Hatena::ブログ(Diary)

九大林政・フィールド日記2

森林政策学研究室スケジュール・Forest Policy Lab. Schedule

2017-01-30

留学生による中華料理

2016年度後期の最後の定例ゼミの後に、霍さんと中心とした中国からの留学生4人が中華料理を作ってくださいました。

お鍋、餃子、チンジャオロース、麻婆豆腐などなど、本格的な料理ばかりでとっても美味しかったです!

f:id:rinsei:20170130112622j:image:w360

f:id:rinsei:20170130112619j:image:w360

f:id:rinsei:20170130112616j:image:w360

餃子の写真しかなくてすみません。

形が花のようで可愛いです。


霍さん、唐さん、徐さん、孫さんありがとうございました!

(北島)

林業経済学会秋季大会

更新するのが非常に遅くなりました。

2016/11/11〜14で島根大学で開催された林業経済学会秋季大会に参加しました。

自分は発表しませんでしたが、様々な発表が聞けて勉強になりました。

手配が遅くネットカフェに泊まることになりました、宿泊場所は早めに手配しなくてはいけませんね。

f:id:rinsei:20170130111007j:image:w360

(北島)

2016-10-21

3年生歓迎会

後期から新しく研究に配属されたメンバーの歓迎会が、初回ゼミ後に行われました(更新するのが遅くなりました、すみません)。

f:id:rinsei:20161021174459j:image

私は残念ながら参加することができなかったので、これから親睦を深めていきたいです。

後期も頑張っていきましょう!

(北島)

2016-08-12

夏合宿

8/7(日)〜8/9(火) 八女市大淵体験交流施設 げんき館おおぶち にて、2泊3日の夏合宿が行われました。

合宿中のゼミの内容は、1日目に卒論修論中間発表、2日目に輪読(永田信「林政学講義」東京大学出版会(2015))でした。

f:id:rinsei:20160812102838j:image:w360

2日目の昼休憩には近くを流れる川へ。

f:id:rinsei:20160812102839j:image:w360


3日目は、八女市森林組合に行くグループとスギの葉で線香作りをされている方を訪問するグループに別れ、調査をしました。

馬場水車場では、乾燥させたスギの葉を水車の動力を利用して粉砕し、線香の原料として出荷しているそうです。

f:id:rinsei:20160809103741j:image:w360

動いている杵はとても迫力がありました。(写真では伝わりにくいですが…)

馬場さん自身も粉を出荷するだけでなく杉の葉を使った線香を製作されています。無香料・無着色の為一般的に販売されている線香ほど強い香りではありませんが、火を点ける前の状態でもスギの良い香りがします。

お盆前ということで、祖父母のお墓参りの為に購入させていただきました。

前期&夏合宿お疲れ様でした。

(北島)

2016-07-13

背表紙の中身

森耕二郎著(1935)社会政策要論、 弘文堂書房

f:id:rinsei:20160713140959j:image:w200

背表紙

f:id:rinsei:20160713141000j:image:w200

背表紙の中身)

本革表紙の本なんかは崩壊寸前のものもありますが、この本は状態は良い方と思ったら外表紙が外れました。背表紙の内側には漢文書物の一部が現れました。おそらく製本業者リユースしていたのでしょう。時代が新しくなってくると日本語の書物の一部が使われています。

著者の森耕二郎先生は最後の九州帝国大学法文学部長をお務めになられたのち改組があり初代経済学部長になられた方のようです。

リアルタイムでみたかった時代

雑誌「経済評論」日本評論社より

f:id:rinsei:20160513184834j:image:w200

(ブレジネフ政権

f:id:rinsei:20160513183257j:image:w200

コルナイ・ゴムルカ論争)

経済評論」は昭和21年から平成に入るまで発行されていた月刊誌です。

東が揺らぎはじめて冷戦を迎えたとき、社会主義にある種の憧れをいだいていた日本の識者(特に経済学メインストリームではない周辺領域にいたひとたち)はどのように感じていたのでしょうか。この研究室を発掘していると社会主義へ強く関心をもっていたという形跡がたくさん残されていますので。

(かわさき)

2016-06-08

読書ゼミAと定例ゼミ

2016年度前期の読書ゼミAでは、学会誌『林業経済研究』61巻(2015年発行)に掲載された論文・短報を輪読しています。

2008年度ごろまでは学術論文の輪読を定例ゼミで行っていたので、定例ゼミと読書ゼミが逆転しているようなカンジです。