Hatena::ブログ(Diary)

まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

カレンダー
<< 2017/11 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

このBlogは個人的に収集しているセキュリティ情報や製品情報について書いています。
また、トレンドマイクロ製品+パターン+ウィルスの情報も提供しています。
Trendmicro Japanがイエローアラート以上を出した場合いろいろな情報を提供するようにしています。
Matcha's Security Blogにてセキュリティ情報(英語)も提供しています
各ウイルスバスターの不具合やBlogでの反応:クラウド(2015)クラウド(2014)クラウド(2013)201220112011続き201020092008
情報なし:20162017
日本の情報セキュリティ勉強会ポータルサイト

2017年10月21日(土曜日)

[][]InterScan for Microsoft Exchange、InterScan for IBM Domino 向け 高度な脅威検索エンジン 9.867.1059 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

InterScan for Microsoft Exchange、InterScan for IBM Domino 向け 高度な脅威検索エンジン 9.867.1059 リリース。脅威の検出に関連する機能追加等

高度な脅威検索エンジン (Advanced Threat Scan Engine) 9.867.1059 の公開を以下の通りお知らせいたします。



■ 概要

高度な脅威検索エンジン 9.867.1059 には、脅威の検出に関連する機能追加や修正が含まれています。

■ 対象製品/公開日

対象製品および公開日については、次の表をご参照ください。

製品名/バージョン公開予定日
InterScan for Microsoft Exchange 11.0/12.02017/9/13
InterScan for IBM Domino 5.6 Windows2017/9/13

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3006

[][]Trend Micro Deep Security 10.0 Update 4 公開のお知らせ (2017/09/13):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 10.0 Update 4リリース、Windows Server 2016、SQL Server 2016が追加。

Deep Security 10.0 Update 4 のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2017 年 09 月 13 日 (水)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager(以下、DSM

Deep Security Virtual Appliance(以下、DSVA)

LinuxDeep Security Agent

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

SolarisDeep Security Agent

■ 追加機能/修正内容

1.DSM 10.0 Update 4 で Windows Server 2016 がサポート対象となりました。

2.DSM 10.0 Update 4 で 使用できるデータベースMicrosoft SQL Server 2016 が追加されました。

3.DSVA 10.0 Update 4 で Windows Server 2016 がエージェントレス保護のサポート対象となりました。

追加機能やその他の修正内容は付属のReadmeをご覧ください。

※日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3009

[][]パスワードマネージャー Mac 最新版公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

パスワードマネージャー Mac リリース、累積的な修正対応

パスワードマネージャー Mac 最新版の公開を、以下の日程にて実施いたします。

■ 公開予定日

Mac版: 9/19(火)

パスワードマネージャーがインストールされている環境に順次配信されます。

■ 最新バージョン情報

Mac版:3.7.1050

■ 主な更新内容

・累積の修正

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3011

[][]パスワードマネージャー iOS 最新版公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

パスワードマネージャー iOS リリース、累積修正、

パスワードマネージャー iOS 最新版の公開を、以下の日程にて実施いたします。

■ 公開予定日

iOS版: 9/27(水)

※最新版はApp Storeよりダウンロードすることが可能です。

■ 最新バージョン情報

iOS版:3.84.1226

■ 主な更新内容

テンプレート追加によるセキュアメモの機能強化

チュートリアル機能の強化

・累積の修正

■ 製品サポート

 弊社ウェブページにてサポート情報を掲載しております。

 サポートページ

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3016

[][]LINEを利用したサポートサービス メンテナンスのお知らせ(2017年9月26日):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

LINEを利用したサポートサービスなんてやってたんですねー

平素より弊社製品をご利用いただきありがとうございます。

下記日程において LINEサポートサービス(以下LINEサポート) のメンテナンスを予定しており、

当該期間中にサービスが利用できなくなります。

LINEサポートの詳細につきましては次のページをご参照ください。

LINEサポートのご案内


メンテナンス日程

9月26日 9:30 より 17:30 (営業時間終了まで) を予定しております。

※メンテナンスは予告なく延長される場合があります。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3015

[][]法人製品におけるmacOS High Sierra 10.13 への対応について:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

法人製品におけるmacOS High Sierra 10.13 への対応状況のURLが公開されて居ます。macOS High Sierra には対応していますか | サポート Q&A:トレンドマイクロ

法人製品におけるmacOS High Sierra 10.13への対応予定、状況についてお知らせいたします。


■関連する製品/サービス

ウイルスバスター コーポレートエディション用プラグイン: Trend Micro Security (for Mac)

ウイルスバスター ビジネスセキュリティプラグインTrend Micro Security (for Mac)

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス


■対応状況について

現時点での対応予定、状況、及び注意事項については以下製品Q&Aをご確認ください。

製品Q&A:macOS High Sierra には対応していますか



※ご注意

macOS High Sierra 10.13 対応モジュールは、OSバージョンmacOS High Sierra 10.13 へアップグレードする前に適用する必要があります。

対応モジュール適用まで、macOS High Sierra 10.13 へのアップグレードはお待ちください。

各製品における対応モジュールの公開日程が決まりましたら、上記製品Q&Aにて情報更新をさせていただきます

関連URL

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3012

[][]Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 12 公開のお知らせ (2017/09/26):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 12 リリース、Linux Kernel 4.12がサポート対象との事

Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 12 のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2017 年 09 月 26 日 (火)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager

Deep Security Virtual Appliance

LinuxDeep Security Agent

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

UnixDeep Security Agentのリリースはございません。

■ 追加機能/修正内容

LinuxDeep Security AgentでLinuxカーネル4.12がサポート対象となりました。

追加機能やその他の修正内容は付属のReadmeをご覧ください。

※日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3018

[][]ウイルスバスター コーポレートエディション XG Critical Patch (ビルド 1708) および 11.0 Service Pack 1 Critical Patch (ビルド 6426) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

ウイルスバスター コーポレートエディション XG Critical Patch (ビルド 1708) および 11.0 Service Pack 1 Critical Patch (ビルド 6426) リリース、複数の脆弱性対応。

ウイルスバスター コーポレートエディション XG Critical Patch (ビルド 1708) および 11.0 Service Pack 1 Critical Patch (ビルド 6426) を下記日程にて公開いたします。


■公開開始日

2017年9月27日(水)


■修正内容・新機能

以下、アラート/アドバイザリに対応した製品機能の強化となります。

アラート/アドバイザリ: アラート/アドバイザリ : ウイルスバスター コーポレートエディション XG Critical Patch (ビルド 1708) および 11.0 Service Pack 1 Critical Patch (ビルド 6426)にて修正される複数の脆弱性について

その他、本Patchで提供される修正、新機能については付属のReadmeファイルをご確認ください。

ウイルスバスター コーポレートエディション XG Critical Patch (ビルド 1708) Readme

ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0 Service Pack 1 Critical Patch (ビルド 6426) Readme

■入手方法

本Patch は 最新版ダウンロードページよりダウンロードできます。


■導入方法

以下製品Q&Aにて概要および適用方法を公開しておりますので、ぜひご利用ください。

製品Q&A:ウイルスバスター コーポレートエディション XG Critical Patch (ビルド 1708) のインストール手順

製品Q&A:ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0 Service Pack 1 Critical Patch (ビルド 6426) のインストール手順

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3017

[][]Trend Micro Virtual Patch for Endpoint 2.0 Service Pack 2 Patch 4 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Virtual Patch for Endpoint 2.0 Service Pack 2 Patch 4 リリース、累積修正や新機能が追加されているみたい。

Trend Micro Virtual Patch for Endpoint 2.0 Service Pack 2 Patch 4 を下記日程にて公開いたします。


■公開開始日

2017年10月03日(火)


■入手方法

本製品は「最新版ダウンロードページ」の

Trend Micro Virtual Patch for Endpoint (旧:脆弱性対策オプション) からダウンロードできます。

■新機能

推奨設定の検索のパフォーマンスが向上しました。

ドメインコントローラにPing要求を送信しないよう設定できるようになりました。

サポートされるプロトコルの設定機能が強化されました。

SQLデータベースのロック機能の動作が変更されました。

■修正内容

[ウイルスバスター Corp.サーバとの定期的な同期を有効にします] チェックボックスがオフの場合でも

コンピュータウイルスバスターCorp.と同期」の予約タスクが実行されるように修正されました。

詳細については付属のReadmeファイルをご確認ください。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3020

[][]Trend Micro Deep Security 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 7 公開のお知らせ (2017/10/03)サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 7リリース、VirtualApplianceに脆弱性が存在して居たらしくその修正との事。

Trend Micro Deep Security 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 7 のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2017 年 10 月 03 日 (火)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager

Deep Security Virtual Appliance

LinuxDeep Security Agent

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

■ 追加機能/修正内容

DSVAのOS脆弱性の問題がありましたが、修正パッチが適用されました。

追加機能やその他の修正内容は付属のReadmeをご覧ください。

※日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3021

[][]ウイルスバスター クラウド プログラムアップデートのお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

ウイルスバスター クラウドログラムアップデート、Ver.11がリリース、検索エンジンの更新でVSAPI 9.950に更新されるらしい。

■対象製品

ウイルスバスター クラウドログラムバージョン10(バージョン番号:10.x.xxxx)

※90日期間限定版を含みます。

ウイルスバスター マルチデバイス 月額版(Windows版) プログラムバージョン10(バージョン番号:10.x.xxxx)

ウイルスバスター クラウドログラムバージョン11バージョン番号:11.x.xxxx)

※90日期間限定版を含みます。

ウイルスバスター マルチデバイス 月額版(Windows版) プログラムバージョン11バージョン番号:11.x.xxxx)

※プログラムバージョンの確認方法は下記の製品Q&Aページでご確認いただけます。

 http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098250.aspx


■公開予定日

2017年10月10日(火)


■入手方法

このプログラムアップデートは、上記公開予定日からウイルスバスター クラウドインストールされている環境に順次配信されます。

ご利用の環境によっては、コンピュータ再起動を求められる場合があります。

■主な更新内容

ウイルス検索エンジンの更新 (VSAPI 9.950)

※主な新機能と改善点については リリースノートをご参照ください。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3025

[][][更新]法人のお客様向け製品のWindows 10 Fall Creators Update(RS3)対応について:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

[更新]法人のお客様向け製品のWindows 10 Fall Creators Update(RS3)対応状況。ブルースクリーンになった対応。

2017年10月17日以降、マイクロソフト社よりWindows 10アップデートである、Windows 10 Fall Creators Update(RS3)の提供が開始されています。

