谷

  ・国道17号を一路高崎へ。

  ・深谷付近のコンビニでおにぎり調達。

  ・1台、ロングライダーっぽいレーサーが抜いていく、時速30km位。

   ここで足を使うわけにもいかないので、お先にどうぞ

6:00 : 高崎

6:30〜40 :

  ・河原の公園にて休憩、おにぎり食べる。芝桜がきれい。

f:id:rikunora:20130503064208j:image

  ・国道406号、ゆるやかな登り。

8:00 : 倉渕村

f:id:rikunora:20130503084717j:image

9:00 : はまゆう山荘、峠の登り口

  ・さくらが咲いてた。

   以降、高原ではちょうど遅い桜の見頃だった。

f:id:rikunora:20130503085919j:image

10:00 : 二度上峠

f:id:rikunora:20130503100013j:image

  ・持っていたおにぎり、全部食べ切る。

   浅間山の眺めが素晴らしい。

  ・下り坂、寒い寒い。

   防寒具を持っていない、準備不足だった。。。

11:00 : 北軽井沢

  ・ナビ電池切れ

   こんなこともあろうかと、準備しておいた予備バッテリーを付けようとすると、

   なんとUSB先端の形状が違っているではないか!

   バッテリー付属コードは平べったい。ナビは台形っぽい。

   以降、ナビは全くのお荷物と化し、正確な記録も残っていない。。。

12:00 : 嬬恋パノラマライン

f:id:rikunora:20130503111324j:image

  ・すばらしく眺めの良い高原の農道。

   アップダウンがけっこう足にこたえる。

f:id:rikunora:20130503121042j:image

  ・途中でレーサーツーリングの一団と出会う。

   やっぱりお先にどうぞ

  ・パノラマラインをそのまま直進し、かなり細い農道に入る。

   ナビが無いのは不安だったが、計画時の記憶を頼りにそのまま突っ切る。

   アップダウンを繰り返して、最後には鳥居峠の脇にひょっこりと出た。

12:30 : 鳥居峠

f:id:rikunora:20130503123054j:image

  ・峠から少し下って、右手に分岐する県道182号菅平高原線に入る。

13:00  菅平高原線

  ・おにぎり休憩

  ・野生のきつねが出た!

13:40 : 菅平高原スキー場

f:id:rikunora:20130503134256j:image

  ・先ほどのレーサーの一団と再び一緒になる。

   以降、須坂まで一緒に坂道を下る。

14:00 : 須坂

  ・コンビニ休憩、おにぎり補充。

   レーサーの一団は渋温泉に行くと言っていた。ここで別れる。

  ・国道403を北上、車が多く、道も悪い。おまけに強烈な向かい風。

15:00 : 中野

  ・国道292に入る、だいぶ走りやすくなる。

16:00 : 飯山

  ・飯山街道の入り口がよくわからず、少し迷う。

   実は町を出たところにあったのだが。

16:40 : 峠を越えた

  ・峠には雪が少し残っていた。

   下りはとっても寒い!

   最後の1枚だった着替え用のTシャツを合わせて着込む。

17:00 : 妙高の裏側通過

f:id:rikunora:20130503170901j:image

18:30 : 直江津に到着

18:36 : 海に出る

  ・ちょうど日本海に夕日が沈む瞬間を見ることができた。

f:id:rikunora:20130503183636j:image

   感動!


  ・その後・・・

   泊まることをまるで考えていなかった。(そもそもたどり着けるかどうか不安だったし。)

