Hatena::ブログ(Diary)

Good Stuff RSSフィード

2013-02-23

[]誰でもアパレルメーカーになれるという話


以前ベトナムの縫製工場に関する下記のエントリーを書いたら、「興味あるのですが・・」という

コメントを頂きました。しかも、面識の無い方、お2人から。


ベトナムの縫製工場の卸値と、フェイスブックによる身元保証 - Good Stuff

12月にホーチミンに行ったとき、以前から顔見知りだったあるバーのオーナー(ベトナム人)が

実は縫製工場も持ってるということを知って驚きました。

工場はニャチャンというビーチリゾートの近くにあって、500人くらいの従業員がいるそうです。

そこで、

「ベトナムで洋服作らせたい日本のアパレルメーカー知ってたら紹介してね。」

と言われました。

・・・

日本企業で多いですが、「納期とかロットによるので、値段はちょっと具体的には。。」

と、すぐに値段について教えてもらえない場合があります。

(これは「あの時幾らって言ったじゃないか!」的な事を言うモンスター消費者の弊害だと思います)

一方、これほどズバッと「15-20米ドルです」と言ってくれる企業があれば、話が早いこちらと

取引したくなりますよね。細かい条件は、話が具体的になってからすればいいわけで。

自分も、情報はできるだけオープンにしようと思いました。


そのお2人に加えて、さらにある方面から1社1人が加わり、合計4件、

とりあえずそれぞれのサンプルをベトナムに送って、同様のものを作ってもらう

ことにしました。「品質」「価格」「納期」を確認するためです。

良い結果に繋がると良いのですが。。

この4件、それぞれ全く違う分野の服で面白いです。


今回、驚きつつ再認識したのが、個人でしかもアパレル業界での実績がなくても、

誰でもアパレルメーカーになれてしまうという事。

ベトナムの工場に作ってもらって、ネットで売ればいいわけですからね。

そして、そういう動きは既に始まっているのです。


本格的なビジネスとしてだけでなく、副業、主婦の小遣い稼ぎ、NPOの資金集めなど、

様々なカタチの「メイカーズ」が増えると面白いなーと思います。洋服に限らず。


f:id:rinta6u:20130223234258j:image

f:id:rinta6u:20130223234257j:image

f:id:rinta6u:20130223234256j:image

f:id:rinta6u:20130223234255j:image

f:id:rinta6u:20130223234254j:image

これが15-20USDで作れるそうです。あーニャチャン行きたい。。


MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

2013-01-22

[][]ホーチミンに行ったら食べるべき麺×3店舗

そろそろ、ベトナムの麺が食べたくなってきた。

前回の出張からまだ2ヵ月も経っていないのに。。


そんな麺好きを魅了して止まない、ホーチミンの麺のお店を紹介したいと思います。


PHO HOA(フォーの店)

住所:260C PASTEUR, Q3


前回の出張では、6日間で5回通ったお店です。

タクシーの運転手に「PHO HOA!」というと、『お前分かってるな!』的な

ことを言いながら連れていってくれます。

麺マスター(id:omoon)も絶賛のお店です。


f:id:rinta6u:20130121082750j:image

なんといってもこの澄んだスープが素晴らしい。

このスープが恋しくて、ホーチミンに行きたくなるのです。

具は、鶏肉や牛スジやセンマイなど10種類くらいから選べるのですけど、

豚足スライスが最近のお気に入りです。


f:id:rinta6u:20130121161315j:image

店内は常に混雑しています。

ちなみに"フォー"とは麺の種類のことで、米粉を水で溶かした生地を薄く伸ばして

乾燥させて、それを細く切って作る、細めのうどんのような麺です。


BUN MOC(ブンの店)

住所:14 Truong Dinh


PHO HOAのフォーと比べると、もうちょっとワイルドな動物系の一杯が

こちらのブン。


f:id:rinta6u:20130121082749j:image

お店のメニューはこれ1択。(大か小が選べます)

