Hatena::ブログ(Diary)

晴耕雨読のりんごライフ

2012-10-14

中生種りんご、収穫の日々

早いもので10月も半ば、ひと雨ごとに寒くなり、秋が深まってきまし


た。雨天の昨日はついに、居間に絨毯を敷き、薪ストーブを設置しました。


来月になると、いつ雪が降ってもおかしくありません。


りんご園では“紅玉”“早生ふじ”“世界一”“トキ”などの中生種の収穫


と、“サンふじ”の着色管理作業の毎日です。


今日は、“アルプス乙女”と“おいらせ”というりんごを収穫しました。

f:id:ringolife:20121014141748j:image

上の写真は“アルプス乙女”で、ピンポン玉ほど大きさです。生食でもオー


ケーですが、ディスプレイ用としても人気です。


そして下の写真が、今年からようやく生りはじめた“おいらせ”というりん


ご。果実は大きくずっしりと重く、濃紅色で、蜜が入りやすい品種です。

f:id:ringolife:20121014143844j:image

f:id:ringolife:20121014185320j:image

f:id:ringolife:20121014185724j:image

今晩試食したものは、蜜が霜降りの様に入ってました。形、味ともに独特で


今までにない個性的なりんごです。ただ、収穫前落下が多く、半分ほどが落


下してしまいました。収穫の見極めが難しく、増殖すべきか悩みます。まず


は、お客様の評価が楽しみです。