子子子子子子(ねこのここねこ)

2018/07/02

[][][]2018年度展覧会観覧予定その2(夏編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全て行くことが出来ないのは分かってますw

終了日順に並べています(随時更新)。

展覧会名期間会場リンク魚拓
三好和義写真展
天平楽園東大寺正倉院
7/3-7/13東大寺本坊大広間三好和義写真展「天平の楽園・東大寺と正倉院」|華厳宗大本山 東大寺 公式ホームページ魚拓
フランス宮廷の磁器
セーヴル、創造の300年
4/7-7/16大阪市立東洋陶磁美術館現在の展覧会|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館魚拓
角屋蔵「岸駒と岸派展3/15-7/18角屋もてなしの文化美術館角屋もてなしの文化美術館魚拓
涼風颯々 夏のやきもの
古代イタリアの息吹−エトルスク美術
赤松麟作

(前期)
7/6-7/18大阪市立美術館コレクション展 │ 大阪市立美術館魚拓
横山大観展
(後期)
7/3-7/22京都国立近代美術館生誕150年 横山大観展|京都国立近代美術館魚拓
京都国立博物館 夏期講座
名品を旅するIII
7/27-7/28京都国立博物館夏期講座|京都国立博物館|Kyoto National Museum魚拓
六字名号ー仏の名をあらわす―6/30-7/28佛教大学宗教文化ミュージアム夏期特集陳列「六字名号ー仏の名をあらわす―」開催のご案内|図書館・附置機関に関するお知らせ|お知らせ一覧|佛教大学魚拓
萬古の名陶6/7-7/29パラミタミュージアムパラミタミュージアム/企画展魚拓
神戸市立博物館選 地図皿にみる世界と日本7/2-8/5関西大学博物館お知らせ|関西大学博物館魚拓
糸のみほとけ
国宝 綴織當麻曼荼羅と繍仏―
(前期)
7/14-8/5奈良国立博物館糸のみほとけ|奈良国立博物館魚拓
記録された日本美術史6/25-8/11京都工芸繊維大学美術工芸資料館記録された日本美術史―相見香雨、田中一松、土居次義の調査ノート展―魚拓
蛇足庵コレクション
江戸なぞなぞ
判じ絵
6/9-8/19細見美術館蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ−判じ絵−|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館魚拓
大和文華館の日本漆工7/6-8/19大和文華館展覧会|大和文華館魚拓
特集展:高田コレクション
古代イラン土器青銅器−形と装飾
7/28-8/19大阪市立東洋陶磁美術館展覧会情報|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館魚拓
第47回 奈良国立博物館 夏季講座
素材から探る仏像のひみつ
8/22-24奈良国立博物館第47回 奈良国立博物館 夏季講座|奈良国立博物館魚拓
赤と青のひ・み・つ
聖なる色のミステリー
6/30-8/26MIHO MUSEUM赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー – MIHO MUSEUM魚拓
糸のみほとけ
国宝 綴織當麻曼荼羅と繍仏―
(後期)
8/7-8/26奈良国立博物館糸のみほとけ|奈良国立博物館魚拓
大山山麓の至宝7/29-8/26米子市美術館大山山麓の至宝 〜「大山」ゆかりの刀を中心に〜魚拓
涼風颯々 夏のやきもの
古代イタリアの息吹−エトルスク美術
赤松麟作