   近くのホテル、旅館は、どこも満員(GWだから当然)。

   野宿を決意。寒さを凌ぐため、まだ空いていたヨーカ堂で登山用雨具を購入。

   たまたま雨具持っていなかったし。結果的にはこれが大正解だった。

   食堂で焼肉定食を食べ、コンビニ買い出し。

  ・21:00 : 町はずれの神社で野宿。

   地べたは石造りだったが、疲れ切っていたので動けず、そのまま寝入る。

   ここで輪行袋がふとんとして、大いに役立つ。

  ・0:00 : 寒さのあまり、夜中に目が覚める。

   温かい場所を求めて移動。近くにあったバス停の待合室を発見。

   屋根付き、木のベンチって、あったかいね。


■ 5月4日

3:20 : 目が覚め目る。

  ・朝食はパンとおにぎり。

4:00 : 直江津出発

  ・国道253を東へ。

4:40 : 白鳥が来る上吉野池

  ・川沿いに緩やかに登り、最後にはきつい上り坂。

7:00 :

f:id:rikunora:20130504064410j:image

  ・長いトンネル(儀明峠)を超えると、雪がちらほら残っていた。この辺は豪雪地帯。

f:id:rikunora:20130504065601j:image

  ・風景の良い棚田の撮影ポイントで、カメラを持った人たちが撮影をしていた。

  ・1カ所道を間違えて、国道353を逆側に入ってしまう。

   大きく下って、再び上る。体力を削ってしまった。。。

8:00 : 松之山

  ・登り、トンネル、下りを繰り返す。

8:30 : 津南町信濃川を渡る。

f:id:rikunora:20130504082454j:image

  ・清津峡の入り口、きれいな川に沿って登坂。

10:00  十二峠トンネル出口

  ・山々の眺め良し。おにぎり休憩。

f:id:rikunora:20130504095115j:image

11:00 : 越後湯沢、登り口

  ・みつまたかぐら、スキー客でにぎわっていた。

12:00  二居トンネル入り口

  ・長いトンネル

12:30  火打峠、苗場

  ・冬以外の季節だと、ゴーストタウンみたいで寂しい。

f:id:rikunora:20130504122900j:image

13:00 : 三国峠

f:id:rikunora:20130504130108j:image

  ・高校生くらいと思しき少年がママチャリで上っていた。素晴らしい。

14:30-15:00 :

  ・長い長い下り坂。

   強烈な眠気が襲ってきた。

   新治村、野菜直売所の隣にあるあずまやで、おにぎり休憩の後、たまらず仮眠。

   このあたりから、お尻がとても痛くなってくる。

16:00 : 沼田付近

  ・国道17号、川沿いをひたすら下る。少し追い風、速い速い。

   風景は良いが、車が多く渋滞しかかっていた。

  ・コンビニで食糧補給。

16:16 : 渋川、サイクリングロードに入る

  ・以降、ひたすらサイクリングロードを海まで走る(合計170km)

   この付近のサイクリングロードは、公園の中を走り抜けるような、とても良い道。

f:id:rikunora:20130504164346j:image

  ・橋を通り過ぎて、烏川まで出てから気づいて引き返す。

18:00  五料橋を渡る

f:id:rikunora:20130504180905j:image

19:00  新上武大橋を渡る

  ・埼玉県側のサイクリングロードに移る。

  ・デローザに乗っているおじさんと出会い、

   埼玉県側のサイクリングロードは国道4号までということを教えてもらう。

  ・お尻の痛さに耐えかねて、サドルにタオルを巻いてみる。

   けっこういけると思っていたら、いつの間にかタオルを落としてしまった。。。

20:00 : 刀水橋

  ・疲れと眠気とお尻の痛みで、もう進めない。

   おにぎり休憩の後、少し進んだ先の、農家のバラックのような物置で野宿を決行する。

   物置と言うより、中はプラスチック廃材が積まれているような所。

   本当は犯罪になるのだろうか?

