Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2018/04 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2018年04月30日(月曜日) 図書館記念日

ripjyr2018-04-30

[][]Trend Micro Deep Security 10.0 Update 10 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 10.0 Update 10 リリーストレンドマイクロアップデートサーバー接続するためにTLS1.2が必要になって対応のアップデートとのこと。

Deep Security 10.0 Update 10 のモジュールを公開いたしました。

■ 公開開始日

2018 年 4 月 27 日 (金)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager

Deep Security Virtual Appliance

LinuxDeep Security Agent

UnixDeep Security Agent

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

■ 追加機能/修正内容

追加機能や修正内容は付属の Readme をご覧ください。

日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

■ 入手方法

本製品の各コンポーネントは最新版ダウンロードページの「統合サーバセキュリティ対策」カテゴリからダウンロードできます。

「最新版ダウンロードページ」

また、以下の製品 Q&A も合わせてご参照ください。

Update プログラムとは

■製品サポート情報

ご不明な点がございましたら、弊社サポートセンターまでお問合せください。

お問合せ方法については、こちらをご確認ください。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

Deep Security Manager 10.0 Update10

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   This release contains the following enhancements:

   Enhancement 1:  [DSSEG-1954]
                   With the introduction of certificate validation for
                   agent deployment scripts, hash validation is no 
                   longer necessary. This release of Deep Security 
                   Manager removes the hash validation check for 
                   deployment scripts on Linux platforms.
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Enhancement 2:  [DSSEG-1761/VRTS-1842]
                   To enhance security, this release contains upgrades to
                   some third-party libraries used by Deep Security
                   Manager.
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issue:
   
   Issue 1:     [DSSEG-2123/SF00768090/SEG-24724]
                Some system events were not registered in the Deep
                Security Manager system event cache. As a result, if the
                time period for a summary report included one of those
                events, the report process could not find the event in
                the cache, causing a null pointer exception.
   
   Solution 1:  This issue is fixed in this release.
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Deep Security Virtual Appliance 10.0 Update10

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   This release contains the following enhancement:

   Enhancement 1:  [DSSEG-2148]
                   With this release of Deep Security Agent, all pattern
                   updates from the Deep Security Relay or Trend Micro
                   Update Server will require the use of the TLS 1.2
                   protocol.
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issues:
   
   Issue 1:     [DSSEG-2173/SEG-23387]
                The Deep Security Agent query script, dsa_query.cmd or
                dsa_query.sh, would sometimes fail.
   
   Solution 1:  This issue is fixed in this release.
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 2:     [DSSEG-2068]
                When Deep Security Agent failed to download new kernel
                modules of both Anti-Malware and Firewall, it expected
                to try downloading those modules again. However, if only
                Anti-Malware kernel module was successfully downloaded,
                Deep Security Agent sometimes did not retry downloading
                Firewall kernel module. As the result, the new kernel
                module was not loaded and could trigger a Firewall 
                Engine offline issue on Amazon Linux.
   
   Solution 2:  The issue is fixed in this release.
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

LinuxDeep Security Agent / Relay 10.0 Update10

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   This release contains the following enhancement:

   Enhancement 1:  [DSSEG-2148]
                   With this release of Deep Security Agent, all pattern
                   updates from the Deep Security Relay or Trend Micro
                   Update Server will require the use of the TLS 1.2
                   protocol.
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issues:
   
   Issue 1:     [DSSEG-2173/SEG-23387]
                The Deep Security Agent query script, dsa_query.cmd or
                dsa_query.sh, would sometimes fail.
   
   Solution 1:  This issue is fixed in this release.
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 2:     [DSSEG-2068]
                When Deep Security Agent failed to download new kernel
                modules of both Anti-Malware and Firewall, it expected
                to try downloading those modules again. However, if only
                Anti-Malware kernel module was successfully downloaded,
                Deep Security Agent sometimes did not retry downloading
                Firewall kernel module. As the result, the new kernel
                module was not loaded and could trigger a Firewall 
                Engine offline issue on Amazon Linux.
   
