Hatena::ブログ(Diary)

リゼット(14新)推奨日記

2100-01-01 表紙 このエントリーを含むブックマーク

中の人の進歩とかたまに音ゲーネタとかまとめたりするブログ

両皆伝、残サイ(サニパまで)、桃皆伝でした。

KAC2013 MASTER部門41位、天下一音ゲ祭グルコス部門北海道・東北ブロック優勝。

最近はSPやってます。


リゼット(14新)とは?

2018-02-03

フリースタイルダンジョンのレーティング考察

誰が最強か?

本記事では、フリースタイルダンジョンの全出演者(チャレンジャー・モンスター)たちについて、それぞれの対戦成績をもとに、Colleyの手法*1によってレーティングを計算することで、それぞれの「強さ」を数値化していきます。

Colleyの手法は、対戦勝率(勝数/試合数)を、継起則*2および対戦相手の勝率との関係性(強い相手と対戦しているほど評価が高い)によって補正したものと考えることができます。Colleyの手法では勝ち点を考慮しないため、勝敗だけを意識したレーティングに適した方法です。フリースタイルダンジョンではラウンドごとの勝敗、審査員の票数を勝ち点として考慮することも可能ですが、クリティカルの扱いが難しいこと、初期の一部の試合で審査が明確でないこと*3から、バトル単位の結果のみを考慮した方が容易と判断しました。

勝率をもとにすることから、通常全体のレーティングは0.5を中心として0〜1.0の間に収まりますが、全て小数点以下となって見づらいので、本記事では結果の値を100倍して表現します。これにより表された数値が、標準的な強さの出演者に対する勝率を%で表したものと言えます。

集計対象

1st Season〜4th Season Rec5までの勝敗がついた全試合の勝敗を集計します。Monsters War、口迫歌合戦、Monsters War 2017もカウント対象とします。

ラウンドごとの勝敗や審査員の票数は勘定に入れず、バトル単位での勝敗のみをカウントします。

N on Nのチーム戦の場合、N人それぞれが対戦相手N人と1/N試合ずつ対戦したものとします。(重み付きColleyの手法)

結果

全体で5試合以上(1回のチャレンジで行われる最大試合数)行っている出演者のみ記載します。

名前試合数勝数負数レーティング
1MU-TON55096.79
2晋平太87190.15
3呂布カルマ1512385.91
4般若54184.97
5R-指定3324983.50
6CIMA97282.51
7掌幻108281.76
8FORK118374.19
9DOTAMA32211173.10
10スナフキン64272.19
11焚巻85371.23
12輪入道1611570.58
13MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻53270.21
14じょう95468.29
15押忍マン106468.06
16Dragon One74364.59
17GADORO85364.50
18KOPERU74364.32
19SAM53263.58
20崇勲20101060.93
21T-PABLOW47252258.16
22DARTHREIDER63355.60
23TKda黒ぶち136754.87
24NAIKA MC62454.19
25HIDADDY94553.66
26D.D.S52352.59
27CHICO CARLITO31141749.93
28サイプレス上野39162349.33
29ACE1661048.64
30Lick-G73447.37
31MC KUREI52347.31
32MC漢 a.k.a. GAMI39142541.72
33裂固103739.34

以上のような結果となりました。ムートンに関しては現状0敗のため1位となっていますが、2ndでDropしたことを何らかの形で組み込んで補正してもよいかもしれませんね。(ここでは記載していませんが、同様に0敗のまま3rdでDropした龍道もかなり高めに出ています)

他に面白そうなレーティング手法があれば、また実践してみたいと思います。

*1『レイティング・ランキングの数理』―No.1は誰か?―より。過去に同様の手法を用いた方がいらっしゃいます

*2:試行n回中s回成功した時、次に成功する確率は(s+1)/(n+2)である、というもの。勝率に置き換えることで、全員が1/2からスタートすることとなり、試合数が少ない場合に極端な値となることを補正できる

*3:Season1 Rec2のHIDE vs 漢の1ラウンド目は試合のほぼ全体にコンプラがかかった上、先攻の漢が勝利したが得票数が明示されていない。また、Season1 Rec1のDragon One vs サ上の2ラウンド目は2:3でサ上が勝利したことはわかるがどの審査員が票を入れたか明らかにされていない。

2017-09-26

[]ブレスト麻雀について検討

Brainstorm / 渦まく知識 (青)

インスタント

カードを3枚引き、その後あなたの手札からカードを2枚、あなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。

ブレストフェッチほど気持ちいい動きはない。

サンマで北アンコを中盤にまとめて抜いたらブレスト感あって楽しかったので、毎局やれるルールを作りたいと思います。

以下、ルールで記載されていない部分は全て天鳳の喰有赤有東南戦に準拠します。

ブレスト麻雀
  • 王牌は14枚、ドラは王牌の右端をめくるものとし、カンドラは使用しない。残りの12枚を渦巻牌と呼び、嶺上牌と兼用で後述の「ブレスト」に使用する牌とする。
  • 各プレイヤーは毎局1回まで、ツモ番時に「ブレスト」と宣言することができる。局中で最初にブレスト宣言したプレイヤーは3000点、2人目以降は2000点、1000点、0点を場に供託する。
  • ブレスト宣言した時、通常のツモ牌に加えて渦巻牌の左端から2枚の計3枚をツモり、16枚となった手牌から任意の2牌を王牌の右端に裏向きで戻す。戻し終わって14枚になった時点を通常のツモ後とみなし、カン、和了、捨て牌等を行うことができる。和了する場合、手中の任意の牌を和了牌としてよい。
  • リーチ後のツモ時にブレスト宣言した場合は、手牌との入替はできず、ツモった3牌の中から2牌を戻す。和了する場合、戻さなかった牌を和了牌とする。
  • 第1ツモ、リーチ一発目、嶺上牌、海底牌のツモ時にブレスト宣言し、2牌戻した時点で和了またはその後の捨て牌で振り込みした場合、各種偶然役を適用できる。