様々なつみれと、豚バラの塊が入ってます。

PHO HOAの上品なスープも良いですが、もうちょっとパンチの効いた

スープを欲しているときは、こちらがオススメです。


"ブン"も麺の種類のことで、米粉を溶かした生地をトコロテンのように型から

押し出して作る、断面が丸い麺です。食感がプチプチして程良い歯応えです。


f:id:rinta6u:20130121162212j:image

店の外ではつみれ(豚肉?)と一緒にスープが煮込まれていました。

これが、あのスープの深みを出すのですね。おでん的な発想ですね。


QYUNH(フーティウの店)

住所:A65 Nguyen Trai,P.Nguyen Cu Trinh,Q1


実はフォーは北部ハノイの特産で、南部ホーチミンの麺と言えば

このフーティウなんだそうです。麺の製法はよく分かりません。


f:id:rinta6u:20130121222949j:image

フーティウは、汁有りと汁無しが選べて、オススメは汁無し。

一緒についてくるスープを掛けながら食べるという変わった麺です。

フォーやブンと違ってコシのある細麺と、柔らかく煮込んだバラ肉が

またよく合うのです。


f:id:rinta6u:20130121223127j:image

お客さんはほとんどローカルの人で、英語が通じない定員さんもいるので

注文するときはメニューをしっかり指差して頼みましょう。

こないだは、まったく違うものを出されたので、作り直してもらいました。

出張で行く度にお店が綺麗に改装されてます。

人気がある証ですね。


あー、ホーチミン行きたい。

2013-01-15

[][]LINEがベトナム進出開始


年末年始、ホーチミンの1区と7区でLINEがプロモーションを行っていた

という情報が、現地パートナーから入ってきました。

おそらく、ベトナムで初めてのLINEのプロモーションだと思います。


f:id:rinta6u:20130115085857j:image


f:id:rinta6u:20130115085856j:image


f:id:rinta6u:20130115085855j:image


派手なダンスパフォーマンスで盛り上げつつ、店頭でアプリのインストール

手伝ったり、丁寧なプロモーション内容だったそうです。


台湾やタイではLINEは非常にシェアを伸ばしていて、「特定の友人とのコミュニケーション

LINE、大勢の友達に向けての情報共有はFacebook」という棲み分けも確立しつつあります。

そのLINEの最大の特長は、かわいいキャラクターの「スタンプ」。

台湾やタイと同じように「かわいい物好き*1」で、類似アプリのWhatsAppユーザーが

少ないベトナムでは、間違いなくLINEユーザーが増えまくると思います。


LINE仕事術 (日経BPムック)

LINE仕事術 (日経BPムック)

*1:大学生でも「ドラえもんが好き」と普通に言うくらい

2013-01-06

[]ベトナムの縫製工場の卸値と、フェイスブックによる身元保証


「オープンにするといろいろ捗るなー」という話です。


12月にホーチミンに行ったとき、以前から顔見知りだったあるバーのオーナー(ベトナム人)が

実は縫製工場も持ってるということを知って驚きました。

工場はニャチャンというビーチリゾートの近くにあって、500人くらいの従業員がいるそうです。


そこで、

「ベトナムで洋服作らせたい日本のアパレルメーカー知ってたら紹介してね。」

と言われました。


ここまでの情報だと、「どんなものをいくらで作れるか分からんし、いくら顔見知りでも

信頼できるかわからんしなー。」と思っていました。


すると、「こういうものだったら15-20$で作れるよ。」といって、

iPadで洋服の写真を見せてくれました。

f:id:rinta6u:20130106125315j:image

f:id:rinta6u:20130106125316j:image

f:id:rinta6u:20130106125317j:image

これくらいの洋服だったら、工場出荷時の値段で15-20米ドルくらいで作れるそうです。


日本企業で多いですが、「納期とかロットによるので、値段はちょっと具体的には。。」

と、すぐに値段について教えてもらえない場合があります。

(これは「あの時幾らって言ったじゃないか!」的な事を言うモンスター消費者の弊害だと思います)