   Solution 2:  The issue is fixed in this release.
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

UNIXDeep Security Agent 10.0 Update10

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   This release includes the following enhancement:

   Enhancement 1:  [DSSEG-2148]
                   With this release of Deep Security Agent, all pattern
                   updates from the Deep Security Relay or Trend Micro
                   Update Server will require the use of the TLS 1.2
                   protocol.
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issue:
   
   Issue 1:     [DSSEG-2173/SEG-23387]
                The Deep Security Agent query script, dsa_query.cmd or
                dsa_query.sh, would sometimes fail.
   
   Solution 1:  This issue is fixed in this release.
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

WindowsDeep Security Agent / Relay / Notifier 10.0 Update10

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   This release includes the following enhancement:

   Enhancement 1:  [DSSEG-2148]
                   With this release of Deep Security Agent, all pattern
                   updates from the Deep Security Relay or Trend Micro
                   Update Server will require the use of the TLS 1.2
                   protocol.
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issue:
   
   Issue 1:     [DSSEG-2173/SEG-23387]
                The Deep Security Agent query script, dsa_query.cmd or
                dsa_query.sh, would sometimes fail.
   
   Solution 1:  This issue is fixed in this release.
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

screenshot

[][]キヤノン:ネットワークカメラの不正アクセス防止対策について

情報元のブックマーク

Canonネットワークカメラが不正アクセスを多数受けているのですが(進行形)その対策がCanonから情報が出ています。

平素よりキヤノン製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。 ネットワークカメラは外部ネットワークからの不正アクセスなどの脅威の存在が懸念されています。 ネットワークカメラを安全にご利用いただくため、パスワードの変更など不正アクセス防止対策を強くお奨めします。

キヤノン:ネットワークカメラの不正アクセス防止対策について

screenshot

[][]Trend Micro Deep Security 11.0 公開延期のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 11.0 公開延期とのこと、5月1日予定が、5月中旬とのこと。

Deep Security 11.0 のモジュールの公開につき、延期となりましたことをご連絡させていただきます

■当初の公開開始日

2018 年 5 月 1 日 (火)

■変更後の公開開始日

2018 年 5 月中旬

具体的な日程は決まり次第、改めてご連絡させていただきます

直前のご連絡となりましたこと、お詫び申し上げます。

■製品サポート情報

ご不明な点がございましたら、弊社サポートセンターまでお問合せください。

お問合せ方法については、こちらをご確認ください。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

https://appweb.trendmicro.com/supportNews/NewsDetail.aspx?id=3180

[][]法人のお客様向け製品のWindows 10 Spring Creators Update対応について:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

法人のお客様向け製品のWindows 10 Spring Creators Update対応は5月中旬以降、だいぶ先まで。

マイクロソフト社よりWindows 10アップデートである、Windows 10 Spring Creators Updateの提供が予定されています。

法人のお客様向け製品でのWindows 10 Spring Creators Update 対応についてご案内させていただきますのでご確認ください。

【ご注意】

Windows 10 Spring Creators Update の具体的な公開予定日は、マイクロソフト社側にご確認ください。

マイクロソフト社側の公開予定次第で、弊社側の対応予定日も変更になる可能性はございます。あらかじめご了承ください。

Windows 10 Spring Creators Updateへの対応予定

法人のお客様向け製品の対応予定時期、対応予定バージョンを下記ページで公開しています。

事前に内容を確認いただきアップグレード計画をご検討ください。

Windows 10 Spring Creators Update対応予定

Windows 10 Spring Creators Update へのアップグレード予約をしている場合

法人のお客様向け製品の対応バージョンへのバージョンアップ完了後に、Windows 10 Spring Creators Updateへのアップグレードを実施ください。

対応バージョンへのバージョンアップが未実施の環境では、Windows の自動アップグレード予約を取り消して現在ご使用のOSで使用してください。

予約の取り消し方は、お使いのPCメーカまたはマイクロソフト社のサイト等でご確認ください。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

2018年04月30日現在

f:id:ripjyr:20180430172110j:image

https://appweb.trendmicro.com/supportNews/NewsDetail.aspx?id=3179

[][]トヨタ、英にコネクテッドカーのデータ会社

:日本経済新聞

情報元のブックマーク

メモ

トヨタ自動車は26日、通信機能を備えたコネクテッドカー(つながるクルマ)のデータを収集する新会社を英国に設立したと発表した。欧州でコネクテッドカーの事業を今後、本格展開することから体制を整える。欧州で企業に個人情報の利用を制限する「一般データ保護規則(GDPR)」が施行されるのに合わせ、情報セキュリティーを強化していく狙いもある。

