Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2018/06 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2018年06月06日(水曜日) 楽器の日

ripjyr2018-06-06

[][]Trend Micro Deep Security 10.0 Update 11 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 10.0 Update 11 リリース、AgentとManager間の通信がTLS 1.2対応

Deep Security 10.0 Update 11 のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2018 年 5 月 24 日 (木)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager

Deep Security Virtual Appliance

LinuxDeep Security Agent

UnixDeep Security Agent

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

■ 追加機能/修正内容

追加機能や修正内容は付属の Readme をご覧ください。

日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

■ 入手方法

本製品の各コンポーネントは最新版ダウンロードページの「統合サーバセキュリティ対策」カテゴリからダウンロードできます。

「最新版ダウンロードページ」

また、以下の製品 Q&A も合わせてご参照ください。

Update プログラムとは

繧オ繝昴?シ繝域ュ蝣ア : 繝医Ξ繝ウ繝峨?槭う繧ッ繝ュ

Deep Security Manager 10.0 Update11

2. 修正される内容
=================
注意: 本Updateをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には「手
      順」を実行してください (インストールについては、「5. インストール/アン
      インストール」を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本Updateで追加される新機能はありません。

   2.2 本Updateで修正される既知の問題
   ==================================
   本Updateでは、次の問題が修正されます。

   本Updateで修正される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   問題: [社内管理用番号]
       問題の内容

   修正:
       修正の内容

   手順:
       手順の内容
   ------------------------------------------------

   問題: [DSSEG-2241/SEG-21481]
     侵入防御イベントが、侵入防御ルールではなく侵入防御モジュールによってトリガ
     された場合、Deep Security Managerを介して送信されるSyslogではイベントの重
     要度が「10」と表示されるが、Deep Security Agentから直接送信されるSyslogで
     は重要度が「5」と表示する問題がありました。
     加えて、Deep Security Managerを介して転送されるSyslogのフィールドでプロト
     コルフィールドのプロトコル名が重複する問題がありました。

   修正:
     本Updateの適用後は、重要度は「5」が設定されるようになり、プロトコル名が重
     複せずに表示されるようになります。

Deep Security Virtual Appliance 10.0 Update11

2. 修正される内容
=================
注意: 本Updateをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には「手
      順」を実行してください (インストールについては、「5. インストール/アン
      インストール」を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本Updateでは、次の新機能が提供されます。

   本Updateで提供される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   機能: [社内管理用番号]
       機能の内容
   ------------------------------------------------

   機能: [DSSEG-2161]
     本リリースのDeep Security Agentでは、Deep Security RelayおよびDeep 
     Security Managerからのすべてのソフトウェアアップデートで、TLS 1.2プロトコ
     ルが使用されるようになりました。

   2.2 本Updateで修正される既知の問題
   ==================================
   本Updateで修正される問題はありません。

LinuxDeep Security Agent / Relay 10.0 Update11

2. 修正される内容
=================
注意: 本Updateをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には「手
      順」を実行してください (インストールについては、「5. インストール/アン
      インストール」を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本Updateでは、次の新機能が提供されます。

   本Updateで提供される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   機能: [社内管理用番号]
       機能の内容
   ------------------------------------------------

   機能: [DSSEG-2161]
     本リリースのDeep Security Agentでは、Deep Security RelayおよびDeep 
     Security Managerからのすべてのソフトウェアアップデートで、TLS 1.2プロトコ
     ルが使用されるようになりました。

   2.2 本Updateで修正される既知の問題
   ==================================
   本Updateで修正される問題はありません。

UNIXDeep Security Agent 10.0 Update11

2. 修正される内容
=================
注意: 本Updateをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には「手
      順」を実行してください (インストールについては、「5. インストール/アン
      インストール」を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本Updateでは、次の新機能が提供されます。

   本Updateで提供される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   機能: [社内管理用番号]
       機能の内容
   ------------------------------------------------

   機能: [DSSEG-2161]
     本リリースのDeep Security Agentでは、Deep Security RelayおよびDeep 
     Security Managerからのすべてのソフトウェアアップデートで、TLS 1.2プロトコ
     ルが使用されるようになりました。

   2.2 本Updateで修正される既知の問題
   ==================================
   本Updateで修正される問題はありません。

WindowsDeep Security Agent / Relay / Notifier 10.0 Update11

2. 修正される内容
=================
注意: 本Updateをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には「手
      順」を実行してください (インストールについては、「5. インストール/アン
      インストール」を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本Updateでは、次の新機能が提供されます。

   本Updateで提供される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   機能: [社内管理用番号]
       機能の内容
   ------------------------------------------------

   機能: [DSSEG-2161]
     本リリースのDeep Security Agentでは、Deep Security RelayおよびDeep 
     Security Managerからのすべてのソフトウェアアップデートで、TLS 1.2プロトコ
     ルが使用されるようになりました。

   2.2 本Updateで修正される既知の問題
   ==================================
   本Updateでは、次の各問題が修正されます。

   本Updateで修正される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   問題: [社内管理用番号]
       問題の内容

   修正:
       修正の内容

   手順:
       手順の内容
   ------------------------------------------------

   問題1: [DSSEG-2228/SEG-23148/SF00700687]
     不正プログラム対策モジュールでは、ファイルの署名情報をクエリすることにより
     各プロセスを検証しますが、クエリに時間がかかる場合があることにより、コン
     ピュータの処理速度が低下する問題がありました。

   修正1:
     本Updateの適用後は、この問題が修正されます。コンピュータの処理速度が低下
     しないようにするには、署名のクエリにタイムアウト値を設定します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題2: [DSSEG-2184/SEG-24555]/SF00745590/SEG-24082]
     不正プログラム対策モジュールによりファイル/フォルダを削除する際にエラーが
     発生した場合、次回のコンピュータ再起動時に処理対象のファイルを削除すること
     を示すレジストリキーが追加されます。しかし、不正プログラム対策モジュール
     により、すでに削除済みのtempファイルを削除することを示すレジストリキーが
     作成されることがあることに起因して、サードパーティ製アプリケーションが不
     必要な再起動を要求することがある問題がありました。

   修正2:
     本Updateの適用後は、この問題が修正されます。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3198

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20180606/1528221620
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。