Hatena::ブログ(Diary)

聴く耳を持たない(片方しか)

2011-07-30 いろいろ更新

ぜんぜん無事です

Twitterの方では更新していたのですが、新潟県中越地域を中心に記録的な豪雨災害が起きました。私が住んでいる地域も避難勧告が出る?出ない?みたいな感じで周辺の川も氾濫危険水位くらいに上がったりで、かなり慌ただしい状況ではありましたが、自宅近辺自体は山の中にあるため水害はあんまり関係ない立地なので、全然大丈夫でした。


しかし、2004年7月13日に発生した「新潟・福島豪雨」、県内では「7.13水害」と呼ばれていますが……から7年後、ほぼ同じような、というかそれ以上の災害がまた来て驚いています。「天災は忘れたころに〜」と言いますが、7年は忘れるには早過ぎるのでもっと忘れたころの遠い未来しろよ、というか…してください、とは思いますね。


Togetterでまとめを作りました

Twitterで日本語ハッシュタグが導入されてから、大喜利てきなブームが来ているのですが、その中で流行っているのが「あるあるネタ」

  • デザイナーあるある
  • (都道府県)あるある

みたいな感じで、ジャンルごとに投稿されているものが盛り上がっています。


そんなブームに乗っかる感じで「片耳難聴者あるある」というネタをやってみました。


screenshot

片耳難聴者あるあるネタまとめ - Togetter


両耳とも聴力が無い、または著しく低い難聴者については漫画・小説、ドラマなど様々な媒体で取り上げられ、社会的な認知は高いと思うんですが、片方の耳の聴力が無い、という片耳難聴者*1のことって、おそらくあまり知られていないと思うんですよね。

聴覚障害者全体に占める片耳難聴者の割合の詳しいデータはちょっと分からないのですが、左右二つある器官の両方とも障害が現れる確率よりも、片方のみの割合の方が高いはずなんですよね。なので、世の中には相当な数の人がいるんじゃないかと。

でも、あんまりテレビとかでそういう話題を見かけないのは、外見に現れる障害ではないものではないため隠そうと思えば隠せるのが大きな要因じゃないか、と考えています。実際には片方の耳が聞こえないのに、聞こえている振りをして過ごしている人が多いのではないかと。


そういうことがあるので、ちょっとこんな感じの「あるあるネタ」をやってみたら、健聴者の人にもどんな状況か理解してもらいやすいだろうし、片耳難聴者の人にとっては面白いのではないかなー(たぶん)と考えてやってみました。


そこら辺の話は以前にもこの日記やサイトで書いていたのですが、かなり古いものですし、過去ログなんて大抵読まれないし、でサイトをリニューアルして新たに書き直したいなー、と思いつつ何年も放置中。い、いや、近いうちに手をつけていきます、たぶん。

*1:通常、片方の耳だけの聴力が低い人を「難聴」とは言わないのですが、ハッシュタグでの字数を鑑みてこの表現を使いました