 子会社のトヨタコネクティッド(名古屋市)がロンドンに新会社を設立した。資本金は約7億円。新会社ではコネクテッドカーから取得したデータの収集や管理に加えて、ビッグデータの解析や新たなモビリティサービスの開発も手掛けていく。技術者などを採用し今年度に従業員35〜50人の体制にする計画だ。

トヨタ、英にコネクテッドカーのデータ会社  :日本経済新聞

screenshot

[][]【セキュリティ ニュース】国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も(1ページ目 / 全3ページ):Security NEXT

情報元のブックマーク

BEC詐欺が海外展示会事務局になりすまして出てるらしい

国内組織を標的としたビジネスメール詐欺(BEC)が引き続き確認されている。あらたな手口として、決済手段の変更を装い、攻撃者へ送金を誘導する手口が発生しており、実被害が生じたケースもあるという。

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」の参加組織においてあらたなビジネスメール詐欺が確認されたもので、情報処理推進機構IPA)が状況を取りまとめた。

2018年第1四半期には、攻撃者が海外で実施する展示会の事務局を名乗るケースや、海外取引先のCEOを名乗るケースなどが確認されたという。メールの文面はいずれも英文だった。

【セキュリティ ニュース】国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も(1ページ目 / 全3ページ):Security NEXT

screenshot

[][]PoC Code Published for Triggering an Instant BSOD on All Recent Windows Versions

情報元のブックマーク

メモ

NTFS bug & Windows autoplay feature don't go well together The expert's PoC contains a malformed NTFS image that users can take and place it on a USB thumb drive. Inserting this USB thumb drive in a Windows computer crashes the system within seconds, resulting in a Blue Screen of Death (BSOD).

"Auto-play is activated by default," Tivadar wrote in a PDF document detailing the bug and its impact.

"Even with auto-play [is] disabled, [the] system will crash when the file is accessed. This can be done for [example,] when Windows Defender scans the USB stick, or any other tool opening it."

PoC Code Published for Triggering an Instant BSOD on All Recent Windows Versions

screenshot

[][]OCA大阪デザイン&IT専門学校が「ホワイトハッカー専攻」を来春開講 | ICT教育ニュース

情報元のブックマーク

大阪の専門学校でホワイトハッカー専攻を開講とのこと

増加の一途をたどるサイバー犯罪により、ホワイトハッカーに関する注目や需要が高まってきていることを受け、同校では国内外のセキュリティ関係企業・行政機関とのネットワークを活かし、日本におけるホワイトハッカー育成の拠点を目指して、4年制 でプロのホワイトハッカー (高度専門士) を育成する「ホワイトハッカー専攻」を開講することとなった。

同課程では、産学連携のもと、企業からバグバウンティ (*1) としてセキュリティ調査の依頼を受け、学生が課題として実践的に学べる仕組みを設けている。また、海外のセキュリティ関係企業を訪問して特別講義などを受講し、国内では得られない創造力を身につけ、専門性を高めるプログラムを用意している。

no title

screenshot

[][]Appleの「iTunes」アプリ、ついにMicrosoft Storeに降臨 - ITmedia NEWS

情報元のブックマーク

iTunesMicrosoft Storeでリリースされたらしい。ついに。

Microsoftは4月26日(現地時間)、米Appleの「iTunesアプリのUWP(Universal Windows Platform)版をMicrosoft Storeで公開したと発表した。x86およびx64Windows 10で利用できる。

 同社は2017年5月のBuild 2017でアプリ公開を予告したが、時間がかかっていた。

Appleの「iTunes」アプリ、ついにMicrosoft Storeに降臨 - ITmedia NEWS

screenshot

[][]Drupalの脆弱性を突く攻撃を確認、直ちに対応を - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

Drupal脆弱性パッチが出ましたね。

Drupal」の脆弱性を修正する更新版が公開され、直後にこの脆弱性を突く攻撃が確認された

オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)「Drupal」の脆弱性を修正する更新版が公開され、直後にこの脆弱性を突く攻撃が確認された。セキュリティチームでは、危険度を5段階評価で最も高い「Highly critical」に指定、管理者に対して直ちに対応するよう勧告している。

