Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2017/06 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2017年06月01日(木曜日) 電波の日

[][]Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1 Patch 2 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

(情報元のブックマーク

Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1 Patch 2 リリース

Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1 Patch 2 を以下のとおり公開いたします。


■ 公開開始日

2017年5月9日

■入手方法

モジュールにつきましては法人カスタマーサイトからダウンロードすることができます。

最新版ダウンロードページ では、Readme のみを公開しております。


■導入手順

以下のReadme または 製品Q&A にてご確認いただけます。

Readme

製品Q&A


■製品サポート

ご不明な点がございましたら、弊社サポートセンターまでお問合せください。

お問合せ方法については、 こちらをご確認ください。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ
2. 修正される内容
=================
注意: 本Patchをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には「手
      順」を実行してください (インストールについては、「5.1 インストール手順」
      を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本Patchでは、次の新機能が提供されます。

   本Patchで提供される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   機能: (HotFixファイル名)(社内管理用番号)
       機能の内容
   ------------------------------------------------

   本Patchに含まれる新機能はありません。

   2.2 本Patchで修正される既知の問題
   =================================
   本Patchでは、次の問題が修正されます。

   本Patchで修正される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   問題: (HotFixファイル名)(社内管理用番号)
       問題の内容

   修正:
       修正の内容

   手順:
       手順の内容
   ------------------------------------------------

   問題1: (JP_HotFix_2123)(348820)
     Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1の仮想アナライザイメージアップ
     ロードツールで、10GBより大きく12GBより小さいサイズのイメージファイルの参照
     に失敗する問題

   修正1:
     本Patchの適用後は、Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1の仮想アナ
     ライザイメージアップロードツールが修正され、上記のサイズのイメージファイル
     も参照できるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題2: (JP_HotFix_2124)(348796)
     エクスポートした検出ログに、内部処理で使用される内容が「ファイルパス」とし
     て含まれている問題

   修正2:
     本Patchの適用後は、エクスポートした検出ログに不必要な内容が含まれなくな
     り、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題3: (JP_HotFix_2125)(348615)
     Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1の [管理]→[システム設定]→
     [プロキシ] 画面で、[プロキシサーバ認証] の [ユーザ名] と [パスワード] に
     長い文字列を指定すると、仮想アナライザが開始されない問題

   修正3:
     本Patchの適用後は、仮想アナライザのモジュールがアップデートされ、この問題
     が修正されます。

     仮想アナライザで有効なユーザ名の最大長は33文字、パスワードの最大長は65文字
     です。これらの文字数を超えた場合は、無効になります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題4: (JP_HotFix_2127)(348515)
     HotFix ビルド 2092を適用すると、Deep Discovery Inspector 3.8 Service 
     Pack 1 で不審オブジェクトリストが生成されなくなる問題

     この問題は、Deep Discovery Inspectorのデータベースのカウンタと仮想
     アナライザモジュールのカウンタが同期されていないために発生していました。

   修正4:
     本Patchの適用後は、Deep Discovery Inspectorのデータベースのカウンタと
     仮想アナライザモジュールの関連するカウンタが同期されるようになり、この
     問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題5: (JP_HotFix_2129)(350076)
     Deep Discovery Inspectorで、下記の脆弱性の影響を受ける問題

     - CVE-2016-5385
     - CVE-2016-5387

   修正5:
     本Patchの適用後は、上記の脆弱性の問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題6: (JP_HotFix_2130)(351878)
     TMSPが正しくないIPアドレスを付加して通知メールを送信する問題

     この問題は、Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1から受信するログの
     IPアドレスの形式が正しくないことに起因していました。

   修正6:
     本Patchの適用後は、Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1がTMSPに
     ログを送信する場合、符号付き整数の形式でIPアドレスを送信するようになり、
     この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題7: (JP_HotFix_2132)(352418)
     検出ログで、32文字を超える検出名の表示に文字切れが発生する問題

   修正7:
     本Patchの適用後は、検出名が最大64文字まで表示されるようになり、この問題
     が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題8: (JP_HotFix_2133)(351503)
     Deep Discovery Inspector 3.8 Service Pack 1 HotFix (ビルド2092) を適用
     すると、WebレピュテーションサービスとWeb Inspection Serviceの日本語版の
     Webサイトのリンクが英語版のWebサイトにリダイレクトされる問題

