Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2018/01 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2018年01月13日(土曜日) ピース記念日

彩華ラーメン

[][]ほのぼのイラスト計画!: アバタージェネレータ

情報元のブックマーク

顔がないイラストがあって、顔のパーツがないんだよー!って [twitter:@harupuxa]に連絡したら、ジェネレーターを作ってくれた!!!すごい!期間は1日!!!ありがとう!!!!はるぷ!

アバタージェネレータ

ほのぼのイラスト計画!: アバタージェネレータ

そして、似てるって言われた!w

f:id:ripjyr:20180113205830j:image

screenshot

[][]「監査人」から見た今年の10大セキュリティ問題(JASA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]

情報元のブックマーク

監査人から見たセキュリティの十大トレンド

特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)は1月5日、「情報セキュリティ監査人が選ぶ2018年度の情報セキュリティ十大トレンド」を発表した。これは2017年10月18日〜10月31日に実施したアンケート調査によるもの。有効回答数は195件。第1位を3ポイント、第2位を2ポイント、第3位を1ポイントとしてそれぞれ換算し、10位までを「十大トレンド」としている。

「監査人」から見た今年の10大セキュリティ問題(JASA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]

十大トレンドの結果は次の通り。

1位:多様化・巧妙化するランサムウェアの被害拡大

2位:最新の対策もすり抜ける標的型攻撃による甚大な被害の発生

3位:セキュリティ機能が乏しいIoT製品への攻撃による社会的混乱

4位:クラウドなど集中管理による社会的規模の被害発生

5位:考慮不足の働き方改革に起因する事故の発生

6位:日本語ビジネスメール詐欺被害の拡大

7位:ガバナンス欠如のIT投資による重大インシデントの発生

8位:成長しないマネジメントシステムによる組織活力の低下

9位:形だけCSIRT/名ばかりセキュリティ人材による弊害の発生

10位:GDPR違反の摘発

「監査人」から見た今年の10大セキュリティ問題(JASA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]

https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2018/01/09/40483.html

[][]2018年1月10日 Linus,Intel相手に“おこ始め”―「メルトダウン」で幕開けの2018年:Linux Daily Topics|gihyo.jp … 技術評論社

情報元のブックマーク

memo

1月3日(米国時間)⁠,Linuxカーネル開発者向けメーリングリスト「LKML.org」に投稿されたLinusのポストには,Intelに対する不信と怒りがはっきりとあらわれている。Linusのポストは,Intelオープンソーステクノロジセンターに在籍するAndi Kleenのポストへのリプライではあるが,KleenひとりではなくIntelという企業の姿勢に言及していることは明らかだ。

元になっているKleenの投稿を読むと「⁠(投機的実行を備えたモダンCPUの場合)任意のカーネルデータをリークさせるおそれのあるサイドチャネル攻撃を呼び込む可能性を完全に排除できないから,カーネル内部にはそうした可能性を残すインダイレクトコールは存在しないほうがいい」とカーネル側での修正をやんわりと提案している。 Linusはこれに対し「は? なんで有効/無効を設定できるオプションを提供するとか(CPUエンジニアのほうが)考えないわけ? (⁠Why is this all done without any configuration options?)⁠」とばっさり切り捨てたのち,冒頭で紹介したコメントを続けている。

問題の根本はモダンCPUカーネルにあるのではなく,Intel(のCPU)にあることを自覚すべき ― 新年早々,IT業界全体を襲った脆弱性問題はLinuxカーネルの今後の開発方針にも大きな影響を与えそうだ。

2018年1月10日 Linus,Intel相手に“おこ始め”―「メルトダウン」で幕開けの2018年:Linux Daily Topics|gihyo.jp … 技術評論社

関連URL

screenshot

[][]InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0 Patch 2 Critical Patch (ビルド 1653) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0 Patch 2 Critical Patch (ビルド 1653) リリース、ログファイルに機密情報が記録される問題対応のクリティカルパッチ

InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0 Patch 2 Critical Patch (ビルド 1653) を下記日程にて公開いたします。



■公開開始日

2018年1月15日 (月)


■新機能・修正内容

本プログラムにおける、新機能・修正内容は以下となります

修正: 機密情報がプレーンテキストでログファイルに記録されることがある問題

その他詳細につきましては、付属のReadmeファイルをご確認ください。


■入手方法

本製品は、 最新版ダウンロードページよりダウンロードできます。

■導入方法

以下製品Q&Aにて適用方法を公開しておりますので、ぜひご利用ください。

製品Q&A: ( IMSVA )

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3113

[][]ウイルスバスター for Home Network 1.5 の公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

ウイルスバスター for Home Network 1.5リリース、累積更新でもあるが、結構機能が追加されている。自動更新

ウイルスバスター for Home Network 1.5 の公開を、以下の日程にて実施いたします。

■ 公開予定日

ファームウェア: 1/16(火)

ファームウェアは自動で更新されます。

管理用アプリ: 1/16(火)

※管理用アプリ(Android版、iOS版)の最新版はGoogle PlayおよびApp Storeからダウンロードすることが可能です。

■ 最新バージョン情報

ファームウェア:1.5.246

管理用アプリ(Android版/iOS版):1.50.1291

■ 主な更新内容

・リモートアクセスからの保護機能の追加

・保護対象外のデバイス機能の追加

・安全でないファイルのブロック機能の追加

インターネット時間制限機能の強化

ネットワーク使用状況確認機能の追加

・累積の修正

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3109

[][]Trend Micro Hosted Email Security メンテナンスのお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Hosted Email Security メンテナンスで、機能追加やGDPR対応

以下の日程にて、新機能搭載/機能拡張のためTrend Micro Hosted Email Security (以下、HES)のメンテナンスを実施します。

■メンテナンス期間

2018年1月20日 (土) 11:00 〜 19:00

※メンテナンス時間は予告なく変更されることがあります。

■新機能・修正内容

1.ダッシュボードでのドリルダウン機能の追加

 ダッシュボードの脅威の詳細の表画面で検出数が0以外の場合はポリシーイベントログへのリンクが付き脅威の解析の詳細を確認できるようになります。

2.エンドユーザメール隔離コンソールのログオン設定

 エンドユーザメール隔離コンソールへの以下のアクセス方法が明示的に有効無効の選択が行えるようになります。

  - エンドユーザアカウントを使用したログオン

  - 既存の Active Directory情報を使用したシングルサインオン

3.General Data Protection Regulation (GDPR) のコンプライアンスのサポート

 情報漏えい対策 (DLP) テンプレートにより、GDPRへの準拠をサポートします。

 GDPRは、情報漏えい対策の強化と統合を目的とした規制であり、欧州連合 (EU) 内の個人を対象としています。

4.ライセンス情報ビューの追加

 アクティベーションコード、有効期限、ライセンスのバージョンなど、ライセンス情報の概要が表示されるようになります。

■影響範囲

メンテナンスページが表示され、管理コンソール及びエンドユーザメール隔離コンソールにアクセスできない場合があります。

新規ユーザの Active Directory 同期クライアントによる同期はできません。

タイミングによっては、一部のメールに対して一時エラーを返す場合があります。その場合は送信サーバの設定に従い再送信などが行われます。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3111

[][]NVIDIA、CPUの脆弱性対応でドライバのアップデート公開 GPUは影響受けず - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

NVIDIAがMeltdownとSpectre対応でドライバアップデートとのこと。

NVIDIAは1月10日、3日に報告されたCPU脆弱性に対する緩和策として、ドライバソフトウェア向けのセキュリティアップデート公開を発表した。一方、GPUハードウェアについては、今回報告されたセキュリティ問題の影響は受けないと強調している。  NVIDIAソフトウェアアップデートでは、IntelARMCPUに報告された3件の脆弱性のうち、「Spectre」と呼ばれる2件の脆弱性(2017-5753、2017-5715)に対する緩和策を提供する。  一方、「Meltdown」と呼ばれる脆弱性(CVE-2017-5754)については、影響を受けるCPU上で実行する際のNVIDIAソフトウェア脆弱性は、現時点で確認されなかったとしている。