法人のお客様向け製品でのWindows 10 Fall Creators Update(RS3) 対応についてご案内させていただきますのでご確認ください。

2017年10月20日現在、法人のお客様向けの製品は Windows 10 Fall Creators Update(RS3) への正式対応を行っていません。


Windows 10 Fall Creators Update(RS3) への対応予定

法人のお客様向け製品の対応予定時期、対応予定バージョンを下記ページで公開しています。

事前に内容を確認いただきアップグレード計画をご検討ください。

Windows 10 Fall Creators Update(RS3) 対応予定


Windows 10 Fall Creators Update(RS3) へのアップグレード予約をしている場合

法人のお客様向け製品の対応前にWindows 10 Fall Creators Update(RS3) へのアップグレードを行うと、一部の機能が正常に動作しない事が確認されています。

また、以下法人製品では、Windows 10 Fall Creators Update(RS3) へのアップグレード後にマイクロソフト社の更新プログラム(KB4043961)を適用するとブルースクリーンBSoD)が発生する事も確認されています。

ウイルスバスター コーポレートエディション

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ

そのため、Windows の自動アップグレード予約を取り消して現在ご使用のOSで使用してください。 予約の取り消し方は、お使いのPCメーカまたはマイクロソフト社のサイト等でご確認ください。

法人のお客様向け製品の対応バージョンの公開およびバージョンアップ完了後に、Windows 10 Fall Creators Update(RS3) へのアップグレードを実施してください。

ブルースクリーンBSoD)が発生する事象に対する対応について

事象を回避するための各製品での対応方針は以下となります。

なお、本対応はブルースクリーンBSoD)発生を防ぐための対応となり、Windows 10 Fall Creators Update(RS3) への正式対応ではありません。正式対応は上記「Windows 10 Fall Creators Update(RS3) 対応予定」ページにてご案内させていただきます

ウイルスバスター コーポレートエディション: ブルースクリーンBSoD)回避用モジュール準備中

ウイルスバスター ビジネスセキュリティバージョン9.5:10月24日 ブルースクリーンBSoD)回避用モジュールを公開予定

バージョン9.0:ブルースクリーンBSoD)回避用モジュール準備中

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスブルースクリーンBSoD)回避用モジュールを10月21日より配信開始

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3024

[][][更新]ウイルスバスター for Home Network 1.4 の公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

[更新]ウイルスバスター for Home Network 1.4 リリース、累積修正等実施、ファームウエアは自動アップデート

ウイルスバスター for Home Network 1.4 の公開を、以下の日程にて実施いたします。

■ 更新日

2017年 10月 16日

■ 更新内容

公開予定日及びファームウェアバージョンを以下に変更しました。

公開予定日: 10/19(木)

ファームウェア:1.4.222


■ 公開予定日

ファームウェア: 10/19(木)

ファームウェアは自動で更新されます。

管理用アプリ: 10/19(木)

※管理用アプリ(Android版、iOS版)の最新版はGoogle PlayおよびApp Storeからダウンロードすることが可能です。

■ 最新バージョン情報

ファームウェア:1.4.222

管理用アプリ(Android版/iOS版):1.40.1257

■ 主な更新内容

・ダッシュボード機能の追加

・ライセンス更新機能の追加

・プライバシーポリシーページの更新(Android版のみ)

デバイス認識の向上と初回スキャン時間の改善

・累積の修正

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3029

[][]InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1 Critical Patch (ビルド1682) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1 Critical Patch (ビルド1682) リリース、機密情報ログに保存される問題対応等、PHPのプログラム上の問題か・・・

InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1 Critical Patch Service Pack (ビルド1682) を下記日程にて公開いたします。



■公開開始日

2017年10月24日 (火)


■新機能・修正内容

本プログラムにおける、新機能・修正内容は以下となります

修正: IMSVAで処理されたセッションなどの機密的な情報ログファイルにプレーンテキストで記録されることがある問題

その他詳細につきましては、付属のReadmeファイルをご確認ください。


■入手方法

本製品は、 最新版ダウンロードページよりダウンロードできます。

■導入方法

以下製品Q&Aにて適用方法を公開しておりますので、ぜひご利用ください。

製品Q&A: ( IMSVA )


本Critical Patchは、次の問題を修正します。

   問題:
     IMSVAで処理されたセッションなどの機密的な情報がログファイルにプレーンテキ
     ストで記録されることがある問題

   修正:
     本HotFixの適用後は、機密情報がログファイルに記録されなくなり、この問題が
     修正されます。

   1.1 ファイル一覧
   ================
   A. 現在の問題の修正ファイル

   問題の修正用ファイル:

   ファイル名                                     ビルド番号
   ----------------------------------------------------------------------
   product_auth.php                               9.0.0.1682
   config.php                                     9.0.0.1682

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3032

[][]Trend Micro Deep Security 10.0 Update 5 公開のお知らせ (2017/10/18):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 10.0 Update 5リリース、

Deep Security 10.0 Update 5 のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2017 年 10 月 18 日 (水)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager

Deep Security Virtual Appliance

LinuxDeep Security Agent

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

SolarisDeep Security Agent

■ 追加機能/修正内容

追加機能や修正内容は付属のReadmeをご覧ください。

※日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

Deep Security Manager 10.0 Update5

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   The following enhancement is included in this release:
   
   Enhancement 1: [DSSEG-1404/TT 353335]
                  A new policy setting (Computer/Policy editor >
                  Settings > General > Suppress all pop-up notifications
                  on host) enables you to hide all pop-up windows on
                  hosts.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issues:
   
   Issue 1:       [DSSEG-1478/SEG-13376]
                  NSX synchronization was not able to run within the
                  scheduled vCenter synchronization task execution in a
                  multiple vCenter environment.
   
   Solution 1:    This issue is fixed in this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 2:       [DSSEG-1472/SEG-10032]
                  Deep Security Manager encountered high memory usage
                  when performing recommendation scans for computers
                  that install large amount of software.
   
