Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2018/09 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2018年09月11日(火曜日)

[][]企業守る「ホワイトハッカー」を官民で奪い合う愚 | Close Up | ダイヤモンド・オンライン

情報元のブックマーク

なかなかちゃんと取材している感じの記事。

情報セキュリティー業界にとって、ホワイトハッカーは希少な人材だ。大手企業の現在の人員は、NTTデータ20人超、日立ソリューションズ11人、富士通9人、さらにセキュリティー専業のラックがマネジャークラス20人(他に攻撃者の行動把握など特定分野に特化した高度人材80人)を抱えるなどいずれも少数精鋭だ(各社でホワイトハッカーの定義が異なり、人数の単純比較はできない)。

no title

経産省の外郭団体、情報処理推進機構(IPA)と総務省所管の情報通信研究機構NICT)が行う企業のサイバーセキュリティー構築への支援にも重複感がある。組織の役割を見直せば、人材を効率的に活用できる。

 ある業界団体幹部は「内閣官房の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が横串を刺そうとしているが、いかんせん体制が弱く、予算執行も人材募集も各省ごとになっている」と嘆く。

 複数の公的機関が企業にホワイトハッカーの出向を求め、気に入った人材をそのまま正式採用するケースが後を絶たない。

 しかも、公的機関に転職したホワイトハッカーが、能力を発揮できないことが多いというから厄介だ。業界関係者は「自衛隊や警察はマルウエアを解析できる尖った人材を採っているが、うまく運用できていない」と明かす。

no title

screenshot

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20180911/1536646001
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。