一方、これほどズバッと「15-20米ドルです」と言ってくれる企業があれば、話が早いこちらと

取引したくなりますよね。細かい条件は、話が具体的になってからすればいいわけで。

自分も、情報はできるだけオープンにしようと思いました。


それから、このベトナム人オーナーとは、その後フェイスブックで友達申請しました。

最近よく思うのですが、フェイスブックは身元を保証する機能として優れています。

自分が知り合う前のその人の言動を知ることができるし、その人だけでなく周囲の

友人も知ることができるので、悪いことしても逃げるのは難しいでしょう。

逆を言えば、フェイスブック等でウェブ上に身元を保証する人格がない人は、

信用を得るためにコストと時間がかかってしまうということです。


そういう訳で、値段も交友関係も、オープンにするほどいろいろ捗るなと思った次第です。


※写真の洋服はサンプルとして預かってきたので、興味がある人は連絡ください。

 そして、誰か工場見学行きましょう。ニャチャンって、めっちゃ海綺麗ですよ。

D

2012-12-14

[]ある個人による戦争の記録「トゥイーの日記」

ベトナム戦争時のある若いベトナム人女医の日記を読んでいます。

トゥイーの日記

トゥイーの日記


本人は戦争中に亡くなっていますが、日記を持ち帰ったアメリカ兵の手から

2005年にハノイの家族のもとに渡り、その後出版されたものです。


1968年7月27日

 カーが捕まった!

 目の前が真っ暗になる。カーは同郷で、同じ医師である。ついこの間、温かい掌でやさしく私の手を握ってくれた。手術台の横で2人で、必死になって患者の治療をした。カルテには彼の筆跡がくっきりと残っている。それなのに、カーはどこにいるんだろう。思い足かせをはめられているのか。拷問部屋に入れられてしまったのか。

 あの出発の日(7月20日)の朝、カーは自分が敵の手におちるなんて考えてもいなかっただろう。だから明るく冗談をいいながら私たちと別れた。

 「行ってくるよ、トゥイー」と、私の手を握りしめ、小さな声であなたはいった。

 そして2、3歩離れてから少し大きな声で、

 「10日くらいで帰ってくるよ。長くても15日かな」と。

 大好きなカー!あなたが私にとってどれほど大切な人だったか、今、痛いほどに感じている。あたなに対する純粋な憧れは、私が赤いスカーフを巻いた小学生の頃から、あなたが私の”カーおじさん”だったころからずっと抱いていた。カーに会いたい。あの平穏な日々が懐かしい。カーの家。キムちゃんの暗い瞳・・・。いつかまたあなたに会うことができるの?

 持ち主を失ったリュックはまだここにある。見るたびに胸が張り裂けそうになる。


1969年3月13日

 またひとり、同志が亡くなった。腹部を貫通する重傷だった。術後の経過は思わしくなく、次第に容態が悪化していった。おそらく、どうしても見つからなかった銃弾の破片がどこかの血管を傷付け、内部で大量に出血したせいだと思う。

(中略)

 亡くなった患者のポケットから手帳が見つかった。手帳にはあどけない笑顔の彼女の写真が数枚と、彼を待ち続ける決心を綴った手紙があった。そして彼の胸元には「あなたを待っています」と文字を刺繍した小さなハンカチが入っていた。