   Solution 2:    This issue is fixed in this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 3:       [DSSEG-1429/SEG-13059]
                  The SOAP API eventretrieve() method did not sort the
                  result set. As a result, these problems somtimes
                  occurred: the incorrect last event ID was shown,
                  events were missing, or there were duplicate events.
   
   Solution 3:    This issue is fixed in this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 4:       [DSSEG-1420/SEG-13068]
                  Deep Security Manager opened an unneeded connection to
                  vCenter during the post-activation process for a
                  virtual appliance, which sometimes caused an
                  activation failure due to a connection timeout.
   
   Solution 4:    This issue is fixed in this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 5:       [DSSEG-1355/SEG-12776]
                  If Deep Security Manager could not get all running
                  processses from the agent, a NullPointerException
                  would appear in the log file.
   
   Solution 5:    An error is now logged instead of a
                  NullPointerException.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 6:       [DSSEG-1262]
                  When Deep Security Manager was running in multi-tenant
                  mode, the settings that control SIEM configuration for
                  tenants did not work as expected.
   
   Solution 6:    There is a new option under "System Settings >
                  Tenants" that allows the primary tenant (t0) to hide
                  or show SNS settings for tenants. If the t0 clears the
                  checkboxes for the SIEM, SNS, and SNMP options on the
                  "Tenants" tab, tenants will not see the
                  "Administration > System Settings > Event Forwarding"
                  tab.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Deep Security Virtual Appliance

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   There are no enhancements in this release.
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issue:
   
   Issue 1:       [DSSEG-1551]
                  A change made on October 14 to version 2.7 of smBIOS 
                  for AWS EC2 instances introduced an incompatibility 
                  issue with Deep Security Agents on Linux and Windows. 
                  We have seen this issue affecting new instances created 
                  in the US-Virginia, Japan, and Singapore regions since 
                  October 14, but additional regions will be affected. 
                  This issue affects agent activation on any instance 
                  with the 2.7 bios and is likely to result in agents 
                  entering an unprotected state. Currently running 
                  activated agents are not affected.

                  For details, please refer to: 
                  (EN) https://success.trendmicro.com/solution/1118601, 
                  (JP) http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1118597.aspx 

   Solution 1:    The incompatibility is fixed with this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   

LinuxDeep Security Agent / Relay 10.0 Update5 CP

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   There are no enhancements in this release.
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issue:
   
   Issue 1:       [DSSEG-1551]
                  A change made on October 14 to version 2.7 of smBIOS 
                  for AWS EC2 instances introduced an incompatibility 
                  issue with Deep Security Agents on Linux and Windows. 
                  We have seen this issue affecting new instances created 
                  in the US-Virginia, Japan, and Singapore regions since 
                  October 14, but additional regions will be affected. 
                  This issue affects agent activation on any instance 
                  with the 2.7 bios and is likely to result in agents 
                  entering an unprotected state. Currently running 
                  activated agents are not affected.

                  For details, please refer to: 
                  (EN) https://success.trendmicro.com/solution/1118601, 
                  (JP) http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1118597.aspx 

   Solution 1:    The incompatibility is fixed with this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   

UNIXDeep Security Agent 10.0 Update5 CP

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   There are no enhancements in this release.
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issues:
   
   Issue 1:       [DSSEG-1370]
                  The Deep Security Agent sometimes failed to complete
                  an SSL handshake when the agent was using a proxy to
                  connect to Deep Security Manager.
   
   Solution 1:    The issue is fixed in this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   Issue 2:       [DSSEG-1247]
                  A race condition when the ds_agent kernel module was
                  handling TCP connections caused an error displayed on
                  a blue screen.
   
   Solution 2:    The issue is fixed in this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

WindowsDeep Security Agent / Relay / Notifier 10.0 Update5 CP

2. What's New
========================================================================

   2.1 Enhancements
   =====================================================================
   There are no enhancements in this release.
   

   2.2 Resolved Known Issues
   =====================================================================
   This release resolves the following issue:
   
   Issue 1:       [DSSEG-1551]
                  A change made on October 14 to version 2.7 of smBIOS 
                  for AWS EC2 instances introduced an incompatibility 
                  issue with Deep Security Agents on Linux and Windows. 
                  We have seen this issue affecting new instances created 
                  in the US-Virginia, Japan, and Singapore regions since 
                  October 14, but additional regions will be affected. 
                  This issue affects agent activation on any instance 
                  with the 2.7 bios and is likely to result in agents 
                  entering an unprotected state. Currently running 
                  activated agents are not affected.

                  For details, please refer to: 
                  (EN) https://success.trendmicro.com/solution/1118601, 
                  (JP) http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1118597.aspx 

   Solution 1:    The incompatibility is fixed with this release.
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3033

[][]Trend Micro Deep Security 9.0 サポート終了に伴うアップグレードのご案内:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 9.0 は、2018年09月30日にサポート終了なので、アップグレードの案内。

Trend Micro Deep Security 9.0のサポートサービスは、2018年9月30日をもちまして終了いたします。

バージョンを使用しているお客様は、最新バージョンへのアップグレードを実施していただきますようお願いいたします。



■対象製品

Trend Micro Deep Security 9.0


■サポートサービスの終了日

2018年9月30日(日)


