Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2017/07 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
また、トレンドマイクロ製品+パターン+ウィルスの情報も提供しています。
Trendmicro Japanがイエローアラート以上を出した場合いろいろな情報を提供するようにしています。
Matcha's Security Blogにてセキュリティ情報(英語)も提供しています
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2017年07月17日(月曜日)

[][]企業セキュリティ、七つの鉄則 - CSIRTがうまくいく、たった二つの条件:ITpro

情報元のブックマーク

たった2つを読み損ねた。。。orz

セキュリティコンサルタントとして金融業や製造業などの「CSIRT」構築支援に携わって、もう10年以上になる。企業や団体にとって欠かせなくなったCSIRTだが、構築や運営のノウハウが広まっているわけではない。本記事では私の経験を基に、CSIRTの構築・運営のポイントをお伝えしていく。読者のヒントになれば幸いだ。

 CSIRTは「コンピュータセキュリティ・インシデント・レスポンス・チーム」の略で、不正アクセス情報漏洩といったセキュリティインシデント(事故)の発生が疑われるときに、対応に当たる。

 10年前、CSIRTという言葉を知っている一般企業は少数派だった。しかし今や、毎週のようにCSIRT構築の問い合わせが舞い込む。それもそのはずだ。「日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)」に加盟する組織数は2007年にわずか6社だったが、2012年には31社に増え、2017年6月1日時点で234 組織と雪だるま式に増えているからだ。

 日本の企業数を考えれば、加盟組織がまだまだ増えるのは間違いない。特に重要インフラと呼ばれる業界では加盟組織が急増するだろう。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、国家規模のサイバー攻撃に備えるため、業界内と業界間で協力する仕組みと、その担い手となる会社単位の対応チームが必要だからだ。一方で、経営層にCSIRT設立を指示されたものの、「さてどうしたものか」と考えあぐむ担当者が多いのも事実だろう。

企業セキュリティ、七つの鉄則 - CSIRTがうまくいく、たった二つの条件:ITpro

screenshot

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20170717/1500284862
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。