Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2017/07 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
また、トレンドマイクロ製品+パターン+ウィルスの情報も提供しています。
Trendmicro Japanがイエローアラート以上を出した場合いろいろな情報を提供するようにしています。
Matcha's Security Blogにてセキュリティ情報(英語)も提供しています
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2017年07月17日(月曜日)

[][]ニュース - 「IoTやAIを活用するのに必須だった」、住友化学がSAP製ERPのAWS移行を紹介:ITpro

情報元のブックマーク

住友化学のSAP ERPをAWS移行したらしい。土佐さんだ!!!!(懐かしい

住友化学土佐泰夫IT推進部理事は2017年7月6日、アマゾン ウェブ サービス ジャパンが開催した企業向けセミナー「SAP on AWS最新動向セミナー」に登壇した。住友化学がグローバルで進めている欧州SAP製のERP(統合基幹業務システム)をAmazon Web Services(AWS)上に移行する事例を自ら語った。

住友化学土佐泰夫IT推進部理事 [画像のクリックで拡大表示]

同社のERPはグループ会社を含めて国内で約5700ユーザーが使うという。サーバー台数は82台で、SAP独自の処理能力の目安であるSAPS値は約20万で、土佐理事は「国内企業で最大級」とした。

 国内グループ企業が使うサーバー33台で運用していたERPを2016年12月、AWS上に移行。2017年7月中には49台のサーバー運用する周辺システムもAWS上に移行する予定という。並行して海外グループ会社が使うERPと周辺システムもAWS上への移行を進めているとした。

 土佐理事はAWS上への移行を決めた理由を「IoT(インターネット・オブ・シングズ)や人工知能(AI)など、新しく登場するITはきっとAWSに対応するから」と話した。最新のITを事業に生かすには、世界中で使われているシステム基盤を使うべきだと考えたという。「独自に構築したインフラよりAWSのほうが標準的だ」(土佐理事)。

ニュース - 「IoTやAIを活用するのに必須だった」、住友化学がSAP製ERPのAWS移行を紹介:ITpro

screenshot

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20170717/1500282785
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。