(前期)
BIOMBO!−金と墨−
動物を描く−近世・近代の日本絵画
日本・中国仏教彫刻
7/31-9/1大阪市立美術館コレクション展 │ 大阪市立美術館魚拓
縄文―1万年の美の鼓動7/3-9/2
7/31から縄文のビーナス」と仮面の女神の展示追加
東京国立博物館東京国立博物館 - 展示 日本の考古・特別展(平成館) 特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
特別展「縄文−1万年の美の鼓動」(縄文展)
魚拓
魚拓
珠玉の村山コレクション 〜愛し、守り、伝えた〜
III 茶の道にみちびかれ
7/7-9/2中之島香雪美術館中之島香雪美術館 開館記念展 「 珠玉の村山コレクション 〜愛し、守り、伝えた〜 」 ? 茶の道にみちびかれ|中之島香雪美術館魚拓
琉球 美の宝庫7/18-9/2サントリー美術館琉球 美の宝庫 サントリー美術館魚拓
ばんこやき再発見!
ー受け継がれた萬古不易の心ー
7/21-9/2四日市市立博物館【《そらんぽ四日市》四日市市立博物館・プラネタリウム】博物館トップ魚拓
チャペック兄弟と子どもの世界7/1-9/9芦屋市立美術博物館チャペック兄弟と子どもの世界魚拓
建築の日本展4/25-9/17森美術館六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの|森美術館 - MORI ART MUSEUM魚拓
生誕110年 田中一村7/14-9/17佐川美術館生誕110年 田中一村展|佐川美術館魚拓
NHK大河ドラマ特別展「西郷どん7/28-9/17大阪歴史博物館大阪歴史博物館:特別展:明治維新150年 NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」 魚拓
ミケランジェロと理想の身体6/19-9/24国立西洋美術館ミケランジェロと理想の身体|開催中の展覧会|国立西洋美術館魚拓
レオ・レオーニ展8/11-9/24伊丹市立美術館レオ・レオーニ展|伊丹市立美術館魚拓
【特集】中国書画精華ー名品の魅力ー
(前期)
8/28-9/24東京国立博物館東京国立博物館 - 展示 年間スケジュール魚拓
鈴木松年
蕭白と呼ばれた男
7/10-9/30香雪美術館今後の開催予定 : 展覧会|香雪美術館魚拓
大和文華館の中国朝鮮絵画8/24-9/30大和文華館展覧会|大和文華館魚拓
ハピネス 〜明日の幸せを求めて
名古屋ボストン美術館 最終展
7/24-10/8名古屋ボストン美術館名古屋ボストン美術館 最終展 ハピネス〜明日の幸せを求めて|GRAND FINAL EXHIBITIONS|名古屋ボストン美術館魚拓
バウハウスへの応答8/4-10/8京都国立近代美術館バウハウスへの応答|京都国立近代美術館魚拓
東山魁夷8/29-10/8京都国立近代美術館生誕110年 東山魁夷展|京都国立近代美術館魚拓
京都の御大礼−即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび−展9/1-10/8細見美術館明治150年・平成30年記念 京都の御大礼−即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび− 他|今後の展覧会 - 京都 細見美術館魚拓
プラド美術館6/13-10/14兵庫県立美術館プラド美術館展 [兵庫県立美術館]魚拓
プーシキン美術館展──旅するフランス風景画7/21-10/14国立国際美術館プーシキン美術館展──旅するフランス風景画展覧会|NMAO:国立国際美術館
【公式】プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画
魚拓
東西数寄者の審美眼
阪急小林一三東急五島慶太のコレクション
8/25-10/14逸翁美術館東西数寄者の審美眼 阪急・小林一三と東急・五島慶太のコレクション|逸翁美術館|阪急文化財団魚拓
仏教美術の名宝9/8-10/14泉屋博古館京都:企画展スケジュール|泉屋博古館 住友コレクション魚拓
きのこ!キノコ!木の子! 〜きのこから眺める自然と暮らし〜7/21-10/21大阪市立自然史博物館きのこ!キノコ!木の子!〜きのこから眺める自然と暮らし〜|大阪市立自然史博物館魚拓
開館35周年記念名品展
-茶の湯の美・能楽の美・日本の美-
(前期)
9/8-10/21野村美術館展覧会情報|野村美術館魚拓
【特集】中国書画精華ー名品の魅力ー
(後期)
9/26-10/21東京国立博物館東京国立博物館 - 展示 年間スケジュール魚拓
浄土九州
九州浄土教美術−
9/15-11/4福岡市博物館特別展示|展示・体験学習室|福岡市博物館魚拓
大名茶人・松平不昧9/21-11/4島根県立美術館島根県立美術館|年間スケジュール魚拓
土佐 光吉
戦国の世を生きたやまと絵師−
10/6-11/4堺市博物館平成30年度 堺市博物館 展覧会年間スケジュール 堺市魚拓
横山華山展9/22-11/11東京ステーションギャラリー東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY -魚拓
建国1100年 高麗
金属工芸の輝きと信仰
10/6-11/11大和文華館展覧会|大和文華館魚拓
鳥取画壇の祖 土方稲嶺
―明月来タリテ相照ラス―
10/6-11/11鳥取県博物館企画展年間スケジュール/とりネット/鳥取県公式サイト魚拓
高麗青磁
ヒスイきらめき
9/1-11/25大阪市立東洋陶磁美術館展覧会情報|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館魚拓
京のかたな
匠のわざと雅のこころ
9/29-11/25京都国立博物館特別展 京のかたな−匠のわざと雅のこころ ― 京都国立博物館魚拓
ルーヴル美術館展 肖像芸術9/22-2019/1/14大阪市立美術館ルーヴル美術館展 肖像芸術 一 人は人をどう表現してきたか │ 大阪市立美術館魚拓