 Drupalの4月25日付のセキュリティ情報によると、Drupal 7.xと8.xの複数のサブシステムに、リモートコード実行の脆弱性が存在する。悪用された場合、複数の攻撃経路を通じて攻撃を仕掛けられ、Drupalを使ったサイトを制御される恐れがある。

 今回の脆弱性(CVE-2018-7602)は、2018年3月28日にリリースした更新版で対処した脆弱性(CVE-2018-7600)に関連したもので、いずれの脆弱性についても悪用が確認されているという。

Drupalの脆弱性を突く攻撃を確認、直ちに対応を - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]Appleの無線ルーター「AirMacシリーズ」が販売終了へ | ギズモード・ジャパン

情報元のブックマーク

AirMac Expresが発売終了・・・まじか・・・75ユーザーでも安定接続できる素晴らしい危機なのに・・・

Appleアップル)は無線ルーター製品として「AirMac(海外ではAirPort)シリーズ」を取り扱っている…いたのですが、残念ながら複数の海外メディアがその販売終了を報じています。

今回販売が終了されるのは、「AirMac Express」「AirMac Extreme」「AirMac Time Capsule」の3つ。前の2つは無線ルーター、そしてAirMac Time CapsuleHDDを搭載した大容量ストレージ製品です。これらは在庫分は販売が続き、その後に販売が終了することとなります。

no title

screenshot

[][]デカすぎるWindows 10のアップデート、企業内ネットワークがダウンする可能性も? (1/2) - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

メモ

こんにちは。横河レンタ・リースで、ソフトウェアの製品開発を担当している松尾太輔です。前回の連載では、Windows 10への移行をきっかけに、「所有から利用」というトレンドがPC世界で進むと説明しました。まずはそれについて、もう少しだけお話しさせてください。

 最近では、PC以外の世界においても同じことが起きています。「モノ」を売るのではなく、それを利用する体験(コト)を提供するサブスクリプションサービスです。例えば自動車。米国ジョージア州アトランタでは、ポルシェが月額2000ドル(約21万円、2018年4月現在)の乗り放題サービス「ポルシェ・パスポート」を2017年11月に始めました。ポルシェという車(モノ)を買って所有するのではなく、ポルシェというブランド車に乗る体験(コト)を買うという典型的な例でしょう。

デカすぎるWindows 10のアップデート、企業内ネットワークがダウンする可能性も? (1/2) - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]スマートスピーカーの不具合で、住所がバレる? - ITmedia NEWS

情報元のブックマーク

Sonos Play:1の不具合で情報漏れる可能性があったとのこと

スマートスピーカーの不具合が原因で、メールアドレス音楽の好み、さらには住所までバレる可能性があった――そんなトラブルが起きていたことをご存じだろうか。2017年、市販のとあるスマートスピーカーで見つかったこの不具合は、大きな被害が出る前にセキュリティ企業のトレンドマイクロが発見し、メーカーが既に修正済みだ。

 大きなトラブルは未然に防がれたが、スマートスピーカーをはじめIoTデバイスが普及していく中、この出来事から学ぶべき教訓は多い。ネットにつながるデバイスに囲まれた生活で、ユーザーは何に気を付けるべきか。トレンドマイクロ森本純氏(スレットマーケティングマネージャー)に聞いた。

スマートスピーカーの不具合で、住所がバレる? - ITmedia NEWS

screenshot

[][]「ネット検閲」のために10カ国がカナダ製のインターネットフィルタリング技術を導入している - GIGAZINE

情報元のブックマーク

Netsweeperのフィルタリング技術を使っているらしい

トロント大学に拠点を置くシチズン・ラボが、カナダの企業・Netsweeperのインターネットフィルタリング技術についての調査結果を発表しました。これによれば、技術は30カ国で導入されており、そのうち10カ国では全国レベルの「ネット検閲」に利用されていたとのこと。

「ネット検閲」のために10カ国がカナダ製のインターネットフィルタリング技術を導入している - GIGAZINE

screenshot

[][]ソフトバンク傘下のSprint、T-Mobileと合併へ 5Gのネットワーク構築を有利に - ITmedia Mobile

情報元のブックマーク

メモ

ソフトバンクグループは4月29日(米国東部時間)、同社の子会社である米Sprintが、米T-Mobileとの合併に関して最終的な合意に達したと発表。合併後の社名は「T-Mobile US」となり、持ち株比率は(T-Mobileの親会社である)ドイツテレコムが41.7%、ソフトバンクグループが27.4%。