   しかし、近くに全く人気も無かったので、そのまま寝てしまう。

   今日も輪行袋がふとんとして役に立つ。


■ 5月5日

0:00 : 夜中に目が覚める。

1:00 : 出発

  ・武蔵大橋を渡って、群馬県側へ。

2:30〜3:00 :

  ・意識朦朧、再び強烈な眠気が襲ってきたので、道の上でそのまま仮眠。

  ・昭和橋のたもとが工事中、自転車を担いで迂回する。

4:00 : 渡良瀬遊水地

  ・川面に冷たい朝もや発生。

   やはり夜中は少ししか進んでいない。ぐっすり寝てた方が良かったかも。

  ・日の出、ちょうど関東平野の先の、筑波山から太陽が出てきた。

f:id:rikunora:20130505044628j:image

5:00 : 境

  ・関宿のコンビニ、食糧補給と休憩。

  ・休憩して、太陽が昇ってきたら、再び元気になってきた。

6:00 : 江戸川に入る

f:id:rikunora:20130505055933j:image

7:00 : 利根運河の分岐点

8:00 : 国道6号を横断

  ・市川橋(総武線の隣)を東京側に渡る。

  ・旧江戸川沿いの細い自転車道路を抜ける。

9:00 : 葛西臨海公園到着!

f:id:rikunora:20130505093734j:image

  ・公園には家族連れに交じって、自転車乗りもたくさん来ていた。

  ・TTバイク(TREK + COSMICカーボン)乗りの兄ちゃんに写真を撮ってもらった。


■ 思ったこと

・サーヴェロ P2、素晴らしい!

これだけの長距離、事故もトラブルも無く無事完走できたのは、この自転車のおかげ。

軽い、疲れない、向かい風に強い。


・もう1つの新兵器、カーボンホイール BORA ONE、これも素晴らしい!!

軽い、乗り心地良し、上り坂良し、向かい風良し。

気になるお値段だけは良くないのだが、、、それだけの価値はあるかと。


・とにかく体力を残すことを最優先として、途中で全力疾走などはしなかった。

たぶん、平地で速いときでも 20〜25k くらい。平均速度は 15k くらい。

「ロングライダース」には平均 30k で爆走して行く人もいるらしいが、今の俺には無理。


・上り坂に弱いという欠点は、ペダルのクリート位置を調整すれば、かなり回避できることが分かった。

クリート位置が、通常のロードレーサーとTTバイクとでは違うのだ。


・ショップで購入してから1ミリたりともポジション変更をしていない。

実はこれ、すごいことで、ショップで本当にぴったりのサイズに合わせたってことだ。


・欠点、お尻が痛くてたまらん。

サドルを変えれば何とかなるのだろうか。。。

まあ、1日は持つのだから、実質上問題無いといえば無いのだが。


・せっかく用意したサイクルナビ(ユピテル ASG-CM13)が、痛恨のケーブルミスで、ほとんど役立たなかった。

ナビが正常動作していたときは、確かに役立っていた。これさえあれば迷う心配が無い。

やはり装備は事前に確認しなければ。


・峠を越えた向こうは空気が違う。

東京より一段と気温が低いと実感。この季節、防寒対策は必須だった。


コンビニのおにぎりって、おいしいね。


nasmannasman 2013/05/07 18:11 はじめまして。
楽しく読ませて頂きました。
素晴らしい。

森山森山 2013/05/07 20:10 すげえ!日本海まで日帰りできちゃうんですか

ウエケンウエケン 2013/05/10 10:36 616kmとは参りましたm(__)m
しかもBORA ONEじゃないですか〜

とねとね 2013/05/10 18:52 ゴールデンウィークにすごい挑戦をされていたのですね。感服しました。それにしても宿に止まらず野宿とはすごいです!

いうちいうち 2013/05/10 19:07 すげー、まだそんなことしてるんすか?!
まだまだ若いですね!!!
読んでてちょっとワタシも行きたくなりました。

はたふり川はたふり川 2013/05/12 22:09 本格的な自転車欲しくなってしまいました。やばい・・・。

rikunorarikunora 2013/05/13 17:32 おかげさまで、楽しいGWでした。
野宿なんてしたのは、実に*十年ぶりで、学生の頃に返った気分です。

さどるさどる 2015/05/22 15:53 >お尻が痛くてたまらん。サドルを変えれば何とかなるのだろうか。。。

皆さん、フレーム、ホイール等をカーボンにすることばかり夢中になって、一番肝心なところをけちってます。

サドルです、サドル。一番力いれないと
http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=12345

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikunora/20130506/p1