NVIDIA、CPUの脆弱性対応でドライバのアップデート公開 GPUは影響受けず - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]ランサムウェアは増加の一途、脆弱性の見直しが急務――トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」を発表 - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

WannaCryもそうだが、個人的には仮想通貨マイニングマルウエアすごかったなぁ。

2017年のサイバー攻撃のうち、企業に対して多かったのは、(1)ランサムウェア「WannaCry」、(2)公開サーバへの攻撃による情報漏えい、(3)ビジネスメール詐欺(BEC)だった。なお、個人に対する攻撃では、(1)金銭を狙う不正プログラムの拡散、(2)ネット詐欺、(3)仮想通貨を狙う攻撃が多かった。

ランサムウェアは増加の一途、脆弱性の見直しが急務――トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」を発表 - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]産業制御システムアプリ、セキュリティ問題は悪化の一途 - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

???SCADAのアプリがGooglePlayStoreにあるのか?!

IOActiveの調査は、モバイルSCADAアプリケーションに対する攻撃の可能性を探る目的で実施した。こうしたアプリケーションを攻撃すれば、産業プロセスや産業ネットワークインフラに直接的、間接的に影響を及ぼしたり、SCADAオペレーターに干渉して意図せずシステムに損害を与える行為を実行させたりすることも可能だと指摘する。  今回の調査では、34社のSCADAアプリケーションGoogle Play Storeから無作為に抽出してテストした。その結果、アプリケーションとバックエンドに計147件のセキュリティ問題が見つかったという。  セキュリティ問題の内訳は、全アプリケーションの94%に見つかったコード改ざんの問題を筆頭に、安全でない権限付与(59%)、リバースエンジニアリング(53%)、安全でないデータ保存(47%)、安全でない通信(38%)などが多数を占めた。

産業制御システムアプリ、セキュリティ問題は悪化の一途 - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]ウイルスバスター クラウド プログラムアップデートのお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

ウイルスバスター クラウド 10.xのプログラムアップデートで、WindowsUpdate仕様変更対応

■対象製品

ウイルスバスター クラウド

ログラムバージョン10 (バージョン番号:10.x.xxxx)

※30日期間限定版、90日期間限定版およびマルチデバイス月額版を含みます。

※プログラムバージョンの確認方法は下記の製品Q&Aページでご確認いただけます。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098250.aspx

■公開予定日

2018年1月12日(金)


■入手方法

このプログラムアップデートは、上記公開予定日からウイルスバスター クラウドインストールされている環境に順次配信されます。

ご利用の環境によっては、コンピュータ再起動を求められる場合がございます。


■主な更新内容

Windows Update仕様変更への対応

詳細につきましては、下記リンクより弊社ページをご覧ください。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1119187.aspx

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3110

[][]Trend Micro Smart Protection Server 3.2 Critical Patch ビルド 1086 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Smart Protection Server 3.2 Critical Patch ビルド 1086リリース、複数の脆弱性対応のクリティカルパッチ

Trend Micro Smart Protection Server Critical Patch ビルド 1086 を下記日程にて公開いたします。



■公開開始日

2018年01月11日 (木)


■新機能・修正内容

Trend Micro Smart Protection Serverが特定の脆弱性の影響を受ける問題

その他詳細につきましては、付属のReadmeファイルをご確認ください。


■入手方法

本製品は、 最新版ダウンロードページよりダウンロードできます。

■導入方法

以下製品Q&Aにて適用方法を公開しておりますので、ぜひご利用ください。

製品Q&A:[Trend Micro Smart Protection Server] 修正モジュールの適用手順


繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

本Critical Patchは、次の問題を修正します。

問題:

Smart Protection Serverが次の重大な脆弱性の影響を受ける問題

linux kernelにStack Guard Page迂回の脆弱性( CVE-2017-1000364 ) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

glibcにStack Guard Page迂回の脆弱性(CVE-2017-1000366) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

sudoに完全な特権昇格の脆弱性( CVE-2017-1000367 ) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

Apache httpd に複数の脆弱性 ( CVE-2017-9788, CVE-2017-9789 ) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

Linux Kernelの脆弱性(CVE-2017-1000253) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー


修正:

本Critical Patchの適用後は、システムの主要なリソースパッケージがアップ

デートされ、この問題が修正されます。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3096

[][]Trend Micro Endpoint Sensor 1.6 Update 3 Critical Patch (Build 3107) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Endpoint Sensor 1.6 Update 3 Critical Patch (Build 3107) リリースで、Windows 10 Creators Update対応やその他セキュリティ対応等。

セキュリティ機能強化で、秘密鍵って書いてあるけど、気になる・・・

Trend Micro Endpoint Sensor 1.6 Update 3 Critical Patch (Build 3107) を下記日程にて公開いたします。



■公開開始日

2018年01月11日 (木)


■新機能・修正内容

Trend Micro Endpoint Sensor 1.6 Update 3 の新機能

Windows 10 Creators Updateのサポート

Windows 10 Creators Update (32ビットおよび64ビット) のサポートが追加されます。

管理コンソールを使用したエージェントのアップグレード

TMES 1.6 Update 3 (ビルド3092) 以降にリリースされたエージェントの自動アップデート機能が追加されます。

TMES 1.6 Update 3 (ビルド3092) より前のバージョンビルドからエージェントをアップグレードするには、エージェントを手動で再インストールする必要があります。

セキュリティ機能の強化

脆弱性CVE-2017-5565に対処しました。

Trend Micro Endpoint Sensor 1.6 Update 3 Critical Patch の修正内容

セキュリティ機能の強化

- 秘密鍵

- 認証

- SQLデータベース

エージェント機能の強化

- パフォーマンスの向上

- クラッシュの回避

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3093

[][]Trend Micro Mobile Security 9.7 Critical Patch (Build 1447) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Mobile Security 9.7 Critical Patch (Build 1447)リリース、特定の脆弱性の影響を受けるとのことだが、詳細不明。

Trend Micro Mobile Security Critical Patch (Build 1447) を下記日程にて公開いたします。



■公開開始日

2018年01月11日 (木)


■新機能・修正内容

Trend Micro Mobile Securityが特定の脆弱性の影響を受ける問題

その他詳細につきましては、付属のReadmeファイルをご確認ください。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

1. はじめに

===========

注意: 本Critical Patchをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合

には「手順」を実行してください (インストールについては、「4.1 インストー

ル手順」を参照してください)。

本Critical Patchは、次の問題を修正します。

問題:

Mobile Securityが特定の脆弱性の影響を受ける問題

修正:

本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。

1.1 ファイル一覧

================

A. 現在の問題の修正ファイル

ファイルビルド番号

----------------------------------------------------------------------

MdmServerSetup.exe 9.7.0.1447

no title

中の人から情報いただきました。以下2件らしいです。

screenshot

[][]「urlquery」で「VirusTotal」の検知理由を調べよう! - 家庭内インフラ管理者の独り言(はなずきんの日記っぽいの)

情報元のブックマーク

memo

ウイルス対策ソフトWeb閲覧中にアラートを表示したら...「VirusTotal」にサイトURLを投げるというのはよくある話です*1。

しかし、VirusTotalでMalicious siteと表示されても、一朝一夕にその理由を知ることはできそうにありません。

そんな場合に、どうすればいいのでしょうか?

