Hatena::ブログ(Diary)

聴く耳を持たない(片方しか)

2008-06-18

WASAO Tシャツについて

先日なんとなく描いた

f:id:rikuo:20080601012717g:image

post by f:id:rikuo 表示-非営利-継承

が、id:merecoさんの日記で紹介され、

テレビブロスに載ります・モジャモジャ犬その後 - メレンゲが腐るほど恋したい

割と好評なようで、「WASAO Tシャツ欲しい」という問い合わせをいただいたりしてます。結構思いつきで描いたのに、思わぬ反響でうれしいですし、有り難いですね。

で、Tシャツ化するとはいってもどうしようかなー、と考えており、いくつか問題点もあるので、整理がてらちょっとまとめてみます


案1)私がTシャツを作る

1つ目として考えたのは、私がTシャツを作るというもの、といっても自分で生産するわけではなく、Tシャツを作る業者などに依頼して制作してもらい、それを販売するというやり方。

とか

などなど、Tシャツを作れるサイトをざっと検索してみても、沢山あるのでそれらを利用して制作し、販売するという形式はどうだろうか?という案。

メリット

デザインや、生地の風合い、価格などが自由に決められるのが大きなメリットでしょうか。

問題点

大きな問題点は、在庫を抱えること。まァ実際10着作ってもそれが売れるかも分からないのですし。発送をする手間もそうですが、なにより、直接お金のやり取りをしなくてはならないのが大変で大きなデメリット。


かなり面倒そうなので、これは却下。


案2)ドロップシッピング

ドロップシッピングというタイプのTシャツを販売できるサイトを利用する案。具体的には

など。

この形態のメリットは、

  • 在庫を抱えるリスクが無い
  • 直接お客様とやり取りする必要が無い

という点。

どういう仕組みかは、雰囲気てきにはデイリーポータルZのこの記事が参考になるかなと

言ってみれば、布用のインクジェットプリンタが用意されてるようなイメージで、出店者からのデザインをストックし、オーダーがあれば1枚からプリントする、というような仕組みです。オーダーが入ってから刷るわけですから、在庫も無し。

例えば、はてなユーザーのオリジナルグッズでは

などがありますね。

これらのように比較的 簡単にオリジナルグッズが制作できるのと、このタイプですと仮に1枚も売れなくても私としては何のデメリットがないのが魅力。

問題点

問題点としては、若干値段が高めというところ。

Tシャツ1枚が、色とかデザインとかにもよるものの2000円+送料くらいなので、普段からユニクロ or しまむら 利用者の私としてはちょっと高ぇーなー、というのが正直あります。


案3)データを公開するので自分で作ってね

私はIllustrator で描いてるので、画像もベクトル形式ですから印刷するのは比較的容易です。

なので、それを使って家庭用プリンターで印刷しアイロンプリントなどでオリジナルTシャツを作ってもらう、というのはどうだろうか?という案。


個人的にはこれが一番楽かなぁーというところ。

無地のTシャツを用意したり、プリンター、アイロンプリント用紙、それと制作の手間……などが必要になりますが、リーズナブルなものになりますし、Tシャツの色とか生地、プリントする個所も表面でも背面でもワンポイントでも、自由に選択できるのが大きなメリットですね。


問題点

安くあがるのはいいけれど、それだと自作Tシャツであって、オリジナルTシャツを買った、という実感が無いかな、と。

こういうのは若干お高いとしても、わざわざ皆と同じものを手に入れるのが、気分的にもイイのかも?とは思わなくもないです。

あとアイロンプリントなので、ちょっと品質に難があるのも気になるところでしょうか。



まとめとどうするか

私としては、案3のデータを公開するので、自由に作ってください、というのが気楽で一番イイかな、と考えています。とは言っても、例えば

はてなオリジナルTシャツを制作しました、しなもんのイラストデータは公開するので各自で制作してください

とお客の立場で言われると、ちょっと味気ないな、とも感じます。


なので、平行して案2もやろうかと。

その場合、ドロップシッピングで販売しているものと同じデータを公開し、各自でプリントできるようにしようかと考えています。アイロンプリントでイイ人は、そちらでもいいですし、きちんと印刷されたものがよければそちらでも、ということで。



あと

f:id:rikuo:20080601012717g:image

post by f:id:rikuo 表示-非営利-継承

この白抜きデザインで、かつ前身ごろ全面にかかったデザインは、ドロップシッピングのサイトでは印刷可能範囲の関係上、難しいようなので、もうちょっと違うものを考えたいと思います。

というわけで、実際にTシャツが買える・作れるのはもうしばらくお待ち下さい。


WASAOイラストデータ

上のTシャツについてはそれとして、イラスト自体はクリエイティブ・コモンズのライセンスで、表示-非営利-継承で公開しているのでそれに沿う形であれば自由にTシャツも、それ以外も作ることができます。

またせっかくなので、ベクトル形式のデータも公開しておきます。

Illustrator形式と、SVG形式。

Illustratorで編集してもいいですが、Inkscape などでもできます。

こういう風に色を自由に変更したり、とか大きさなども好きなようにしたり。

こちらも、イラストと同様に 表示-非営利-継承 で公開するので、ご自由にお使い下さい。商用にはできませんが、これをTシャツ制作サイトに持ち込んで自分で作る、なども もちろんできます。


[どうぞご利用ください。]


Connection: close