2018/07/01

[][][]生誕150年 横山大観展

否定意見を先に見かけてしまった

私、大観は好きな方です。なのですが、観に行く前に見かけたいろいろな人のツイートが総じて否定的だったのがとても気になったのです。

 横山大観といえば近代日本を代表する画家であり、国民画家といっていい。…日本画という形式を確立させた功績は大きい。展覧会の構成も「明治」「大正」「昭和」と単純明快な分け方だ。絵そのものもわかりやすい。…富士にしろ桜にしろ四季の風景にしろ、見たまんま、なんの裏もない。

 …グローバルというより節操がないのかもしれない。これは芸術家にとって重要な気質だ。全長40メートルを超す《生々流転》などは、長大さで目を引こうというスタンドプレイだろう。…大観の行為は戦時下における芸術家の模範的役割を示すと同時に、国民に対する愛国精神のアピールにもなったはず。…まあ残された作品より、近代日本の広告塔としての役割のほうが大きかった画家ではないかと思った。

生誕150年 横山大観展:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

もちろん否定的ではない意見もあります。

とはいえ、なんだか否定的な前評判を受けてから行くのは変な先入観が付いていてちょっとやだなーと思いつつ、京近美での前期最終日に足を運んだのでした。

会場にて

想像以上の入館者数に驚き。ショップも大盛況。会場へ上がるエレベーターへの長い行列。列ぶのが面倒なので横の階段を3階まで登る。そして会場も大盛況。

日本画の展覧会、特に院展系の展覧会には日参しているので、個人蔵ではない今回の出展作品はだいたい以前に観たことがある。とはいえ、今回の展示の照明が明るいのか、以前見た作品も見やすく感じた。

大観の作品でいつも思うこと、動物が人っぽく、人が人形っぽい、今回もやはりそれを再確認した。

数十年ぶりに発見されたとのうわさで知っていた白衣観音、目がおかしい。

とはいえ人物画家ではないのだからそれは置いておけば良いのだ。否定からでは無く、良さを評価したい。

大観の表現で好きなのは、雨や空気などを表現する墨の色。その陰があるからこそ、他の部分が光り輝く。

絵の中は全て静止している。動きがない。だが見えない空気は動いている。雨も轟々と大地や水面へ降り注いでいる。つまり、大観はこの湿度の多い東アジアを描く画家なのだ。

見終えて

会場に居る人たちは、普段の日本画展と比較しても年齢層がとても幅広い。そして小難しい顔をして観ている人は少なく、楽しげである。展覧会の出口では「ああ楽しかった^^」という雰囲気を醸し出して出ていく人々ばかりである。

では、最初に掲げた人々はなぜ大観に対して否定的だったのか。それはやはり「国民画家」である大観の辛さではなかろうか。

例えばブラジルでは全ての人たちがサッカーの監督である。それは国民スポーツへの愛ゆえである。それゆえ自分の想いと異なっているものには否定的にならざるを得ない。しかし全ての国民がサッカー代表チームを愛している。

翻って日本における「国民画家」大観に対して。目を見張るほど細密描写が描けるわけではない。上にも書いたように、人物描写は稚拙である。動物をそのまま描くのでは無く、なぜか擬人化して描くことが多い。しかし、やはりそれは画家への愛ゆえに否定が先行してしまうのだ。つまり、やはり基本的にみんな大観が大好きなのだ。

と勝手に納得して筆を擱くことにする。

ちなみに

京近美は次も「国民画家」と呼ばれた人の展覧会である。はてさて。

ただし横山大観展とは逆に、京都展が先で東京展(@ 新美)が後である。

2018/06/21

[][][][]京都新聞連載「タテカン考」へのリンク(全七回)