 T-Mobileは米国でシェア第3位の携帯キャリア。第4位のSprintと合併することで米国キャリアは3社になり、上位のVerizonとAT&Tと競争を繰り広げることになる。

ソフトバンク傘下のSprint、T-Mobileと合併へ 5Gのネットワーク構築を有利に - ITmedia Mobile

screenshot

[][]Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」発表 4月30日に配信開始 - ITmedia PC USER

情報元のブックマーク

April 2018 Updateがリリ^す予定。

Microsoftは4月27日(米国時間、以下同)、Windows 10の大型アップデートApril 2018 Update」を発表した。2018年4月30日に無料ダウンロードで配信を開始する。

Windows 10 April 2018 Update」は2018年4月30日(米国時間)に配信開始(写真はWindows公式ブログの発表より)

これまで「Redstone 4(RS4)、バージョン1803」と呼ばれてきたWindows 10の大型アップデート。同社はWindows 10大型アップデートの提供時期を3月ごろと9月ごろ(一般ユーザー向けの配信は4月ごろと10月ごろ)の年2回に固定しており、今回のApril 2018 Updateは2017年10月17日に一般ユーザー向け配信を開始した「Fall Creators Update」に続く大型アップデートとなる。

Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」発表 4月30日に配信開始 - ITmedia PC USER

screenshot

[][]IoT時代の無線LAN環境 SFのような医療も現実に? - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

メモ

医療分野のモノのインターネットIoT)活用は実用段階に入りつつある。モバイル医療機器の管理や位置確認に利用して機材の運用効率を高めたり、医療従事者が回診で病室に滞在した時間をトラッキングして最適な人材配置の助けにしたりと、病院経営に貢献するような用途に期待が集まっている。

 米国テキサス州西部で最大級の規模を誇る医療センター、Medical Center Health System(MCH)も、IoT活用に期待を寄せている。同施設が無線LAN環境をリプレースした目的は、職員と来院者をサポートし、アプリケーションを追加するのに十分な容量を確保するためだった。ユーザー数の増加に備え、堅牢なWi-Fiネットワークを構築する必要に迫られていた。だが、職員と機器を追跡するIoT戦略の実現に備える狙いもあったという。

IoT時代の無線LAN環境 SFのような医療も現実に? - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]ビジネスサポートポータル URL解析ケースで発生している障害について:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

ビジネスサポートポータル URL解析ケースで障害が発生していた模様。

ビジネスサポートポータルのURL解析ケースにて発生しておりました

下記の障害が復旧したことを確認いたしましたのでご連絡いたします。



■確認されている事象

URL解析ケースにおいて、ビジネスサポートポータルの表示のみ

解析結果が正しく表示されない場合がある。


■問題発生日時

2018年04月26日(水) 11時頃 〜 2018年04月27日(木) 3時頃


■影響範囲

上記問題発生日時にビジネスサポートポータル上でのURL自動解析結果が

正しく表示されていなかった場合がございます。


■弊社の対応について

問題個所の修正を行い、正しい解析結果が出るように修正しました。


繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

screenshot

[][]InterScan Web Security as a Service メンテナンスのお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

InterScan Web Security as a Service メンテナンスで、モバイルVPNの有効期限の更新がされたらしい。プロファイルの再インストールが必要とのこと。

InterScan Web Security as a Service(以下、IWSaaS) のメンテナンスを下記日程で行います。


■メンテナンス予定日

2018年5月26日 (土)

※メンテナンス時間は改めて更新いたします。


■対象サービス

InterScan Web Security as a Service


■変更内容

・ユーザインターフェース(以下、UI)の変更

VPN プロファイルの更新

 モバイルVPNの有効期限が2018/6/18となっている為、有効期限の更新を実施します。

 モバイルVPNをご利用のお客様は、メンテナンス終了後に新UIよりプロファイルの再インストールが必要です。

※再インストールせず期限が切れますと、モバイルVPNをご利用されている機器がIWSaaSを経由しなくなり、フィルタリングが出来なくなりますのでご注意ください。

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

screenshot

当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。