■サポートサービス終了後の製品への対応

製品の不具合についての調査/修正は行いません。

DPIルールやパターンの配信はしばらく継続されますが、その後は予告なく停止されることがあります。


アップグレード方法

手順はTrend Micro Deep Security アップグレード対策ページをご確認ください。


Trend Micro Deep Security サポートウェブ

モジュールの最新情報や問合せランキングなどを掲載しています。

サイジング参考資料やトラブルシューティングガイドもダウンロードすることができます。

サポートウェブについては、こちらをご確認ください。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3026

[][]ウイルスバスター クラウド プログラムアップデートのお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

ウイルスバスター クラウドログラムアップデートで、Windows 10 Fall Creators Update (RS3)でブルースクリーンになる件の緊急対応。

2017年10月18日より、マイクロソフト社より配信された

Windows 10 Fall Creators Update (RS3) を適用された環境において、

青色の画面が表示されてコンピュータが停止する(ブルースクリーン)ことが確認されております。

事象に対する修正を下記の通り配信致します。


■対象製品

ウイルスバスター クラウドログラムバージョン12(バージョン番号:12.x.xxxx)

ウイルスバスター クラウドログラムバージョン11バージョン番号:11.x.xxxx)

※プログラムバージョンの確認方法は下記の製品Q&Aページでご確認いただけます。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098250.aspx


■公開予定日

2017年10月20日(金)


■入手方法

このプログラムアップデートは、上記公開予定日以降、ウイルスバスター クラウドインストールされている環境に配信されます。

ご利用の環境によっては、コンピュータ再起動を求められる場合があります。

■主な更新内容

挙動監視コアドライババージョンが下記のように更新されます。

ウイルスバスター クラウド 12 をお使いの場合 : 挙動監視コアドライバ が 7.30.1078 へ更新されます。

ウイルスバスター クラウド 11 をお使いの場合 : 挙動監視コアドライバ が 7.0.1147 へ更新されます。


https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3034

[][]Amazon Web Services クラウドアカウント同期機能の不具合について (2017/10/20):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Amazon Web Services クラウドアカウントにおいて、EC2インスタンス有効にしても、アカウント外のコンピューターとして有効化されちゃう問題との事

下記製品を対象としてAmazon Web Services クラウドアカウント同期機能に不具合が発生しておりますので、お知らせいたします。

■ 対象製品

Trend Micro Deep Security

Trend Micro Deep Security as a Service

■ 対象OS

サポート対象OS全て

■ 対象バージョン

サポート対象バージョン全て

■ 発生事象

Amazon Web Servicesクラウドアカウント同期機能をお使いの環境にて新しくEC2インスタンスを有効化した場合に、管理コンソールの[コンピュータ]タブ上のクラウドアカウントコンピュータとして有効化されず、クラウドアカウント外の コンピュータとして有効化される。

■ 暫定復旧手順について

下記製品Q&Aに記載の手順により、クラウドアカウントコンピュータとして有効化する事が可能です。

Q&A:AWSクラウドコネクタ利用時にAWS Accountとして有効化できない問題について

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3035

2017年10月20日(金曜日)

[][]Trend Micro Deep Security as a Service 障害発生のご報告 (2017/10/20):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security as a Serviceが10月20日に4時間程度レポート生成ができない不具合が発生して居たらしい。

Trend Micro Deep Security as a Service (以下、DSaaS) にて、以下の障害が発生しておりましたので報告させていただきます

■ 対象サービス

Trend Micro Deep Security as a Service (以下、DSaaS)

■ 発生日時

2017年10月20日(金) 午前04時20分ごろ 〜 午前08時20

サービスへの影響

DSaaS管理コンソール上からレポートの生成ができない問題が発生していました。

■ 対応状況

2017年10月20日(金) 08時20分に問題が解消されたことを確認しました。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3036

2017年09月22日(金曜日)

[][]設立10周年を迎えた日本シーサート協議会(NCA) | セキュリティ対策のラック

情報元のブックマーク

オレオレ!!!!俺が中継班で頑張ってる姿!!!

ラックは、同会の発起人かつ会員で、今回はプラチナスポンサーとして本イベントに参画し、講演とトレーニングおよびブースの出展を行いました。講演については、別途レポートする予定です。また、イベントの運営には、ラックからは私が実行委員、八尾が「らっこ中継班」として半年前にスタートした準備から当日の運営までを手伝い、トラブルなく実施しました。特に、サテライト会場への中継を無事に終えた「らっこ中継班」は、映像の品質、カメラワーク等において評価され、実行委員会より感謝状を受理しました。

設立10周年を迎えた日本シーサート協議会(NCA) | セキュリティ対策のラック

screenshot

[][]アカウントが乗っ取られたら・・・ | リクルートテクノロジーズ メンバーズブログ

情報元のブックマーク

よくまとまってる!!!これは良い!

こんにちは。リクルートCSIRTのきっかわです。 リクルートCSIRTでは、定期的にアカウントが乗っ取られた!という相談をよく受けます。では、どのように乗っ取られるのでしょうか?ヒアリングをしてみると多くが以下のケースでした。

・別のWebサービスログイン情報を漏えいしていた。 ・その別のWebサービスログイン名とパスワードが同じだった。

いわゆるリスト型攻撃で乗っ取られているケースです。ログイン情報を多くのサービスで使い回しているとこうした乗っ取りが行われる可能性があります。みなさん、ログイン情報を使い回していませんか?