   修正8:
     本Patchの適用後は、WebレピュテーションサービスとWeb Inspection Serviceの
     正しいURLが設定され、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題9: (JP_HotFix_2138)(353706)
     詳細レポートを作成した場合、レポート内の「2. 重要度の高いホスト」に、表示
     されている内容と不整合な「過去3日間に重大度の高い検出のあったホストで
     す。」というメッセージが表示される問題

   修正9:
     本Patchの適用後は、上述のメッセージが削除され、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題10: (JP_HotFix_2140)(353640)
     Deep Discovery InspectorがCVE-2016-6304の脆弱性の影響を受ける問題

   修正10:
     本Patchの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題11: (JP_HotFix_2141)(353782)
     管理コンソールの [管理]->[システム設定]->[プロキシ] 画面で保存されたプロキ
     シサーバの設定内容を一度保存すると、削除して空にすることができない問題

   修正11:
     本Patchの適用後は、管理コンソールの [管理]->[システム設定]->[プロキシ] 画
     面で保存されたプロキシサーバの設定内容を削除することができるようになりま
     す。

     入力内容を削除するには、一度 [コンポーネントとライセンスのアップデートに
     プロキシサーバを使用する] オプションをオンにし、各項目の入力内容を削除して
     空にします。その後、オプションをオフにして保存してください。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題12: (JP_HotFix_2142)(356454)
     ネットワークトラフィックがしきい値に達していない場合でも、トラフィックを
     監視する時間範囲の開始時間に「高ネットワークトラフィック」通知が送信される
     ことがある問題

   修正12:
     本Patchの適用後は、ネットワークトラフィックがしきい値に達した場合のみ
     「高ネットワークトラフィック」通知が送信されるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題13: (JP_HotFix_2144)(356824)
     管理コンソールの [検出]→[不審オブジェクト] で表示される [不審オブジェクト
     の検出] 画面で削除した不審オブジェクトが、RDQAページの [Blacklist CPL] 画
     面から生成した不審オブジェクトのリストに表示される問題

   修正13:
     本Patchの適用後は、RDQAページの [Blacklist CPL] 画面から生成した不審オブ
     ジェクトのリストが、管理コンソールの [不審オブジェクトの検出] 画面で表示
     されるリストと一致するようになり、この問題が修正されます。

   注意:
     RDQAページとは、内部的な設定を行うページとなりますので、弊社によって必要
     と判断された場合に限り設定方法をご案内させて頂いております。そのため、
     RDQAページについてお問い合わせいただいてもお答え致しかねます。
     尚、ご案内させていただきました設定以外の設定変更はサポート対象外となりま
     すことをご了承ください。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題14: (JP_HotFix_2147)(357201)
     HotFixの適用後に、仮想アナライザセンサの実際のバージョン番号と管理コン
     ソールに表示されるバージョン番号が異なることがある問題

     この問題は、仮想アナライザモジュールが含まれるHotFixを適用する際、
     モジュールに含まれている仮想アナライザセンサが最新バージョンではない場合
     に、Deep Discovery Inspectorの仮想アナライザセンサは古いバージョンに置換さ
     れますが、管理コンソールでは新しいバージョン番号が表示されるために発生して
     いました。

   修正:
     本Patchの適用後は、バックエンドの仮想アナライザセンサの正しいバージョンを
     管理コンソールに同期するためのボタンがRDQAページの [Virtual Analyzer 
     Settings] 画面に追加され、この問題が修正されます。

   注意:
     RDQAページとは、内部的な設定を行うページとなりますので、弊社によって必要
     と判断された場合に限り設定方法をご案内させて頂いております。そのため、
     RDQAページについてお問い合わせいただいてもお答え致しかねます。
     尚、ご案内させていただきました設定以外の設定変更はサポート対象外となりま
     すことをご了承ください。

https://app.trendmicro.co.jp/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=2885

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20170601/1496305521
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。