Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2018/10 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2018年10月21日(日曜日)

[][]IPレピュテーションでウェブアプリへの攻撃は防げるか - WAF Tech Blog | クラウド型 WAFサービス Scutum 【スキュータム】

情報元のブックマーク

IPレピュテーションで守る。

IPレピュテーションというのは要するに「一度(あるいはそれ以上)悪さをしたIPアドレスは、次から許さないぞ」というアプローチです。つまりあるIPアドレスからの最初の攻撃に対しては無力ですが、一度攻撃を見つけたら、次からはそのIPアドレスからの攻撃を防ぐことができる、ということになります。

そのため調べるべきなのは、「あるIPアドレスから、2つ以上のウェブサイトに攻撃が行われるという事が、どの程度発生しているか」です。

集計結果

Scutumは2500以上のウェブサイトで利用して頂いており、その大半が日常的に多くのアクセスがあるサイトであるため、あるIPアドレスが横断的に複数のウェブサイトに攻撃している状況をデータとして観測することができます。今回はここ数ヶ月の間にScutum上で観測された攻撃元のIPアドレス、約36000について調査しました。

36000のうち、たった1つのウェブサイトについて攻撃が観測されたものは約23500、65%存在していました。つまり攻撃の6割以上はIPレピュテーションではまったく防ぐことができないことになります。(ただし、あくまでこれはScutum上で観測されたデータなので、より多くのウェブサイトを対象にデータを集めることができれば、もう少しこの率は下がることが考えられます。)

また、2つのウェブサイトにのみ攻撃してきたIPアドレスは4200ほどありました。これらについて考えてみれば、攻撃してきた2つのウェブサイトのうち、1つめのウェブサイトへの攻撃はIPレピュテーションでは防げないことになります。このことも考慮に入れると、より高い率でIPレピュテーションは役に立たないということになります。

no title

screenshot

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20181021/1540171286
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。