京都新聞の記事は1か月ぐらいで消されてしまうものもあるのでInternet Archiveに保存しておきます。

個人的には木村英輝の話はイマイチ。他方、井上章一氏の話が一番興味深かった。特に以下の二箇所はとてもうなずける内容。

会員制交流サイト(SNS)のある中、立て看板だけでしか伝えられないことがあるとは思えない。表現と学問の自由の尊重を理由に立て看板の設置継続を訴えても、もはや守るべき内実はない。「京大は特別なんだ」というエリート意識を守りたいだけなのだろう。


京都市景観施策からも、守るべき「美しい景観」があるとは感じられない。1階や2階に瓦屋根を使っているマンションがあるが、美しいデザインとは言えない。行政の指導で瓦を使うようだが、あれのどこが「京都らしい」のか。

今後も考えていく重要案件であるので、ひとまず問題勃発当初の資料として記録しておきます。

2018/04/01

[][][]2018年度展覧会観覧予定その1(春編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全て行くことが出来ないのは分かってますw

終了日順に並べています(随時更新)。

展覧会名期間会場リンク魚拓
寛永の雅2/14-4/8サントリー美術館寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館魚拓
生命の彩
−花と生きものの美術−
2/23-4/8大和文華館特別企画展 生命の彩(いろどり)−花と生きものの美術− |大和文華館魚拓
琳派展20 抱一の花・其一の鳥3/3-4/15細見美術館開館20周年記念展II 細見コレクションの江戸絵画 琳派展20 抱一の花・其一の鳥|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館魚拓
最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり2/11-4/22兵庫県立人と自然の博物館開館25周年記念展示・国際共同特別展示「最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり」 - 兵庫県立 人と自然の博物館(ひとはく)魚拓
猿楽と面
大和近江および白山の周辺から―
(前期)
3/10-4/22MIHO MUSEUM猿楽と面ー大和・近江および白山の周辺からー – MIHO MUSEUM魚拓
明治150年展
明治日本画工芸
(前期)
3/20-4/22京都国立近代美術館明治150年展 明治の日本画と工芸|京都国立近代美術館魚拓
珠玉の村山コレクション 〜愛し、守り、伝えた〜
I 美術を愛して
3/21-4/22中之島香雪美術館中之島香雪美術館 開館記念展 「 珠玉の村山コレクション 〜愛し、守り、伝えた〜 」 I 美術を愛して|中之島香雪美術館魚拓
秘宝 鹿島立御鉾特別公開
(前期)
4/14-4/25春日大社
桂昌殿
pdf魚拓
堂本印象
創造への挑戦
(前期)
3/21-4/30京都府立堂本印象美術館堂本印象美術館 企画展魚拓
池大雅
天衣無縫の旅の画家
(前期)
4/7-4/30京都国立博物館池大雅 天衣無縫の旅の画家|京都国立博物館|Kyoto National Museum魚拓
圓福寺 ―京都八幡達磨堂 寺宝展
(前期)
4/3-5/5花園大学歴史博物館2018春 圓福寺 ―京都八幡達磨堂 寺宝展 |墨跡展覧会|禅文化研究所魚拓
トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために1/21-5/6国立国際美術館開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」― 国立国際美術館(NMAO)魚拓
大原治雄写真展
ブラジルの光、家族の風景
2/17-5/6海外移住と文化の交流センター(神戸2017年 お知らせ|一般財団法人日伯協会 - 日本とブラジルの架け橋 since 1926魚拓
付属品とたのしむ茶道3/3-5/6泉屋博古館京都:展示会情報|泉屋博古館 住友コレクション魚拓
未来につなぐ
和の意匠
3/24-5/6逸翁美術館One more 未来につなぐ 和の意匠(デザイン)力|逸翁美術館|阪急文化財団魚拓
北円堂特別開扉4/21-5/6興福寺北円堂北円堂特別開扉|法相宗大本山 興福寺魚拓
大名茶人 松平不昧と天下の名物
「雲州蔵帳」の世界
(前期)
4/7-5/10畠山記念館[春季展]|畠山記念館魚拓
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢4/14-5/13美術館「えき」KYOTO美術館「えき」KYOTO魚拓
国宝 春日大社のすべて
(前期)
4/14-5/13
5/8-13
国宝甲冑4領勢揃い
奈良国立博物館国宝 春日大社のすべて|奈良国立博物館魚拓
江戸戯画鳥羽絵から北斎国芳暁斎まで
(前期)
洋画と日本の風土
百花繚乱 日本の漆工
鉄:クロガネの美
