Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2012/05 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
また、トレンドマイクロ製品+パターン+ウィルスの情報も提供しています。
Trendmicro Japanがイエローアラート以上を出した場合いろいろな情報を提供するようにしています。
Matcha's Security Blogにてセキュリティ情報(英語)も提供しています
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)20122011続き201020092008
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2012年05月01日(火曜日)

[][]「Appleのセキュリティ対策はMicrosoftより10年遅れ」――KasperskyのCEO - ITmedia エンタープライズ(情報元のブックマーク数

この10年MicrosoftがBlasterやNimda以降何をしてきたと思ってるんだw

攻略しづらくなっているのは間違えないでしょうね。業界用語では、「刺さらない」とか「貫通しない」って感じなんだろうねw

ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labの創業者兼CEO、ユージン・カスペルスキー氏が英誌Computer Business Review(CBR)の独占インタビューに応え、「Appleはセキュリティに関してMicrosoftより10年遅れている」との見方を示した。

4月25日のCBRオンライン版に掲載されたインタビューの中でカスペルスキー氏は、Macを狙ったマルウェア「Flashback」の猛威は今後の攻撃の連鎖の始まりにすぎないと予想。Macを狙ったマルウェアの増加は「時間と市場シェアの問題だ」と述べ、「Microsoftが10年以上前からいる世界にAppleは足を踏み入れた。(Macを狙うマルウェアは)今後もっともっと増えるだろう。サイバー犯罪者は成功から学ぶ。そして今回が初めての成功事例だった」と語った。

さらに、Appleは今後、ユーザーを守るためにセキュリティアップデートのリリース周期を見直す必要に迫られ、セキュリティ対策への投資増額を強いられると予想している。

Microsoftのエバンジェリスト、ジェリー・ニクソン氏は4月26日のブログでこのインタビューを紹介した。この中でニクソン氏は、iPadの普及を足掛かりとしてMacが企業にも進出するとの観測が高まっているが、エンタープライズ分野では安定性、サポート、後方互換性、そしてセキュリティが重視されると指摘。「果たしてAppleにそれができるのか」と疑問を投げ掛けている。

「Appleのセキュリティ対策はMicrosoftより10年遅れ」――KasperskyのCEO - ITmedia エンタープライズ

screenshot

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20120501/1335859592
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。