Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2018/07 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2018年07月12日(木曜日)

[][]「日本版GPS“みちびき”本格始動で数センチ級精度の位置情報取得が可能」は本当か (1/2):ものになるモノ、ならないモノ(78) - @IT

情報元のブックマーク

みちびき!もう4機構成なのか!

そのような折、衛星測位に関し、複数のアプリ開発者の、真偽に疑問符が付く言説に接した。それは、「日本GPSが本格始動すれば、数センチの精度で位置情報の取得が可能」というものだ。当初は、なるほどそういうものかと思ってはいたのだが、何となく違和感がある。スマホの測位機能だけでそこまでの精度が確保できるものだろうか。そもそも、スマホアプリにそこまでの精度が必要とされるのだろうか。

 というわけで、「数センチ級精度の疑惑」を晴らすべく、日本GPS衛星みちびき」を所管する内閣府と一般財団法人衛星測位利用推進センター(SPAC)に出向き、話を聞いてきた。日本GPS衛星は、準天頂衛星システムみちびき」が正式名称だ。

「日本版GPS“みちびき”本格始動で数センチ級精度の位置情報取得が可能」は本当か (1/2):ものになるモノ、ならないモノ(78) - @IT

正確な衛星測位を行うためには、最低でも4機の衛星可視状態でなければならず、その数は多い方がより有利になる。「みちびき」が4機体制になったことで日本の上空に常に3機の「みちびき」が「見え」、従来のGPS衛星との併せ技を行うことで、遮蔽(しゃへい)物があっても、より高精度な測位を実施することが可能だ。つまり、「みちびき」により、GPS衛星を「補完」することで精度を上げようという考え方である。

「日本版GPS“みちびき”本格始動で数センチ級精度の位置情報取得が可能」は本当か (1/2):ものになるモノ、ならないモノ(78) - @IT

screenshot

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20180712/1531295978
おとなり日記
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。