戦争が起きたときに我々の身に起こるのは、マスコミが伝えるような客観的な

事実ではなく、こういう個人的な出来事です。

こういう思いをするのはごめんです。


これだけ情報化が進んだ現代でもなお、国籍が違う人に対する想像力や

戦争というものに対する想像力が足りない人がいるのが残念です。


ここホーチミンにも、日本が非戦の道から外れるのを心配している人が

多くいます。

2012-12-13

[]ホーチミンの統計局で"Statistical Yearbook of Ho Chi Minh City 2011"を買ってきた


ベトナムの市場調査をやってるので、いろんな統計情報が必要になります。

ホーチミンに「統計局」なるものがあって年次レポートを売ってる

という情報をゲットしたので行ってきました。


f:id:rinta6u:20121213121937j:image

住所は101 Pasteur St. Q3. です。

見た感じアヤシイなぁと思ったのですが、半信半疑で入ってみました。


f:id:rinta6u:20121213121938j:image

中には3人の女性が働いてましたが、英語で話しかけても通じなくて、

なんとなく知らんぷりされました。

でも、その後ろにはそれっぽい資料が並んでいます。

きっとここが統計局に違いない。


f:id:rinta6u:20121213121939j:image

かまわず話しかけてると、意外と仲良くなれました。


f:id:rinta6u:20121213090725j:image

資料を見せてもらいました。間違いない。

20万ドン(800円)で購入。


f:id:rinta6u:20121213101337j:image

中には多くのデータがあるのですが、例えばこれはホーチミンの企業数の推移です。

2005年から2010年にかけて、全体で30,477社から96,206社に増えています。

内訳として、政府系企業の数は変わらず、民間が約3倍、海外資本の企業が

約2倍に増えてます。


これはほんの1例ですが、人口、産業、農業、貿易、交通、教育などなど、様々な

統計情報が345ページにわたってたっぷり掲載されてます。

おもしろいものを手に入れました。正月休みに熟読します。

2012-12-09

[][]格安航空会社エアアジア系列のTUNE HOTEL(inバンコク)


バンコクでは、格安航空会社エアアジアと同じ系列のTUNE HOTELに

泊まっています。


f:id:rinta6u:20121209113141j:image

ロゴもそっくり。


このホテル、料金が安い代わりに、エアコン、WiFi、テレビ、タオルなど、

全て追加料金がかかります。(agodaで予約すると全て込みだったけど)

機内食や飲み物に追加料金が必要なエアアジアと同じです。


アメニティや設備の費用を抑える仕組みもそうですが、とにかく人件費

かけない仕組みがよく考えられていました。


f:id:rinta6u:20121209113142j:image

まず、チェックインすると、タオル、TVのリモコン、アメニティが入った袋を渡されます。

タオルを交換したければ、この袋にタオルを入れてフロントに持っていけば換えて

くれます。

シーツの交換はいらないけどタオルは毎日交換したいという宿泊客の場合、これで

部屋の清掃が必要なくなるでしょう。


f:id:rinta6u:20121209113143j:image

エアコンやファンのパネル。

ドアノブにかける「Don't disturb」の札はなくて、ボタンを押せばOK。


f:id:rinta6u:20121209113144j:image

テレビとドライヤーは壁掛け。朝食を提供している近所のレストランのチラシは

壁掛けのパネルの中。


f:id:rinta6u:20121209113145j:image

バスルーム。コップ無し。バスタブ無し。


f:id:rinta6u:20121209113146j:image

机は壁に埋め込み式。

電話無し。冷蔵庫無し。洗濯の申込用紙も置いてなくて、フロントにいけば貰える。


とにかく紙類が一枚もなく、全て壁掛けなので、掃除する人はとても楽チンだと思います。

実際、通常のホテルよりも掃除している人が少ない。


部屋はちょっと狭いけど、日本の安めのビジネスホテルと同じくらいです。

料金は時期によって変わるみたいですが、1泊2500円くらいでした。


冷蔵庫がないのは不便だけど、自分は結構快適に過ごしています。

10年前にバンコクで泊まった宿は一泊300円の牢屋みたいなとこだったので、尚更。

2012-10-27

[]ベトナムでの売れ筋家電と価格(2012年9月)

1ヵ月以上前になるけど、ホーチミンの大きな家電屋さんで

「どれが一番売れてるの?」って店員さんに聞きまくってきました。


聞きとり対象は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの4つ。


※店員さんの意見なので、客観的なデータに基づいた情報ではありません。


テレビ

f:id:rinta6u:20121023011949j:image

メーカー:SAMSUNG

価格:13,900,000ドン(約56,000円)

生産地:ベトナム

スペック:40型、LEDバックライト


テレビは完全に韓国勢のSAMSUNGとLGが強いらしい。


冷蔵庫(下位機種)

f:id:rinta6u:20121023011948j:image

メーカー:SHARP

価格:5,200,000ドン(約20,800円)

生産地:タイ

スペック:2ドア


冷蔵庫(上位機種)

f:id:rinta6u:20121023011947j:image

メーカー:GE

価格:56,610,000ドン(約226,440円)

生産地:韓国

スペック:4ドア、冷水器、その他


ベトナムの消費者は生産地(生産国)で家電の品質の良し悪しを判断するらしく、

白物家電ではタイ製が安いわりに高品質であると認知されていて、よく売れるらしいです。

白物家電の生産地別品質ランク⇒[日本製>韓国製>タイ製>ベトナム製>中国製]。


洗濯機(下位機種)

f:id:rinta6u:20121027214856j:image

メーカー:SHARP

価格:5,625,000ドン(約22,500円)

生産地:?

