Hatena::ブログ(Diary)

小人さんの妄想 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-10-01

東京→青森ロングライド

去るシルバーウィークに、東京から青森まで自転車で行ってきた。

天候に恵まれ、トラブルも無く、最高のコンディションで走ることができた。

f:id:rikunora:20151001222951p:image

 日時: 2015/9/19(土) 5:10 〜 9/20(日) 15:01

 距離: 726km  時間: 33時間 51分


ルートラボの記録

 前半:日本橋仙台手前 >> http://yahoo.jp/TMj7pN

 後半:仙台手前〜碇ヶ関 >> http://yahoo.jp/RJ79HC

前半はサイコン電池が切れるまでの記録。

後半で予備バッテリーに切り替えたが、青森の手前、碇ヶ関で電池切れとなった。

なので、最後の記録が欠けている。

(携帯1回分の小さい予備バッテリーだと、最大31時間までしか持たないことが分かった。)


■ 到着時のタイム

f:id:rikunora:20150920150026j:image

腕時計のタイマーは24時間で一巡して、プラス 9:48:08 だった。

ただ、出発時に腕時計のタイマーをセットし忘れ、3分経ってから測り始めたので、

実際にはこれに3分ほどプラスされている。

後から記録を照合したところ、腕時計はサイコンの時計より2分ほど進んでいた。

(腕時計で5:10に出発したのだが、GPS記録での出発時刻は05:08:37だった。)


■ 事の起こり

ロングライドに向く季節は1年に2回ある。

春のゴールデンウイークと、秋のシルバーウィークだ。

昨年の秋、東京->大阪キャノンボール24時間に成功したので、

今年は逆向きの大阪->東京キャノンボールに挑戦しようと目標に決めていた。

しかし今年の前半は何かと忙しく、ゴールデンウイークにまとまった休みがとれなかった。

このブログもさぼりまくりだ。

それでも自転車の練習時間だけは何とか確保し、来るべき挑戦に向けて準備を重ねてきた。


しかしである。

いざ、キャノンボール再挑戦を持ち出したところ、家族から猛反対を食らった。

何を好き好んで、危険の多い国道1号を何度も走らなければならないのか。

結局、今後の国道1号走破は一切禁止となった。

代わりに、国道4号ならOKということになった。

どういう基準なのかよくわからないが、とにかく結果オーライである。

目標を青森に定め直し、東京->青森走破を目指すことにした。


東京-青森間の走破記録をネットで調べると、baruさんと酔猫庵さんがレポートを残している。

* [Cycling Courses] 東京青森 耐久ラン

>> http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=11242&forum=124

 ("ロングライダース4.0"に記事あり)

* 一杯のラーメンを求めて青森へ 準備編

>> http://plaza.rakuten.co.jp/pluginok/diary/201308190000/


東京-青森は、東京-大阪のおよそ1.5倍。

東京-大阪を24時間とすると、東京-青森はざっと36時間になる。

そう考えると、baruさんの向かい風で36時間05分、

酔猫庵さんの真夏の炎天下で38時間17分、というのはすごい記録である。

私の場合はきっちり時間を決めず、まあ40時間くらいでたどり着ければ良いだろう、

といった楽な気持ちで臨んだ。結果的にはそれが良かった。


コースはbaruさんのほぼ逆を辿った。

国道4号を全線たどるよりも、盛岡を過ぎてから国道282に入り、鹿角経由で行った方が距離が短い。

国道4号は、ほとんど全てバイパスを通った。

ただし、草加・越谷は県道49号を、仙台は市内を通過した。

仙台旧道の場合、泉区役所の先にある県道22号のトンネルは、自転車が通ることができない。

トンネル脇にある階段を上って、上から越すことになる。今回唯一のコースミス。


出発前日に、着替えと輪行袋をまとめて青森中央郵便局に局留めで送った。

輪行袋を持って行くかどうか迷ったが、今回は連休だったので、

最悪3〜4日かけてたどり着けば良いだろうと考え、携行しなかった。


■ 休憩ポイント

休憩回数は全部で16回。観光とか、写真撮影とか、一切行っていない。

・スタート時の携行食糧

   おにぎりx3、PowerBarx3、ミニういろうx2、ウィダーインx1、ココナッツキャラメル、塩分チャージタブレッツ少々

・【休憩】埼玉県内にて

   ボトル給水

・【自販機】西那須野ドライブイン「幸楽苑」にて

   オレンジミュウx2->1本飲んで、1本ボトルへ

・【コンビニファミリーマート鏡石境栄店、12:57

   おにぎりx2、天然水オレンジx2->1本飲んで、1本ボトルへ

・【自販機】白石市 馬牛沼

   スポーツレモンx1、ボトル給水

・【コンビニセブンイレブン宮城大衛店、20:21

   おにぎりx1、焼きプリンx1->その場で食べた、グリーンダカラx2->1本飲んで、1本ボトルへ

・【仮眠】ローソン高清水新小山田店の向かい駐車場、21:43〜21:55(12分間)

・【仮眠】平泉バイパス県道206橋のたもと、23:42〜24:00(18分間)

・【仮眠】金ヶ崎「ドライブイン民宿鈴美食堂」ベンチにて、1:16〜3:00(1時間44分)

・【道の駅石鳥谷

   夜明け。お尻にクリームを塗り直す

・【コンビニローソン盛岡上堂店、6:21

   ミニあんぱんパック、パーフェクトプラスx1->その場で食べた、おにぎりx1->最後まで食べずに残った

・【道の駅】にしね、7:11〜7:25(14分)

   Hotコーヒー -> 休憩したら体力復活!