2017-07-31

[]現代風ブー麻雀について検討

麻雀はいつだってオーラスが楽しい。

というわけでブー麻雀をやりたいです。

方針としては、

・現代の麻雀から最低限のルール変更に留め、ブー麻雀のエッセンス(場況を細かく計算しAトップを狙うこと)を抽出すること

・雀荘のアルティマ卓で簡単に遊べること

を目指します。

以下、ルールで記載されていない部分は全て天鳳の喰有赤無東南戦に準拠します。

現代風ブー麻雀

10000点持ちアリアリ順位戦である。東風、半荘等の区切りはなく、誰かが終了条件を満たすことでゲームが終了する。

終了条件は、「誰かが18000点を超える」か「誰かが0点未満になる(飛ぶ)」ことである。

終了後、前ゲームのトップを東家として次ゲームを開始する。

以下、持ち点が10000点以上である状態を「浮き」、10000点未満である状態を「沈み」とする。

 

名称浮き人数1位2位3位4位
Aトップ1人9-3-3-3
Bトップ2人40-2-2
Cトップ3人100-1

ゲーム終了時、浮き人数に従って上記のポイント計算を行う。

同点時は起家に近い側をトップとする。

ただし、南入していた場合は得点を2倍、西入していた場合は3倍…と倍率補正する。

沈み状態のプレイヤーは、自分が浮かないのに誰かを飛ばす和了ができない。チンマイやその他の和了制限はない。

ゲーム中の詳細については以下のとおりである。

・場ゾロはつく。一本場1500点、リーチ棒1000点。切り上げ満貫あり。

・流局時は常に親流れし、ノーテン罰符はない。

・ダブロン、トリロンは頭ハネ。

・得点は高点法により計算する。

・1飜縛り。ドラは表ドラ、カンドラのみとし非役の1飜。一発、裏ドラ、カン裏ドラ、赤ドラはない。

・ツモピンフ、チートイツ、三色同順等の戦後役は全てを認め、飜数も通常通り。

・役満成立時は得点にかかわらずAトップとする。

・フリテンリーチ、リーチ後の見逃し可能。1000点未満の場合リーチできない。

・トビ時には箱下得点も計算する。

・チョンボは、ゲーム終了時のポイントから他家に1ptオールを支払い、同一の本場をやり直す。

追加で検討すべき事項がないか考えます。

2017-07-28

[]オールマイティ牌入りの麻雀について検討

身内で遊ぶ場合用に作りました。不明なルールについては推測や私見が混じってます。

いずれも、記載がない部分についての一般的なルールは「天鳳の喰有赤無東南戦に準拠」するものとします。

MONDO風マイティ

5m、5p、5s、白1枚を赤5m、赤5p、赤5s、春と入替えた136枚卓を作る。(以下この4牌をマイティ牌と呼ぶ)

赤5はそれぞれ対応色の1〜9のオールマイティとして扱う。春は字牌のオールマイティとして扱う。(これらを各マイティ牌に対する対応牌種と呼ぶ)

なお、いずれも赤牌としては取り扱えない。

聴牌形・和了形において、マイティ牌は手牌(非副露部分)あるいは河にある限り常に全ての対応牌種になるものとして取り扱う。この際、いずれかの対応牌種を適用してフリテンの場合、その手牌はフリテンである。

和了時には、「フリテン確認→裏ドラ確認→高点法による対応牌種の指定→打点確定」の手順を取る。

マイティ牌を捨牌した場合、他家は対応牌種の全てであるものとして副露あるいは和了ができる。いずれも行われず河に置かれた場合、対応牌種全てにフリテン制約がかかる。

マイティ牌を含む面子を副露した場合、副露宣言時にマイティ牌がどの対応牌種であるかを指定する。マイティ牌の加カンに対するチャンカンは、副露宣言時に指定された牌種についてのみ適用できる。

ポンチーは発声優先、同時は上家優先とする。(3人から発声されうるため)

マイティ牌がドラ表示牌であった場合、和了者が高点法で決定する。

マイティ牌は対応牌種の範囲で九種九牌の成立要件として算定できる。風牌を対応牌種に持つマイティ牌を捨牌して和了、副露されず河に置かれた場合、四風子連打の成立要件として算定できる。幺九牌を対応牌種に持つマイティ牌を捨牌した場合、流し満貫の成立要件として算定できる。

5枚以上使いの和了形あるいは5枚目以上を想定した聴牌形を認める。

リーチ後のアンカンは待ち牌が変わらなければ牌姿や役が変わってもよい(天鳳と同一)。

なお、マイティ牌を含む5枚形によるカンの上位形のようなものは作れない。

フリテンチョンボは5000点供託、同一本場やり直しとする。

花牌マイティ

赤なし136枚に春夏秋冬を追加した140枚卓を作る。(以下これらの花牌をマイティ牌と呼ぶ)

花牌は34種のオールマイティとして扱う。

花なしで和了した場合、カンドラを1枚追加でめくる。リーチをかけていた場合カン裏もめくる。

その他はMONDO風マイティに準拠する。