スペック:?


洗濯機(上位機種)

f:id:rinta6u:20121027214855j:image

メーカー:Electrolux

価格:13,385,000ドン(約53,540円)

生産地:タイ

スペック:?


エアコン

f:id:rinta6u:20121023011945j:image

メーカー:LG

価格:6,400,000(約25,600円)〜11,000,000ドン(約44,000円)

生産地:タイ

スペック:パワー別(部屋のサイズ別)に色々


ランク分けが細かく商品が多いのでLGが人気らしい。


全体的に、高いのが結構売れてるんだなという印象を受けました。

「大卒の初任給が3-4万円」の国とは思えない消費欲ですね。

ベトナムの人は副業や臨時収入やその他モロモロがある人が多いので、

単純に「給料」だけで市場の大きさを測ることはできません。


おまけ

f:id:rinta6u:20121023011944j:image

家電屋さんの外ではLGが派手にキャンペーンやってました。

韓国企業はほんとに「頑張ってるなー!」という印象を受けます。

2012-10-24

[][]ViettelとMobifoneのプリペイドボーナスキャンペーン


ベトナムの携帯電話はプリペイドタイプが一般的です。

通話料が後から引き落とされるわけでなく、コンビニとか露天でプリペイドカード

購入し、カードに記載されている番号を入力するとその金額分だけ使えるように

なる仕組みです。

f:id:rinta6u:20121024121711j:image

こういうところでプリペイドカードも売ってます


ベトナムの携帯キャリア大手はViettel、Mobifone、Vinaphoneの3社ですが、

シェア争いが激しいため、各社プリペイドのボーナスキャンペーンを行っています。


「今なら、10ドル分のプリペイドカード購入すると、15ドル分チャージします!」

といった内容です。

ちょうど今日からMobifoneのキャンペーンが始まりました。Viettelは明日から。


Mobifone

キャンペーン内容:プリペイドカードの額面+50%チャージ

期間:2012/10/24-26(GMT+7)

条件:全てのカード、上限無し


Viettel

キャンペーン内容:プリペイドカードの額面+50%チャージ

期間:2012/10/25-27(GMT+7)

条件:全てのカード、上限無し


ちなみに、プリペイドカードを購入しなくてもインターネットから携帯電話に

通話料をチャージするサービスもあるのですが、その場合も上記キャンペーンは

適用されます。(今、確認しました。)


また、この携帯電話の通話料の残高を使ってネット通販で商品を購入する

サービスが徐々にベトナムで始まりつつあります。

技術的にはそれほど先進的なものではありませんが、ベトナム人ほぼ全員が

利用している仕組みだけに、インパクトは大きいと思います。


f:id:rinta6u:20121024121819j:image

2012-10-14

[][][]ベトナムの携帯キャリア大手3社の海外ローミング設定方法


ベトナムで購入したSIMカードを海外でも利用する場合、ベトナムを

出国する前に自分で海外ローミングの設定をする必要があります。

設定は、SMSを送信するだけ。

キャリア別のSMS送信の宛先と本文は下記の通りです。


MOBIFONE

宛先:999

本文:「DK CVQT」


Vinaphone

宛先:9123

本文:「IR ON」


Viettel

宛先:138

本文:「CVQT」


※設定はベトナム出国前に行うこと(id:ommonが痛い目に会いました)

※スペース等を忘れると設定できません(私が痛い目に会いました)

※設定が成功したら、「khach da dang ky CVQT thanh cong...(国際ローミングの設定が成功しました)」というSMSを受信するはずです


f:id:rinta6u:20121014065518j:image