    (仮眠の合計 2時間28分)

・【自販機】安代「学校の宿 希望の丘」入口付近

   缶コーヒーx1、残りミニあんぱんを全部食べた

・【道の駅鹿角

   エネルゲンドリンクx1

・【休憩】坂梨峠手間、小坂JTC付近

   ずっと持っていたウィダーインを食べた

・【道の駅碇ヶ関

   ボトル給水

・【自販機】浪岡郵便局

   缶コーラx1

f:id:rikunora:20151001222957p:image


自転車

f:id:rikunora:20150920150205j:image

チネリ・スーパーコルサ

アルテグラ(9段)

ホイール: DURA-ACE C24

タイヤ: MAVIC イクシオン(GripLink&PowerLink)

エアロバー: プロファイルデザイン T2+ COBRA を装着

前方ライト: CATEYE VOLT300, GENTOS 閃 355B の2本

後方ライト: CATEYE RAPID 5

さらに、夜間ジョギング用の“光る腕輪”と、小型の発光警告ランプ

サイコン: ユピテル ASG-CM13

ハンドル周りに、携帯電話と予備バッテリー

エアロバーに、ソフトケースとマジックテープで取り付けた)


ツールケースの中身

f:id:rikunora:20150925215524j:image

アーレンキー、予備チューブ、インスタントパンク修理パッチ、携行ツールセット、予備クリートねじ、

マイナスドライバー、小型プライヤー、タイヤレバー、ビニールテープ。


■ ウェストバッグの中身

メガネ(昼間はサングラス、夜間はメガネに切り替え)

スイカカード(コンビニ用)

小銭用サイフ

ビニールケース(中身は保険証、カード、郵便局の荷物受取票、大きなお金[札])

キャラメル、塩分チャージタブレッツ

おにぎり(包装を剥いてジップロックに入れておく、すぐ食べられるように)

小型ハンドクリーム(お尻に塗って擦れを防止)


トップチューブケースの中身

常に食糧を入れておいて、信号待ちなどで食べている。

パワーバー、ミニういろう、ミニあんぱん。


■ 小型サドルバックの中身

f:id:rikunora:20150925220404j:image

反射ベスト、予備チューブ、予備クリート

レスキューシート(今回大活躍した一品)

タイヤ補修用パッチ(実際持って行ったのは1枚だけ)


■ 服装

f:id:rikunora:20150925220831j:image

ロングライダースジャージ(キャノンボールの験を担いで)

反射タスキ(いつでも目立つように)

ウェストバッグ(反射テープ付)

パールイズミのタイツ、アームカバー、靴下

手袋は2重にした。

出かける直前に床屋に行って、髪を短く刈った。

去年、キャノンボールの前にも行ったように、今年も「断髪式」を行って気合いを入れた。


■ 感想

とにかく長い。ひたすら長い。どこまでも長い。東北、めちゃくちゃ長い。


天候、気温、交通状況など、あらゆる条件が上手く整っていた。ラッキーだった。

気温は16〜22度の間、昼間はずっと爽やかで、暑くも寒くも無い絶好のコンディションだった。

風は、西から東への横風で、向かい風になることはほとんど無かった。

福島から仙台に出るまでは追い風基調、最後の青森に入ったところだけ斜め向かい風だった。


ただ、夜は寒かった。東北の夜を甘く見ていた。

残暑を予想して防寒具を一切持っていなかったので、かなり堪えた。

ここで役に立ったのが、防災用のレスキューシート。

反射ベストの下にシートを羽織ってみたところ、とても暖かく具合が良い。

仮眠の際には、シートに包まると寝袋のように快適だった。

これは使える。災害時にも大活躍しそうだ。

折り畳めば小さく軽いので、今後は必ず持って行くことにしよう。


最も辛かったのは明け方の盛岡付近。

睡眠不足でヘロヘロ、時速20kmがやっとという状態だった。

もう飽きた、ここで温泉に浸かって休んだら、どれほど幸せだろうと、何度思ったことか。

それでも這うように前進し、道の駅「にしね」に倒れるように転がり込んで、そのままストンと眠りに落ちた。

次に目が覚めたときには、眠気がすっきり晴れていた。

時間にして10分程度だったのだが、いままでの疲れがウソのように、再び走り出すことができた。

やはり、夜寝て、昼に活動する、というのが自然な周期なのだと思った。


ロングライドは後になればなるほど辛くなる。

国道282に入ってからは、上り坂に苦しめられた。

安比高原の登りは覚悟していたが、その後に続くアップダウン、特に坂梨峠は涙ものだった。

峠で青森県の看板を見たとき、ようやくたどり着いたという実感が湧いた。

最後の最後に、青森空港への登りがあると知ったときは愕然とした。

この辺になると、本当にもうどうにでもなれといった状態。

残る全ての力で空港を越え、青森の街並みが見えたときに思ったのは、

「もうこれ以上走らなくてもいいんだ!」ということだけだった。


我ながら、よくぞ走り切れたものだと思う。

しかも、結果的にここまで良いタイムで完走できるとは思わなかった。

走っている途中、特に後半は、長い、辛い、もう走りたくない、しか思い出すことが無い。

こうして後から振り返ってみて、ようやく感慨が湧いてきた。


一体何が楽しいのか、と問われると難しい。

もはや習慣でやっているのだ、としか答えようが無い。

それでもきっとまた、来年もどこかに行くと思う。何やってんだろう。


りゅう爺りゅう爺 2016/01/23 02:41 楽しく拝見させていただいております。次ロングライドをする際は私の地元である茨城にぜひお越しください一緒に走りましょうこれからも頑張ってください

rikunorarikunora 2016/01/26 19:59 茨城はつくば市に友人がいて、よく行っています。
あと、今話題の大洗に行きたい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rikunora/20151001/p1