「urlquery」で「VirusTotal」の検知理由を調べよう! - 家庭内インフラ管理者の独り言(はなずきんの日記っぽいの)

screenshot

[][]ニュース - iPhoneやFirefoxでもCPU脆弱性問題、更新版の提供始まる:ITpro

情報元のブックマーク

WebKitにもあるんだから、Firefoxにも脆弱性アップデートが出ています。

アップルは同社製品について、iOS 11.2、macOS 10.13.2、tvOS 11.2でMeltdownに対策済みと発表した。Apple Watchで動作するwatchOSについては対策不要という。

 WebブラウザーSafariについては、Spectre対策としてアプリケーションでの対応が必要になり、数日中に更新する計画だ。対策を施したSafariベンチマークテストを実施したところ、SpeedometerとARES-6で性能低下は起きず、JetStreamで2.5%未満の性能低下が起きる状況という。

 WebブラウザーFirefoxについては、最新版(バージョン57)で今回見つかった脆弱性に対応したことを、米モジラ・ファウンデーションが発表。米マイクロソフトパソコン向けのWindowsサーバー向けのWindows Server、WebブラウザーのInternet Explorer、データベース管理ソフトSQL Serverなどのセキュリティ更新プログラムの配布を始めたと1月3日に発表している。

no title

screenshot

[][]Google Playに22本の不正広告アプリ、電話のたびに迷惑な広告が出てくる - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

GooglePlayに22件の不正広告アプリが存在とのこと

セキュリティ企業のCheck Point Software Technologiesは1月5日、米Googleの公式アプリストアGoogle Playで提供されていた22本のアプリに、新手のアドウェアが仕込まれているのを発見したと伝えた。

 Check Pointのブログによると、このアドウェア「LightsOut」のコードは、22本のフラッシュライトアプリユーティリティアプリに仕込まれて、計150万〜750万回もダウンロードされていた。

 LightsOutの狙いは、ユーザーの端末に広告を表示させて不正な広告収入を得ることにあった。電話に出るなどの操作をするために、広告のクリックを強いられたユーザーや、広告なしの有料版アプリを購入した後も不正な広告が表示され続けたユーザーもいるという。

Google Playに22本の不正広告アプリ、電話のたびに迷惑な広告が出てくる - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]Trend Micro Control Manager 6.0 Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch 3748 公開のお知らせ。:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Control Manager 6.0 Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch 3748 不具合修正で再公開。

2017/12/27にこちらでTrend Micro Control Manager(以下、TMCM) 6.0 Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch 3727(以下、CP:3727) 公開の停止お知らせ致しました。当社製品においてご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

製品不具合を修正致しましたので、Trend Micro Control Manager(以下、TMCM) 6.0 Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch 3748(以下、CP:3748)を下記日程にて公開いたします。

■ 公開開始日

2018年1月9日(火)


■修正内容

今回の修正はCP:3727にて修正された脆弱性への対応に加えて、一部環境にて報告された以下の不具合を修正しています。

修正: TMCM管理コンソールへログインができなくなる

修正: TMCM管理コンソールへログイン後、直ぐにログイン画面へ戻される

また、CP:3727を適用し正常に稼働している場合、既に脆弱性への対応は完了しております。 CP:3748に含まれる、その他の修正等をご利用になりたい場合は適用をご検討ください。

併せて付属のReadmeファイルをご覧ください。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

screenshot

[][]Trend Micro Deep Security 10.0 Update 6 Critical Patch 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 10.0 Update 6 Critical Patch リリース。WindowsUpdate仕様変更対応

Trend Micro Deep Security 10.0 Update 6 Critical Patch のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2018 年 1 月 9 日 (火)

■ 対象モジュール

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

■ 追加機能/修正内容

モジュールを適用することにより、Windows Update を自動的に実行するためのレジストリ キーが追加され、自動で Windows Update が行えるようになります。

詳細につきましては以下サポート情報に記載しておりますので合わせてご参照ください。

「弊社製品をご利用の一部環境における2018年1月以降のWindows Updateに関して」

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

screenshot

[][]Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 14 Critical Patch 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 14 Critical Patch リリース、WindowsUpdate仕様変更対応

Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 14 Critical Patch のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2018 年 1 月 9 日 (火)

■ 対象モジュール

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

■ 追加機能/修正内容

モジュールを適用することにより、Windows Update を自動的に実行するためのレジストリ キーが追加され、自動で Windows Update が行えるようになります。

詳細につきましては以下サポート情報に記載しておりますので合わせてご参照ください。

「弊社製品をご利用の一部環境における2018年1月以降のWindows Updateに関して」

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

screenshot

[][]ITプロの間で好評を博した「Outlook」マニュアルが日本語を含む37カ国語で公開 - 窓の杜

情報元のブックマーク

ちょっと参考になった

Microsoftは8日(現地時間)、「Microsoft Outlook」の使い方を解説したチートシート日本語を含む37カ国語で公開したことを明らかにした。当初は英語版のみだったが、ITプロ向けカンファレンス“Microsoft Ignite”で注目を集めたことをうけ、「Microsoft Office」のインターナショナルチームによるローカライズが行われたのだという。

 このチートシートOfficeのクイックガイド)には、「Outlook」のメール機能やカレンダー機能の便利な使い方が、スクリーンショット付きでコンパクトにまとめられている。チートシートは各プラットフォームごとに分けられており、以下のアプリが網羅されている。

ITプロの間で好評を博した「Outlook」マニュアルが日本語を含む37カ国語で公開 - 窓の杜

関連URL

screenshot

[][]とある「変態的なメモ帳」があまりに凄すぎて、メーカーの公式HPがダウンする事態に!! | ドーナツニュース

情報元のブックマーク

すげぇぇえっぇぇぇーーー!

じゃっかん。エレクトーングッズ製作中 (@jyakkan4679)さんが紹介した、とあるメモ帳に注目が集まっています!

no title

screenshot

[][]東京メトロの路線図を高低差まで再現したカプセルトイ登場 コンプすると全9路線が交わる立体路線図に - ねとらぼ

情報元のブックマーク

全部欲しい!

東京メトロの路線図を、高低差まで含め立体で表現したカプセルトイ「東京地下鉄立体線路 東京メトロ編」(前編/後編)を、バンダイが1月第4週から販売します。価格は1回300円(税込)。全9路線をそろえて組み合わせると、全幅約30センチの立体的な路線図が完成します。

東京メトロの路線図を高低差まで再現したカプセルトイ登場 コンプすると全9路線が交わる立体路線図に - ねとらぼ

screenshot

[][]【信越線立ち往生】運転士が一人で除雪作業、乗客から「頑張れ!」とエール…ツイッターでの現場報告が話題に

情報元のブックマーク

一人で・・・・・すごいな。

この男性は11日のツイッターに「思ったことをまとめたのでぜひ見てください」と当時の状況を報告。「(運転士は)応援が来るまで一人で乗客の対応をして、一人で除雪作業をしていました」「車内放送では疲れがわかるような放送で、一部の方からは『頑張れ!頑張れ!』と励ましの声も上がっていました」と生々しくリポートした。

 また「あなた方のおかげで安心して待つことができました。本当にありがとうございました!」と謝辞を述べ、「JRに対して厳しい意見をなされているようですが、僕は本当に素晴らしいなと思いました」と称賛した。

指定されたページが見つかりません - MSN

screenshot

[][]苦労せず後任が使用許せぬ…データ消去 滋賀、市職員処分 (京都新聞) - Yahoo!ニュース

情報元のブックマーク

なんと、、、

滋賀県栗東市は12日、昨年3月まで所属した部署のファイルアクセスし、後任の職員に無断で1414件の書類データを消去したとして、係長級の男性職員(45)を戒告処分にした。

市総務課によると、男性職員は旧所属のファイルへのアクセス権限がなくなった6月以降、アクセスを繰り返し、庁内事務で使う書類データを消去した。システムに設定ミスがあり、男性職員は9月中旬まで旧所属のファイルアクセスできたという。

no title

screenshot

当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。