Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2013-12-01

図書館内乱/有川浩

| 06:59

図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)』を読んだよ。図書館の内乱ではなく、国の内乱だった…。

図書館戦争シリーズの第2弾。第1弾からさらに新しいメンバーを加えて、図書館の自由を守ろうとする図書隊が活躍する。主人公の笠原郁はますます地を発揮してくる感じ。それに合わせて、彼女の上官の堂上篤もパワーアップしているよ。

冒頭は笠原郁の両親が登場するけど、これは軽くジョブの感じ。その後に、堂上班副班長小牧幹久の幼なじみという女の子が登場し、何となく女子力というものを感じる展開になるよ。

そこで小牧が考えたことが、

あの子が自由に本を楽しむ権利も感性も誰にも否定させるものか
ということ。読書する自由だよね。

そして、本書のポイントは、笠原と同期の手塚光の兄の手塚慧。この手塚慧が中心となって活動している日本図書館協会内の「未来企画」という研究会。一見、図書館の理想を求める研究会のようだけど…。

で、手塚慧を中心に、それぞれの登場人物がどうに絡んでくるかが楽しめるところ。

あとがきに書いてあるけど、手塚慧の登場はは最初の構想にはなかったとか。有川浩という作家は書きながら構想を考えるという「ライブ派」(本人曰く)なのだとか。途中で変更すると後々で不整合が起きたりするんだけど、そういうことにもならず、そして、次も読みたいと思わせる終わり方はさすが。

ということで、次の『図書館危機』を予約します〜。

図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)
図書館内乱  図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)有川 浩 徒花 スクモ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-04-23
売り上げランキング : 6528


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/risujii/20131201/1385848790