4/17-5/13大阪市立美術館江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで │ 大阪市立美術館魚拓
京都画壇の明治
(前期)
4/28-5/15京都市学校歴史博物館企画展「京都画壇の明治」|近代京都画壇の源流を一堂に総覧できる,これまでにない機会となる展覧会を開催いたします|京都市学校歴史博物館魚拓
中島 潔 展3/17-5/20大阪文化館・天保山中島 潔 展|イベント|関西テレビ放送 カンテレ魚拓
写真家 ソール・ライター展4/7-5/20伊丹市立美術館開催中の展覧会|伊丹市立美術館魚拓
尾形光琳筆「中村内蔵助像」と人物表現の魅力4/13-5/20大和文華館尾形光琳(おがたこうりん)筆「中村内蔵助(なかむらくらのすけ)像」と人物表現の魅力 |大和文華館魚拓
大名茶人・松平不昧
(前期)
4/21-5/20三井記念美術館三井記念美術館魚拓
美のチカラ展
美の力
POWER OF ART
茶事の妙
4/21-5/20石川県立美術館
金沢21世紀美術館
金沢市立中村記念美術館
美の力|石川県立美術館
美のチカラ 「POWER OF ART」
開催中の展覧会|展覧会|金沢市立中村記念美術館
魚拓
魚拓
魚拓
釈迦さんワールド
(前期)
4/21-5/20龍谷ミュージアム特別展・企画展|展示案内|龍谷大学 龍谷ミュージアム魚拓
明治150年展
明治日本画工芸
(後期)
4/24-5/20京都国立近代美術館明治150年展 明治の日本画と工芸|京都国立近代美術館魚拓
神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展3/21-5/27佐川美術館神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展|佐川美術館魚拓
小磯良平吉原治良3/24-5/27兵庫県立美術館兵庫県立美術館「小磯良平と吉原治良 Koiso Ryohei and Yoshihara Jiro  Dividing Ridge of the Hanshinkan Modernism」展魚拓
太陽の塔からみんぱくへ―
70年万博収集資料
3/8-5/29国立民族学博物館開館40周年記念特別展「太陽の塔からみんぱくへ― 70年万博収集資料」|国立民族学博物館魚拓
黄檗三筆隠元・木庵・即非の墨蹟と寄贈資料でたどる日中仏教交流展4/18-5/31黄檗萬福寺 文華殿黄檗山萬福寺 文華殿 - 春季特別展のお知らせ 『黄檗三筆隠元・木庵・即非の墨蹟と寄贈資料でたどる日中仏教交流展』...|Facebook魚拓
圓福寺 ―京都八幡達磨堂 寺宝展
(後期)
5/7-6/2花園大学歴史博物館2018春 圓福寺 ―京都八幡達磨堂 寺宝展 |墨跡展覧会|禅文化研究所魚拓
永遠の少年、ラルティーグ
―写真は魔法だ!―
4/21-6/3細見美術館永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館魚拓
西村公朝
芸術家の素顔
4/21-6/3吹田市立博物館特別展|吹田市立博物館魚拓
猿楽と面
大和近江および白山の周辺から―
(後期)
4/24-6/3MIHO MUSEUM猿楽と面ー大和・近江および白山の周辺からー – MIHO MUSEUM魚拓
奈良国立博物館
夏季講座申込期間
5/14-6/4奈良県文化会館第47回 奈良国立博物館 夏季講座|奈良国立博物館
京都画壇の明治
(中期)
5/17-6/5京都市学校歴史博物館企画展「京都画壇の明治」|近代京都画壇の源流を一堂に総覧できる,これまでにない機会となる展覧会を開催いたします|京都市学校歴史博物館魚拓
堂本印象
創造への挑戦
(後期)
5/2-6/10京都府立堂本印象美術館堂本印象美術館 企画展魚拓
国宝 春日大社のすべて
(後期)
5/15-6/10奈良国立博物館国宝 春日大社のすべて|奈良国立博物館魚拓
秘宝 鹿島立御鉾特別公開
(後期)
5/26-6/10春日大社
桂昌殿
pdf魚拓
江戸戯画鳥羽絵から北斎国芳暁斎まで
(後期)
炎をまとう尊像−明王・天部−
江戸禅僧の戯画
翰墨かんぼく流香るこう−清時代の書画
5/15-6/10大阪市立美術館江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで │ 大阪市立美術館魚拓
京都国立博物館
夏期講座申込期間
6/1-6/10京都国立博物館夏期講座|京都国立博物館
武将たちは何故、神になるのか4/28-6/17滋賀県立安土城考古博物館平成30年度春季特別展「武将たちは何故、神になるのか ―神像の成立から天下人の神格化まで―」|滋賀県立安土城考古博物館魚拓
大名茶人 松平不昧と天下の名物
「雲州蔵帳」の世界
(後期)
5/12-6/17畠山記念館[春季展]|畠山記念館魚拓
大名茶人・松平不昧
(後期)
5/22-6/17三井記念美術館三井記念美術館魚拓
釈迦さんワールド
(後期)
5/22-6/17龍谷ミュージアム特別展・企画展|展示案内|龍谷大学 龍谷ミュージアム魚拓
