Hatena::ブログ(Diary)

rinceの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-06

rince2007-08-06

Outlook ExpressでWebページを送信が便利

ブックマークを使用しても、普通はURLだけを保存しているのでリンク先が消えてしまえばページは見れません。

そこで「あとで読む」というサービスを利用してHTMLメールとして自分のメールにページを送信して保存していました。これはブックマークレットをクリックするだけなのでとても簡単です。

しかし、このサービスはHTMLメールとしてHTMLだけを送信します。画像などはメールに含まれず、実体へのリンクとなっています。文章情報をメインとするならいいのですが、画像も保存したい場合は困ります。

ここでOutlook Expressの出番です。Outlook ExpressにはWebページを送信するという機能があります。何のことかわかりにくいですが、指定されたURLのページの内容をHTMLメールとして送信することです。このときメールには画像も含まれます。ここがポイントです。実はこれはIEでMHT形式で保存したのと同じ形式なのです。

やり方はOutlook Expressのメニューから [メッセージ]-[ひな形]-[Webページ] を選択します。URLを聞かれるので保存したいページのURLを入力します。そうするとメール送信画面にWebページが表示されるので、送信先に自分を選び、サブジェクトにタイトルなどを設定して送信します。

ページ内容(本文)も編集できるので、重要な部分に印をつけたり、不要な部分を削除したりできます。

IEを使っている人はもっと簡単です。IEのメニューから [ファイル]-[送信]-[ページを電子メールで] を選択するとOutlook Expressの送信画面が開きます。

ここまでくれば何をいいたいのかわかるでしょう。このメール送信先をGmailにします。そうするとタグ管理と強力な検索エンジンを利用できてとても便利です。

メインのメーラーはGmailのままでかまいません。Outlook Expressを自分への送信だけに使用します。