アカウントが乗っ取られたら・・・ | リクルートテクノロジーズ メンバーズブログ

screenshot

[][]Trend Micro Deep Security 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 6 公開のお知らせ (2017/09/04):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 6 リリース、エンジンアップグレード等、その他も累積修正

Trend Micro Deep Security 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 6 のモジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2017 年 09 月 04 日 (月)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager

Deep Security Virtual Appliance

LinuxDeep Security Agent

WindowsDeep Security Agent

WindowsDeep Security Notifier

■ 追加機能/修正内容

LinuxDeep Security Agentに含まれている検索エンジンアップグレードされます。

追加機能やその他の修正内容は付属のReadmeをご覧ください。

日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=2999

[][]Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 11 公開のお知らせ (2017/09/04):サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 11 リリース、検索エンジンアップグレード、その他の追加機能もあるらしい

Trend Micro Deep Security 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 11モジュールを公開いたします。

■ 公開開始日

2017 年 09 月 04 日 (月)

■ 対象モジュール

Deep Security Manager

Deep Security Virtual Appliance

LinuxDeep Security Agent

WindowsDeep Security AgentおよびWindowsDeep Security Notifierのリリースはございません。

■ 追加機能/修正内容

LinuxDeep Security Agentに含まれている検索エンジンアップグレードされます。

追加機能やその他の修正内容は付属のReadmeをご覧ください。

日本語のReadmeは一か月以内を目安に公開いたします。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=2998

[][]【更新】重要なお知らせ:Trend Micro Deep Security および Trend Micro Deep Security as a Service 最新Updateプログラム適用のお願い:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

古いバージョンTrend Micro Deep Security および Trend Micro Deep Security as a Service をアップデートしてくださいというご案内。

Trend Micro Deep Security(以下、Deep Security)および Trend Micro Deep Security as a Service(以下、DSaaS)は、日々変化し続ける脅威への効果的な対策として定期的にUpdateプログラムを公開しています。

以下に記載したバージョンにおいては、2018年2月末以降、プログラムに同梱されているウイルス検出のためのコンポーネントのサポートが終了し、流行中のランサムウェアの一部が検出できないなど、セキュリティリスクが発生いたします。

セキュリティレベル向上のため、最新のUpdateプログラムを適用していただきますようお願いします。

■対象製品

Deep Security

DSaaS

■対象バージョン

以下の製品バージョンは、2018年2月末を目途に、プログラムに同梱されているウイルス検出のためのコンポーネントのサポートが終了します。最低限のセキュリティレベルを担保できない状態となりますので、セキュリティレベル向上のため、最新のUpdateプログラムを適用していただきますようお願いします。

製品/バージョンご利用のプラットフォームDeep Security Agentのビルド番号
Deep Security Agent 9.5Windows 9.5.3-5500 以下
Linux 9.5.3-7568 以下
Deep Security Agent 9.6Windows 9.6.2-7599 以下
Linux 9.6.2-8065 以下

※1:上記、製品バージョンより高いバージョンのHotFixも対象となる場合があります。

使用中のHotFixに関してご不明な点などありましたら、弊社サポートセンターもしくは弊社プレミアムサポートセンター 担当エンジニアまでご連絡ください。

※2:Deep Security Virtual Appliance (DSVA)もAgentにRedhat6 x64版を使用しているため対象になります。

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=2978

[][]ウイルスバスター for Home Network 1.3.209 の公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

ウイルスバスター for Home Network 1.3.209 累積的修正でリリース、ファームウエアアップデート自動でアップデートされる

ウイルスバスター for Home Network 1.3.209 の公開を、以下の日程にて実施いたします。

■ 公開予定日

ファームウェア: 9/7(木)

ファームウェアは自動で更新されます。

■ 最新バージョン情報

ファームウェア:1.3.209

■ 主な更新内容

累積の修正

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3003

[][]仮想アナライザセンサ 6.0.2269 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

仮想アナライザセンサ 6.0.2269 リリース。脅威解析の機能追加と修正対応

仮想アナライザセンサ (Virtual Analyzer Sensors) 6.0.2269 の公開を以下の通りお知らせいたします。



■ 概要

仮想アナライザセンサ 6.0.2269 には、脅威の解析に関連する機能追加と修正が含まれています。



■ 対象製品/公開予定日

対象製品および公開予定日については、次の表をご参照ください。

製品名/バージョン公開予定日
Deep Discovery Inspector 3.52017/8/29
Deep Discovery Inspector 3.7/3.82017/9/11
Deep Discovery Advisor 3.02017/8/29
Deep Discovery Analyzer 5.0/5.12017/8/29
Deep Discovery Analyzer 5.5/5.82017/9/11
Deep Discovery Email Inspector 2.0/2.12017/8/29
Deep Discovery Email Inspector 2.5/2.62017/9/11
Trend Micro Control Manager 6.0 Service Pack 32017/9/11

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3002

[][]InterScan Messaging Security シリーズ向け高度な脅威検索エンジン 9.867-1059 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

InterScan Messaging Security シリーズ向け高度な脅威検索エンジン 9.867-1059 リリース。脅威検出に関する機能追加や修正対応

高度な脅威検索エンジン (Advanced Threat Scan Engine) 9.867-1059 の公開を以下の通りお知らせいたします。

■ 概要

高度な脅威検索エンジン 9.867-1059 には、脅威の検出に関連する機能追加や修正が含まれています。

■ 対象製品/公開日

対象製品および公開日については、次の表をご参照ください。

製品名/バージョン公開予定日
InterScan Messaging Security Suite 7.5 Windows2017/09/14
InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0/9.12017/09/14