なにわ人物誌 堀田龍之助―幕末・近代の大阪に生きた博物家―4/25-6/18大阪歴史博物館大阪歴史博物館:特別企画展:なにわ人物誌 堀田龍之助―幕末・近代の大阪に生きた博物家―魚拓
京都画壇の明治
(後期)
6/7-6/19京都市学校歴史博物館企画展「京都画壇の明治」|近代京都画壇の源流を一堂に総覧できる,これまでにない機会となる展覧会を開催いたします|京都市学校歴史博物館魚拓
石に刻まれた文化財山頭火若江城アンコール・ワット6/4-6/23大阪商業大学商業史博物館平成30年度大阪商業大学商業史博物館春季企画展「石に刻まれた文化財―山頭火・若江城・アンコール・ワット」の開催と受講者募集 - 商業史博物館 - 大阪商業大学魚拓
足もとに眠る京都
考古学からみた鴨東の歴史─
飛鳥〜室町時代
2/14-6/24京都大学総合博物館平成30年度企画展 足もとに眠る京都 ─考古学からみた鴨東の歴史─ ― 京都大学総合博物館魚拓
足もとに眠る京都
考古学からみた鴨東の歴史─
旧石器〜古墳時代
2/14-6/24京都市考古資料館京都市埋蔵文化財研究所 » 平成29年度 後期特別展示 「足もとに眠る京都−考古学からみた鴨東の歴史−」魚拓
ヌード NUDE ー英国テート・コレクションより3/24-6/24横浜美術館ヌード展魚拓
奈良の刀剣
−匠の美と伝統−
4/21-6/24奈良県立美術館特別展 奈良の刀剣 −匠の美と伝統−/奈良県公式ホームページ魚拓
ボストン美術館浮世絵名品展
鈴木春信
4/24-6/24あべのハルカス美術館ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信|あべのハルカス美術館魚拓
【特集】和物茶碗の世界−美濃、樂、京焼、唐津、高取4/24-6/24東京国立博物館東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) 和物茶碗の世界−美濃、樂、京焼、唐津、高取魚拓
オットー・ネーベル展4/28-6/24京都文化博物館色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに | 京都府京都文化博物館魚拓
珠玉の村山コレクション 〜愛し、守り、伝えた〜
II 美しき金に心をよせて
4/28-6/24中之島香雪美術館開催中の展覧会|中之島香雪美術館魚拓
【特集】ひらがなの美―高野切―5/8-7/1東京国立博物館東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) ひらがなの美―高野切―魚拓
大和文華館の水墨画5/25-7/1大和文華館展覧会|大和文華館魚拓
視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品5/26-7/1国立国際美術館視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品展覧会|NMAO:国立国際美術館魚拓
大いなる神仏の山 大山
−その歴史と民俗
6/2-7/1鳥取県博物館【開催中の企画展】大いなる神仏の山 大山−その歴史と民俗−/とりネット/鳥取県公式サイト魚拓
横山大観展
(前期)
6/8-7/1京都国立近代美術館生誕150年 横山大観展|京都国立近代美術館魚拓
絵描きの筆ぐせ、腕くらべ
―住友コレクションの近代日本画
5/26-7/8泉屋博古館京都:展示会情報|泉屋博古館 住友コレクション魚拓
唐古・鍵遺跡重要文化財
〜新指定品の紹介〜
6/1-7/8唐古・鍵考古学ミュージアム唐古・鍵考古学ミュージアムリニューアルオープン、企画展・シンポジウムのお知らせ/田原本町魚拓
古萬古とそれを継ぐ者6/1-7/8桑名市博物館「古萬古とそれを継ぐ者」「絵画展」のご案内 - 桑名市〜本物力こそ、桑名力。〜魚拓
フランス宮廷の磁器
セーヴル、創造の300年
4/7-7/16大阪市立東洋陶磁美術館現在の展覧会|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館魚拓
角屋蔵「岸駒と岸派展3/15-7/18角屋もてなしの文化美術館角屋もてなしの文化美術館魚拓
萬古の名陶6/7-7/29パラミタミュージアムパラミタミュージアム/企画展魚拓
蛇足庵コレクション
江戸なぞなぞ
判じ絵
6/9-8/19細見美術館蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ−判じ絵−|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館魚拓
赤と青のひ・み・つ
聖なる色のミステリー
6/30-8/26MIHO MUSEUM赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー – MIHO MUSEUM魚拓
建築の日本展4/25-9/17森美術館六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの|森美術館 - MORI ART MUSEUM魚拓

