Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2018/08 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2018年08月12日(日曜日) 国歌制定記念日

ripjyr2018-08-12

*

情報元のブックマーク

そこで質問ですが、仕事を好きになれない人をセキュリティの業務に採用した場合、何が起こると思いますか。同じことです。物事がうまくいかなければいかないほど、仕事を好きになれない人は、状況を管理する能力を失います。そのような人にサイバーセキュリティの業務についてほしくはありません。セキュリティが侵害されて、時間が刻々と過ぎていくときに、アンソニーのような人は不要です。

2001年に、サイバーセキュリティチームを立ち上げようとしている時、私はこの問題にぶつかりました。当時私が勤めていた銀行では、社内から人材を採用する方針を取ったため、私たちは社内に募集メッセージを配布し、IT以外も含め、すべての分野から40人近くの志望者を集めました。その中から最終的に、私は4人を採用しました。プログラマー、システム管理者、通信分野の学位を取得した新卒社員、そしてマーケティング分野で働いていた人物です。なぜでしょうか。それは、彼らが最も問題解決に優れていたからです。

セキュリティの仕組みは変わりません。正確には変わっているのですが、すごくゆっくりです。セキュリティセキュリティたらしめているものは何かを実際に研究している人は、わずかしかいないからです。一方、何がリスクになるのかを研究している人は、大勢います。

今日でも、すべてのことがきちんとうまく行くようにセキュリティを構築する方法を十分理解している、と言い切れるほどの状態に私たちはいまだ到達していませんし、それに近づいてさえいません。2001年のことですから、なおさらそうでした。そのときに私は、何を使ってセキュリティを構築するのかを教えることはできるが、セキュリティに好奇心を持ち、関心を寄せ、あるいは心から好きになることは教えられないということに気付いたのです。

no title

screenshot

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20180812/1534080553
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。