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3004

[][]高度な脅威検索エンジン 9.867.1059 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

情報元のブックマーク

高度な脅威検索エンジン 9.867.1059 リリース。脅威検出に関する機能追加や修正対応

高度な脅威検索エンジン (Advanced Threat Scan Engine) 9.867.1059 の公開を以下の通りお知らせいたします。

■ 概要

高度な脅威検索エンジン 9.867.1059 には、脅威の検出に関連する機能追加や修正が含まれています。

■ 対象製品/公開日

対象製品および公開日については、次の表をご参照ください。

製品名/バージョン公開予定日
Deep Discovery Inspector 3.52017/9/11
Deep Discovery Inspector 3.7/3.82017/9/18
Deep Discovery Advisor 3.02017/9/11
Deep Discovery Analyzer 5.0/5.12017/9/11
Deep Discovery Analyzer 5.5/5.82017/9/18
Deep Discovery Email Inspector 2.0/2.12017/9/11
Deep Discovery Email Inspector 2.5/2.62017/9/18
Trend Micro Control Manager 6.02017/9/18

https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3005

2017年09月21日(木曜日) ひさびさにこうしん・・・・

[][]WordPressの更新版公開、直ちに適用を - ITmedia NEWS

情報元のブックマーク

アップデート出てる。

オープンソースのコンテンツ管理システム(CMSWordPressセキュリティ問題を修正する更新版が、9月19日付で公開された。WordPressを使っているWebサイトは直ちに更新するよう、強く勧告している。

 最新版となる「WordPress 4.8.2」では、4.8.1までのバージョンに存在するSQLインジェクションの脆弱(ぜいじゃく)性や、複数のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性などが修正された。セキュリティ問題のほかに、6件の不具合なども修正されている。

WordPressの更新版公開、直ちに適用を - ITmedia NEWS

screenshot

[][]CYBER GRID JOURNAL Vol.4 | セキュリティ対策のラック

情報元のブックマーク

今回は防衛系のお話。

CYBER GRID JOURNAL Vol.4では、「脅威情報」に焦点を当てました。サイバー攻撃の痕跡から情報を組み合わせて攻撃者の姿を導き出す手法のことで、サイバー攻撃に対抗するための有効な手法として、ここ数年大きく注目を集めています。特集「サイバー戦から読み解くサイバーセキュリティ」では、陸、海、空、宇宙に続く第5の戦場と呼ばれるサイバー空間におけるサイバー戦の現状や、日本サイバー防衛とその課題、脅威情報の活用などについて解説します。

CYBER GRID JOURNAL Vol.4 | セキュリティ対策のラック

screenshot

[][]「教えることは教わること」―セキュアスカイテクノロジー はせがわようすけさん (1/2):EnterpriseZine(エンタープライズジン)

情報元のブックマーク

2004年懐かしい・・・・

転機は2004〜5年、いろんな分野で勉強会が開催されるようになったころだ。はせがわさんも自己啓発の一環で勉強会に足を運ぶようになった。本業の回路設計とは直接関係ないものの、堅牢性でつながりがあるセキュリティに関心を持つようになった。

 勉強会を通じてセキュリティの人脈が広がった。その中にはセキュリティ対策をしているネットエージェントの杉浦隆幸さん(当時社長)もいた。ある日、はせがわさんは杉浦さんからSNSメッセージを通じて「大阪で働きませんか?」という誘いを受けた。これから同社が大阪支社を開設するから、そこで働かないかという勧誘だった。

「教えることは教わること」―セキュアスカイテクノロジー はせがわようすけさん (1/2):EnterpriseZine(エンタープライズジン)

screenshot

[][]女子高生にもセキュリティインシデントが影響する時代--この難局にどう対応すべきか - ZDNet Japan

情報元のブックマーク

NCA10thの記事

企業や組織でセキュリティのインシデントに対応する「CSIRT」。そのコミュニティーとなる日本シーサート協議会(NCA)が10周年を迎え、8月23〜25日に都内で「NCA 10th Anniversary Conference『絆』」が開催された。同イベントでは、深刻さが増す一方のインシデントに、これからのCSIRTはどう対応していくべきかが最大のテーマとなった。

 2006年に6つのCISRTでスタートしたNCAは、日々発生するセキュリティのインシデントに連携して立ち向かうことを目的に誕生した。ウイルス感染などの事象から標的型攻撃、サイバーテロなどへインシデントの深刻さが増すにつれ、特に近年はCSIRTを立ち上げる企業や組織が急増。2017年8月4日現在では241のCSIRTがNCAに参加している。

女子高生にもセキュリティインシデントが影響する時代--この難局にどう対応すべきか - ZDNet Japan

screenshot

[][]「トラフィックの8割以上がボットだった」――JAL、「Bot Manager」で航空券予約サイトへの迷惑ボットを撲滅 - ITmedia エンタープライズ

情報元のブックマーク

トラフィックの8割がボットだったのか・・・

日本航空JAL)は、ボットによるWebサイトへのアクセスを制御できる、アカマイ・テクノロジーズのボット管理サービスBot Manager」を導入した。


海外地区JAL Webサイト(航空券予約サイト)では、空席照会や座席予約をすると、外部の予約エンジンサービスへのリクエストが発生し、その量に応じてJALへの課金が発生する仕組みになっている。

 昨今のインバウンド需要の高まりで、サイトを通じた航空券の売り上げが伸びる一方、価格比較を目的に、空席や運賃情報を照会するだけで購入に直結しないボットによるアクセスも増加し、外部サービスへの課金額が負担となっていた。