2018/02/11

[]京博名品ギャラリー中国絵画「奇想の画家・蘇仁山

「奇想の画家・蘇仁山」(2018年1月23日 〜 2018年2月18日)

とてもクセのある画家の作品でした。

中国・清時代後期の広東を拠点にした画家・仁山じんざん(1814〜50?)は、一風変わった画家として知られています。科挙に挑むものの失敗し、家族との確執を抱え、孤独を好みました。その画は力強い墨線で幻想的な独自の世界を作り出しています。画に添えた文章も難解で、ときに儒教批判を繰り広げました。生前はほとんど評価されませんでしたが、20世紀に入って広東に赴任した日本人外交官須磨すま弥吉郎やきちろう(1892〜1970)が積極的に収集をはじめてからは、奇想の画家として注目されるようになりました。この展示では、須磨弥吉郎のコレクションのなかから、蘇仁山の山水・人物・花鳥図をご紹介いたします。

奇想の画家・蘇仁山 | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

作品名
作者
ひとこと
コメント
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/149710.jpg
朝景図
蘇六朋筆
弘仁山水図
仁山
濃墨の線。
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/c024231.jpg
倣呉鎮山水図
仁山
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/c024228.jpg
越井崗辺図
仁山
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/149734.jpg
賢劫菴荘厳寺両祇園図
仁山
サインペン画。
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/c024196.jpg
百鳥万歳図
仁山
個々の鳥たちはかわいいのだが、集まりすぎてヒッチコック「鳥」状態。飛蝗にも見える。
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/c024224.jpg
双鳥牡丹図
仁山
鳥(ツバメ?)正面図がかわいい。
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/c024235.jpg
顕慶玄奘てい萊勒銘
仁山
画面中央の老人たちは何を持っていて何を待っているのか。
人物
仁山
柔らかい点線画。
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/c024234.jpg
九老図
仁山
ボールペン画。
文宗四像
仁山
上の九老図のコピペ
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/media_files/large/149708.jpg
三老図
仁山
子どもはなにを意味するのか。

これらの作品のうちの主役サイズであった「百鳥万歳図」に関しては、京博でも配布されていた博物館ディクショナリー奇想の画家が描いた花鳥図 百鳥万歳図(蘇仁山筆、京都国立博物館蔵)が公開されています。

なお、蘇仁山は現代のオークションでもしばしば出品されているようです。簡体字だと「苏仁山」と書きます。その他、オークションは「拍卖会」、オークションの品は「拍品」です。このあたりのキーワードを使って検索するといろいろ見れます。