「トラフィックの8割以上がボットだった」――JAL、「Bot Manager」で航空券予約サイトへの迷惑ボットを撲滅 - ITmedia エンタープライズ

screenshot

[][]8月25日に発生した大規模通信障害をまとめてみた - piyolog

情報元のブックマーク

BGPのあれ

2017年8月25日12時過ぎより、Webサイトにつながらない等の接続障害とみられる事象が複数発生しました。また同時間帯にNTTコミュニケーションズ、KDDIから障害報告が発表されています。ここでは関連情報をまとめます。

8月25日に発生した大規模通信障害をまとめてみた - piyolog

screenshot

[][]ICTSC8競技中に発生したトラブルの技術的な観点での解説 | ICTSC tech-blog

情報元のブックマーク

電源低下とかリアルインシデント・・・・

電気通信大学での準備期間、及び本番1日目までは、上記の6台体制で運用を行っており、特に問題なく動作していました。 しかし、2日目の10時過ぎごろに、突然m4の1台(m4-02)が再起動しました。直接的な原因は最終的に分かりませんでしたが、一度起動した後も何度か再起動を繰り返していたため、電源ユニットの不調を疑い、起動させていなかったm4から電源ユニットの交換を行いました。 その後は正常に起動したのですが、その後ucs3台が1台ずつ、30秒ほどのスパンを開けて再起動している事に気づきました。 この時点でマシン固有の、ハードウェア起因な障害である可能性が低いのではないかという仮説が立ち、電力的な障害の可能性が浮上しました。

会場となった電気通信大学では、一部屋に独立した系統が3つあり、事前にサーバネットワーク機器が利用出来る電気容量を計算した上で運用していました。 上記の通り、本番1日目までは正常に動作していたので、特に問題ないという認識でしたが、トラブルが発生した後に計測してみると、驚くことに92Vほどしか出力されていませんでした。

ICTSC8競技中に発生したトラブルの技術的な観点での解説 | ICTSC tech-blog

screenshot

[][]セキュリティが得意な「次世代」が集った5日間:自分の中でイノベーションを起こせ──セキュリティ・キャンプ全国大会2017が抱かせた「好奇心」の真の意図 (1/2) - @IT

情報元のブックマーク

セキュリティキャンプ全国大会2017の記事

2017年8月14日から4泊5日の日程で、セキュリティキャンプ実施協議会と情報処理推進機構IPA)が主催した「セキュリティキャンプ全国大会2017」が開催された。

 セキュリティキャンプ全国大会(以下、セキュリティキャンプ)は、情報セキュリティに関心を抱く若年層を対象に、4泊5日の合宿を通じて普段の授業や独学では得られにくい“濃い”内容の講義を行い、次世代を担う人材を発掘、育成することを目的とした取り組みだ。今回は前回2016年大会のほぼ倍となる82人が参加し、それぞれの関心に沿った講義を通じてコンピュータアーキテクチャやネットワークへの理解を深めた。

セキュリティが得意な「次世代」が集った5日間:自分の中でイノベーションを起こせ──セキュリティ・キャンプ全国大会2017が抱かせた「好奇心」の真の意図 (1/2) - @IT

screenshot

2017年09月09日(土曜日)

[][]第13回名古屋情報セキュリティ勉強会のご案内

まっちゃだいふくです。
2017年09月09日(土曜日)に名古屋情報セキュリティ勉強会を以下の通り開催いたします。
今回の勉強会では、サイバーセキュリティ研究の一人者SCSK株式会社の松本隆さんに登壇いただきます。
ダークウェブの近況やサイバー攻撃の現状、そのマーケット等々についてお聞きします。
ご興味がありましたら、是非参加のほどよろしくお願いします。
名古屋情報セキュリティ勉強会は、どなたでも参加可能です。お気軽に参加ください。
----
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第13回名古屋情報セキュリティ勉強会
 http://nagoya-sec.techtalk.jp/workshop/13thworkshop
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------
■開催概要
--------------------------------------------------------------------
テーマ:ダークウェブのマーケット
講 師:「ダークウェブのマーケット(仮)」(松本隆さん)
   :「調整中」(調整中)
   :ライトニングトーク
   :「調整中」
   :「調整中」
   :「調整中」
日 付:2017年09月09日(土曜日)
時 間:13時20分〜18時00分(12時50分受付開始)
場 所:名古屋大学 IB電子情報館 IB015講義室
住 所:名古屋市千種区不老町
地 図: http://www.nagoya-u.ac.jp/access/
定 員:100名
費 用: 1,000円(学生無料)
参加申込:http://bit.ly/nagoyasec-13th-atnd
参加一覧:http://bit.ly/nagoyasec-13th-list
※ 申し込み内容に間違えがある場合や、キャンセルについてはnagoyasec.nawoyuky@gmail.comまで連絡下さい。※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■懇親会情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師や参加者との交流の場として懇親会も開催します。
時 間:18時45分-20時45分(2時間)
会 場:名駅近くで調整中
地 図:調整中
定 員:調整中
費 用:一般4,000円、学生3,000円
申込方法:前述の登録フォームより申し込み下さい。
※ 申し込みを済ませた後の懇親会参加はnagoyasec.nawoyuky@gmail.comまで連絡下さい※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳細について不明な点がありましたら, 以下までお気軽に連絡ください.
最後に名古屋情報セキュリティ勉強会は学生の勉強会への参加を応援しています!

												以  上
当ページでは、掲載内容による不具合、問題に関する責任もちません、内容が正確である保障もできません。m(__)m
各自の自己責任で、情報の確認をお願いします

毎日のトップに掲載されている今日の記念日は、MIEさんのページから頂いております。ありがとうございます。